佐々木繁範の名言

佐々木繁範のプロフィール

佐々木繁範、ささき・しげのり。リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント。福岡県出身。同志社大学経済学部卒業、ハーバード・ケネディスクール修了。日本興業銀行を経てソニーに入社。その後、同社で戦略スタッフ兼スピーチ・ライターを務めたのち独立。

佐々木繁範の名言 一覧

上司自身がその仕事を自分事と捉えていなければ、部下もやる気が起きない。

指示するときは目を見て、期待を込めて伝え、そのうえで指示したことに責任を持つ。部下の目を見ながら「頼むよ。失敗しても私が責任を持つから」と言われたら、部下も思い切ってやってみようという気持ちになる。人間は、論理だけでは動かない。

仕事を任せるときに重要なのが仕上がりのイメージを伝えること。最終形を部下と共有しておけば、細かい指示は不要になります。部下としてもやり方は任せてもらえた、とやる気も出る。

上司が自分で指示をしたのに、何か問題が起こったら責任を取らずに逃げてしまう。そんな上司にいくら理路整然と指示を受けたとしても、部下としては頑張ろうという気持ちにはなれない。

佐々木繁範の経歴・略歴

佐々木繁範、ささき・しげのり。リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント。福岡県出身。同志社大学経済学部卒業、ハーバード・ケネディスクール修了。日本興業銀行を経てソニーに入社。その後、同社で戦略スタッフ兼スピーチ・ライターを務めたのち独立。

ページの先頭へ