名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐々木康志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木康志のプロフィール

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

佐々木康志の名言 一覧

脳は人間の活動の原点です。人の習性をうまく採り入れることで、脳が心地よく感じる設計やデザインが可能になる。


人間はこれまでさまざまな文明の利器を生み出し、上手に使いこなしてきました。AIも同様だと思います。ものを買うときの判断基準、ものの価値判断など、人間の行動の9割は無意識に行われていると言われています。脳の研究をすることで人間の行動の裏にあるものを解明し、その成果をAI等に活用し社会にとってプラスになるような応用ができればと願っています。


AIは条件を設定した中で行いますので、その部分では人間を上回ることができています。AIは人間の脳の真似事をさせるわけですから、脳そのものが分かっていないとAIの発展も望めません。


佐々木康志の経歴・略歴

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

千本倖生

私の精神の一番奥には、大学時代に出会ったキリスト教的価値観が根付いています。なぜ人々は生きるのか? 何か行動を起こすなら、社会に対して貢献できるような行動でなければならないという考え方です。


福嶋康博

大きな目標を立てても、小さな目標を立てても、事業運営に必要な基本的なステップ、努力量は同じです。しかし、大きな目標を立てることによって、それを達成するためにはどうすれば良いのかをより広く深く考えるようになります。


伊井哲朗

自分の人生の主役は自分自身。だから、主体的に動くことが大事です。観客席にいてはダメ。


宮内義彦

ワンマンも別にいいんじゃないですか。私も「オリックスは自分の会社だ」と思ってやってきました。これは会社を私物化するという意味ではありません。私は会社の株もほとんど持っていないし、息子にも「オリックスだけには入れないぞ」と言ってきた。それでも自分の会社だと思うからこそ、会社のために体を張れるのです。


水谷孝次

小さなことでいつも部下をきりきりと叱りつけているような上司の下では、部下はミスをして上司から叱責されることがないように、とにかく無難に仕事をこなそうとします。つまり、挑戦心が失われる。一方、小さなことにこせこせせず仕事を任せて、見守ってくれる上司の下では、部下は安心して攻めの姿勢で仕事に取り組むことができます。


小寺圭

何かしらの事態にぶつかったときの対応力を養うには、やはり現場で場数を踏むしかないでしょう。もっといえば、修羅場に何回出合うか。その際には、とにかく逃げずに向き合うことです。


新藤洋介

いまの時代、自分でリスクをとっていくことが、最大のリスク軽減。


東哲郎

ジョイントベンチャーであれば、失敗したとしてもまた分かれて元に戻るところがある。今回は1社に統合してしまうわけで、後戻りはできない。失敗したらすべてがダメになる。我々もAMATもそう思っている。そういう意味で、真剣そのものだ。


平井伯昌

成長できる人は、どんな経験も「経験値」に変えられる。自分を見つめ直す作業を積み重ねられる。その習慣を身につけるために、振り返りをノートに記録してもいい。


川北博

77歳のいままで走り続けてきたのですが、まったく後悔していません。本格的に自分自身の時間を持つのは80歳になってからにしようと思っています。「斃れて後已む」ということになるかもしれませんが、それはそれでいいのではないかと思っています。
【覚書き|斃れて後已む(たおれてのちやむ)=死ぬまで懸命に努力し続けるという意味】


内藤誼人

「こんなことを言ってあげれば、きっと、この人は喜ぶだろうな」という洞察力を身につけることは、対人関係をスムーズにするための秘訣である。こういう洞察力は、知性に他ならない。知性のない人は、人たらしになろうとしても、うまくできない。


酒巻久

仮に、上司に途中経過をまったく報告しないまま3か月後に結果を出した部下と、随時報告をしながら6か月後に結果を出した部下がいた場合、後者の方が「仕事が速い」と、上司は感じるものです。だから、上司からのどんな指示に対しても、「サッと気持ちを切り替えて、すぐ報告するクセ」は、絶対つけるべきです。