佐々木蔵之介(俳優)の名言

佐々木蔵之介(俳優)のプロフィール

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。

佐々木蔵之介(俳優)の名言 一覧

1 / 11

方言には独特な力と、あったかさみたいなものがある。ことに関西弁は、刺すか刺されるかという状況にあっても、ユーモアを乗せられるところが魅力的。

佐々木蔵之介の名言|方言には独特な力がある


リーダーの役割って、方向性を示すことだと思うんですよ。それがないと、何も始まらない。

佐々木蔵之介の名言|リーダーの役割は、方向性を示すこと


やらなきゃいけない仕事をこなしつつも、ほかに何か面白いこと、やりたいことがあるなら、何よりもそれをやってみたらいい。

佐々木蔵之介の名言|やりたいことがあるなら、やってみたらいい


不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。

佐々木蔵之介の名言|果たさなければならないミッションだからこそ与えられた


緊張感が張り詰めすぎていると、自分を含め、みんなが力を発揮できない。ちょっと緩いぐらいの空気になるよう、場を整えるようにはしています。

佐々木蔵之介の名言|張り詰めすぎていると力を発揮できない


20代では時間も自分の好きなようにはならないかもしれないけど、40代に入ってくると余裕が出てきます。先の分からない時代、当初の人生設計にとらわれずに時代の流れに合わせて柔軟に対応しつつ、今を充実させるのもいいんじゃないかな。

佐々木蔵之介の名言|当初の人生設計にとらわれずに時代の流れに合わせて柔軟に対応しつつ、今を充実させるのもいい


上役に意見を言うには、相手を理解したうえで、こちらのことも分かってもらう努力が大事。そのためには、伝える力を養っておくことも必要かもしれません。

佐々木蔵之介の名言|伝える力を養っておくことも必要


佐々木蔵之介(俳優)の経歴・略歴

佐々木蔵之介、ささき・くらのすけ。日本の俳優。京都府出身。神戸大学農学部卒業。大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活動。退団後上京しテレビドラマや映画で活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、菊田一夫演劇賞を受賞。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ