名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木譲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木譲のプロフィール

佐々木譲、ささき・じょう。日本の小説家。高校卒業後、様々な仕事を経て『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、直木賞を受賞。

佐々木譲の名言 一覧

地べたに足をつけて頑張ってる人が好きなんです。自分がそうだったから。組織に埋もれながらも、家族や仲間のために努力しているサラリーマンの気持ちはよくわかる。歴史に名を残した英雄より、歴史を支えた、名もなき人たちのドラマを追いかけたい。


変な言い方だけど、コピーライターの才能がなかったから、僕は作家でやってこれたんじゃないかな。もし30歳ぐらいで「これが自分の仕事です!」と胸を張れるような実績が残せていたら、あのまま広告の世界にいたでしょうね。


特殊免許があれば、作家で失敗してもショベルカーを動かす工事現場に戻ればいいんだと、腹をくくれました。誰でも持ってるわけじゃない資格をひとつ持っていると、フリーになっても精神的には楽になれますね。


矛盾する言い方かもしれないけど、堅実に、そして大胆に冒険してください。


若い頃の後悔がひとつあります。退職する直前の34歳のとき、仕事でニューヨークに行けるチャンスがあったんだけど、尻込みして行けませんでした。いまでもあの臆病な自分が悔しい。もし行ってたら、後に作家になることができなくても、人生の素晴らしい財産になっていたでしょう。若いうちは、飛べるチャンスがあったら飛ぶべきです。


戦国小説といえばカリスマ武将の話だとか、豪傑伝ばかりなのが、どうも気に入りませんでした。高度な戦略を巡らせた武将だけではなく、普通に生活していた農民や商人たちも、時代を動かしていたんです。彼らを見なかったら戦国を描いたことにはならないでしょう。大きな物語をつくりあげるときは、権力者や指導者の下で必死に働いていた大多数の人たちに、きちんと目を向けたいです。


佐々木譲の経歴・略歴

佐々木譲、ささき・じょう。日本の小説家。高校卒業後、様々な仕事を経て『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

考える力を本当に磨きたいなら、まずは思考と感情をきちんと分ける練習が必要。


大谷翔平

周囲から(投打)二刀流をやめろと直接言われたことはないですね。また、「一本に絞った方が……」という声が耳に入っても、気になりません。僕にとっては小中高、そしてプロと、ずっと二刀流をするのが普通のことなので。


篠原あかね

乾杯は部署で一番偉い人にお願いするのが一般的ですが、宴会日時が確定したら早めに依頼しておきます。挨拶をお願いするときには「ひと言お願いします」ではなく、「○○文字でお願いします」というように具体的な文字数や時間で伝えましょう。こうすると、時間を意識して端的な挨拶をしてくれるようになります。話が長いのは嫌われます。


池田貴将

自分に対する質問を変えることで、感情は変わるのです。たとえば、コピー取りを頼まれたとき「これ、俺の仕事か?」と頭のなかで質問してしまったら、「俺の仕事じゃないよ!」という答えが出てきてしまう。当然、「頑張ろう」という感情にはなりません。後回しにしたくもなるでしょうし、ミスも誘発されるかもしれない。では、「この仕事でどういう成長ができるだろう?」と自分に質問したらどうでしょう。たとえコピー取りであっても、成長にプラスになる点を探せるはず。小さくても、それはモチベーションを高め、パフォーマンスを向上させます。


鈴木徹哉(経営者)

事故があった時によく、「不測の事態が起きた」という言葉を耳にしますが、それは結局、「薄々気づいていながら、やってはいけないことをやっていた」というケースが多いと思います。不測の事態と言っても、自分たちのミス、人為的なミスだったりします。そうしたミスは、「こうして防ごう」と思っても、なかなか防げません。ミスを防ぐために何かをするのではなく、逆に、やってはいけないこと、「○○だけはしない」という指針と、それを実践し続けるための手法が必要になります。


山口真導

売上げが入金されないときは、入金を確認することが重要。これは、代金を支払わなくても何も言ってこない取引先と、代金の支払いが1日でも遅れたら、「何時支払うんだ!」と確認してくる会社があったら、どちらの会社に優先的に支払うのかということを考えたら明かなこと。


犬伏泰夫

1980年代末、米鉄鋼大手USスチールとの合弁事業の交渉に、神戸製鋼所側のサブリーダーとして参加しました。当時、自社の技術力や設備に絶対の自信を持っていたUSスチールとの交渉は難航し、席を蹴ってみようかと思ったこともありました。それでも1年の間に日米間を28往復もしながら、こちらの主張を粘り強く伝え、相手の主張にも耳を傾けて議論を進めました。意見がぶつかり合ったときには、単に「ノー」と拒否するのではなく、「それはフェアだと思いますか」と繰り返し相手に問いました。そうしていくうちに隔たりは徐々に埋まり、最終的には合意に至りました。テーブルを挟んで交渉した先方の幹部とは、その後も長く親交が続いています。


多田荘一郎

先の見えない時代、様々な強みを持つ社員の力を存分に発揮できなければイノベーションは起こせない。多様性が大事。


高橋俊介

努力を継続させるコツは、どのようなことにモチベーションを感じるかという自分の動機をよく知り、それにあったことを努力の対象にすることです。また、習慣化、自然行動化するまでは、意志の力で頑張るということです。


河瀬和幸

自分では感情豊に振る舞っているつもりでも、周囲には伝わっていないことがあります。自分の話し方を鏡やビデオカメラで確認すると、修正すべき点がわかりますよ。また、ネットで外国人のプレゼンテーション映像を見るのも参考になるでしょう。


安田善次郎

吾人の心掛くべきは、積土成山にあり。或いは投機により、或いはその他の方法によれば、時に或いは一攫千金を得といえども、これ正しき道に非ず。生計に困る人ほど貯蓄の必要がある。


中川政七・13代目(中川淳)

社内のあらゆる書類を電子化したことで、確かにどこで仕事をしようが、検索するだけで必要な情報がすぐに引き出せるようになった。一方で、アイデアがスムーズに生まれづらくなった気がした。俯瞰できないと思考が遮断され、スピードや集中力が落ちる。いくつかの情報を行ったり来たりしながら仮説を立てるプロセスが、アイデアを生むには大事だと改めて思いました。そんなタイミングで「PAD NOTE」という簡単に1枚ずつ切り離せるノートと出合い、やはりアナログは情報を俯瞰するのに優れていると感じた。最近になって、思考する時に必要な情報のみ、デジタルに加えて紙でも保存し、整理し直すことにしました。