佐々木幹夫の名言

佐々木幹夫のプロフィール

佐々木幹夫、ささき・みきお。日本の経営者。三菱商事社長・会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部工業経営学科卒業後、三菱商事に入社。取締役、米国三菱商事会社取締役副社長、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役職能担当役員、常務取締役職能総括担当役員などを経て社長に就任。そのほか、三菱製鋼、三菱自動車、三菱重工、日興コーディアルグループ、イオン、三菱電機などの取締役や日本貿易会会長を歴任した経営者。

佐々木幹夫の名言 一覧

最近、世の中の商社に対する期待感がますます高まってきています。今後も、商社が有するノウハウを最大限に生かし、さらに新しい機能やビジネスモデルを創出して行かなければと考えております。


年々、商社の収益における事業投資を中心とする収益が大勢を占めるようになってきました。投資と言っても、欧米の投資銀行のようにキャピタルゲインを出すのが主目的でなく、商社の知見を活かし経営にも関与しています。バリューチェーンの価値を高めるという発想で、商社のマーケティング、販売、物流、情報、金融などの力をすべて活用し、事業投資に活かす考え方でやってきました。


佐々木幹夫の経歴・略歴

佐々木幹夫、ささき・みきお。日本の経営者。三菱商事社長・会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部工業経営学科卒業後、三菱商事に入社。取締役、米国三菱商事会社取締役副社長、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役、米国三菱商事会社取締役社長、本社常務取締役職能担当役員、常務取締役職能総括担当役員などを経て社長に就任。そのほか、三菱製鋼、三菱自動車、三菱重工、日興コーディアルグループ、イオン、三菱電機などの取締役や日本貿易会会長を歴任した経営者。

他の記事も読んでみる

マギー司郎

最近思うのは、「何かが消えた、出た、つながった。だから何なの?」っていうことね。僕は「なーんちゃって」って言いたいの。今はコンピュータを使えば、どんな複雑なこともできるじゃない。仕掛けを作って、完璧なすごいマジックが起きる。でも、それは誰かが裏でボタンを押しているんだよね。マジシャンは自分で何もしていない。手品を演じているだけでしょ。お客さんもわかっているから、僕らのような人間の雑さを楽しんでくれるんだと思う。だって、「縦縞のハンカチが横縞になりました」だからね。


椎木隆太

私はかつてソニーの海外事業部で、日本の映画作品を海外に売り込む仕事をしていたので、こうした取り組みに伴う版権者や作者との調整などの困難さやクリエイティブの限界はよく知っています。そこでディー・エル・イーでは、自社でコンテンツ(キャラクター)を所有し、自由に製作・配給できるビジネスモデルを実現しようと考えたのです。鷹の爪は自社コンテンツだから、クリエイティブに関してはなんでもアリ。だからこそ、これだけ相手に合わせたフレキシブルな提案が打ち出せるのです。


高松信彦

これまで業界全体にとって厳しい時期が続きましたが、当社は不採算事業や不良資産を売却して財務体質を改善しました。今こそ次の100年に向け飛び上がる時。そのスタートを切るのが私の使命です。


出雲充

メンター(師)は得ようとしないで得られることは絶対にない。自ら探し、会いに行く。その努力によって得られるのがメンターです。


村上春樹

これはどんな分野でもそうだと思いますけど、これはすごい、と自分が本当に100%認められる実例がちゃんと存在していると思えることは素晴らしいことですよ。それはちょうどギャツビーにとっての沖合の緑色の灯火のようなものですね。僕にとっては、それが新訳を手掛けたこれらの小説なんです。


原晋

大きな目標を設定し、スケジュールの要所に小さなゴールを設けながら、クリアできるか自分でチェックしていく。その繰り返しで自信がつき、自分で考えて行動できるようになる。


金丸恭文

日本は業界団体の方々の力が強い。多くの業界団体の既得権益を守るためにはフェアな競争は反対ということになる。そんなことを繰り返していては、世界中でイノベーションが起きているのに、日本社会はそのイノベーションを享受できない国になっていく。日本はあっという間にアジア各国や世界のほかの国々に追い越されていくのではないかと。私はそういう危機感を強く感じています。


野口敏(話し方)

会話が続く人と、続かない人の違いは感情表現を中心とした反応です。会話の上手い下手というのは、話し方より聞き方に表れるものです。だから、人の話を聞いているときの反応を見れば、その人が会話上手かどうかすぐわかります。


太田彩子

目標が明確になれば、いまやるべきことが自ずと決まると考えている人は多いでしょう。私も、かつては目標から逆算して自分の行動を決めていくタイプでした。しかし、結局は途中で無理が生じて挫折しました。そのとき気が付いたのは、ゴールから逆算するやり方は自分には合わないということです。


内海哲也

チームメイトとの仲が深まれば信頼感も強さも増すものです。野手がエラーしても、ピッチャーはなんとか次の打者を抑えてやるって気持ちになるし、ピッチャーが点を取られても、野手が絶対取り返してやるって気になるはずです。そうすれば、今年も日本一になれますよ。


伊藤真(弁護士)

「記憶はデジタルに任せる」傾向は強まるはず。記憶力の良し悪しは、重要ではなくなっていきます。物事の関連性を理解したり、考えたりする力を鍛えることも、強くおすすめします。


木村惠司(木村恵司)

最近、中堅管理職の皆さんが、遠慮気味です。しかし、たとえば私がある事柄を指示したとして、その範囲内のことだけをやっているのでは困るわけです。悩んでばかりいて、行動を起こそうとしない人もいます。もっと全体最適を考えてリーダーシップを発揮してほしいと思います。


亀井智英

最初は何が売れるのかよくわからなかったので、フェイスブックでユーザーに聞いたり、自分たちで買ってきたものを出して反応を見てみたり。アニメの絵柄が印刷された缶詰にパンだけが入っているパン缶という商品を売ったりもしました。


西村英俊

コンサルタントや金融機関の人たちは、会社の外形を見てすぐに整形をしたがる。内実の病巣や仕組みの不具合をじっくり根本から治すことなんか時間がかかってまだるっこしいと思うのでしょう。これは手術だからやったそのときは良く見えるが、根本治療ではないから必ずすぐほころぶ。


やましたひでこ

私たちは「できない理由」を見つけようとしがちなんですよね。「自分が片づけても、夫が片づけない」「家が狭い」「家族が多い」といった具合に。断捨離のスタンスは、できないことに焦点を当てるのではなく、与えられた環境のなかで自分ができることを見つけていくものです。


ページの先頭へ