名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木康志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木康志のプロフィール

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

佐々木康志の名言 一覧

脳は人間の活動の原点です。人の習性をうまく採り入れることで、脳が心地よく感じる設計やデザインが可能になる。


人間はこれまでさまざまな文明の利器を生み出し、上手に使いこなしてきました。AIも同様だと思います。ものを買うときの判断基準、ものの価値判断など、人間の行動の9割は無意識に行われていると言われています。脳の研究をすることで人間の行動の裏にあるものを解明し、その成果をAI等に活用し社会にとってプラスになるような応用ができればと願っています。


AIは条件を設定した中で行いますので、その部分では人間を上回ることができています。AIは人間の脳の真似事をさせるわけですから、脳そのものが分かっていないとAIの発展も望めません。


佐々木康志の経歴・略歴

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

井手明彦

厳しい国際競争のなかで三菱マテリアルが存続できているのは、マムート銅鉱山からの撤退や金属・鉱業セメントの合併といった大きな経営の決断があったから。


小山龍介

勉強というと、語学や資格をすぐに思い浮かべる人が多いですが、じつはそれより大切な勉強があるんです。たんに資格を取るということではなく、これからの時代に必要なのは、その道のプロになるための勉強。営業なら営業、企画なら企画、その道で誰にも代りがない一目置かれる存在になる。そのためにはその分野の知識や経験を誰よりも積み重ねなければならない。


養老孟司

他人は互いにわかり合えないものです。わかり合えないからこそ、言葉があるのです。


中野信子

朝に目覚めるときにはノルアドレナリンという物質が出ています。ノルアドレナリンは戦うための物質で、血糖値や心拍などを上げて、闘争できるように体を整えてくれます。これが出ているときは、やる気も高い。だから朝は、ちょっとたまっている嫌な仕事を片づけるのにぴったりです。ノルアドレナリンの効果があるのは、目覚めてから3時間くらいまで。その間にハードルの高い仕事にチャレンジしてください。


安藤宏基

日清には「カップヌードル・シンドローム」というのがあるんです。創業者が作ったんだから、やっぱりあれが最高だと。創業者の言動を疑いもしない。しかし50年経ったとき、私はそれをすごく疑った。そして、時代に沿う形ですべてを見直したとき、過去の製造方法はことごとく変わっていったのです。


酒井雄哉

池の鯉だって、ただ泳いでいるうちは水の楽しさやありがたさはわからない。陸に引き揚げられてはじめて、水の良さがわかるんじゃないの。


水樹奈々

やらずに後悔するくらいなら、やって後悔する。どんなに辛い思いをしても、それを前向きのエネルギーに変えてみせる。それが私の、昔もいまも変わらない信条。


西山知義

実は創業当時と比べると、客層が変わってきたんです。当初は若者や女性が主なターゲットでしたが、チェーン展開後は、家族のお客様が増加しました。そうなると、特定部位のこだわり肉など、スパイクの立ったメニューだけではインパクトを出しづらい。それぞれの客層のニーズに合わせたメニューをきめ細かく開発していかないと、外食産業では生き残れなくなっています。


清水恭子

ニュースレターはチラシやダイレクトメールのような宣伝ツールではなく、お客様と信頼関係を築くためのツール。治療院なら院長、士業なら所長、会社なら社長、その人柄が表れるのがニュースレターです。人柄を知り、親近感を抱かせてお客様に「忘れさせない」ことが一番の効果といえます。


中田匡紀

不正会計やデータ改ざん、情報漏洩といった不祥事は、大なり小なり毎年起こっている。大規模な事件が注目されているにすぎない。根源に組織風土がある以上、これからも不祥事は起こり続ける。ただし、「一転び即倒産」でコンプライアンス上の不祥事は企業の存続を危うくする。これを防ぐためには、いかに良い風土を形成できるかにかかっている。


大山健太郎

仕組み作りは経営の基本。どんな時代環境でも利益の出せる仕組みを作ることが大事。儲けるのでなく、利益が出る仕組みです。


羽鳥成一郎

社員への働きかけでは、私にも失敗があります。社長就任直後、身近にいた役員を飛び越して、社員全員に改革をアピールしました。ところが、疎外感を抱いた役員との間で軋轢が生じ、状況はより悪くなってしまいました。改革は一人ではできません。全員とコミュニケーションをはかるのは物理的に不可能ですが、直属の部下を無視してはいけません。