佐々木洋寧の名言

佐々木洋寧のプロフィール

佐々木洋寧、ささき・ひろやす。日本の経営者。「ネクステージグループ」社長。北海道出身。

佐々木洋寧の名言 一覧

社員の課題であり、会社の課題でもある職種のミスマッチを防ぐ取り組みに力を入れています。入社後に全ての職種を経験するジョブローテーションを行った上で、一人一人の適性に合った職種や配属を行っています。


リフォーム業は、お客様に提供する商品に差がない。だからこそ、お客様のために考えたらどうなるかという差別化がとても大事。


毎年、大工や塗装など職人のスキルアップを目的とした「職人選手権」を開催しています。選手権ではお互いの技術を競うだけではなく、普段は目にしないほかの職人やチームの施工方法も学べます。選手権を通じて効率的な施工方法を会社全体で共有することで、現場での労働生産性の向上につながっています。


工事が終わってからが、ビジネスのスタートだと考えています。住宅というのは、お客様にとっては毎日の生活の場です。そこをフォローアップすることが顧客満足につながり、さらなる受注機会の獲得にもなります。


たとえば、高齢者に多いガスレンジから衣服への引火や消し忘れによる事故は、オール電化にすれば未然に防げます。キッチンに限らずバスルーム、階段や玄関など、長年住んでいると気が付かないところにも危険が潜んでいるのです。当社は、そういった住宅の課題をリフォームで解決し、安心・快適な住環境を実現します。


昔のシステムキッチンは観音開き、高齢者が収納された食器を取るにはきつい姿勢です。当社のリフォームで引き出し式のシステムキッチンに変えたことで、「料理が楽しくなった。片付けも楽になった」というお客様の声をいただきます。高齢化社会が進む中で、快適な住環境を実現するリフォームの役割は、ますます大きくなってくると思います。


佐々木洋寧の経歴・略歴

佐々木洋寧、ささき・ひろやす。日本の経営者。「ネクステージグループ」社長。北海道出身。

ページの先頭へ