佐々木眞一の名言

佐々木眞一のプロフィール

佐々木眞一、ささき・しんいち。日本の技術者。「トヨタ自動車」顧問・技監。北海道大学工学部機械工学科卒業、トヨタ自動車工業に入社。取締役、常務、専務、トヨタモーターヨーロッパ社長、本社副社長などを経て顧問・技監。また、日本科学技術連盟理事長、中部品質管理協会会長、ITSJapan会長、道路新産業開発機構会長、中部高速道路会長、名古屋グランパスエイト副会長などを務めた。

佐々木眞一の名言 一覧

私は複数の工場長も務め、部下たちには「品質は工程でつくりこむものだ」と言って教育してきた。トヨタは品質をずっと大事にし、高い水準を実現してきたという自負を持っていました。

佐々木眞一の名言|品質は工程でつくりこむものだ

部下や周囲を不安にさせないために、私自身は冷静さと平静さを極力保つように心がけました。「こんな時によく平然としていられますね」と言われましたが、内心は心配でドキドキでした。やせ我慢していたのです。

佐々木眞一の名言|部下や周囲を不安にさせないために、冷静さと平静さを保つように心がける

2010年2月24日。豊田章男社長が米議会の公聴会に出席し、たくさんの厳しい質問に必死になって答えました。「私が社長を辞めることになっても、会社が残ればいい」と覚悟していたと後で聞き、「すごいな」と心から思いました。トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木眞一の名言|トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していった

大規模リコールの際には、トヨタのものづくりに関わる多くの社員が自信を失ってしまわないか、本当に心配しました。外から責められても、様々な問題に真摯に対応すれば評判は取り戻せますが、内部が崩壊したら立て直すのに長い時間がかかります。

佐々木眞一の名言|内部が崩壊したら立て直すのに長い時間がかかる

大規模リコールでは様々な教訓を得ました。一つは顧客の目線に立った品質を追求することです。安全面や法的な問題がなくても、お客様がどう感じるか、不安に思わないかという視点で、ものづくりをすることを心がけています。問題が起きた場合、従来のやり方にこだわらず、迅速に対応することも学びました。大規模リコールの記憶は決して風化させてはならない。そんな思いを強く持っています。

佐々木眞一の名言|安全面や法的な問題がなくても、お客様がどう感じるか、不安に思わないかという視点が重要

佐々木眞一の経歴・略歴

佐々木眞一、ささき・しんいち。日本の技術者。「トヨタ自動車」顧問・技監。北海道大学工学部機械工学科卒業、トヨタ自動車工業に入社。取締役、常務、専務、トヨタモーターヨーロッパ社長、本社副社長などを経て顧問・技監。また、日本科学技術連盟理事長、中部品質管理協会会長、ITSJapan会長、道路新産業開発機構会長、中部高速道路会長、名古屋グランパスエイト副会長などを務めた。

ページの先頭へ