佐々木直彦(コンサルタント)の名言

佐々木直彦(コンサルタント)のプロフィール

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

佐々木直彦(コンサルタント)の名言 一覧

たとえば料理人でもいろんなタイプがいますよね。店舗をどんどん増やしたい人もいれば、小さな店でも自分の目が行き届くことを大事にする人もいる。後者に「事業拡大できる企画書」を出しても鼻で笑われるだけ。「仕事の質が上がる企画書」なら見てもらえる可能性があります。


どんなに時間をかけて練ったものでも、必ず相手の意識やニーズとズレがあるんです。企画書は、そのズレを知るためのコミュニケーションツール。プレゼンしてズレがわかったら、柔軟に修正していけばいい。


可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。


佐々木直彦(コンサルタント)の経歴・略歴

佐々木直彦、ささき・なおひこ。日本のコンサルタント。「メディアフォーラム」代表。一橋大学社会学部卒業。リクルート、産業能率大学研究員などを経て独立。

他の記事も読んでみる

樋口裕一

意思決定することに、上司の存在意義がある。


中村剛也

バッティングは1日1日変わるのが当たり前。コンディションも違う。だから、毎回いい時のバッティングを追い求めても難しい。その日の調子に合わせればいいんです。


高原豪久

オーガニックコットンを利用した紙おむつ「ナチュラルムーニー」は、本来紙おむつが持つべき吸収力や吸収スピードという点では必ずしも優位性はない。その一方で、柔らかさや自然由来の材料を使うといったところに焦点を当てた商品です。地球環境にやさしく、自分の子供に使わせたいという母親の自己実現欲求に沿う商品なのです。そうした商品の重要性は必然的に高まると思っています。


新井直之(執事)

お金持ちの皆様は、朝をチャンスタイムと捉え、仕事に充て、午後は自分の自由な時間として活用されています。あなたも朝の時間をご自分のために使われてみると、素敵な変化があるかもしれません。


スティーブ・ジョブズ

よく見ると、一夜にして起こった成功の多くには長い時間が費やされているものだ。


林義郎(経営者)

小学生の時に麻雀を覚えまして、中学の時にはひとかどの腕前でした。腕ってそんなに違わないんですよ。勝つために一番重要なのはまわりを見ることができることです。自分の「手」を作ることにこだわりすぎると、思わぬ伏兵にドカンとやられる。相手のどの位置から何を出してくるのか、どういう順番で切ってくるか、牌を上に向けるか下に向けるか、全部見てるんです。そうすると相手の手の内がすーっと見えてくるんです。


村上太一

データ解析技術を軸として、求人情報サイト、不動産情報サイトを展開しているのが現状です。様々なデータを活かし、それを元にしたユーザー体験で勝っていく会社になります。たとえば「就活会議」でもうすぐリリースしようとしているのは、就活生が大学情報や活動内容を登録すると、そのデータから企業に採用されるか否か事前にある程度分かるようなサービスです。これまでは就活の際、何社受けても受からないという不幸が起きていましたが、採用確率が分かれば、無駄なエントリーシートを提出する手間も省け、より自分にマッチした企業への応募に全力を注げます。採用される可能性の高い企業ばかり受けて、その中から入社する会社を選ぶ方が、就活生・企業の双方にとって幸せなはずです。


野路國夫(野路国夫)

過剰在庫は業績の悪化に直結します。そこでコマツでは、販売代理店の在庫をゼロにする努力を行っています。需要予測に力を入れている背景には、そうした狙いもあります。


野田一夫

航空技術者の父から学んだのは「子ども相手でも、合理的で納得できる教え方、叱り方をせよ」ということだ。技術の世界では、相手が先輩であろうと、間違っていたらそれを指摘し、検証しつづけなければプロジェクトの成功はおぼつかない。つまり、きわめて合理的だ。「愚痴をいうな、その場で堂々と話せ」という父の教えも、精神論ではなく、そうしたほうが問題の解決が早いからだ。


内海哲也

個人の成績として09年シーズンは本当に苦しみました。コンディションは悪くないのに、なにかの歯車がかみ合ってなかった。その原因がわからなくて悩んでましたね。あの頃は、うつ状態だったかもしれません。なんでもないことで涙が出てきたり、自分じゃないような……。考えているだけだとさらに落ちていく。気持ち的にも、生活面にも悪影響が出てきます。そこで、迷ったら行動に移すように心がけました。下半身の使い方をこうしたほうがいいかなと思ったら、すぐにシャドーピッチングしてみたり……。そのあと、2軍で再調整したことで、変わりました。しっかり走りこんで、投げ込みもキッチリやって、土台の部分をもう1回、2軍の練習で作らせてもらったんです。そこから調子も成績も良くなりました。


山西健一郎

三菱電機という会社が成長してきた理由のひとつは、「風通しの良さ」にあったと思っています。社内の風通しが悪ければ、悪い情報ほど隠したり、わからないことをわからないと言えない部下が増え、本質的な問題が見えなくなってしまうのです。


松重豊

若いミュージシャンと話をすることを意識的にしていますね。そういうことから、自分が好きなことをあぶり出すというか。音楽の世界がどんどん変わってきて、今、彼らがどんな音楽を作ろうとして、どんなものを聴いているのかが非常に気になるんですよね。常に若い人たちの話を貪欲に聞いていたいと思います。


菅原道仁

ミスの中には、自分では気づかないものもあります。それに気づくためには、第三者に客観的に見てもらうことが欠かせません。私が勤務していた病院では、手術の様子を撮ったビデオを医師が短く編集し、週一回のカンファレンスのときに、他の医師に見てもらっていました。自分のミスを指摘されるのは、うれしいものではありませんが、「改善点」ととらえ、真摯に受け止めていました。


出光佐三

会社がいよいよ駄目になったら、みんなと一緒に乞食をするまでだ。


小林栄三

部下を教育するためには、私自身がきちんとしている必要があります。150人の部下がいた時には150人が、社長になってからは、伊藤忠商事の社員4000人が自分の背中を見ていると意識していました。


ページの先頭へ