名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木直彦(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木直彦(コンサルタント)のプロフィール

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

佐々木直彦(コンサルタント)の名言 一覧

たとえば料理人でもいろんなタイプがいますよね。店舗をどんどん増やしたい人もいれば、小さな店でも自分の目が行き届くことを大事にする人もいる。後者に「事業拡大できる企画書」を出しても鼻で笑われるだけ。「仕事の質が上がる企画書」なら見てもらえる可能性があります。


どんなに時間をかけて練ったものでも、必ず相手の意識やニーズとズレがあるんです。企画書は、そのズレを知るためのコミュニケーションツール。プレゼンしてズレがわかったら、柔軟に修正していけばいい。


可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。


佐々木直彦(コンサルタント)の経歴・略歴

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

他の記事も読んでみる

安藤広大

本気で勝とうとしている人が勝つ。それに気付いて以来、何事も勝ちを信じ抜いて取り組むことが重要だと実感し、実践してきた。


矢野博丈

将来のことはまったくわかりませんから、当社に経営計画や戦略といったものはありません。常に、試行錯誤の繰り返しです。


伊藤惇夫

政治の世界は常にだまし合い。先読み、裏読みができなければ政治生命すら危うくなる。


伊達美和子

入社後5年ほど事業の全体観を見て、次の5年が「丸ノ内トラストシティ」の開発に関わり、都市計画や、不動産開発事業を徹底的に見ていきました。特に、当時は外資系ホテル誘致に懐疑的な雰囲気があった中、東京中心部に国際級ホテルを誘致することの意義を訴え、都市再生特区の都市計画に認定して頂きました。大勢が無理だと思うようなことでも、「絶対できる」という信念の元に作り上げていった結果です。


クラウゼヴィッツ

予期しない事実に当面したとき、これを処理できる能力を沈着という。沈着の度合いは、心が平静に戻るまでの時間によって測る。


鈴木敏文

コンビニ参入も銀行設立も、セブンプレミアムの開発も、みんな無理だと言った。オムニチャネルだって今、みんなが否定している。だけど、それを可能なんだ、突破するんだ、自分はやるんだと、そう思わないでどうするの。


木村政雄

長く売れる人は世間に対する自分を変えますね。オーソリティ(権威)になると、ポピュラリティ(大衆性)がなくなります。視野が狭くなっていく。ビートたけしさんにしても、お笑いから始まって、映画監督、文化人などで認められる一方で、ハゲヅラを被ったり、顔にヒゲを描いて馬鹿なこともやり続ける。片方だけでは、自分のマーケットが痩せていくと本能的にわかってるんですね。


新井直之(執事)

「人はみんな夢を見たいのだ」と言った大富豪もいました。「自分が夢を追っていないのに、人に夢を見させることができるわけがない」と。彼らは新しい事業への出資に際も、確実性よりも夢、手堅い利益よりも大ぼらを求め、積極的に投資をしています。


有馬頼底

かつて京都では、ホテルや駅ビルの高さや意匠を巡って景観論争に発展しました。結果、高層建築物が建ち一時期、京都から観光客が減ってしまったのです。京都が東京や大阪になろうとしても駄目なんです。文化あっての経済。その順番を間違ってはいけません。


平手智行

大切なお客様との会食では、極上の食材を提供してくれる和食店を利用します。和食は一皿ごとに旬を感じられ、目と舌で職人の技に感激していただけます。その一方で静かに流れていくように提供されるので、会話を中断させることがなく、テンポがいいのです。


谷口祥子

相手の名刺がシンプルなときは、肩書きに注目。「イメージコンサルタント」などのカタカナ職業や、「○○第一部○○推進室」など漢字が長々と並んだ部署名は、「どんなお仕事なんですか」と質問するチャンスです。


カミーロ・ゲバラ

チェ(ゲバラ)が目指していたのは「不公平で、不均衡な世界」を、「調和があり、すべての人間が公平に扱われ、満ち足りた状態で仲良く暮らせる世界」に変えることだった。その思想は、時代が変わっても古くなることはない。