名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐々木直彦(コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

佐々木直彦(コンサルタント)のプロフィール

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

佐々木直彦(コンサルタント)の名言 一覧

たとえば料理人でもいろんなタイプがいますよね。店舗をどんどん増やしたい人もいれば、小さな店でも自分の目が行き届くことを大事にする人もいる。後者に「事業拡大できる企画書」を出しても鼻で笑われるだけ。「仕事の質が上がる企画書」なら見てもらえる可能性があります。


どんなに時間をかけて練ったものでも、必ず相手の意識やニーズとズレがあるんです。企画書は、そのズレを知るためのコミュニケーションツール。プレゼンしてズレがわかったら、柔軟に修正していけばいい。


可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。


佐々木直彦(コンサルタント)の経歴・略歴

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

気の進まないこと、苦手なことこそ月曜の朝一番に手を付けます。心の中に嫌だと思うことを抱えていると、それが気になって他の仕事に手が付きません。だから、それを先に片づけてしまうのです。続けていくうちに苦手意識も薄れてきますし、嫌なことをやり終えたという安心感から、そのあとは集中して仕事に向かうことができます。


俣野成敏

厳しい社会情勢の中で、起業して成功する人はごくわずかです。そもそも、起業して成功するのは、会社員時代から優秀だった人なのです。だからまずはプロフェッショナルサラリーマンになれば、そのまま会社で働き続けるか、起業するか、あるいは企業内で前例のない働き方をするかといった様々な選択肢を手にすることができるのです。


薄井隆博

グローバルステージでは、新規クライアント獲得のための営業活動をほとんど行いません。それでも毎月100を超える案件の依頼が寄せられるのは、多くのお客様が仕事の質を評価してくださり、それが他社の紹介につながるからです。


安藤宏基

毎月、解剖会議というのがありまして、失敗した場合にはなぜ失敗したかを徹底的に解剖して、個人がつくった損失の額を明らかにしています。それを個人の借金として計上していきます。4回も5回も失敗して、何億も借金を積み上げている人もいるし、一発で大穴を開けた人もいます。小さい穴をたくさんあけている人もいます。これは本当に返せというわけではなく、定年退職するまでにはこれまでの穴を埋めてくれよという意味です。


佐々木常夫

上司と反りが合わなくても、「苦手に思う感情」にふたをして、上司に合わせる努力をすべき。「上司が期待していること」を正しくつかみ、的確に応える。「部下力」の見せどころです。


村田昭治

人間はマスであり、それが市場だと思いこんでおられる方も少なくない。そんなとき、一つひとつの個の集まりがマーケットを形成するのではないか、生活者である買い手と供給する側が一緒になって価値を創造していくことが大事ではないかと申しあげている。


古森重隆

経営は必ず数字で結果が表れる。現状がしっかり把握されていて、戦略が明確かつ戦術が実践的であって、あとは遂行力が発揮できれば、最終的に計画したその数字が達成できる。


小山田浩定

若い頃から今日に至るまで、一つの言葉を自らに問いかけ続けてきたように思います。「自らに恥じない生き方をしているか」と。


瀬戸欣哉

モノタロウでは経営については僕が全ての判断をするような状況で、ある意味で非常に属人的でした。現場の隅々まで分かっているし、創業当初から死ぬほど考えてきた知識の蓄積もあります。社長と一般社員の差は、突き詰めれば毎日入ってくる情報の多さと深さの蓄積であり、判断能力の差にこの情報量の差が掛け算で利いてきます。そう考えれば、鈴木(雅哉)に社長を譲った時点でも僕の方が勝っていて、その後10年だけを考えれば僕が社長を続けた方がよかったかもしれません。しかし、もし僕が続けていたら、周囲はますます判断を僕に頼るようになって、次に社長になる人はさらに大変になります。


永山治

昔は類似薬でも生き残ることができるのどかな時代もありました。でも今は、本当に良いものだけが選ばれる時代。


篠山紀信

思いどおりにならないことがあるから、表現することは面白い。障壁や制約こそ、新しいものを生み出すエネルギーになっていますね。


柳井正

経営書を読むとき、漠然と活字を追っているわけではなく、読みながらこの会社を自分が経営していたらどうする、と登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合わせながらページをめくっています。そうしないと本を読んだという気がしない。


森川亮

失敗を経験し、いろいろな経営者の方々とお会いするうちにわかったのは、「やりたいことだけをやってはいけない」「新しすぎることをしてはいけない」ということ。


アウン・サン・スー・チー

自分の人生を自分が決めるということは、自分の心に自分が打ち勝つことです。


佐藤オオキ

急ぎの依頼が入ったり、トラブルが発生したりして対処に時間を取られることは当然あります。僕の場合、仕事に充てられる時間のうち、2~3割をバッファーとして空けていて対応できるようにしています。