名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

佐々木茂喜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木茂喜のプロフィール

佐々木茂喜、ささき・しげき。日本の経営者。「オタフクホールディングス」社長。広島修道大学商学部管理科学科卒業後、オタフクソースに入社。同社社長を務めた。

佐々木茂喜の名言 一覧

はやりものに手を出すことを否定はしません。でも最終的には、「自分にとっての使い心地」で選んだ方が長続きする。


自分の考えを文字にして「見える化」すると、それが別のひらめきにつながったり、記憶の定着に役立ったりします。


「問題解決は内容が整理できれば、9割は片づいたも同然」とよく言われますが、同感です。自分のところに上がってきた報告から、大事なことを見つけて書き留め、最重要ポイントを抽出し、最終的な決断を下す。この過程を、私はノート上でやっている。


経営はスピードが求められます。経営会議で浮き彫りになった重大な課題は、即断即決で答えを出すのが一番いい。私の指示や助言を聞いたメンバーが、具体的なアクションにすぐ移れます。


会議にノートは欠かせません。出席者の話を聞きながらペンを走らせて、自分の頭の中を整理するにはノートが最適です。出席者の意見から大事なキーワードを抜き出してまとめ、見返して頭の中で関連づけて整理します。


佐々木茂喜の経歴・略歴

佐々木茂喜、ささき・しげき。日本の経営者。「オタフクホールディングス」社長。広島修道大学商学部管理科学科卒業後、オタフクソースに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

林文子

いま100年に一度といわれる不況だからこそ、既成概念を捨てて知恵を絞って、お客様が何を必要としているかをとことん考える機会にするといいでしょう。


藤井孝一

習慣化するまでは失敗するのが当たり前。あきらめず、もう一度、翌日から挑戦しましょう。


立川志らく

今では、異次元の世界だと思っていたバラエティにも出演している。即興大喜利をやっているようでとても面白い。「これは、本来落語家が得意とする分野ではないか」とやってみて気がついた。53歳にして新しい発見があり、楽しく仕事をしている。


大友啓史

僕の場合、良い作品を作るという目的はもちろんですが、それと同時に、良い作品へと向かうプロセスを楽しむことに興味があるのだと思う。


橘玲

相手に協調するか、裏切るかを選択できるとして、どのような組み合わせがもっとも利益を大きくできると思いますか? これはゲーム理論で正解がわかっていて、それが「しっぺ返し戦略」です。どんなときでも協調を選べば、狡猾な相手にいいようにされるだけ。かといっていつも裏切ってばかりでは、誰からも相手にされません。それに対して「しっぺ返し」は相手と同じことをする戦略で、最初は相手を信用して協調し、もし裏切られたら自分も裏切り返し、相手が反省して協調してきたら、自分も協調を選びます。なぜこんなシンプルな戦略が一番効果的なのでしようか。それは、協調するか裏切るかわからない相手とは安心してつき合えないからです。「しっぺ返し戦略」は、「自分はこういうやり方をする」とあらかじめ宣言し、それを一貫して守るわけですから、初めての相手とも信頼関係を作れるのです。このシンプルな戦略に、じつは複雑ないまの世の中を生き抜く知恵が隠されています。


孫正義

挑戦することで、初めて見えてくる景色がある。


中山泰男

社長と常務とでは景色が違う。常務の時も言うべきことは言いましたが、やはり自分のラインを重視していました。社長は気持ちと責任範囲が違います。最後までやり遂げなければなりません。


小路明善

経営者としてさまざまな決断をしなくてはいけませんが、準備段階では関連部署や社内の専門家たちに意見を聞きながら、戦略や戦術を徹底して考え抜く。そして決断をしたら、結果はあまり気にしません。「人事を尽くして天命を待つ」という心境ですね。それで結果が出なければ、準備段階で立てた仮説が間違っていたということですから、それを見直して、別の仮説を立てればよいだけです。


金子雅臣

世代によって価値観は変わるから、どんな言い方をネガティブに感じるかという基準が、自分と違う可能性がある。


小宮輝之

「自分で作ったコネ」が大きなプロジェクトにつながった例もたくさんありました。たとえば、日本では上野動物園で唯一見られる、童謡でおなじみのアイアイは、マダガスカルにある動物園の担当者と仲良くなったことがきっかけで譲り受けることになりました。国内希少野生動植物種で特別天然記念物でもあるライチョウの繁殖に着手した時は、ノルウェーの大学に人を派遣して仲良くなったことで卵をもらえることに。どちらの事例もメールや電話のやり取りだけでは生まれなかったように思えます。


山崎元

無駄な残業はしないと決めたことで、会社に依存せず、自分でキャリアを考えて、予定を立て、実行していく意識が培われていったと思います。多くのビジネスパーソンは、自分の予定を会社に決めてもらって、時間が余ったときに初めて自分で何かをするかを考えていますが、私はそういう状態に陥らずに済みました。


織田信長

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
【覚書き|上記は幸若舞の『敦盛』の一節。敦盛は源平合戦での平敦盛と源平方の熊谷直実との一騎打ちを描いた舞曲。信長は同舞曲を好んで歌い舞ったといわれている】