名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

佐々木淳一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木淳一(経営者)のプロフィール

佐々木淳一、ささき・じゅんいち。日本の経営者。「日本アクセス」社長。香川県出身。神戸大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。合成樹脂部長、伊藤忠商事中国総代表、常務、ASEAN・東南アジア総支配人などを経て日本アクセス社長に就任。

佐々木淳一(経営者)の名言 一覧

まずは採算性の向上。昨年度に導入した新システムで、取引先ごとの採算管理が綿密にできるようになりました。今までは、どんぶり勘定のような面もありましたが、物流費などコストが上昇しており、これからは売り上げと同時に採算性をより重視します。


日本アクセスに行けと伊藤忠の岡藤正広社長から命じられた時、「こそばい営業をしろ」と言われました。「こそばい」とは大阪弁で「くすぐったい」という意味。お客様が「これは面白い」と思わず口にするような商品を、現場視点で開発しろという意味でしょう。


佐々木淳一(経営者)の経歴・略歴

佐々木淳一、ささき・じゅんいち。日本の経営者。「日本アクセス」社長。香川県出身。神戸大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。合成樹脂部長、伊藤忠商事中国総代表、常務、ASEAN・東南アジア総支配人などを経て日本アクセス社長に就任。

他の記事も読んでみる

中鉢良治

情報をリンクするためには、情報のストックが必要です。僕の場合は、気になった情報を手帳にすべて手書きでメモしていきます。この手帳術は、学問を志していた30年以上前から始めており、いまでもソニー手帳を利用して、欠かさず続けています。いってみれば、手帳がアナログのデータベースになっているのです。情報のストックが多ければ多いほど、連結点も増えていくというわけです。


山下泰裕

信頼関係さえあれば、自分と異なった意見も認めることができます。信頼関係を築いておけば、かなりの人はこちらの意見を聞いてくれます。あなたが本来果たすべき役割は……と本音で話をしても、自分のためにあえて言ってくれたんだと感謝されます。いい関係さえあれば、きついことも言えるようになるし、逆に相手に感謝されます。私はそういうところを大事にしてきました。


山崎亮

最初は1人でつくった小さな輪っかも、かかわるスタッフが増えることで、面積が広がっていく。それに比例して柱の数も増えていく。社会や世の中の動きをしっかりとらえ、この作業を繰り返していくことができれば、事業は持続的に成長していくと思います。


成毛康雄

我々が注力するのはデータセンターです。現在はあらゆるビジネスがクラウドで展開されているので、フラッシュメモリー需要は伸び続けると考えています。これまではUSBメモリーやデジタルカメラなど特定商品の成長に市場が連動してきましたが、違うサイクルに入ったと感じています。


石原加受子

マウンティングしてくる人に対し、言葉でやり返す必要はありません。波風を立てずに応じるためにまず実践してほしいのは、「相手の目を見ること」です。攻撃をしかけられたときには、何も言わずじっと相手の目を見つめてみましょう。あなたを攻撃する人の目は、実はあなたの頭頂部辺りを見ています。あなたが相手を苦手に感じるように、心の中では相手もあなたが苦手なのです。その状態であなたから目を合わされたら、相手は驚き、不気味に感じて話しかけづらくなります。果てのない争いに付き合う必要はありません。


駒井健一郎

メーカーとして最も大切なことは、製品の性能、品質が良く、事故がないことと、新しい技術を開発して次代の要求に答えていくことである。【覚書き:技術開発を尊ぶ日立の理念を語った言葉】


平木明敏

より軽く、より強く、省エネで長寿命――。モビリティー産業やエレクトロニクス業界などでモノづくりの高度化が進む中、技術革新のカギを握る「素材」がますます求められるようになるでしょう。難しい注文も多いのですが、それだけ当社にとっては飛躍のチャンスだと思っています。


白石康次郎

何カ月にも及ぶレース中も、ヨットの上で毎日ヒゲを剃ります。なぜなら僕にとっては、それもやるべきことだから。心身の準備を整えることが目的ですが、実際問題、船底などで何かトラブルが発生すれば、水中メガネを着けて自分で修理に行かなければなりません。そのときヒゲが伸びていると、そこから水が入ってきて困るという理由もあるんです。


小泉文明

大胆にやった結果の失敗は、会社としてウエルカム。きっと学びがあるはず。


岡本友紀

小さな挫折感を味わうことがあっても、「なんとかなる!」と思って動けば乗り越えていける。


他力野淳

小さな積み重ねが信頼に繋がり、お客様に喜んでいただいてこそ次の信頼に繋がる。小さなことが出来ない人間に大きなことは出来ない。


荒木飛呂彦

漫画を描いていてよく考えるのは……平和を描くと絶対につまらなくなるということ。漫画で戦いがないとつまらなくなるということは、現実の世界に平和が実現していても、人間は何らかの形で日常に戦いを組み込まなければやっていられないのではないか、とは感じるんです。やっぱり、戦いって常にあるもので、否定したらいけないんだろうなぁとは思います。そこから問題になるのは何とどのように戦うのかで、恨みを残さない、誰かを悲しませない、そういう戦い方が要るんです。