名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

佐々木定道の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木定道のプロフィール

佐々木定道、ささき・さだみち。日本の経営者。富士重工業社長・会長。鳥取県出身。日産自動車副会長を経て富士重工業社長に就任。

佐々木定道の名言 一覧

会長は何をすればよいのか色々研究しましたが、決まったものは何もない。そこで社長がやりやすいように仕事の邪魔をしないことにした。会長は社長の補佐役に徹すべきです。


佐々木定道の経歴・略歴

佐々木定道、ささき・さだみち。日本の経営者。富士重工業社長・会長。鳥取県出身。日産自動車副会長を経て富士重工業社長に就任。

他の記事も読んでみる

加護野忠男

高いリスクを負う場合には、危険を素早く察知する必要がある。その手掛かりとなるのは、小さな職場単位の利益や付加価値の変化である。


倉本聰

40年ほど前、東京から北海道に活動の拠点を移したころ、作品が全く書けなくなったことが4年も続きました。その時のことです。ある日、テレビから流れてきた版画家の棟方志功さんの言葉に耳を奪われました。「自分は自分の作品に責任を持てない。作品を作っているのは、自分ではないのだから」。その棟方さんの話を聞いて、「私も作らされているのだろうか」と自問しました。そこで気付いたのが、アーティストの使命とは神なり霊なりを降りてこさせることだと。その境地に達してからは、1時間のドラマを1日で書き上げてしまうこともありました。まさに何かに取り憑かれたようでした。「自分の力だけで書いているのではない」という脚本家としての原点に返ったのが、この経験でした。


内藤誼人

ビジネスは結果がものを言う厳しい世界です。どんなに口で「頑張ります」と言っても、結果が伴わなければ認められません。


山中武志

現在の就職メディアはあくまでも企業主体に作られていて、広告なのか情報メディアなのかが曖昧です。学生が本当に知りたいことが掲載されているとは限らない。それを知るためには生の声が必要。


藤田晋

よく、「仕事の優先順位をつけ、効率的に仕事をしろ」と言われますが、最初は、何を先にやって何を後回しにしたらいいかなんてわかりませんよね。だから、とにかく量をこなして経験を積むしかないんですよ。


森田敏夫

医者や弁護士は全面的に顧客側に立たないとビジネスとして成り立ちません。資産形成を預かる我々も同じです。米国では証券外務員は尊敬される仕事として認められています。我々もそうならなければなりません。


鵜飼裕司

今、サイバーセキュリティは国家安全保障に絡む重要なテーマになっています。しかし、今の日本はその解決を自国でできません。もし、グローバルで何か新しい脅威に日本が最初に直面した場合、北米のベンダーに助けてくださいと言わざるを得ません。この懸念みたいなものは昔から持っていたのですが、いつまで経っても日本でセキュリティにおける研究開発をしっかりとやる会社も出てこなかったですし、風土も醸成されませんでしたので、これは自分でやるしかないと。


俣野成敏

かつて私が生産管理部門に異動した際、仕事の一つとして製品在庫の集計作業がありました。しかし、自動化すべく情報システム部と連携した結果、手作業そのものが必要なくなりました。過去には当たり前に必要だったが今では不要な作業が、なんとなく続けられていたという好例。


三島幹雄

自分は経営していないのに経営者の相談に乗る、というのは違うだろうと。一度は同じ所に立って、同じ風景を見ないと経営者の方の話も聞けないし、同じ所に立つことで共感力が養われて、解決法も提案できるんじゃないでしょうか。


葛西敬之

世界をリードした偉大な政治家や軍人たちが、いかなる状況の下で何を考え、どのように行動したかということを読書で身につけることによって、自分の体験を膨らませることができるのです。しかし、体験のない物には何をかけてもゼロなので、やはり自分自身の持っている生活体験はパン種のようなものでとても大切で、それに付加価値を付けるのが読書だと思います。


佐々木大輔(経営者)

マーケティングの分野は最新テクノロジーを取り入れて進化していますが、なぜか会計は昔ながらのスタイルのままです。会計にテクノロジーがなければ中小企業は何も変わらない、逆に会計が変われば企業経営も変わると思った。


茂手木雅樹

当時、私の会社の事業自体は順調に伸びていました。海外展開を目指して中国の大連でBPO事業を立ち上げたのですが、ここで大変な労力を費やすことになり、1カ所でこれならば本格的な展開には時間がかかりすぎる、と感じたのです。上場して資金調達をするという選択肢もありましたが、よりスピード感を持って事業を進めるには、既にグローバルなネットワークを持つ企業のリソースを活用するのが一番であると考えました。

【覚え書き|アウトソーシンググループ傘下に入ったことについて】