名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木豊(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木豊(アートディレクター)のプロフィール

佐々木豊、ささき・ゆたか。日本のアートディレクター。愛媛県出身。日本デザインセンター(NDC)に入社。トヨタ、ワコール、セイコー、アサヒビールなどでパッケージデザインやアートディレクションを行った。ブランドデザイン研究所所長。アサヒビール「スーパードライ」の缶をデザインしたことで知られている。

佐々木豊(アートディレクター)の名言 一覧

パッケージをデザインするには、手掛ける商品が店頭で陳列されるところまで想像しなければなりません。


消費者に手にとってもらうパッケージデザインには、斬新でありながらも共感を呼ぶストーリーが求められます。スーパードライの場合、その象徴はメタリックシルバーでした。


ロングヒット商品「アサヒ・スーパードライ」が生まれた背景には、「新生アサヒ」を表現したいという強い想いがありました。


佐々木豊(アートディレクター)の経歴・略歴

佐々木豊、ささき・ゆたか。日本のアートディレクター。愛媛県出身。日本デザインセンター(NDC)に入社。トヨタ、ワコール、セイコー、アサヒビールなどでパッケージデザインやアートディレクションを行った。ブランドデザイン研究所所長。アサヒビール「スーパードライ」の缶をデザインしたことで知られている。

他の記事も読んでみる

北島義俊

多くのパートナーとコラボレーションしやすい環境を整えていく。「対話と協働」によって、まずは新しい価値につながるアイデアを出し、それを試作して、マーケティングの実証実験やテスト販売などを行い、その結果をフィードバックしてビジネスモデルを構築していくサイクルを回す。


三宅占二

キリンビールでは、営業日報の提出のほか、情報共有のために「キリノロジー」というシステムを活用しています。会社はこれをもとに営業戦略や戦術を練ります。日報の記述の中に他の営業マンや営業拠点でも参考になりそうな事例があれば、上司の判断によって、全員が目にするトピックス欄に転送されます。営業日報はいまや営業マンの活動履歴というよりも、組織的な営業活動を行うための情報共有ツールになっています。


松本晃(経営者)

社外取締役は日本人が3人、外国人が2人います。ただ有名なだけでなく、会社に対してモノを言って下さる方に入っていただいています。社外取締役から質問を浴びることで、気づきを与えてもらう。それがマネジメント、商品開発の上でも本当に参考になっているのです。


飯間浩明

読み手が一度に受け取れる情報には限界があります。一文が長くなると、主語と述語の関係がねじれたり、主語と述語が二つ以上入った複文になったりして、わかりにくくなります。また主語と述語が大きく離れた文では、読み手はその間に多くの情報を処理しなければならず、ストレスを感じます。


岸見一郎

日頃から劣等感のある人が、優秀な人に対して取りがちな行動があります。それは相手を貶めること。どんなに頑張ってみたところで到底太刀打ちできないと感じた場合、ダメな人は自分を高める努力を投げ出してしまう。その代わり、他者を貶めることで相対的に自分の価値を高め、優越感を持とうとするわけです。アドラー心理学ではこれを「価値低減傾向」と呼びます。


森健志郎

実際にサービスが形になると、可能性が可視化されたことで、ベンチャーキャピタルからの出資も得られるようになりましたが、それまでは本当に大変でしたね。


佐々木常夫

「自分はこうなりたい」という夢に固執すると、そうなれなかったときの落ち込みがひどくて、精神衛生上良くありません。「これも運命だ」と引き受けるほうが、ずっと生きやすくなるのではないでしょうか。


冨山和彦

環境が悪ければ負け戦が増えます。でも、負け戦のほうがその人の資質が見えやすい。責任回避に力を注いで、先を争って負け戦から逃げるようではダメ。


さだまさし

年をとるごとに、「惜しんだら終わり」って自分に言い聞かせてきたんです。「不惜身命(ふしゃくしんみょう)」という言葉があるように、あるものは惜しまず、すべてを捧げようって。


御手洗冨士夫

企業は高い付加価値を生み出すイノベーションこそが最も大事。


青木仁志

私は常々「4つの自信」というものを大切にし、うちの社員にも伝えてきました。それは、自分の「会社に対する自信」「職業に対する自信」「商品に対する自信」、そして「自分という人間に対する自信」の4つです。いつ、どんな環境においても、私は先に挙げた4つの自信を自分でピカピカに磨き上げていました。だから、売れ続けたんだと思います。


佐瀬守男

新聞や雑誌はほとんど読みません。読む時間があれば、現場に足を運びたいですね。