名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木蔵之介(俳優)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木蔵之介(俳優)のプロフィール

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

佐々木蔵之介(俳優)の名言 一覧

誰でも、どんな仕事でも、それをずっと継続してきた、その経験は大きい。そこは自分を信じていいと思う。


過去をふり返って、「こうしておけばよかった」「こうだったら」と思うことは全くないです。どれだけ遠回りしても、今があるのはやっぱり過去があったからですし、無駄があったなら、それもいいじゃないかと。


方言には独特な力と、あったかさみたいなものがある。ことに関西弁は、刺すか刺されるかという状況にあっても、ユーモアを乗せられるところが魅力的。


リーダーの役割って、方向性を示すことだと思うんですよ。それがないと、何も始まらない。


やらなきゃいけない仕事をこなしつつも、ほかに何か面白いこと、やりたいことがあるなら、何よりもそれをやってみたらいい。


不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。


役者は、演じている間だけではなくて、演技の合間の過ごし方まで含め、すべてが仕事です。それが撮影期間中ずっと続きます。


緊張感が張り詰めすぎていると、自分を含め、みんなが力を発揮できない。ちょっと緩いぐらいの空気になるよう、場を整えるようにはしています。


今回(映画『嘘八百』)、出演者の年齢層、高いでしょう(笑)。でもその諸先輩方は、そこにいるだけで、僕らがどう頑張っても敵わないくらいの存在感がある。経験から出る味わいみたいなもので、それこそが続けてきたということなんですよね。


20代では時間も自分の好きなようにはならないかもしれないけど、40代に入ってくると余裕が出てきます。先の分からない時代、当初の人生設計にとらわれずに時代の流れに合わせて柔軟に対応しつつ、今を充実させるのもいいんじゃないかな。


上役に意見を言うには、相手を理解したうえで、こちらのことも分かってもらう努力が大事。そのためには、伝える力を養っておくことも必要かもしれません。


諦めるというのは、悪い意味ではなく、無理なことをやり続けずに、ちょっと違った方向から考えるようになったということです。以前は、一つの「ここ」を突破することばかり考えていたけれど、「そこが無理なら諦めて、違う方向から行くことを考えようよ。こっちでもうまいこといったらいいやん」と言えるようになりました。道は一つじゃないと気づいたんですね。そういう意味では、諦めが早くなったことは、成長したと言えるのかもしれません。


30代の頃は、もっとがむしゃらに「なんかしなあかん」と思っていたんですけど、今は無理をしなくなりました。諦めることは諦める。忘れるという術を身につけましたね。無理をして、ぎりぎりの状態でやっても、自分の能力を発揮できないものです。むしろ逆境でも笑って面白がるほうがいい。2週間しか撮影期間がないと言われても、「やべえ」じゃなくて、「ああそうなんや(笑)」と楽しめるようにはなりました。


陶芸家の役は初めてだったので、鎌倉の先生のところにしばらく通いました。陶芸の先生がおっしゃるには、器を作っても、なかなか売れるものでもないし、生活のためには陶芸教室などでまかなっていかなければならないそうです。その話を聞いているうちに、僕も大学の演劇サークルからずっと芝居をやっていて、作品を作り上げてきたことを思い出し、演劇人と近いところがあるなあと感じました。陶芸家は自分のアートとしての作品だけ作れば、誰も認めてくれなくてもいい、というわけではない。役者も同じで、ただ作品を作ればいい、ではなく、興行として成立させなきゃいけないわけです。


佐々木蔵之介(俳優)の経歴・略歴

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

他の記事も読んでみる

石井聖子

私たちは私たちの商品をお客様から信頼して選んでいただけるように、特徴をしっかりと発信していくことが大事だと思っています。病院も同じことで、今いるスタッフの魅力を引き出して、これからも患者さまが安心して通える場所であり続けられるように努力していきたいです。


出雲充

学生時代からお世話になっている方に相談をしてみたことが、その後の人生の転換点となった。その方は、「10年先にやろうと思っていることなど、きっとできない」と言い切りました。そして、「後悔しないためにも今、ミドリムシに人生を賭けるべきだ」とアドバイスをいただきました。その時、体の中からカーッとした熱いものが込みあげてくるのを感じました。もう迷ってはいられない。すぐに始めるべきだ。こうして私は、入社1年で銀行を辞めました。


多喜義彦

基礎研究的な開発に投資できない企業が増え、研究したとしても、薄っぺらになりがち。よって、短期的な成果をあげる必要のない長期的スパンで研究に打ち込める、ある意味浮世離れした環境のほうが、じっくりと研究に打ち込み深く耕すことができるはず。


前田修司

すでにある技術やインフラの延長線上で新しい製品やサービスを考えるのではなく、「こういうものがあったらいいな」というゴールを先に考え、それをチームで共有する。それこそが、革新的な商品を生み出す条件であり、時代の変化に合わせて企業を進化させるために必要なことではないでしょうか。


松岡修造

苦手意識があるということは、そこにまだ自分の開発されていない部分があるわけです。苦手なジャンルにチャレンジし、開拓していけば、その領域で伸びていけるかもしれない。


田原総一朗

3年は本気で仕事をしなさいと思うのは、皆と一緒では、だんだん不幸になる時代だから。多様化せざるを得ないんです。そのためにも、得意なもの、これということをひとつ探すことが求められています。好きなことを探しだすのは難しいんだけど、他人より得意なことをやらないと幸せになれないんだから、やるしかない。


三宅秀道

文化人類学の人たちと話をしていると、トウモロコシはネイティブアメリカンの聖なる食べ物だったとか、インドネシアでいまポカリスエットが受けているといった話がぽんぽん出る。新しい文物が、違う社会から輸入されて普及していく現象が、当たり前のようにある。その形態は、新しい文化が波となって広まり、その波に乗って、特定の企業がマーケットを占有していくものだ。このような生活文化、消費文化の開発はその地域で大いなるビジネスチャンスを生む。これは、製品技術より文化で説明して初めて説得力があるし、そういった事例も豊富にある。今の日本でそれができないとすれば、これまでの成功体験が障害になっているからだろう。


川端克宜

私は入社以来、営業畑を歩んできました。個人的には数字を出し、得意先の数字は一度も下げたことがなかったのですが、課長となって部下のまとめ役となった時に、チームとして部下と一緒になって数字を上げていくことの難しさを知りました。それでもチームを運営するためには何が大事であるかを突き詰め、コミュニケーションを密に図ることで状況を切り拓いていくことができました。


市川典男

これまで日本の家電メーカーは、皆同じような製品を作り、価格競争に陥ってきた。そこに、英ダイソンの掃除機や仏ティファールの電気ケトルなどが登場した。海外メーカーが違う視点で商品を出すと、市場を簡単に奪われてきた。今後も生き続けるためには、他社には無い商品を作り続け、付加価値を高める必要がある。


山田真哉

普段から周りにある数字を意識し、その裏側の意味を読み解く訓練をしておくことが、会計センスを磨くことにつながります。「会社の数字に強くなりたい」と思うなら、まずは、数字に基づいた思考法を鍛えることから始めましょう。


柳弘之

モノ創りはお客様への価値に直接関与することです。お客様の価値は現場でしか創れません。従ってモノ創りで大事なのは現場主義です。


朝倉千恵子

厳しいことを書いたり話したりしていると、ときには「お宅の会社は厳しいですね。社員は辞めないですか」と聞かれることもあります。「誰も辞めません」と言いたいところですが、現実には、わが社の社風や指導が合わずに辞めていった元社員もいます。早い人は二週間で……。たいてい、辞めていく人は短期間勤めただけで辞めます。一年間続いた人は、ほとんど残っています。どうして辞めないのかと人に聞かれたとき、ある部下が言いました。「私たちは社長から言葉の報酬もたくさんもらいます。仕事もたくさん与えられますけど、それ以上に、ちっちゃな、当たり前のことができたときなどに、それを見逃さずに褒めてくれるからだと思います」これを聞いたとき、正直言って驚きました。しかし同時に、部下はちゃんと見ている、分かっていると思いました。