名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木瑞枝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木瑞枝のプロフィール

佐々木瑞枝、ささき・みずえ。日本の日本語学者、教育者。「武蔵野大学」教授。京都府出身。日本大学文理学部英文科卒業、ゴールデンステート大学(のちのホノルル大学)大学院修士課程修了、金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻(ビジネスアーキテクトコース)修士課程修了。山口大学教授、横浜国立大学留学生センター教授、武蔵野大学文学部教授などを務めた。

佐々木瑞枝の名言 一覧

日本人は自分の意見や主張を言いたがらないため、情報源がないにもかかわらず、自分の気持ちを「~だそうです」などと、「誰かから聞いた」「こんな情報があった」というような伝聞の表現で言う傾向がある。相手と意見が衝突する時のことを踏まえて、「聞いた話ですから」と逃げ場を用意したい気持ちがそうさせているのかもしれない。


テレビや新聞、雑誌で見た批評を、あたかも自分の意見のように言う場合。「~になるそうですね」と言えばいいところを「~になりそうですね」と言ってしまったりする。政治や経済の話の場合、「なぜそう思うの?」と追及されると、返答に詰まる可能性がある。聞いた話は伝聞形式、自分が感じたり思ったことは様態形式と明確に使い分けることをしっかり心がけよう。


佐々木瑞枝の経歴・略歴

佐々木瑞枝、ささき・みずえ。日本の日本語学者、教育者。「武蔵野大学」教授。京都府出身。日本大学文理学部英文科卒業、ゴールデンステート大学(のちのホノルル大学)大学院修士課程修了、金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻(ビジネスアーキテクトコース)修士課程修了。山口大学教授、横浜国立大学留学生センター教授、武蔵野大学文学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

宮崎哲弥

新書は各分野の第一線の学者・研究者による入門的な書が多く、実務家が書くビジネス書とは違う角度からの、深みや広がりのある知識を得やすい。1冊700円程度と安価で、コンパクトで持ち運びもしやすい。内容も、金融や経済から社会科学、自然科学、趣味の世界まで、幅広い分野でビジネスパーソンの需要に応えている活用しない手はない。


名越康文

私が読書をするとき、手にとる本は二種類に分けられます。ひとつは、目的ありきで読む本です。目的というのは、「いままで知らなかったことを知ること」であり、情報収集に近いものになります。ですから、長くても1冊2時間以内くらいで斜め読みをしながら必要な情報を拾う読み方になります。もうひとつは、じっくりと読み込む本で、これは自分が尊敬する著者の本や古典が中心です。


加納裕三

当社は設立当初から「ビットコイン、ブロックチェーンは世界を変える」と考えていました。そこでブロックチェーンに関する基礎研究を行おうと考えましたが、収益がなければできません。そこで、仮想通貨の取引所を運営して収益を上げるとともに、ブロックチェーンの基礎研究を続けてきました。


安冨歩

LGBTの人たちには、差別になどあったこともない人とは違った社会の一面が見える。彼らの鋭敏な感性に基づく知恵や知識が、イノベーションを起こす資源となる。


山元賢治

マネジャーと名刺に書いたら、世界では「意思決定をする権限がある人」になる。英語でマネジャーやディレクターと書いたら、逃げてはいけない。たとえばiTunesで安い価格で売らせてくれとお願いに部下とともにぞろぞろと行ったらおかしい。部下に説明させ、反論は持ち帰って検討するなどといった交渉はもってのほかだ。


松本正義

私はトップと部下の距離は短ければ短いほどいいという信念があります。距離が開けば関心も薄れます。馴れ合いはいけませんが、近い距離で話をすることは大切です。


苦瓜達郎

アナリストが話題にしていることって狭いことが多いんですよ。その時期の空気に流されている、時代の状況に乗ってしまっている、みたいなところがあって。それはそれで重要なんですが、それを超える部分ですね。中長期で起こり得ること、リスクへの備えみたいなことは必要なんじゃないか。結局、何をするかというと、高いPERで買いすぎないとか、その程度のことしかできないんですけれどもね。それでも、それがあるのとないのではずいぶんリスクの部分で違ってくるよねと。だから、(短期の)閉じた議論だけでなくてね。自分のその時の評価が、世間の評価、およびアナリストの評価より低かったということがあって、そしてその後、株価が下がったとしたら、自分に見えていたものが正しかったんだろうなとか。議論の枠組みを広げるというのですかね、外へずらす、みたいなことが、やっぱり、長くやっていると……。覚えられる人は覚えられるんだと、いうふうに思います。


青野慶久

私も、以前は「睡眠時間を短くした方がいい」と考えていました。多くのビジネス書には、短眠が美徳のように書かれています。だから、自分でも知らないうちに「寝ている時間は無駄だ」という価値観が刷り込まれてしまっていたんです。しかし、眠っている時間は新陳代謝を活発にするなど、身体は必要な活動をしているのです。だから、睡眠時間を削ると、場合によっては生きるために必要な活動まで削ってしまうことになりかねません。


坂根正弘

アメリカでレイオフを行ったとき、私は各工場に経緯を説明して回りました。「レイオフは経営者の判断なのだから、いちいち説明の必要はない」という人もいましたが、いままで一緒にやってきた仲間なのだから、それでは無責任です。そこはアメリカ流でやるのではなく、精一杯言葉を尽くしたかった。


盛田昭夫

スポーツのオリンピックには、よく言われる有名な言葉がある。「オリンピックは参加することに意義がある。勝敗は二の次である」というクーベルタンの言葉だ。しかし、我々のビジネスのオリンピックでは、悠長なことは言っておれない。参加することだけでは意味はない。参加する以上は、そのオリンピックで勝たなければならない。


枝川義邦

徹夜すれば、翌日のパフォーマンスが下がることは誰でも実感するでしょう。睡眠負債の怖いところは、そういう自覚がないことが多い点。「睡眠のコントロールは完璧だ」という人が、実は借金まみれというケースもあります。睡眠研究では6時間睡眠を2週間続けると、脳の反応速度は2日間徹夜したのと同じレベルまで下がるという結果が出ています。気づかないうちに脳の情報処理能力はそこまで低下するということです。


今野由梨

自分に起きていることというのは、それが起きているときには、その意味がわからないことが多い。