名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐々木宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木宏のプロフィール

佐々木宏、ささき・ひろし。日本のクリエイティブディレクター。熊本出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大手広告代理店の電通に入社。新聞雑誌局に6年勤務したのち、クリエーティブ局に移りコピーライター、クリエイティブディレクター、クリエイティブ局長などを務める。20年にわたり数多くのヒット広告を生み出したのち、独立しシンガタを設立。ACC全日本CMフェスティバル グランプリ(3回)、TCC(東京コピーライターズクラブ)最高賞(6回)、ADC(東京アートディレクターズクラブ)最高賞(3回)、カンヌ国際広告フェスティバル金賞、広告電通賞、朝日広告賞、日経広告賞、毎日広告デザイン賞最高賞、フジサンケイ広告賞グランプリ、クリエーター・オブ・ザ・イヤー賞(2回)など多くの賞を獲得。「そうだ、京都、行こう。(JR東海)」「第一志望は、ゆずれない(駿台予備校)」「ダメ。ゼッタイ。(財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター)」、そのほか多くの名キャッチコピーやCMキャンペーンを手掛けた。

佐々木宏の名言 一覧

クリエイティブに力があれば広告で人は動く。


かっこいい広告をつくり、それによってちょっとでも世の中がよくなればいい。


管理職として偉くなるより、現場に一生立ち続けたい。
【覚書き|電通を辞めて独立した理由について語った言葉】


むしろトラブルや制限があった方が、それだけよい広告が生まれると考えられるようになった。
【覚書き|JR東海の京都キャンペーンの広告を担当したとき、広告主から何度も駄目だしされ、その後「そうだ、京都、行こう。」の名キャッチコピーが生まれたことについて語った言葉】


広告をつくることも大事だが、それに賛同する人が多く集まることはもっと大事。


仕事をしていて大切にしていることは……「ダメだと言われてからが仕事、というときもある」ということかな。


私なんてテレビ局に入りたかったほどなのだから、いま、こうしてCMでやりたい仕事に関わらせてもらっているのがありがたいですし。やりたい仕事をやらせてもらえるということは、いくら大変であってもやれないよりはずっといいわけですから、「三日連続の徹夜で大変だ」なんて言っている場合じゃないんです。スタッフからそう愚痴を言われたときの私は、「世の中、一週間も寝ないでトンネルで工事している人もいるんだぞ!」と、そんな人たちのことをまるで知らないのに怒りだすというヘンな親父になっていますね。


いま、話題になっているテレビ番組については、たいていは録画して観ています。流行っている番組の合間にどういう風にCMが入っているのかが制作の参考になるし、それにやはりテレビはおもしろいですから。テレビがつまらないというのは、現役でテレビをたくさんは見ていない人の言葉なんじゃないのかな。


作品と言うよりは「機能する仕事」を心がけています。


「歴史上の人物も、たいへんな苦難を越えてきたのだから」「悪いことが起きた後には、いいことが起きるだろう」耐えられそうにないから、勝手に自前のルールを作っていたのですけど、これがどうも今の広告の世界で生きていくために都合がいいみたいですね。この世界には条件や制約が多いし、企画が頓挫することもよくあって、不満の温床と言えるような職種ですので。


JR東海の京都キャンペーンの「そうだ京都、行こう。」で、一所懸命に考えて出した案が否定された後に、クライアントから「京都だから絵葉書でいい」と言われたんですね。「え、どういうことだろう?」とは思いましたが、重要なのはここで相手のセリフをどう受けとめるかでしょう。相手の発言にも一理あるかもしれない、と考えてみて、それならタレントも出さずに、旅人の視線で世界一の絵葉書を作ってみたらどうだろうか。京都が日本にあるという意味を考え、世界に対して日本を広告するようなCMにしたらどうだろうか。京都キャンペーンはそんなふうにできたわけで、やはり、否定も仕事の起爆剤にはなってくれるのです。


私自身としては「応援団長のようなもの」と捉えています。クリエイティブディレクターは、クライアントと広告制作現場をつなぐことも仕事だし、広告とお客さんをつなぐことも仕事だし、今回はたくさん仕事をしたなと思えるものもそうでないものもあります。仕事の負荷については、ひとつずつの状況によってまるでちがうのですね。


仕事の分岐点になったのはトヨタの広告でした。31歳のときから携わったのですが、クルマのコピーというのは、「もう誰も超えられない」「このクルマが新時代を作る」みたいな言葉のインフレに陥り、最上級の褒め言葉の操作に過ぎない状況に達していたかのように見えていたんです。1991年の「いいクルマってなんだろう。」というコピーは、そこでクルマを別の視点から眺めてみませんか、と提案したものでした。うまいコピーがいいコピーなのではなく、新しい視点を提供するものこそがいいコピーであると腑に落ちた仕事でした。


『コピー年鑑』を覚えるほど読みまくるなんていう猛勉強は効きました。いつも僕に対して批判的だった先輩からも仕事をもらえるようになりましたし、それに、キャッチフレーズのあとに説明を加えるポディコピーがヘタだと言われても、「ほかの人にキャッチは褒められたのだから、ボディコピーそのものをなくしてみよう」「そもそも、見る人だってキャッチしか見ていないだろう」なんて、自分の長所で勝負できるようになっていったんです。
【覚書き|コピー年鑑とは東京コピーライターズクラブが毎年発行している優れた広告コピーを集めた本】


28歳でクリエイティブ部門に移ることになり、仕事の準備として、宣伝会議という会社がやっているコピーライター講座に出かけたら……ぜんぜん書けないんです。電通社員としてのプライドだけは高いのに、同じ講座に通ってきている大学生やフリーターの書く文章に負けてしまっていました。年は取っているわ、書けないわで、まあ屈辱でしたね。同じ時期に異動してきた同僚が賞を取っているのに、私は箸にも棒にもかからない。「もしかしたら、年下にも馬鹿にされている?」なんてもんもんとしていた時に「コピーのことだけを考える一年を過ごしてみたら?」と助言をくれた先輩がいたんです。どうも、それまではいろいろと複雑に考えすぎて空回りしていたようだったので、私は先輩を信じて猛勉強をはじめることにしました。どんなに単純な仕事でも徹夜で考え、翌朝、上司に案を山のように提出することにしたんです。


佐々木宏の経歴・略歴

佐々木宏、ささき・ひろし。日本のクリエイティブディレクター。熊本出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大手広告代理店の電通に入社。新聞雑誌局に6年勤務したのち、クリエーティブ局に移りコピーライター、クリエイティブディレクター、クリエイティブ局長などを務める。20年にわたり数多くのヒット広告を生み出したのち、独立しシンガタを設立。ACC全日本CMフェスティバル グランプリ(3回)、TCC(東京コピーライターズクラブ)最高賞(6回)、ADC(東京アートディレクターズクラブ)最高賞(3回)、カンヌ国際広告フェスティバル金賞、広告電通賞、朝日広告賞、日経広告賞、毎日広告デザイン賞最高賞、フジサンケイ広告賞グランプリ、クリエーター・オブ・ザ・イヤー賞(2回)など多くの賞を獲得。「そうだ、京都、行こう。(JR東海)」「第一志望は、ゆずれない(駿台予備校)」「ダメ。ゼッタイ。(財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター)」、そのほか多くの名キャッチコピーやCMキャンペーンを手掛けた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

豊富なモノに囲まれて育ったいまの世代は、お金の量と幸せの量が必ずしも比例しないことをよく分かっています。生活に支障がないなど、一定の水準を超えていれば、給与は直接仕事のやりがいには結びつきません。それよりも、やりがいのある仕事や役割をどれだけ与えられるかが、企業にとっては重要です。


勝間和代

時間の使い方には技術が必要です。私はそれを身につけたことで、人生のすべてが好転し始めました。


住野よる

僕自身も小説家になって、周りに認められれば人見知りじゃなくなるのかなと思ったんですけど、人見知りのままです。治るモノではありませんので、付き合っていく覚悟を決めてください。ちなみに、僕は仕事で初めての人と会う機会も多いんですが、そういう時は「コント・住野よる」と頭の中で唱えています。その瞬間から、住野よるという小説家になる、スイッチを入れるという感じです。


小林一三

自分の持つ長所を確信することである。確固たる思想を飽くまでも維持することである。訓練式タイプ型のみに憧れず、何人も持つ自分自身の長所を顧みて、それに磨きをかける人の多からんことを切に希望する。


永守重信

今でも当社は分散していない、必ず同じ方向に向かっています。ただし、応用製品などモーターに関連する商品は広げていく。あくまで基本はモーターで、1兆円企業になるところまで来ました。多角化は必要ありません。今後もモーターのマーケットはどんどん広がっていきます。


山田佳臣

株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。


横川竟

企業の価値は拡大だけにあるのではありません。体に良い商品を提供する。という志を失ったなら、自分が育ててきた子供のようなジョナサンでも、病死したと思ってあきらめるようにしています。もちろん、そんなことはあり得ないと信じているからこそ、潔く後進に後を譲ったのです。


吉田たかよし

神経生理学上、人間の集中力は90分が限界。90分経ったら軽く休憩を入れ、次の時間はまったく別の仕事をすることで、全体の効率は上がる。


吉田尚記

「間違った情報」も効果的です。昔「いいとも」で、タモリさんが犬好きのゲストに「今、シベリアンハスキー流行ってるんだって?」と問いかけ、「それ昔の話ですね。今は……」とそこから盛り上がっていました。人は間違った情報を訂正するとき、一番喋ってくれるんです。でも作為が臭っちゃうんで、わざと間違えるのはやめましょう。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

数年前から内部成長率を向上し、成長し続ける企業10から20社を研究し、成功する人に共通する成長のための資質を調べました。すると、外部思考、明確でわかりやすい思考、包容力、専門性、想像力の5つが共通しました。この5つがいまの能力開発の基本ですが、時間の経過とともに変わるでしょう。


貝沼由久

人はみんな一緒だったわけですが、みなさんの考え方が変わり、やり方が変わったから、これだけ短期間にいろんな改善効果がでてきた。


内藤誼人

初めて会う相手には慎重になり、「即答しかねますが……」「社に持ち帰り、検討させていただきます」などと逃げがちですが、曖昧な言葉は相手の心には頼りない男と映ります。大物は逃げ道を作りません。「ぜひやらせてください」「やりましょう」と言い切る。たとえハッタリでも、言葉に自信を感じさせることが大事なのです。