佐々木淳一(経営者)の名言

佐々木淳一(経営者)のプロフィール

佐々木淳一、ささき・じゅんいち。日本の経営者。「日本アクセス」社長。香川県出身。神戸大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。合成樹脂部長、伊藤忠商事中国総代表、常務、ASEAN・東南アジア総支配人などを経て日本アクセス社長に就任。

佐々木淳一(経営者)の名言 一覧

まずは採算性の向上。昨年度に導入した新システムで、取引先ごとの採算管理が綿密にできるようになりました。今までは、どんぶり勘定のような面もありましたが、物流費などコストが上昇しており、これからは売り上げと同時に採算性をより重視します。


日本アクセスに行けと伊藤忠の岡藤正広社長から命じられた時、「こそばい営業をしろ」と言われました。「こそばい」とは大阪弁で「くすぐったい」という意味。お客様が「これは面白い」と思わず口にするような商品を、現場視点で開発しろという意味でしょう。


佐々木淳一(経営者)の経歴・略歴

佐々木淳一、ささき・じゅんいち。日本の経営者。「日本アクセス」社長。香川県出身。神戸大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。合成樹脂部長、伊藤忠商事中国総代表、常務、ASEAN・東南アジア総支配人などを経て日本アクセス社長に就任。

他の記事も読んでみる

八巻大介

社員とは年2回、個別に面談する機会を設けていますが、この時は、私が何かを伝えるというよりも、社員が思っていることをこちらが聴く場だと考えています。


真田茂人

強い信頼で結ばれた関係は、部署が変わっても生きます。そういった人が社内に増えれば、今よりもっと仕事がしやすくなるでしょう。


馬越嘉彦

俺はTVシリーズみたいに、ある程度制約がある方がいいタイプなんだと思うんです。ビデオ(OVA)や劇場をやりたいという気持ちはあまりないですね。いまは、とにかくTVシリーズのラインに乗っかりたいなあと思います。


川村元気

スケジュールに追われ、ピリピリしている監督に何かを伝える際には、想像力を全力で働かせます。いまこういうことを言ったら作品作りのためになるのか、いまは言わない方が賢明かと思いを巡らせ、常にタイミングを気にしています。


潮凪洋介

自宅と会社以外の第三の場所をつくるといい。そこには自分の好きな人を集めてパラダイスにするんです。同級生でもいいし、昔のバイト仲間でもいい。その場所を持っていれば、たとえ会社で嫌なことがあっても、自分をすり減らさずに済む。


西田弘次

日本人は、人の変化を敏感に察知する能力に長けています。これまで挨拶などしなかった上司が目を見て「おはよう!」と言ったり、コピーを取っても無言だった上司が笑顔で「ありがとう」と言ったりするようになれば、部下はそれだけで「職場にいやすくなった」と感じるもの。部下のモチベーションを上げるには、ここで手を抜かないことです。


山田昭男

規定時間内で成果を出すには、従業員の仕事上の不満や不安をギリギリまで減らすことに尽きると思う。


森川陽太郎

自分を客観視して、確実にできるレベルにOKラインを設定すると、自己肯定感が得られ、自信が持てる。その積み重ねが実力以上の成果を生む。相手に対しても寛容になり、イライラしなくなる


牛島信

国民と企業との接点は何よりも雇用だと考えています。人は一体何で生きているのかというと、幸せになるため。そして、幸せを感じるのは、自分に対してプライドを感じるとき。自分に対してプライドを感じるのは、自分がお金を稼いで、家族を養って、社会から自立して立っているという実感があるときではないかと思うんです。自覚はなくても、会社で働いているすべての人間がそうではないでしょうか。そういう職場をどんどん増やす。企業トップの責任はそこにあり、トップがそれをできるようにするのがコーポレートガバナンスではないか、というふうに考えているんです。


マックス桐島

人生、まさに競争相手は「今の自分」のみ。昔はこれができたという栄華にしがみつかず、今の自分ができることに焦点を合わせることが大切。


津賀一宏

取締役は株主総会の承認を経ることになりますから、よっぽどのことがない限り、途中で代わるということはないでしょう。しかし、役員については取締役会の承認だけで代えることができます。より透明性を持ったプロセスを確立すれば、いつでも異動はありです。事業部長に関しても課題があれば、すぐに代えることは辞さない。これもスピードのひとつです。


遠藤健(経営者)

損害保険会社がなぜ介護事業をやるのかと、よく言われます。でも、施設の整備のような場面では、資本力を生かすことができるし、IT活用など仕事の効率を上げるノウハウも使えます。独立系の多い従来の介護会社とは異なる力を持ち込めると思っています。


高橋温

達成の目途がついているものは目標ではなく予定です。私が示したものは予定ではなく目標なのです。ものごとの7割は通常の継続的な努力の中で見通せるが、3割は読めない。計画や目標において予測の精度を上げることより、重要と考えるテーマを設定し、挑戦することの方が大事だ。それこそが、企業人としてのロマンであり夢でしょう。


レイ・クロック

私の仕事は、顧客の売上げを伸ばすことで、顧客の利益を奪うことではない。


内藤晴夫

私は、善意だけに基づくようなCSR(企業の社会的責任)は信じていない。余裕があるときはやるけれども、なくなったらやめるということになりがちだ。あくまで目的は患者満足の増大で、それが図れれば多少遅れても、結果としての利益がもたらされる。このことを信じている。だからこそ、中長期になったとしても、最終的に採算が合うかをしっかりと考え抜くことが、経営の大事なポイントになる。


ページの先頭へ