佐々木毅の名言

佐々木毅のプロフィール

佐々木毅、ささき・たけし。日本の政治学者、法学博士。第27代東京大学総長。専攻は政治学、西洋政治思想史。秋田県出身。東京大学法学部第三類卒業後、東京大学法学部助手・助教授・教授、東京大学大学院法学政治学研究科教授、法学部長、東京大学総長、学習院大学法学部教授などを務めた。主な受賞に吉野作造賞、東畑記念賞、和辻哲郎文化賞・読売論壇賞、紫綬褒章など。

佐々木毅の名言 一覧

地位にしがみついていると思われた瞬間、リーダーシップは瓦解する。


考えなければいけないのは、いい経験ができるかどうか、経験のクオリティの問題だ。


周辺の「長くやってください」は「おはようございます」程度の意味合いでしかない。


年配者にとって必要なのは何かに関心を持ち、何かを追い求める姿。それがなくなれば周りで見ている側の気持ちも重くなってしまう。


長く生きる人間が増えたということは、学ぶことのチャンスが増え、色々なチャレンジが出来る可能性が広がってきたということを意味する。


学問は対象のある部分を切り取ってきて、人工的に操作をして、「これは法則だ、因果関係だ」と確定する作業だから、ある意味ではそれだけのものだ。だから、それだけで分かったと言われるのでは話がおかしくなるのは当然ではないだろうか。


歴史とは、大きく変わるときと安定するときがリズムを組む。この20年近く、人々はこれが新たな仕組みの解だと、いろいろなものにぶら下がってみたが、どうもそれだけでは解とはいえない。しかし、先を切り拓くためにはとにかくトライアルしなければ駄目だし、だんだんお金も乏しくなってきて、なおさら頭を使わなければいけなくなっている。


戦後、安定した仕組みにおぶさって生きてきた人間が多すぎた。その中ではマニュアル通りにすればやってこられた。それが崩れている。システムが決め打ちしていた世界と違うものに変わり、ここ20年近くいままでのノウハウの賞味期限がどんどん切れている。言葉を換えれば、マニュアルが終わった時代という言い方もできる。


限定的な発言をする人ばかりを集めても答えは出てこない。どういうふうに問題を立てるのか、解決の手順をどう考えるかまで踏み込み、専門地以外の知と総合的な解の追求が必要だ。


年配者は最後まで爽快感を持って生きることが大切。二度、三度生きよう。年配者は自らのアセットをどう活用し、前に進んでいけるかが問われている。


トップは孤独感にさいなまれ、決して逃げることができない局面があります。実はそれだけの重荷を背負っていることに対する報われ方はそれほどでもない。地位に恋々とせず、やるべきことを切りのいいところまでやる。そうした爽快感あふれるさまを評価してもらうくらいの心持ちが肝要ではないでしょうか。


リーダーを任せられた際の自分自身の基本原則は一貫しています。出処進退にメリハリを付けようということです。リーダーシップ発揮のための要諦は爽快感だと思います。それは突き詰めれば、リーダーの出処進退のあり方にたどり着きます。


私が学長に選ばれた当時、古い組織のままだった東大には「昔のルール」が山のようにありました。そこで、大学の意思決定機関である評議会に私に対する「信任投票」をするよう提案しました。リーダーシップ発揮のため一定の権限を獲得するにはそれしかないと考えたからです。「ノー」と言われるならそれも仕方がないからと。結果的に、評議会では投票に至らず、事実上の一任を取り付けることができました。そこからは一気呵成に作業を進めていきました。


メディアの関心がいま起きていることに向くのは仕方がないことだと思います。ただ、「時間軸」と私は呼んでいますが、これを長くとる、あるいは短くとることで差別化する動きがメディアごと、あるいは一つのメディアの中であっていいと思うんです。そうしなければインターネット上のニューメディアに既存メディアは全て持っていかれるかもしれません。視線を複合化して奥行き、懐の深さを持つことが、メディアの一つのあり方ではないかと思います。


佐々木毅の経歴・略歴

佐々木毅、ささき・たけし。日本の政治学者、法学博士。第27代東京大学総長。専攻は政治学、西洋政治思想史。秋田県出身。東京大学法学部第三類卒業後、東京大学法学部助手・助教授・教授、東京大学大学院法学政治学研究科教授、法学部長、東京大学総長、学習院大学法学部教授などを務めた。主な受賞に吉野作造賞、東畑記念賞、和辻哲郎文化賞・読売論壇賞、紫綬褒章など。

他の記事も読んでみる

樋口武男

自分に合うとか合わないというのはやってみないとわからない。


常陰均

企業の資金需要が減るなか、新しい貸出先を開拓することが我々の役目でした。最初にやったのは、当時はまだ都市銀行がほとんどやっていなかった船舶金融の調査です。机上の分析と足で稼いだ情報を総合し「いける」と思えば調査書にまとめます。たくさん書きましたが、結果的には融資をした3つの海運会社が後に倒産してしまいました。当時、企業が倒産すると案件に関与した責任者は副社長名の「注意喚起状」を受け取ることになっていました。不名誉にも受け取った3通は、戒めとして今も大切に保管しています。
【覚え書き|事業調査部時代を振り返って】


大山健太郎

家電は組み立て産業です。部品を集めてきたら作れるんです。だから当社はできるだけ部品から自分たちでやるようにします。もちろんコンデンサーとかモーターとか汎用品は、自分で作るより買ったほうが品質とコストがいいからやりません。でも、例えば、金型から内製できるプラスチック類は自分たちで作ります。一番かさばって、投資コストがかかるところを自分でやれる。それが当社の強みです。


林修

マイナス経験を糧にできるか不満の材料にするのか。これで次に勝つか、負けるかが決まる。


山下真司

『スクール・ウォーズ』のあと、熱血系キャラのオファーが続いたのには正直、悩みました。僕はいろんな役ができるからこそ役者の面白さがあるという考えでしたから。ひとつの役柄やキャラのイメージに限定されるのはやりづらい。でも、そのイメージをぶち壊していくのもチャレンジ。熱血系キャラのイメージを壊すためにコメディをやったりもしました。


田丸秀治

アド・マンとかマーケティング・マンになれと激励はしない。それよりも素敵な人間になってほしい。


アルベルト・ザッケローニ

選手たちと話すときは、相手がどういった性格をしているのか。技術面、体力面、戦術面、精神面がどうで、どういったパフォーマンスを出せるのか。そこを分析して、できることを指導するようにしています。できないレベルのことを指導してしまうと、当事者だけでなく、周りの人間にも悪影響を及ぼしてしまいます。だから、それは避けるようにしています。


城島健司

「城島さんのサイン通りに投げます」では意味がない。彼らの色を消したくないし、サインに首を振ることで、投げるピッチャーにも責任が出てきますからね。


齋藤孝(教育学者)

ビジネスシーンでも、上司が一方的に教え込むばかりでは、部下は受け身になる恐れがある。質問を投げかけることで、本人に自覚を促し、考えさせることの方が成長につながりやすい。


大前研一

問題解決に関して「本質的な問題」と「単なる現象」を区別することが大事だ。たとえば、ある企業の収益が下がり続けているとする。その原因を分析したら、どうやら開発コストがかかりすぎて収益を圧迫しているということがわかった。それで開発コストを削減することによって解決を図ろうとした。よく耳にする話だが、こんなのは単なる現象への対症療法にすぎない。対症療法をいくらやっても本質的な問題が解決されなければ、また別の形で問題が出てくる。つまり、現象だけを相手にしていたら、いつまでたっても問題解決にはならない。


福田健(話し方)

素直に自分から謝罪できる人は、謝ることで自分の価値が下がったり、傷つくことはないとわかっているから率先して気持ちよく謝ることができる。そして、それがまた評価につながっていくという好循環が生まれる。


木原直哉

大前提として、楽しいことでなくては続かない。


渡邉美樹

私は夢はあった方がいいと思う。単純に人生が楽しくなりますから。夢は毎日を生き生きと過ごすための最高の特効薬。


成河

人生には越えていくのが本当に辛い時がある。演劇を観ることは、その時のための訓練であると僕は思うんです。今これは自分の話だと感じつつ、観ていただきたいですね。


佐藤綾子(心理学者)

できもしないのに、「あ、それくらい簡単ですよ」と即答して引き受けるような自信過剰な人に注意するときは、本人の鼻を折らず、他社の優秀な例などを挙げて「婉曲クギ刺し」が有効です。


ページの先頭へ