名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木経世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木経世のプロフィール

佐々木経世、ささき・けいしん。「イーソリューションズ」社長。富山県出身。慶應義塾大学工学部卒業、慶應義塾大学大学院計測工学修士課程修了、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。日本鋼管、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン、ソフトバンク事業企画室長などを経てイーソリューションズ社長に就任。そのほか、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授を務めた。

佐々木経世の名言 一覧

日本をオーケストラに例えて言えば、超一流の楽器プレーヤーはたくさんいますが、そのプレーヤーを指揮して、どのような作曲をしたらいいか、どのように未来に向けた新しい曲ができるかを考える人がいないということでしょう。


佐々木経世の経歴・略歴

佐々木経世、ささき・けいしん。「イーソリューションズ」社長。富山県出身。慶應義塾大学工学部卒業、慶應義塾大学大学院計測工学修士課程修了、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。日本鋼管、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン、ソフトバンク事業企画室長などを経てイーソリューションズ社長に就任。そのほか、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

工藤泰三

当社では半年間の入社研修プログラムで倉庫などの実際の現場で働いてもらっています。その後、船舶運航の実務を2年間義務付けています。現場の経験が豊富になると、お客様との商談でも迫力が違います。経験に裏打ちされた知識が自信につながっていくからです。


リチャード・ブランソン

何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


正力松太郎

いまだからやるのだ。


水留浩一

もちろんほかの回転寿司もライバルとは思っていますが、胃袋は1つなので、外食産業全部ですね。今日は何を食べようかと考えたときに、ハンバーガー、ステーキなどに勝たなければならない。大切なのは2つの「鮮度」です。寿司の鮮度はもちろんのこと、この前店に来たときと同じじゃないかと思われてしまうと、体験としての鮮度が落ちてしまう。だから常に定番以外のメニューを新しくしています。


北尾トロ

大事なのは、一気にトップスピードに持っていくこと。時間が経つと冷静になっちゃうから、バカになれる期間にどこまで振り切れるかが重要なんです。そのためのガソリンが妄想力。自分の思いつきに酔って、惚れ込む状態に持っていくって感じかな。


伊東信一郎

1987年、成田・大連線の就航を担当したとき、現地にいる日本人は20人ぐらいでした。そういったところに無謀にも飛行機を飛ばす。ノウハウもない中、なんとか半年ほどで準備を整え、大連の空港で発便を迎えました。10年後、大連には日本企業の工業団地ができて、2000人が駐在するようになりました。我々の便を使って、人や貨物が世界に運ばれていく。飛行機を飛ばす社会的な役割を感じました。


西多昌規

まじめな人ほど部下に期待しているので、部下ができないのは自分の指導が悪いからだと悩んでしまいます。しかし実際は、部下本人に問題があることも多いのです。すべて自分のせいだとは思わない方がいいでしょう。


為末大

テーマのひとつは、スポーツ選手が引退後に進むセカンドキャリアの後方支援だ。たとえば指導者になるためには、人や場所をどうするかなどの問題が出る。それを後ろ側で支える教育系のプラットフォームになれば、選手も起業しやすくなる。


永持孝之進

経営者は常に「心痛」ではなく「心配の第一人者」であるべきです。「心配の第一人者」とは、会社に必要な情報を積極的に集める意欲のある人をいいます。現状に甘んずることのなく、絶えず自覚し、情報を集め続けること。これが大事なことではないでしょうか。


田坂広志

智恵とは書物から学ぶものではなく、自身の体験からつかむものです。そして、誰でもひとつの体験をしたならば、必ず無意識に、何かの智恵はつかんでいるのです。しかし、それが自覚されていないため、上手く活用できないのです。本を読むことの意味は、本に書かれている言葉が触媒となって、自分が過去の体験を通じてつかんだ無意識の智恵が、表層に浮かび上がってくることなのです。


石井一久

やるべき準備をし、自信を持って臨む。集中力を研ぎ澄ませたピッチングをすれば、必ずイメージ通りに勝てると信じていました。「必ずできる」と自分を評価してあげることが大事。


江川達也

「飛んでいる矢は止まっている」って、習ったでしょ。要するに、どんなに短い時間も、二つに分けることができるのだから、同じことをやるにも半分の時間でできるんじゃないかと、僕は学生のころに思ったんですよ。もちろん、いきなり何でも半分にはできませんが、0.1秒単位の無駄を見つけてなくすことを長い間続けていくと、時間の密度は濃くなるし、無限に圧縮できるという感覚もわかるように必ずなります。