名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木洋寧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木洋寧のプロフィール

佐々木洋寧、ささき・ひろやす。日本の経営者。「ネクステージグループ」社長。北海道出身。

佐々木洋寧の名言 一覧

社員の課題であり、会社の課題でもある職種のミスマッチを防ぐ取り組みに力を入れています。入社後に全ての職種を経験するジョブローテーションを行った上で、一人一人の適性に合った職種や配属を行っています。


リフォーム業は、お客様に提供する商品に差がない。だからこそ、お客様のために考えたらどうなるかという差別化がとても大事。


毎年、大工や塗装など職人のスキルアップを目的とした「職人選手権」を開催しています。選手権ではお互いの技術を競うだけではなく、普段は目にしないほかの職人やチームの施工方法も学べます。選手権を通じて効率的な施工方法を会社全体で共有することで、現場での労働生産性の向上につながっています。


工事が終わってからが、ビジネスのスタートだと考えています。住宅というのは、お客様にとっては毎日の生活の場です。そこをフォローアップすることが顧客満足につながり、さらなる受注機会の獲得にもなります。


たとえば、高齢者に多いガスレンジから衣服への引火や消し忘れによる事故は、オール電化にすれば未然に防げます。キッチンに限らずバスルーム、階段や玄関など、長年住んでいると気が付かないところにも危険が潜んでいるのです。当社は、そういった住宅の課題をリフォームで解決し、安心・快適な住環境を実現します。


昔のシステムキッチンは観音開き、高齢者が収納された食器を取るにはきつい姿勢です。当社のリフォームで引き出し式のシステムキッチンに変えたことで、「料理が楽しくなった。片付けも楽になった」というお客様の声をいただきます。高齢化社会が進む中で、快適な住環境を実現するリフォームの役割は、ますます大きくなってくると思います。


佐々木洋寧の経歴・略歴

佐々木洋寧、ささき・ひろやす。日本の経営者。「ネクステージグループ」社長。北海道出身。

他の記事も読んでみる

川淵三郎

私はそれはもう、とても怖い上司だったと思います。でもね、怖いからこそ、ときどき褒めたときに効果があるのです。


松枝寛祐

マイノリティー出資(持ち株比率が低い出資)ではマジョリティオーナー(大半の株を持つ出資者)の戦略に振り回されてしまいます。自動車に乗るならどうしても運転席に座るべきだと思います。後部座席に座っていると、運転手によってはどこへ連れていかれるかわかりません。そうすると予期しない場所に連れて行かれそうになり、途中で降りざるを得ないというような意味で、アジアにおいても経営主導権を握るような形での進出が重要ではないかと思います。さもないと、せっかくの努力が無にされてしまうケースが出てくるというのが我々の教訓です。


ジェイ・エイブラハム

SNSの普及によりネガティブなイメージもより早く伝わるようになりました。「炎上」と言われるような現象もしばしば発生します。これは情報の受け手の立場に立って物事を考えていないから起こります。顧客に対して愛を持っていて、彼らが何を求めているかがわかっていればトラブルは起こりませんし、問題が発生したとしても、真摯に説明を行えば理解してもらえるはず。いま一度、自問するべきはお客様への愛情です。それがあれば、どんなやり方でもうまくいくのです。


勝間和代

適切な目標の立て方が分からない人は、「SMART」の文字を基に考えてみてください。
【S(Simple)】余計なものを省き、簡単にする。
【M(Measurable)】測定できるような数字にする。
【A(Achievable)】容易ではないが、頑張れば達成できるもの。
【R(Result-based)】結果を成果として表せるもの。
【T(Time-oriented)】期限を明確にする。


織田信長

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
【覚書き|上記は幸若舞の『敦盛』の一節。敦盛は源平合戦での平敦盛と源平方の熊谷直実との一騎打ちを描いた舞曲。信長は同舞曲を好んで歌い舞ったといわれている】


蝶野正洋

自分だけの武器をもつことはたしかに大切。でも、すぐには身につかないと覚悟していたほうがいい。俺の必殺技のSTF(ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェースロック)も、最初はまったく支持されなかったし、「自分の代名詞」と呼べるようになるまでには五年ぐらいかかった。


森辺一樹

中国内需獲得のスタートラインとは、綿密なマーケット調査に他ならない。調査による仮説の検証こそが成功への近道なのであり、安易な法人設立はリスク以外な何ものでもないのである。


八ツ井慶子

どれだけ綿密にシミュレーションを行なっても、人生にはそれを超える「想定外」の事態がしばしば発生する。


宮内義彦

会社の行く末は、経営者が握っています。ヘタをして事業に失敗すると、会社は潰れてしまう。その恐怖から逃れるためには、会社を「伸びる会社」にするしかありません。


水留浩一

それぞれの立地において、地域一番店になることを目指しています。都心ではハンバーガーなども競合でしょうし、すしだけで考えても、回転ずしでないおすしやさんまで入れると、相当な数になります。少なくともおすしの中では、一番おいしいものが一番安く食べられる店として、地域の中で認められるようにしたい。


馬場じむこ

「ながら仕事」は効率を下げるとしばしば言われますが、単純作業やルーティンワークなど、頭を使わない用事をするときには、むしろ並行して知識のインプットを行なうことが有効ではないかと思います。


土居征夫

現場を知る多くの企業経営者は、最近の若者は英語力の前に、そもそも日本語で考える力が乏しいと嘆いているんです。入社してから鍛えようとしてもなかなか難しいと。なぜなら、自分の考えを持っていない若者が多いからです。英語教育によって英語でのコミュニケーションをとれるようにするという方向性は理解できますが、その前に国語で知的訓練をすることが先決ではないかというのです。