名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木直彦(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木直彦(コンサルタント)のプロフィール

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

佐々木直彦(コンサルタント)の名言 一覧

たとえば料理人でもいろんなタイプがいますよね。店舗をどんどん増やしたい人もいれば、小さな店でも自分の目が行き届くことを大事にする人もいる。後者に「事業拡大できる企画書」を出しても鼻で笑われるだけ。「仕事の質が上がる企画書」なら見てもらえる可能性があります。


どんなに時間をかけて練ったものでも、必ず相手の意識やニーズとズレがあるんです。企画書は、そのズレを知るためのコミュニケーションツール。プレゼンしてズレがわかったら、柔軟に修正していけばいい。


可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。


佐々木直彦(コンサルタント)の経歴・略歴

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

他の記事も読んでみる

塚越寛

自分一代で何かを成し遂げようとする思いが「野心」であり、一代ではとてもできない大事業を次代につないでいく、祈りのようなものが「志」である。


守島基博

企業と人との関係は、基本は交換関係である。なかでも重要なのは、経営学が「心理的契約」と呼ぶ関係である。企業から大切にされていないと感じ続けた人材は、企業のために頑張って価値ある人材になろうとはしなくなる。


高見盛

高校時代、「もう退部しよう」と思ったとき、母親にこう言われたんです。「やめるのはいつでもできるんだから、あと一日だけやってみな」って。その「あと一日」「あと一日」が積み重なって今日まできたのかもしれません。


立石義雄

大企業病は生活習慣病。健康体に戻るには、組織や事業の構造改革も必要だが、まずは社員の意識改革が欠かせない。


石川和則

どんな経営者も、理想の会社をつくろうと言いますが、問題は実行するかどうか。できない言い訳を言い始めた時点で、実は諦めているのです。


久保田雅俊

株か投資信託か金か、投資先はそれぞれですが、「金持ちじいさん」は預金だけではなく必ず投資をしています。


野村忠宏

オリンピックに出るような選手は子供の頃から強く、注目されていた人が多い。でも私は、ずっと弱かった。体は小さく、力もそれほど強くない。そうした中で、どんな柔道をしたらよいのか、いろいろ模索してきました。


広野道子

不要な書類がたまっていくと必要な書類がすぐに取りだせない。だから半年に一度くらいはまとめて捨てるんですが、やはり土曜日に出社してやります。


大島武(学者)

返信を待っているのにこないと、これほどヤキモキすることはありませんよね。相手はちゃんと読んでいるのか。わざと送ってこないのか。催促していいのか。送ったら嫌みにならないかなど、気になってしかたない。私の場合は、メールはその日中か午後にもらったものに関しては翌日の午前中までに返信する習慣を身につけています。せめて自分は相手をイラつかせない。そんな配慮もビジネスの世界では必要です。


荒木香織

日常生活でも、強豪チームを参考にして、「勝つための秘策」を取り入れました。強豪チームは「勝ちの文化」が出来上がっていて、試合以外の時間の過ごし方1つとっても違います。それを研究し、参考にしました。身の回りの整理整頓がその1つです。普段から身の回りの細部にこだわることが、いざという時に力を出すことにつながります。混沌とした展開でも規則を守り、失点につながるミスや反則をしないことが、ラグビーの試合でも重要だからです。


藤田晋

自己顕示欲と謙虚さのバランスが重要。もしあなたが上司で、部下が、「次の大型案件をぜひ私にやらせてください! 必ず成功させてみせます!」と言ってきたらどう思いますか。「現実が見えていないのではないか」と心配になりませんか。では、「力不足で心配をおかけすることになるかもしれませんが、それでも挑戦したいんです!」と言われたらどうでしょう。「そこまでの覚悟があるなら」と、任せてみようという気持ちになりませんか。


角野卓造

私が『渡る世間は鬼ばかり』のようなとても長く続いたドラマに出演できたのは、それまで積み重ねてきた仕事がつながったからだと考えています。