名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木毅のプロフィール

佐々木毅、ささき・たけし。日本の政治学者、法学博士。第27代東京大学総長。専攻は政治学、西洋政治思想史。秋田県出身。東京大学法学部第三類卒業後、東京大学法学部助手・助教授・教授、東京大学大学院法学政治学研究科教授、法学部長、東京大学総長、学習院大学法学部教授などを務めた。主な受賞に吉野作造賞、東畑記念賞、和辻哲郎文化賞・読売論壇賞、紫綬褒章など。

佐々木毅の名言 一覧

地位にしがみついていると思われた瞬間、リーダーシップは瓦解する。


考えなければいけないのは、いい経験ができるかどうか、経験のクオリティの問題だ。


周辺の「長くやってください」は「おはようございます」程度の意味合いでしかない。


年配者にとって必要なのは何かに関心を持ち、何かを追い求める姿。それがなくなれば周りで見ている側の気持ちも重くなってしまう。


長く生きる人間が増えたということは、学ぶことのチャンスが増え、色々なチャレンジが出来る可能性が広がってきたということを意味する。


学問は対象のある部分を切り取ってきて、人工的に操作をして、「これは法則だ、因果関係だ」と確定する作業だから、ある意味ではそれだけのものだ。だから、それだけで分かったと言われるのでは話がおかしくなるのは当然ではないだろうか。


歴史とは、大きく変わるときと安定するときがリズムを組む。この20年近く、人々はこれが新たな仕組みの解だと、いろいろなものにぶら下がってみたが、どうもそれだけでは解とはいえない。しかし、先を切り拓くためにはとにかくトライアルしなければ駄目だし、だんだんお金も乏しくなってきて、なおさら頭を使わなければいけなくなっている。


戦後、安定した仕組みにおぶさって生きてきた人間が多すぎた。その中ではマニュアル通りにすればやってこられた。それが崩れている。システムが決め打ちしていた世界と違うものに変わり、ここ20年近くいままでのノウハウの賞味期限がどんどん切れている。言葉を換えれば、マニュアルが終わった時代という言い方もできる。


限定的な発言をする人ばかりを集めても答えは出てこない。どういうふうに問題を立てるのか、解決の手順をどう考えるかまで踏み込み、専門地以外の知と総合的な解の追求が必要だ。


年配者は最後まで爽快感を持って生きることが大切。二度、三度生きよう。年配者は自らのアセットをどう活用し、前に進んでいけるかが問われている。


トップは孤独感にさいなまれ、決して逃げることができない局面があります。実はそれだけの重荷を背負っていることに対する報われ方はそれほどでもない。地位に恋々とせず、やるべきことを切りのいいところまでやる。そうした爽快感あふれるさまを評価してもらうくらいの心持ちが肝要ではないでしょうか。


リーダーを任せられた際の自分自身の基本原則は一貫しています。出処進退にメリハリを付けようということです。リーダーシップ発揮のための要諦は爽快感だと思います。それは突き詰めれば、リーダーの出処進退のあり方にたどり着きます。


私が学長に選ばれた当時、古い組織のままだった東大には「昔のルール」が山のようにありました。そこで、大学の意思決定機関である評議会に私に対する「信任投票」をするよう提案しました。リーダーシップ発揮のため一定の権限を獲得するにはそれしかないと考えたからです。「ノー」と言われるならそれも仕方がないからと。結果的に、評議会では投票に至らず、事実上の一任を取り付けることができました。そこからは一気呵成に作業を進めていきました。


メディアの関心がいま起きていることに向くのは仕方がないことだと思います。ただ、「時間軸」と私は呼んでいますが、これを長くとる、あるいは短くとることで差別化する動きがメディアごと、あるいは一つのメディアの中であっていいと思うんです。そうしなければインターネット上のニューメディアに既存メディアは全て持っていかれるかもしれません。視線を複合化して奥行き、懐の深さを持つことが、メディアの一つのあり方ではないかと思います。


佐々木毅の経歴・略歴

佐々木毅、ささき・たけし。日本の政治学者、法学博士。第27代東京大学総長。専攻は政治学、西洋政治思想史。秋田県出身。東京大学法学部第三類卒業後、東京大学法学部助手・助教授・教授、東京大学大学院法学政治学研究科教授、法学部長、東京大学総長、学習院大学法学部教授などを務めた。主な受賞に吉野作造賞、東畑記念賞、和辻哲郎文化賞・読売論壇賞、紫綬褒章など。

他の記事も読んでみる

大武健一郎

いま目指すべきは企業の延命ではなく、不況に勝つ経営に他なりません。不況に勝つとは、自ら好況をつくりだすことです。私は全国500か所以上の企業や工場を回っていますが、儲かっている業種・業態は結構あります。こうした中小企業は、文字通りピンチをチャンスに変える取り組みで事業を継続してきました。その企業の経営者は、知恵を絞りながら、見事な手腕を発揮しています。


佐々木常夫

ビジネスパーソンはどの年代でも、1つ上のポジションを目指すべき。いまよりも自由に仕事ができ、働く醍醐味を味わえる。


築山節

毎日「健康ノート」に予定、体重、血圧、歩数を記録しています。自分の生活と身体の状態は、意外と把握しづらいものです。頭で覚えていられるのは、せいぜい過去数日間の行動のみ。加えて記憶は、つい事実を自分の都合の良いように書き換えてしまうこともあるので、アテにならないのです。これから記録をつけ始める方は、起床・食事・就寝時間も書くのがおすすめです。私はすでに毎日同じタイミングが定着しているので書きませんが、睡眠と食事こそ生活リズムの基盤。この一定化から、まずは挑戦してください。


武永修一

少しずつだけど会員数が伸びていたから、続けられた。


山内溥

任天堂は大きく変身したといわれるけども、それはわたしたちが、時代の変化を予測したとか、会社を大きくしよう、もっと儲かる仕事をしようなどと思ってやったことではないんですよ。花札やトランプは、もうこれ以上伸びないことがわかった。それならばこれからどうするのか、いったいどうしていいのか がわからない。経営者にとってこれほど苦しいことはない。そういう時代が長く続きました。そうしたときにマイコン革命が始まった。いやでもその道を行くし かなかった。ひたすらその道を歩みつづけた結果、任天堂自身が変わっていかざるを得なくなった。それだけのことなんですよ。


魚谷雅彦

日本企業の間で、英語を社内公用語にする動きが広がっています。グローバル企業になるうえで、言うまでもなく英語は重要なコミュニケーションツールであり、話せるに越したことはありません。ただ、英語はあくまで手段です。目的になってしまわないように気をつけなければいけません。


小林和之

ディストリビューション(流通販売)についてはソニーと強力なタッグを組んでいきます。決してCDの売り上げを諦めたわけではありません。そのうえで自分たちの強力なエンジンで世界にデジタル配信していく。くわえてアーティストのマネジメントも手がけていく。単に組織の機能を縮小するのではなく、デジタルとクリエーティブにお金と人材を投入していくという考えです。


和田裕美

頭の中をロジカルに整理整頓すると、課題を解決するまでの道のりが「見えすぎてしまう」と感じるのです。そうなると、もうわくわくできなくなり、発想を広げることもできません。これは人によって違うと思うのですが、私はそうです。


ゲーテ

人間は内面から生きなければならない。芸術家は内面から制作に向かわなければならない。人間も芸術家も、たとえどのように振舞おうと自分の個性を打ち出してゆく他はない。そういう気持ちで元気いっぱい仕事にかかるならば、間違いなく彼は自分の生命の価値を自然から与えられ高邁(こうまい)さ、または優雅さを表出することとなる。


内永ゆか子

提案を通す秘訣はストーリーです。出張報告であれば、現地で得た情報をどのように組み立てれば、上司が自分の提案を納得してくれるのか考え抜くのです。


岡倉天心

本当に重要なのは完成そのものではなく、完成することだ。


石田淳(コンサルタント)

仕事が速い人の段取りを真似する。同僚なら、お酒を飲みながらでも話せばいろいろ教えてくれるでしょう。そのなかには、結果に直結する「ピンポイント行動」があるはずです。まずは、徹底的に真似てみるうちに、ピンポイント行動が見つかるでしょう。