佐々木昭人の名言

佐々木昭人のプロフィール

佐々木昭人、ささき・あきと。日本のファイナンシャルプランナー。東京出身。明治大学理工学部情報科学科卒業後、OTTO、損保ジャパンひまわり生命などを経てロムルスを設立。生命保険のコンサルティングを行った。

佐々木昭人の名言 一覧

過去と他人は変えることができなくても、未来と自分は変えられる。


人生は、心に強く思ったことが現象になって表れてくる。


景気は読むというより、よくなると信じるもの。景気は「気」の字がつくように、経済的要素だけでなく、人々の期待感や気持ちのありようが深くかかわる。とすれば、景気がよくなりつつある兆しを感じながら、もっとよくなると、みんなが信じるべきです。


「足るを知る」とは現状に満足し、何ら新しい試みもしないといった、老熟したような生き方ではありません。足るを知るは他と比べ、あれが足りないからできないと言い訳をするのではなく、現状を受け入れ、今あるものを生かして発展を目指す意味も含まれています。目の前の仕事に、自分たちが持ちうる全力を尽くす。そこにやりがいが生まれる。


住宅購入費用や子供の将来の教育費、老後の資金といった、目的が決まっているお金を増やす手段としては、株式投資は不適切だと思います。減るリスクがあるからです。仮に減ってもさほど困らない資金を使うべきでしょう。


佐々木昭人の経歴・略歴

佐々木昭人、ささき・あきと。日本のファイナンシャルプランナー。東京出身。明治大学理工学部情報科学科卒業後、OTTO、損保ジャパンひまわり生命などを経てロムルスを設立。生命保険のコンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

悪循環を断ち切る方法の1つは、とにかく「何かをやってみる」ことです。落ち込みから抜け出す方法が分からないままでも、いいのです。問題をすぐに解決する必要もありません。大切なのは、どんな小さなことでもいいから「今できること」を1つ、見つけることです。


大野直竹

入社直後、長続きするか不安もありましたけど、仕事の面白さを感じてからは、辞めるにはもったいないと思うようになりました。


バーバラ・ブッシュ

人生の終わりには、もう一つテストに合格しなかったこと、もう一度裁判の評決で無罪を勝ち取れなかったこと、もう一つ契約を締結できなかったことを後悔することなど決してありません。夫と、友人と、子供と、あるいは親と過ごさなかった時間を後悔するのです。


高岡浩三

実際に行動した結果を示し、「これが勝つ方法なのだ」と証明できれば、周囲はそのアイデアについてくる。これがリーダーシップというものだ。「どうせ上がOKしないから」などと言い訳して、行動を起こす前から諦めてしまう人は、肩書きがあってもリーダーとは言えない。


金田一秀穂

明石家さんまさんって、素人の話を引き出すのが抜群にうまいでしょ? 昔やっていた『恋のから騒ぎ』などの番組でも、若い女性がとりとめもない話を始めても「ほう」「ほんまか」「それで?」としっかり相槌を打ち、まず話にノる。そして、ピントのボケた話になっても「オチ、ないんかい!」「なんやねん、それ!」とツッコむと同時に「ヒャーァハッハッ」と自ら大笑いすることでその発言を、正面から否定せず、笑いに変えてしまう。だから、さほど面白くない話も面白く響き、素人の女性たちは「さんまさんのツッコミを受けたい!」「面白いと思われたい!」と、どんどん発言を繰り出すし、出来る限り奇抜なネタをひねり出そうとするわけです。これ、「会社の企画会議」だとしたら最高だと思いませんか? 皆が我先にとボケあって、参加者が常識からハズレるような斬新な企画、面白いネタを競い合うように言ってくれるわけですから。会議の参加者が意見を出しはじめたら、多少危なっかしくても「ほうほう」「そうなの?」とまずさんまさんのようにノってみる。そうすることで、相手をどんどんノセていく。そうやって優れたアイデアを引き出していくわけです。


モハメド・アリ

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。


堀紘一(コンサルタント)

質問が効果を表わすとすれば、それは実践で失敗し、ひとしきり落ち込んでから、再び頭を持ち上げつつある局面である。これはスポーツであろうとビジネスであろうと同様だ。質問によって部下にとるべき行動を気づかせるためには、プロセスはもちろん、こうしたタイミングへの配慮も、忘れてはならないのである。


佐藤公平

当社はパチンコを地域のインフラにしたいというビジョンを掲げています。スーパーやコンビニのように地域に根差した、なくてはならない存在を目指しています。パチンコを誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽へと変革するのが当社の使命だと考えています。


李海珍(イ・ヘジン)

上場すれば、何かうれしくてたまらない気分になると思っていたのですが、今は、興奮や感動というより、心配する気持ちの方が大きい。というのも、株式公開をしたことで、一般の株主の皆様に対しても、社会に対しても、責任をちゃんと果たしていかなければなりません。
【覚え書き|LINEの上場について】


安岡正篤

人間は、早成する、早くものになるというほど危ないことはない。人間もなるべく晩成がよい。まあ、死ぬ頃なんとかものになるというくらいの覚悟でぼつぼつやるがよい。


辺見芳弘

現場に行って社員に頑張ってるねと声をかける。現場の社員からすれば社長が来てくれたっていうのは、まんざらでもないでしょう。


森田直行(経営者)

現在、経営にはますますスピードが求められている。無駄な時間の使い方は経営の圧迫に直結する。自らの時間の使い方を見直すことが、組織の生産性、ひいては会社全体の生産性を高めることにつながることを、常に意識しなければならない。


瀬戸欣哉

社長就任当初、「瀬戸さんの目的はなんですか」と聞かれた時、僕は「一番の目的は社員が楽しく誇りを持って仕事ができるようにすること」と答えました。バケツの穴を塞ぐ(無駄遣いをやめる)のは、その前提条件です。一生懸命働いても、穴から水が漏れていたら楽しくないでしょう。


米山公啓

脳を活性化させるためには、まずは脳の健康が大事だということです。脳の健康とは、脳の血管を若く保つということです。動脈硬化を防ぐには喫煙は大敵ですし、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に対しても注意が必要です。タバコを吸いながらウォーキングに精を出しても、あまり意味があるとは思えません。血管を若く保つための生活習慣の改善を前提としたうえで、ウォーキングやジョギングが有効になります。


大塚雅樹

僕が30代のころは、嫌な仕事を命じられたら、「それをやり終えたときに何をしようか」と考えていました。スーツを買おうとか、一度食べてみたかった料理を奮発して食べに移行とか。自分へのご褒美を考えるのです。目の前にニンジンをぶら下げる、つまり報酬に訴えかけるというのは、脳科学から見ても理に叶っているそうです。


ページの先頭へ