名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木淳一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木淳一(経営者)のプロフィール

佐々木淳一、ささき・じゅんいち。日本の経営者。「日本アクセス」社長。香川県出身。神戸大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。合成樹脂部長、伊藤忠商事中国総代表、常務、ASEAN・東南アジア総支配人などを経て日本アクセス社長に就任。

佐々木淳一(経営者)の名言 一覧

まずは採算性の向上。昨年度に導入した新システムで、取引先ごとの採算管理が綿密にできるようになりました。今までは、どんぶり勘定のような面もありましたが、物流費などコストが上昇しており、これからは売り上げと同時に採算性をより重視します。


日本アクセスに行けと伊藤忠の岡藤正広社長から命じられた時、「こそばい営業をしろ」と言われました。「こそばい」とは大阪弁で「くすぐったい」という意味。お客様が「これは面白い」と思わず口にするような商品を、現場視点で開発しろという意味でしょう。


佐々木淳一(経営者)の経歴・略歴

佐々木淳一、ささき・じゅんいち。日本の経営者。「日本アクセス」社長。香川県出身。神戸大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。合成樹脂部長、伊藤忠商事中国総代表、常務、ASEAN・東南アジア総支配人などを経て日本アクセス社長に就任。

他の記事も読んでみる

原田まりる

人生に生きる意味を求めるからしんどくなるのです。自分探しのように、何もないところに何かを探しても、やはり何も見つかることはありません。だから、人生は無意味であるということを自覚したうえで、自分のやりたいこと、好きなことに取り組めばいいのです。


塚越寛

会社のイメージは、いったん損ねてしまうと取り返すのに大変な時間と労力がかかる。だが多くの経営者は、会社のイメージの重要性を見過ごしているように感じてならない。


大坪清

仕事は厳しく、人生は愉快に。


宮本亜門

103歳で亡くなった料理研究家の飯田深雪さんに「どんな思いで年を重ねてこられたんですか」と、生前、お尋ねしたことがあります。答えは、「楽しくて年なんか忘れてしまったわよ」でした。僕はその言葉に深く共感しました。年齢を気にするよりも、生き生きと人生を楽しんでいる人の方が魅力的だし、目や言葉に前向きなエネルギーが溢れている。


山下聰(経営者)

国内ではこの数年間で9拠点を増やし、27拠点にしました。今後もお客様の課題を間き出すためにお客様の近くで活動していこうと考えています。


湯浅和夫

私がコンサルティングした会社では、具体的に欠品や不良・過剰在庫の実態を示すことで、ロジスティクス導入への意識が一気に高まった例もあります。売れないものを運ぶ費用、物流拠点の保管料など、無駄を可視化して数字化することは有効です。


西田一見

一流の方は成功体験を積んでいるからポジティブ。意識して成功者や一流の人に会いに行くのはいい。本やテレビでもOK。前向きな成功者に触れるだけでも「自分もやれる」と思えますから。


ジム・ステンゲル

女性というのは他人が思うイメージに比べ、自己イメージの方が悪いことが明らかになっている。しかし女性はそのような本音をなかなか明かさない。マーケットリサーチの世界では、顧客の潜在意識を読み解く競争がすでに始まっている。


米沢宏

ストレスチェックの結果を分析すれば、組織のストレスの負荷が分かり、組織上の課題解決のヒントが発見できます。産業医の立場から言えば、高ストレスの社員の面接を通して、これまでは産業医に相談に来なかった早期の不適応段階の人が把握でき、上手に運用すれば、休職者を減らせる可能性もあります。


ラモス瑠偉

1981年の8月だった。バイクで事故を起こし、左脚のスネを複雑骨折したんだよ。骨が見えるぐらい、ひどい骨折だっただけに、一瞬、「ああ、オレのサッカー選手としての人生も終わったかな」と。でも、運ばれた病院の先生に「二度とサッカーはできないでしょう」と言われたときには、逆に「冗談じゃない!」っていう持ち前の反発心が芽生えてきてね。「だったらボクの脚に触らないでください」って治療を拒み、信頼できるドクターに連絡を取って、その病院で治療してもらったんです。先生も「お前次第だ」と言ってくれたんで、頑張れば、復帰できるんだと思って。


佐藤康博

銀行の役割は、会社を「生かしていく」ことだと思っている。苦境に陥った会社でも複数の事業をやっている場合は資産を売ることで財務基盤を整え、息を吹き返せる可能性がある。東日本大震災のときに、みずほが継続して支援することで立ち直った企業もある。社会的責任は今も変わらない。


齋藤孝(教育学者)

私は仕事も勉強も、人生における「祝祭」だと考えています。新しい仲間と出会い、新しいアイデアを考え、新しいモノを生み出す。新しい意味が生まれる場所は、すべて祝祭の場となります。それを祝う心で、何事にも上機嫌で相対することができれば、いつしか小さい自分を乗り越えていくことができるはずです。