名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木洋寧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木洋寧のプロフィール

佐々木洋寧、ささき・ひろやす。日本の経営者。「ネクステージグループ」社長。北海道出身。

佐々木洋寧の名言 一覧

社員の課題であり、会社の課題でもある職種のミスマッチを防ぐ取り組みに力を入れています。入社後に全ての職種を経験するジョブローテーションを行った上で、一人一人の適性に合った職種や配属を行っています。


リフォーム業は、お客様に提供する商品に差がない。だからこそ、お客様のために考えたらどうなるかという差別化がとても大事。


毎年、大工や塗装など職人のスキルアップを目的とした「職人選手権」を開催しています。選手権ではお互いの技術を競うだけではなく、普段は目にしないほかの職人やチームの施工方法も学べます。選手権を通じて効率的な施工方法を会社全体で共有することで、現場での労働生産性の向上につながっています。


工事が終わってからが、ビジネスのスタートだと考えています。住宅というのは、お客様にとっては毎日の生活の場です。そこをフォローアップすることが顧客満足につながり、さらなる受注機会の獲得にもなります。


たとえば、高齢者に多いガスレンジから衣服への引火や消し忘れによる事故は、オール電化にすれば未然に防げます。キッチンに限らずバスルーム、階段や玄関など、長年住んでいると気が付かないところにも危険が潜んでいるのです。当社は、そういった住宅の課題をリフォームで解決し、安心・快適な住環境を実現します。


昔のシステムキッチンは観音開き、高齢者が収納された食器を取るにはきつい姿勢です。当社のリフォームで引き出し式のシステムキッチンに変えたことで、「料理が楽しくなった。片付けも楽になった」というお客様の声をいただきます。高齢化社会が進む中で、快適な住環境を実現するリフォームの役割は、ますます大きくなってくると思います。


佐々木洋寧の経歴・略歴

佐々木洋寧、ささき・ひろやす。日本の経営者。「ネクステージグループ」社長。北海道出身。

他の記事も読んでみる

中澤優子(経営者)

細部につくった人のこだわりがあれば、どこか心に引っかかるんじゃないでしょうか。


サミュエル・スマイルズ

作物を刈り取るには、まず種をまかなくてはならない。その後は、収穫の時期がくるのを忍耐強く待ちつづける必要がある。そして多くの場合、いちばん待ち望まれる果実ほど実を結ぶのはいちばん遅い。


林野宏

クレディセゾンはカード業界でも後発組。私が西武百貨店から移って来たときはつぶれかけている会社だった。だからもうチャレンジして勝ちに行くしかない。勝ちに行くための戦略を考える。そのDNAは堤清二さんから受け継いだものですね。


山本梁介

私は、ビジネスで最も強いのはハングリー精神だと思っていました。でも違いました。人にとって、感謝ほど強いものはありません。それがパワーの源となり、結果としてスーパーホテルのアイデアに結びついて、お客様や地域のために取り組んでいくことができた。


谷原誠

相手が「負けた」と感じるとあとが残ります。逆にいえば、こちらの主張が通っても、相手に「負けた」と思わせなければ、あとが残ることはありません。重要なことは、勝とうとする心を捨てること。話し合いや議論をする時、相手同様、あなたにも「意見を通したい(勝ちたい)」心があるはず。それがある限り、勝っても負けても相手とのシコリは残ります。相手に「勝った」と思わせておいて、こちらの主張はしっかり通して、実質的に勝つ。これぞ大人のケンカです。


武田双雲

僕自身、以前は取材でカメラマンさんに撮ってもらうのが恥ずかしくて、自然体ではいられませんでした。この顔にコンプレックスがいっぱいありますから。コンプレックスがあるので、撮られながら超緊張するわけです。でも、それじゃあ誰も幸せにならないから、分析してみました。そして、中間管理職のようになろうと思ったんですよ。撮影を「カメラマンと俺」の関係で捉え、「自分がどう見られているか?」と意識すると「ちょっと待って、そんな角度で撮らないでくださいよ」と言いたくなっちゃうから。そうではなく、雑誌を一緒に作るため、パーツを差し出していると考えるとうにしました。そうしたら、緊張せずに撮ってもらえるようになったんです。この考え方は僕の仕事全般に共通しています。


隈研吾

「とにかく、見てすぐ分かる資料にしろ」といつも言っています。特にプレゼン資料は、初めて見る相手がその場で理解できなくてはいけません。これは業界を問わず資料の鉄則。


サミュエル・スマイルズ

天は自ら助くる者を助く。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし、元気づける。自分に対して「最良の援助者」になれ。


山田昌弘

定年退職後の第二の人生は上の立場にいた人が、新卒や見習の立場に戻らなければならない。しかし、基本的に上下関係の中で生きている多くの日本人男性には難しい。それが嫌で、いきなり中間管理職になろうとするから顰蹙(ひんしゅく)を買う。そのようにしか振る舞えないのなら、そういう方だけで集まって、思い出の中だけで生きればいい。


鈴木喬(経営者)

「世にない商品」なんて、世の中になかなか受け入れられない。一人一人の消費者の頭に刷り込むには、お金も人手も時間もかかります。年中、「脳みそ絞って売り方考えろ」と言います。


植木理恵

感情というのは揺れ動くのが当たり前のもの。そして感情に合わせた思考があるわけで、その相性をうまく利用すればいいんです。たくさんのアイデアを出したいときは、ポジティブな気持ちのときを見計らい、ネガティブな気分のときに、正確な答えを出そうと努めてみる。


杉本隆一郎

いつ、どんなことをお客様や社内の関係者に聞かれても対応できる知識を常に持っておくため、チーム内で情報共有は徹底させています。