名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐々木幹夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木幹夫のプロフィール

佐々木幹夫、ささき・みきお。日本の経営者。三菱商事社長・会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部工業経営学科卒業後、三菱商事に入社。取締役、米国三菱商事会社取締役副社長、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役職能担当役員、常務取締役職能総括担当役員などを経て社長に就任。そのほか、三菱製鋼、三菱自動車、三菱重工、日興コーディアルグループ、イオン、三菱電機などの取締役や日本貿易会会長を歴任した経営者。

佐々木幹夫の名言 一覧

最近、世の中の商社に対する期待感がますます高まってきています。今後も、商社が有するノウハウを最大限に生かし、さらに新しい機能やビジネスモデルを創出して行かなければと考えております。


年々、商社の収益における事業投資を中心とする収益が大勢を占めるようになってきました。投資と言っても、欧米の投資銀行のようにキャピタルゲインを出すのが主目的でなく、商社の知見を活かし経営にも関与しています。バリューチェーンの価値を高めるという発想で、商社のマーケティング、販売、物流、情報、金融などの力をすべて活用し、事業投資に活かす考え方でやってきました。


佐々木幹夫の経歴・略歴

佐々木幹夫、ささき・みきお。日本の経営者。三菱商事社長・会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部工業経営学科卒業後、三菱商事に入社。取締役、米国三菱商事会社取締役副社長、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役職能担当役員、常務取締役職能総括担当役員などを経て社長に就任。そのほか、三菱製鋼、三菱自動車、三菱重工、日興コーディアルグループ、イオン、三菱電機などの取締役や日本貿易会会長を歴任した経営者。

他の記事も読んでみる

岩崎裕美子

ランクアップを設立する前に、別の会社で取締役をしていました。その会社では社員が毎日のように終電まで働き、残業しない人は評価されないという環境でした。プライベートの時間などほとんどありません。いわばブラック企業のようでした。実際、そのような環境では社員たちも長くは続かず、すぐに辞めていきました。ですから、組織として成長がなかったのです。この時に長時間労働では、社員が疲弊してしまい、組織を拡大することの難しさを実感しました。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

孤独というのは、誰にも邪魔されることなく自分の内面と向き合うチャンスなんだ。研ぎ澄まされた時間の中に身を置くことで、「夢」や「志」といった本能をむき出しにして、自分の生き方を客観的にかえりみることができる。見逃していた自分の弱さや甘えを再確認し、それを補うために必要な武器に気づかされる。そして、強く生きていくための行動が生まれるんだ。


川野幸夫

人間というものは誰しも、大きなショックがなければ、現状を肯定する、あるいは現状の延長で何とかなるという思いが、なんとなくあるものだ。歳をとればとるほど、そうした気持ちは強くなる。だから「ゆでガエル」にならないためには、将来を考えている若い世代に経営を担わせたり、彼らの意見を十分に取り入れたりすることが非常に重要だ。


佐野陽光

どんなにやりたいことをやって欲しいもの全て手に入れたとしても、周りの人たちが苦笑いだったらやっぱり嫌。


経沢香保子

私も会社を設立したころは、経営が上手くいかずにずいぶんと悩みました。「私は経営者に向いていないのだから、もう辞めたい」とまで思い悩みましたが、社員や株主の手前、辞めるわけにはいきません。そこで私は、信頼する経営者の先輩に教えを請いに行ったのです。「お恥ずかしい話ですが、私の会社はこういう状況で、どうしていいのかわかりません」と。財務状況もすべて正直にお話ししました。プライドなど気にしていられないくらい、追い詰められていたのです。その方からいくつかのアドバイスをいただき、それを忠実に実行して、ようやく経営を軌道に乗せることができました。


滝澤光樹

創業の地である富山に脈々と受け継がれる「進取の精神」を忘れずに、引き続き人材育成などへ注力し、さらなる成長を図っていきます。


飯島勲

どんな仕事でも「この人に頼めばうまくいく!」というキーマンが組織の内外にいる。そういう人物と良好な関係を維持することが、自分の仕事の質を向上させていく。無能な同僚はこの際無視して、そういう人物との信頼形成に集中してみよう。


ゲーテ

どんな地位であっても、実行、あるいは忍耐によって貴くし得ないような地位はない。


國貞文隆

朝の勉強会に参加するなら、テーマはあえて中国古典をおすすめしたい。社長の勉強会であれば経営戦略を学ぶべきではないかと思う方も多いでしょうが、それではまだまだ浅い。特に大企業であれば様々な人材がいる中で、それをどうやって動かせば最大の効率をあげることができるのか、ということが重要になってきます。そして中国古典は人間学の宝庫なのです。中国古典には人間学だけでなく、帝王学も入っています。渋澤健さんの主宰する中国古典の勉強会に経済同友会のお歴々が参加しているというのもなるほどと納得がいくことでしょう。


加藤進(住友商事)

多くのリーダーを輩出することが当社の責務であり義務であると考えている。


藤井孝一

忙しくても毎日読書の時間が確保できるのは、1日のスケジュールに読書タイムがあらかじめ組み込まれているからです。私のコアな読書タイムは朝です。始業1~2時間前に会社に行き、デスクか近くのカフェで読書をします。


山﨑潤一(山崎潤一)

橘丸は先代の橘丸にも使われていたイエローオーカー色を基調としていて、非常に鮮やかな船になっています。そこにオリーブ色を織り交ぜたツートーンのカラーリングが入っているのも今までにない色合いだと思います。ですから、遠くからでもすぐ分かります。非常に目立つんですね。斬新かつ画期的な色使いにしたのも、ネーミングが古いからです。古い名前でもデザインで人の目を引くと。その意味では話題性があると思います。