名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐々木蔵之介(俳優)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木蔵之介(俳優)のプロフィール

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

佐々木蔵之介(俳優)の名言 一覧

誰でも、どんな仕事でも、それをずっと継続してきた、その経験は大きい。そこは自分を信じていいと思う。


過去をふり返って、「こうしておけばよかった」「こうだったら」と思うことは全くないです。どれだけ遠回りしても、今があるのはやっぱり過去があったからですし、無駄があったなら、それもいいじゃないかと。


方言には独特な力と、あったかさみたいなものがある。ことに関西弁は、刺すか刺されるかという状況にあっても、ユーモアを乗せられるところが魅力的。


リーダーの役割って、方向性を示すことだと思うんですよ。それがないと、何も始まらない。


やらなきゃいけない仕事をこなしつつも、ほかに何か面白いこと、やりたいことがあるなら、何よりもそれをやってみたらいい。


不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。


役者は、演じている間だけではなくて、演技の合間の過ごし方まで含め、すべてが仕事です。それが撮影期間中ずっと続きます。


緊張感が張り詰めすぎていると、自分を含め、みんなが力を発揮できない。ちょっと緩いぐらいの空気になるよう、場を整えるようにはしています。


今回(映画『嘘八百』)、出演者の年齢層、高いでしょう(笑)。でもその諸先輩方は、そこにいるだけで、僕らがどう頑張っても敵わないくらいの存在感がある。経験から出る味わいみたいなもので、それこそが続けてきたということなんですよね。


20代では時間も自分の好きなようにはならないかもしれないけど、40代に入ってくると余裕が出てきます。先の分からない時代、当初の人生設計にとらわれずに時代の流れに合わせて柔軟に対応しつつ、今を充実させるのもいいんじゃないかな。


上役に意見を言うには、相手を理解したうえで、こちらのことも分かってもらう努力が大事。そのためには、伝える力を養っておくことも必要かもしれません。


諦めるというのは、悪い意味ではなく、無理なことをやり続けずに、ちょっと違った方向から考えるようになったということです。以前は、一つの「ここ」を突破することばかり考えていたけれど、「そこが無理なら諦めて、違う方向から行くことを考えようよ。こっちでもうまいこといったらいいやん」と言えるようになりました。道は一つじゃないと気づいたんですね。そういう意味では、諦めが早くなったことは、成長したと言えるのかもしれません。


30代の頃は、もっとがむしゃらに「なんかしなあかん」と思っていたんですけど、今は無理をしなくなりました。諦めることは諦める。忘れるという術を身につけましたね。無理をして、ぎりぎりの状態でやっても、自分の能力を発揮できないものです。むしろ逆境でも笑って面白がるほうがいい。2週間しか撮影期間がないと言われても、「やべえ」じゃなくて、「ああそうなんや(笑)」と楽しめるようにはなりました。


陶芸家の役は初めてだったので、鎌倉の先生のところにしばらく通いました。陶芸の先生がおっしゃるには、器を作っても、なかなか売れるものでもないし、生活のためには陶芸教室などでまかなっていかなければならないそうです。その話を聞いているうちに、僕も大学の演劇サークルからずっと芝居をやっていて、作品を作り上げてきたことを思い出し、演劇人と近いところがあるなあと感じました。陶芸家は自分のアートとしての作品だけ作れば、誰も認めてくれなくてもいい、というわけではない。役者も同じで、ただ作品を作ればいい、ではなく、興行として成立させなきゃいけないわけです。


佐々木蔵之介(俳優)の経歴・略歴

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

他の記事も読んでみる

中司祉岐

やったことや気づきは忘れないうちに日報に記録するのが大事。


伊庭正康

巻き込み力のある人は、追い詰められた局面でも「もういいよ」などとキレません。キレた時点で仕事がストップしてしまうことを知っているからです。ストレスになる出来事も上手くかわしたり、ポジティブに受け止めます。


塚本隆史

課題があるとすれば、それぞれのお客様に対し、自分のところの機能だけではなく、グループの連携プレーをもっとやっていくことです。まだまだこのビジネスモデルは道半ばです。当初のグランドデザインに沿って、120%の力を発揮できるようにすることが私の仕事です。


赤坂茂好

現在、社長としてシティホテルとリゾートホテルの両方を見る立場です。以前は双方の間に人事交流はほとんどありませんでしたが、いまはどんどん交流し、いろいろな現場を経験してもらうようにしています。リゾートホテルのノウハウと、シティホテルのノウハウとは、お互いに十分共有できると思っています。


今西頼久

不動産ストックが無かった世代である会長は、住宅やマンション、ビルを供給しなければいけませんでした。今は不動産ストックがある時代。その価値を高め、運用をサポートする事業へシフトチェンジしました。視点は変わりましたが、「不動産を通じてお客さまの発展に寄与する」というベースは変わっていません。


荒木秀夫

私たちだけでは力不足の部分については、積極的に外部との提携も進めます。すでに拠点型3PL、コンサルティング、グローバルロジスティクスと多岐にわたる分野で成果を上げ始めており、その効果には私自身も驚くほどです。


藤原洋

経営者にはビジョンや哲学が必要です。売上げと利益は必要条件だと思いますが、それは何かを成し遂げるための手段でしかありません。業績至上主義の落とし穴に陥らないように、ビジョンをしっかり持つことが重要です。


橘木俊詔

英語がダメなうえに勉強も大変厳しく、「クレージージャパニーズ」と言われるぐらい勉強しました。英語は米国人と3人で暮らしたら、飛躍的に身に付きました。すべてが山の麓からの挑戦でした。
【覚え書き|米国留学当時を振り返っての発言】


塚越寛

ファンをつくれば、同じ顧客が何度も繰り返し購入してくれるので、販促費をそれほど使わなくて済み、利益率は高まる。口コミで少しずつファンが増えるので、売り上げも上がる。


齋藤孝(教育学者)

優れたリーダーといわれる方にお会いして感じるのは、状況がよく見え、的確な判断ができ、自分が今何をなすべきかを見誤らないということだ。混沌としている人がいない。経験と実績に裏打ちされた自信が体に漲(みなぎ)り、勢いがある。決断が早く、コミュニケーションに長け、声も強い。そうした精神の明晰さと身体的迫力が、人を惹きつける。部下やビジネスパートナーを「この人についていけば大丈夫だ」「この人と一緒に何かをなしとげたい」という気持ちにさせるのだ。


木川眞

ソリューション営業に関して、その考え方を植え付けるために経営陣が日本各地の支店に出向いていって会議を開いています。どんなに大きな組織でも、経営者が直接現場に出向いて思いを伝えることが大切です。アナログコミュニケーションに敵うものはありません。


升田幸三

まぁ生まれ直す事があったらね、2つから3つぐらいまでに将棋を覚えて、もういっぺんやり直してみたいと。今度は丈夫な体でね、名人を角落ちぐらいでね、からかってみるのも面白いと、こう思う。