佐々木蔵之介(俳優)の名言

佐々木蔵之介(俳優)のプロフィール

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

佐々木蔵之介(俳優)の名言 一覧

誰でも、どんな仕事でも、それをずっと継続してきた、その経験は大きい。そこは自分を信じていいと思う。


過去をふり返って、「こうしておけばよかった」「こうだったら」と思うことは全くないです。どれだけ遠回りしても、今があるのはやっぱり過去があったからですし、無駄があったなら、それもいいじゃないかと。


方言には独特な力と、あったかさみたいなものがある。ことに関西弁は、刺すか刺されるかという状況にあっても、ユーモアを乗せられるところが魅力的。


リーダーの役割って、方向性を示すことだと思うんですよ。それがないと、何も始まらない。


やらなきゃいけない仕事をこなしつつも、ほかに何か面白いこと、やりたいことがあるなら、何よりもそれをやってみたらいい。


不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。


役者は、演じている間だけではなくて、演技の合間の過ごし方まで含め、すべてが仕事です。それが撮影期間中ずっと続きます。


緊張感が張り詰めすぎていると、自分を含め、みんなが力を発揮できない。ちょっと緩いぐらいの空気になるよう、場を整えるようにはしています。


今回(映画『嘘八百』)、出演者の年齢層、高いでしょう(笑)。でもその諸先輩方は、そこにいるだけで、僕らがどう頑張っても敵わないくらいの存在感がある。経験から出る味わいみたいなもので、それこそが続けてきたということなんですよね。


20代では時間も自分の好きなようにはならないかもしれないけど、40代に入ってくると余裕が出てきます。先の分からない時代、当初の人生設計にとらわれずに時代の流れに合わせて柔軟に対応しつつ、今を充実させるのもいいんじゃないかな。


上役に意見を言うには、相手を理解したうえで、こちらのことも分かってもらう努力が大事。そのためには、伝える力を養っておくことも必要かもしれません。


諦めるというのは、悪い意味ではなく、無理なことをやり続けずに、ちょっと違った方向から考えるようになったということです。以前は、一つの「ここ」を突破することばかり考えていたけれど、「そこが無理なら諦めて、違う方向から行くことを考えようよ。こっちでもうまいこといったらいいやん」と言えるようになりました。道は一つじゃないと気づいたんですね。そういう意味では、諦めが早くなったことは、成長したと言えるのかもしれません。


30代の頃は、もっとがむしゃらに「なんかしなあかん」と思っていたんですけど、今は無理をしなくなりました。諦めることは諦める。忘れるという術を身につけましたね。無理をして、ぎりぎりの状態でやっても、自分の能力を発揮できないものです。むしろ逆境でも笑って面白がるほうがいい。2週間しか撮影期間がないと言われても、「やべえ」じゃなくて、「ああそうなんや(笑)」と楽しめるようにはなりました。


陶芸家の役は初めてだったので、鎌倉の先生のところにしばらく通いました。陶芸の先生がおっしゃるには、器を作っても、なかなか売れるものでもないし、生活のためには陶芸教室などでまかなっていかなければならないそうです。その話を聞いているうちに、僕も大学の演劇サークルからずっと芝居をやっていて、作品を作り上げてきたことを思い出し、演劇人と近いところがあるなあと感じました。陶芸家は自分のアートとしての作品だけ作れば、誰も認めてくれなくてもいい、というわけではない。役者も同じで、ただ作品を作ればいい、ではなく、興行として成立させなきゃいけないわけです。


佐々木蔵之介(俳優)の経歴・略歴

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

他の記事も読んでみる

鎌田和彦

失敗を成長の糧と考えるなら、結果だけに一喜一憂することはない。


葛西敬之

得意な分野は人によって異なっており、会社の人事構成を考えるときに、オールマイティの人がいると思うのは間違いです。ですから、会社を一人の人間の型にはめてはいけません。複数の人たちが補い合う体制をつくり、各人の一番いいところを上手く組み合わせて仕事をさせ、信頼関係をつくりあげることが大事です。人事はそのための道具で、臆病で、慎重であるべきだし、決して自分の趣味に合わせた人事をやってはいけません。


道脇裕

規格化と、大量生産のための体制作りには膨大なコストと時間を費やしました。L/Rネジのネジ山は非らせん構造なので、規格化をしないとユーザーも使いにくく、普及のハードルになる。NejiLawという社名は「ネジ」と「Law」を組み合わせた造語。ネジの新たな法則体系・規格体系を構築しようとの決意を込めた名でもあるのです。


数土文夫(數土文夫)

異質を受け入れることができれば、強くなれます。『論語』や『韓非子』など、中国の古典を読むと、異質との遭遇が人や考え方を磨き上げることがよく分かります。それらは今なお説得力にあふれ、グローバル社会の中で企業や国がどう生きていくべきかについての示唆に富みます。


フランソワ・ラブレー

良心なき知識は、人間の魂を滅ぼす。


松本大

英語力には「聞く力」と「伝える力」があると思うんですけど、「伝える力」の方が、仕事をしていくうえでは役に立つと思うんですよね。英語力を高めたい時は、伝える力を磨いた方がいい。リスニングは、できる人はすぐできるし、できない人は時間がかかると思う。でも、伝える、つまり話す方は、意識すれば案外早くできるようになると思うんですよ。


窪山哲雄

すべてをお客さんの身になって考えることが重要です。モノを買ってもらうことなど考えずに、相手が望んでいること、困っていることを親身になってとことん考え、それに向き合うのです。


宮田孝一

ディーリングルーム時代は、管理職用の個室もありましたが、あえて全体を見渡せる中央にデスクを置きました。ざわざわとした空気の中にいると、相場が動いたなとか、何か困っているなと感じ取れます。顔が見えることはそれほどに重要なのです。


岩田聡

ロジックも必要ですが、機を見てロジックを脱する思考と行動がとても大切だと私は思っています。


石井貴士

「集中力のある人、ない人」というものは存在しない。最初の50分間をムダにした人が、その間ネットサーフィンをしていたとしたら、それは「ネットサーフィンに集中していた」ということです。集中はしているのです。集中状態は誰でも等しく入れるもの。問題は、その集中状態を適切にコントロールし、目の前の仕事に向き合えるかどうかです。


小暮真久

ネイティブの人たちにとって僕の英語は完璧ではなくても、僕ほど仕事の内容を理解している人はいないと自信を持って言えます。丁寧に説明すれば相手は耳を傾けてくれ、理解してくれます。今では英語での会話に自信がないときは、英語の単語を調べるよりも、話す内容を理解しているか自分で確認するようにしています。


池谷裕二

忘れていたはずの記憶も、復習を繰り返すことで定着率が上がります。昔からよく言われることですが、やはり勉強はコツコツが基本です。短期的に結果を求めず、長い目で考えることがモチベーション維持につながるはずです。


村井満

選手だけではなく、クラブの経営者がプロになる必要がある。


仲山進也

重要なのはお客さんとどれだけコミュニケーションをとるかです。小売りに限らず、仕事とは何らかの価値を最終的に使ってくれるお客さんに伝え、理解してもらう活動です。そこでお客さんとキャッチボールをしていると、新しい発想をどんどんもらえるし、自分磨きにもつながります。


小林健(三菱商事)

志は高く、目線は低く。目線は低くは、頭は低くでもいい。


ページの先頭へ