名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木義孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木義孝のプロフィール

佐々木義孝、ささき・よしたか。日本の中小企業診断士、CFO(最高財務責任者)。北海道出身。明治大学商学部卒業。日本輸送機(のちのニチユ三菱フォークリフト)勤務を経て、プロパスト、トランザクション、ショーケース・ティービーなどのIPOに携わった。著書に『実戦!上場スタート』。

佐々木義孝の名言 一覧

起業をする人は個性が強く、ある意味特異な存在。逆に、そうでなければリスクを取って新たな事業、ビジネスモデルを生み出すことはできない。


社会にどのような価値を提供できるかを常に真剣に考え、高い志を持っている人。私利私欲ではなく、社会の公器としての認識を持っている人。経営者がそうでなければ企業は長続きしない。


ベンチャー企業がパブリックカンパニーになるために、それを支えるCFO(最高財務責任者)の役割は非常に重要。


自らの強み、弱みを認識した上で、社会にどんな価値を提供できるか。社長や経営者がそうした意識を持つことが何より大事。組織全体がそうなっていかなければならない。


理屈だけではうまくいかない面もたくさんありますから、そこをうまく調整するようにバランスをとるのがCFOのような立場の人間にとって一番大切なのではないかと思います。


格言は本当に勉強になりますし好きですね。毎朝吉田松陰、中村天風、松下幸之助の一言一句を必ず読み、家中に格言を貼っているので妻から嫌がられています(苦笑)。格言と実際の体験、ビジネスをつなぎ合わせることを意識しています。


いま、会社まで1時間程歩いて通勤しているのですが、常日頃から二宮金次郎のように歩きながらでも勉強することを心掛けています(笑)。


佐々木義孝の経歴・略歴

佐々木義孝、ささき・よしたか。日本の中小企業診断士、CFO(最高財務責任者)。北海道出身。明治大学商学部卒業。日本輸送機(のちのニチユ三菱フォークリフト)勤務を経て、プロパスト、トランザクション、ショーケース・ティービーなどのIPOに携わった。著書に『実戦!上場スタート』。

他の記事も読んでみる

小林りん

多様性を尊重することを突き詰めて考えると「自分の当たり前が当たり前でない人といかに向き合うか」ということ。つまり、自分と異なる人に対して「何で違うんだろう、嫌だな」ではなく「そういう考え方もあるんだな」と考え、それを取り入れていく。


遠藤憲一

ひょいひょい、じゃ仕事はできない。途中経過では、誰だってボロボロになるんだよね。


吉川洋

人口減で働き手の数が減っていくことは、一国の成長にとってマイナス要因であることも事実です。ただ、人口が先進国の経済成長に直接的に寄与する部分というのは、実は非常に小さい。例えば、高度成長期、経済が10%成長した時の労働人口の成長率は概ね1.2%です。経済が10%成長して、働き手の数は1%プラス。この9%の差は何かというと、労働生産性の上昇というわけです。


フィリップ・コトラー

マーケティング戦略を立案するためには、カテゴリーを明確にしておく必要がある。なぜなら、自社がどの領域で、どのような企業と競争しているのかを把握しなければ、マーケティング戦略は構築できないからだ。


干場弓子

期待していた交流会が空振りで、ムダ足と思っていたセミナーで有望な人に会う……。チャンスは、自分が頭で考える外側にあることが多い。


永守重信

企業というものは、社風や精神に支えられていると思う。


西郷隆盛

どんなに仕事や計画が上手く進んでいても決して謙虚さを忘れてはならない。


佐藤優

問題、悩みを吐き合えばこそ、飾らない、素で付き合える仲間同士にもなれる。結束が高まれば、さらに深い問題を共有することもできる。そうやって、仲間の助けも借りて、問題をひとつひとつ何とか解決していくことで僕たちは成長する。問題と向き合うことで、人間力を強くすることができる。


二宮雅也

(東日本大震災時)社員は自ら手を上げて被災地入りし、受付、書類整理、損害調査の三種の仕事にあたりました。スタッフ部門の社員や部長クラスまで志願しました。彼らは返ってくると、口々に「行ってよかった」『保険会社の仕事をしていてよかった」と感想を述べます。未曽有の災害にあって、我々の存在意義、プロ意識が再確認されたのは大きな出来事でした。


小笹芳央

斬新なアイデアは、かけ離れたジャンルの掛け合わせから生まれる。広く深い知識を身につけ、結びつけてみる努力でアイデアマンになってください。


君塚良一

脚本家の動機は、映画のエンジンとなる。動機というエンジンをかけなければ、部屋にこもって百何十枚もの脚本など書けない。


浦沢直樹

「ここ描きたくない」とか「ここつまらない」となったら、それは絶対に読者もつまらないんだから。すべての絵を描きたい絵にすることで、読者もすべてのコマが楽しくなる。