名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐々木瑞枝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木瑞枝のプロフィール

佐々木瑞枝、ささき・みずえ。日本の日本語学者、教育者。「武蔵野大学」教授。京都府出身。日本大学文理学部英文科卒業、ゴールデンステート大学(のちのホノルル大学)大学院修士課程修了、金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻(ビジネスアーキテクトコース)修士課程修了。山口大学教授、横浜国立大学留学生センター教授、武蔵野大学文学部教授などを務めた。

佐々木瑞枝の名言 一覧

日本人は自分の意見や主張を言いたがらないため、情報源がないにもかかわらず、自分の気持ちを「~だそうです」などと、「誰かから聞いた」「こんな情報があった」というような伝聞の表現で言う傾向がある。相手と意見が衝突する時のことを踏まえて、「聞いた話ですから」と逃げ場を用意したい気持ちがそうさせているのかもしれない。


テレビや新聞、雑誌で見た批評を、あたかも自分の意見のように言う場合。「~になるそうですね」と言えばいいところを「~になりそうですね」と言ってしまったりする。政治や経済の話の場合、「なぜそう思うの?」と追及されると、返答に詰まる可能性がある。聞いた話は伝聞形式、自分が感じたり思ったことは様態形式と明確に使い分けることをしっかり心がけよう。


佐々木瑞枝の経歴・略歴

佐々木瑞枝、ささき・みずえ。日本の日本語学者、教育者。「武蔵野大学」教授。京都府出身。日本大学文理学部英文科卒業、ゴールデンステート大学(のちのホノルル大学)大学院修士課程修了、金沢工業大学大学院工学研究科知的創造システム専攻(ビジネスアーキテクトコース)修士課程修了。山口大学教授、横浜国立大学留学生センター教授、武蔵野大学文学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

やましたひでこ

断捨離は整理整頓と違います。きれいにするのが整理整頓に対し、断捨離は絞り込んでいく作業です。キーワードは「要」「適」「快」。要るのか、要らないのか。そこにあるのがふさわしいのか、ふさわしくないのか。あると心地よいものか、そうでないのか。分類し段階を踏みながら優先順位をつけるのです。


栗原博

大事なのは「自分が本当にこの企画をやりたくて提案しているか」。もちろん、「想い」が強すぎて理解されにくいものになっていたら、指摘します。それでも、「本当にやりたいんだな」「入れ込んでいるな」ということが伝わってくるとやらせてみたくなる。


三田紀房

苦手なことは、そもそも無理に克服しようとしないことです。放っておけばいいんですよ。


岡田民雄

新製品に対する発想は全て、「こんなものがあったら便利ではないか」という、使う立場の視点がもとになっています。


市居愛

クレジットカードで買い物をすると、現金で買い物するときに比べ、使う金額が23%増しになるというデータがあります。クレジットカードはお金がどれぐらい減るか見えないため、自制心が働かなくなるのでしょう。「そんなにお金を使っているつもりはないのに、お金が貯まらないんです」と私のところへ相談にいらっしゃる方には、先月使用したクレジットカード額をおうかがいします。「10万円くらいかな……?」。そして、実際に使った金額を見せていただきます。正解は15万円。差が1万円以上だった場合は、クレジットカードを使用せず、一度すべて現金会計に戻すようアドバイスしています。それだけで、およそ2割程度の出費が抑えられるので、みなさん驚かれます。


御手洗毅

会社を繁栄させるには、皆も一人一人が誠意を持ってやるしかない。私も皆を信じる。


桜井たけし(経営者)

システムエンジニア時代、テレビ局からモンゴル語の翻訳の仕事が舞い込みました。本業の仕事の合間に副業をやりながら、ふと、自分にしかできない仕事だと気がつき、独立を思い立ったんです。翻訳やモンゴルに進出したい日本企業のサポートを行っています。たとえば中古車をモンゴルで販売したい会社に、モンゴルの市場調査や報告、販売ルートや人脈の紹介などを行います。


アルフレッド・アドラー

わかっているけどできませんとは、単にやりたくないだけだ。


石川善樹

普段の仕事で、ゾーン状態を要求されることは多くないはず。それより不調の状態を減らして全体を底上げしたほうが、長期的強パフォーマンスは高まります。


福井康夫

会社が大きくなると、独りよがりになるものなのです。そうならないためには、自分が愚かな経営者になっていないか自問自答し、謙虚に反省する習慣をつけることが重要で、志を高く持ち、堅実に経営していかなくてはなりません。


樋口泰行

インターネット、ゲーム、法人向けビジネスは競争が非常に激しくなっています。従来と同じようなビジネスを続けていたら、生き残れません。そのためにも顧客視点の浸透がもっとも重要な課題です。


高倉豊

真面目な人は、もとのコンセプトが変わることを嫌がるだろう。たしかに、マーケティングは、まず戦略を固め、戦略に沿って戦術を考える手順が一般的だ。ただ、いい戦術があるなら、戦略を戦術に合わせて変えてもいい。大切なのは商品を売ることであり、戦略にこだわることではない。