名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木義孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木義孝のプロフィール

佐々木義孝、ささき・よしたか。日本の中小企業診断士、CFO(最高財務責任者)。北海道出身。明治大学商学部卒業。日本輸送機(のちのニチユ三菱フォークリフト)勤務を経て、プロパスト、トランザクション、ショーケース・ティービーなどのIPOに携わった。著書に『実戦!上場スタート』。

佐々木義孝の名言 一覧

起業をする人は個性が強く、ある意味特異な存在。逆に、そうでなければリスクを取って新たな事業、ビジネスモデルを生み出すことはできない。


社会にどのような価値を提供できるかを常に真剣に考え、高い志を持っている人。私利私欲ではなく、社会の公器としての認識を持っている人。経営者がそうでなければ企業は長続きしない。


ベンチャー企業がパブリックカンパニーになるために、それを支えるCFO(最高財務責任者)の役割は非常に重要。


自らの強み、弱みを認識した上で、社会にどんな価値を提供できるか。社長や経営者がそうした意識を持つことが何より大事。組織全体がそうなっていかなければならない。


理屈だけではうまくいかない面もたくさんありますから、そこをうまく調整するようにバランスをとるのがCFOのような立場の人間にとって一番大切なのではないかと思います。


格言は本当に勉強になりますし好きですね。毎朝吉田松陰、中村天風、松下幸之助の一言一句を必ず読み、家中に格言を貼っているので妻から嫌がられています(苦笑)。格言と実際の体験、ビジネスをつなぎ合わせることを意識しています。


いま、会社まで1時間程歩いて通勤しているのですが、常日頃から二宮金次郎のように歩きながらでも勉強することを心掛けています(笑)。


佐々木義孝の経歴・略歴

佐々木義孝、ささき・よしたか。日本の中小企業診断士、CFO(最高財務責任者)。北海道出身。明治大学商学部卒業。日本輸送機(のちのニチユ三菱フォークリフト)勤務を経て、プロパスト、トランザクション、ショーケース・ティービーなどのIPOに携わった。著書に『実戦!上場スタート』。

他の記事も読んでみる

原田武夫

外国人は立食のレセプションなどで人との距離を縮めるのが上手い。さりげなく自分はこういう人間で、こういう人脈があると伝える。あなたと共通点があるから今度、一対一で会いましょうと話をつなげていきます。日本人は、その過程がなくて、いきなり提案するからうまくいかないのです。


三原邦彦

厳しい状況を一緒に乗り切ってもらうには、「未来」を見せないとダメ。


サンキュータツオ

学問は「問いに学ぶと」書くように、どれだけ優れた問いを立てたかが大切。


平田雄一郎

経営者が社員に「短い時間で同じ量の仕事をやれ」というのは、重い荷物を持った人に、もっと重い荷物を持たせるようなもの。仕事を減らせば余裕が生まれ、仕事の質を高められる。それが強さになる。


新井直之(執事)

多くの時間術の本は忙しい人が自身のやりくりの仕方を書いていますが、お金持ちの求める秘訣はそこにはありません。彼らが時間管理を学ぶ相手は、儲かっているのにヒマそうな経営者。彼らは本当にヒマなわけではありません。自分が動く必要のある仕事は月火にまとめ、残りの5日を自由にするなど、仕組みづくりがうまいのです。


吉田松陰

何事であっても、人に対する思いやりや慈しみの心を動機としないのであれば、どうしてなし遂げることができようか。


中野勘治

いまの時代は感性だけでは追いつかなくなってきた気がします。ツイッターやコミュニケーションツールの多様化で、消費者の方が情報を多く持ち始めている。感性に頼るだけでなく、科学的なマーケティングの重要性も感じています。


大野直竹

長い目で見てお客様から支持を受けることに重点を置いてやっていけば、いろいろな問題は解決する。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

日本には感性を刺激するものがたくさんあります。ぜひいろいろなことに興味を持ち、感性を磨いてください。モチベーションが上がり、キャリアアップにつながると思います。


大橋博(教育者)

学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作ると思いますので、我々としても常に生徒や学生との真剣勝負が続いています。


石黒不二代

かつての成功を知る男性のマネジメント層にとっては通じる常識も、何も知らない女性の立場からは「それのどこがスゴイの?」という素朴な疑問が投げかけられます。そうした一石が投じられることをきっかけに、新しいアイデアが生まれていくのです。


久恒啓一

パソコンで図をつくると、気軽に色をつけられるせいか、カラフルに描く人が多いもの。しかし、読み手は-度に多くのことを認識できないため、色とりどりの図は相手を混乱させる恐れがあります。図はできるだけ読み手に負荷を与えないように、黒1色で描くことを心がけましょう。どうしても色をつけたい場合は、黒1色でもわかるように図を一度完成させたうえで、強調したい部分にだけ色をつけるとよいでしょう。