名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐々木康志の名言

twitter Facebook はてブ

佐々木康志のプロフィール

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

佐々木康志の名言 一覧

脳は人間の活動の原点です。人の習性をうまく採り入れることで、脳が心地よく感じる設計やデザインが可能になる。


人間はこれまでさまざまな文明の利器を生み出し、上手に使いこなしてきました。AIも同様だと思います。ものを買うときの判断基準、ものの価値判断など、人間の行動の9割は無意識に行われていると言われています。脳の研究をすることで人間の行動の裏にあるものを解明し、その成果をAI等に活用し社会にとってプラスになるような応用ができればと願っています。


AIは条件を設定した中で行いますので、その部分では人間を上回ることができています。AIは人間の脳の真似事をさせるわけですから、脳そのものが分かっていないとAIの発展も望めません。


佐々木康志の経歴・略歴

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

ビジョナリーカンパニーの要諦は、「カリスマ経営者を必要としない、明確なビジョンと理念に裏づけられたチーム経営」という点にある。


中村維夫

会社を面白くするためだけの施策はありません。まず、仕事を通じて自然に面白く感じることが大事だと思うのです。私たちの仕事には新しいものがいっぱい転がっているから、いろんなことができます。仕事が生きがい、やりがいにつながるといいと思います。


小寺春樹

国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。


ジム・ステンゲル

リーダーにも得意、不得意がある。業務遂行に長けたリーダーは左脳の働きが優れており、分析的で、プロセスを重んじる傾向がある。時間通りに適切なコストで業務を遂行することを重視する。一方、芸術家肌のリーダーは、脳全体を使い、美的で、驚きを求める。美しい、新しいものを作り、消費者とつながりを持ちたいと考える。


中田みち

順調に成長を遂げてきた業績をより一層高めることが株主の皆さまにお応えする私の責務。


石黒成直

確かな成長には、市場の動きに合致した事業が欠かせない。


澤田秀雄

私の母の怒り方には特徴がありました。私が何か悪さをしたとき、私自身がそのことを反省していれば、母は何も言わないのですが、私に悪さをしたという自覚がなく、何とも思っていなかったときは、こっぴどく怒られました。母に怒られた記憶は、そんな光景しかありません。


澤田貴司

本来どのような社員でも「会社を良くしたい」「こうしたらお客様に喜んでもらえる」という熱い思いを内に秘めていると信じている。そうした思いを出し合って問題解決に向けた答えを見出し、組織がチームとして業務を進めることができれば、結果として売上高や利益の業績面でも元気を取り戻し、ポジティブな組織へと変わっていけると考えている。


坂本孝

51%でも勝算があれば、新しい土壌に果敢に挑戦すべきです。失敗するリスクはあるかもしれませんが、そのぶんライバルも少ないので、競争優位性を確立できれば一人勝ちです。たとえ失敗したとしても、失敗から学べることはたくさんあります。失敗の原因を探り、それを次の挑戦に活かして、成功するまで続ければいいのです。


榎本博明

自分のストーリーを持つと仕事に意味が生まれ、その意味がやりがいをもたらします。たとえば紅茶販売店で働く男性は、テレビで偶然紅茶の知識を語る店員を観て、「自分もお客様に土産話ができるようになろう」と決めたそうです。そこで紅茶の歴史や産地などを勉強してそれでお客に話すと、相手も感心して聞いてくれる。このことで単調に感じていた販売の仕事が一気に楽しくなり、知識をもっと深めようという意欲もわいてきて毎日が充実してきたそうです。


白石康次郎

僕は船に弱くて、いまでも航海に出て数日間は、船酔いで死ぬような思いをしています。また、ヨットはとにかくお金がかかるというのに、僕は大金持ちでもなければ、大スポンサーもいない。だから、船に乗っていないときはいつも、必死で資金集めに走り回っています。こんな僕のどこが、才能や環境に恵まれているといえますか。


板倉雄一郎

株を購入するときに、「アナリストが推奨していたから」「いま流行っているから」。そんな表面上の理由で株を購入して満足する人が多いのは嘆かわしいことだ。株を買うときに大事なのは企業の「本質」を見抜くことだ。そして、それは決して難しいことではない。


前田鎌利

プレゼン資料も、ただ論理的に作ればよいのではなく、こちらの姿勢や熱意を伝える内容にしなければなりません。それによってはじめて、相手の心に響かせることができるのです。


高橋弘樹

転機が訪れたのは、『空から日本を見てみよう』という番組に携わった時です。他局のようにタレントやスタジオ、ロケに大金をかけられるわけではありません。なら、タレントは入れず空撮のみに絞れば問題は解決するのではと。すべてを欲しがるのではなく、制約があるなら逆手にとりそれを個性にすればいいと上司から学びました。


ロアン・カン

ビル(ゲイツ)はいつも「自分よりも優れた人」を求めていました。英語で「Get the Right People on the Bus」という表現があります。訳すと「適切な人をバスに乗せろ」。要は適材適所ということです。ビジネスや市場の状況は予測しにくく、技術はめざましいスピードで進化しています。様々な能力を持つ人を結集した多様性あふれるチームをつくり、市場の変化に対応するには「優秀な人材をどれだけ集められるか」が重要です。