佐々木秀一(経営者)の名言

佐々木秀一(経営者)のプロフィール

佐々木秀一、ささき・ひでいち。日本の経営者。「佐々木硝子」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、家業の佐々木硝子に入社。社長を務め、同社をトップメーカーへと発展させた。そのほか、東京商工会議所副頭取などを務めた。

佐々木秀一(経営者)の名言 一覧

トップの座にあるものは、腹の中で静かに自分を戒めるべきである。現役を退いたときに皆さんにこれまで同様のお付き合いをしていただきたい、そういう人間でありたいと思っている。【覚書き:上記は会長就任年の発言。自分が退任したとき、部下とどんな関係を築いていたいかあらかじめイメージしながら日々接しろという戒めの言葉】


佐々木秀一(経営者)の経歴・略歴

佐々木秀一、ささき・ひでいち。日本の経営者。「佐々木硝子」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、家業の佐々木硝子に入社。社長を務め、同社をトップメーカーへと発展させた。そのほか、東京商工会議所副頭取などを務めた。

他の記事も読んでみる

高橋祥子

結局お金って色とかストーリーが必ずあって、決して単純に経済合理性で動くものではないんだなということを実感として学びました。


北尾吉孝

人生において大切なのは、「得」より「徳」です。お金に対する相場観があって金銭感覚に優れていることも大事ですが、それより「ビジネスパーソンとして人間を磨き続けているかどうか」が重要です。人間を磨き続けることが、最終的にお金を生むのです。


養老孟司

互いの顔が見える共同体は、それ自体が保険になる。


辻慎吾

未来の都市を支えていくのは人。「都市を育む」ということは、「都市を舞台に活躍する人々を育む」ということでもあります。ですからこの国の未来を担っていく子供たちを支援する活動には非常に力を入れています。


小倉広

地位が上がれば上がるほど、仕事とプライベートは切り離せなくなります。ストレスマネジメントは中間管理職ぐらいから意図的に心がけたい仕事のひとつです。


スティーブン・レヴァイン

あと一時間しか生きられず、たった一人にしか電話ができないとしたら、誰に電話をかけて、何を言いますか?そしてあなたはなぜいま、それをしないのですか?


鈴木敏文

世の中が変化しているとしたら、なぜかをとことん追求し、それを客観的にみる。経営者にはこれが重要。間違っても、自分たちの過去の体験に照らし合わせた自分の経験からだけで判断してはいけません。


小堺一機

結局、僕の周りの人が力を貸してくれるのは、好きなことをやってきたからだと思う。


小杉友巳

どんな仕事であれ、出会いはあります。職場内でも取引先でも、人とのかかわりは日常的にあるはずです。あなたはその出会いをどうせ仕事の上だけの関係だからと、右から左へ流していませんか?ひとつひとつのご縁を大切にしていけば、仲間づくりは難しくありません。


小林弘幸

実際のところ、本来対処できるはずのストレスを無駄に増幅させている人も、少なからずいます。「わけもなくイライラする」「なんとなく落ち込む」など、原因がわからないままモヤモヤしている人は要注意。ストレスは、放置すると増大するという性質を持ちます。何にイライラしているのかを明確にせず抱え込むうち、気持ちはどんどんネガティブになり、集中力や仕事の精度も落ちるでしょう。ですから、ストレスが発生したらすぐに原因を割り出し、対処すべきです。それも「消そうとする」のではなく、あくまで「上手につきあう」スタンスが大切。つまり、ストレスを「適度な刺激」程度にとどめる方法を知ることがコツと言えます。


西多昌規

趣味というとスポーツやものづくりをするイメージがありますが、それほど大上段に構えなくてもいいと思います。私もたいした趣味はありませんから。たとえば、コーヒーを飲みながら新聞を読むとか、おいしいものを食べにいくなど、楽しいことや気晴らしになることがあれば十分でしょう。


五島昇

企業は愛されるだけでは駄目だ。尊敬される怖さを持て。


吉田晴乃

数字に徹底的にこだわって、数字で自己主張してほしい。ビジネスは数字がすべてです。数字は否定しようのないユニバーサルランゲージ。数字を上げて会社に貢献すれば、必ず評価されます。能力があるなら昇進して当然じゃないですか。私が現在のポジションまで来られたのは、とにかく数字を上げて実績を示してきたからです。実際、「ガラスの天井」を感じたことはありません。


小宮一慶

電車がスイカやパスモで簡単に乗れるようになりましたが、そのために区間の電車賃がいくらなのかわからない人もいます。仕組みの中で安住し、自分で物事を考えなくなるのが怖い。逆に仕組みを作る人は膨大な情報を駆使し、知恵とノウハウを蓄積する。そのギャップがそのまま収入格差になる。


丹羽宇一郎

ダイレクトトーク(直接対話)をやるなら、徹底的にやらないと駄目だ。


ページの先頭へ