名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐々木圭吾の名言

twitter Facebook はてブ

佐々木圭吾のプロフィール

佐々木圭吾、ささき・けいご。日本の経営学者。「東京理科大学大学院」教授。九州大学経済学部経済工学科卒業、一橋大学商学研究科博士課程単位取得満期退学。松下電器産業勤務、横浜市立大学講師・助教授、東京理科大学大学院准教授などを経て教授に就任。

佐々木圭吾の名言 一覧

モチベーションを高めるために最も大切なのは、仕事そのもの。良い仕事こそが人を動かすエンジンになる。


入園者数が伸び悩んでいた旭山動物園では、入園者に動物園のファンになってもらうために、飼育員自身が檻の前で動物について解説するガイドを始めたのです。すると、入園者の反応に直接触れられるようになり、入園者にもっと喜んでもらえるような理想の展示方法を考え、そのスケッチを描くようになります。やがて、そのスケッチが一つずつ実現し、理想の動物園へと変わっていきました。


佐々木圭吾の経歴・略歴

佐々木圭吾、ささき・けいご。日本の経営学者。「東京理科大学大学院」教授。九州大学経済学部経済工学科卒業、一橋大学商学研究科博士課程単位取得満期退学。松下電器産業勤務、横浜市立大学講師・助教授、東京理科大学大学院准教授などを経て教授に就任。

他の記事も読んでみる

俣野成敏

そつなく、ミスのない働き方をしようと考えていたのが、それでは生き残れないと知り、社内ベンチャー事業の募集に手をあげました。以前の自分なら、間違いなくスルーしていた案件ですね。失敗したらリスクしかないと考えていましたから。


江藤愛

新人のときから、多くの番組に携わる機会にも恵まれました。ところが、新人にしても何もかもが下手すぎて。朝の情報番組を1年で卒業という形になるなど、同じ番組を長く続けることができなかったり……。私にできるのは、自分の力不足を反省しつつ、ひとつひとつの仕事をひたすら丁寧にやることのみでした。


杉山健二

「動けば何かが見えてくる」これが私のモットーです。社員にもとにかく動けといっています。現場に出て一生懸命汗を流せば、その汗は必ず「あのときあの商品を勧めてくれてありがとう」という感謝の言葉や、次の契約などの形になって自分に返ってくるのです。それがこの仕事の醍醐味だといっていいでしょう。しかしそれは、自分で経験して初めて実感できることなのです。


齋藤孝(教育学者)

対上司でストレスをためない実践的な方法、それは上司のみならず、社内のすべての相手に敬語を使うこと。上司と敬語で話すのは当たり前。一方で部下や後輩に対してはタメ口で話す人が多いだろう。しかし極端な場合、昨日まで部下だった人が今日から上司になることもあり得る。その時、急に敬語で話すのは抵抗があるはずだ。ならば最初から、分け隔てなく敬語で話す習慣をつければいい。これはある意味で、天下無敵のコミュニケーション術だ。人間関係は、言葉の細部に宿る。どういう敬語を使うかで、関係性や相手に対する感情も伝わる。それを逆手に取り、とりあえず丁寧な言葉さえ使っておけば、どんな相手でも決して悪い気はしない。つまり、余計な敵を作らない。


谷口隆之助

私たちがもっと素直になれば、私たちが毎日こうやって生きているということが、やはり他人の心遣いを受けて生きているのだということが、しみじみ感じられるはずなのである。わたしたちがあまりにも傲慢であり、意固地であるために、自分が何かを借りていると思うよりは、自分が何かを貸していると思いたがるのである。


齋藤正勝

システム部門は金食い虫に見られ、支店では邪険に扱われました。嫌われないよう、事前に営業マン全員の名前を憶えて懐に飛び込むと結構可愛がられました。そうして集めた各支店の情報を、今度はレポートにまとめ、本社のエリート部門の経営企画部に持っていきました。生の情報ですから重宝がられ、以降、何かと呼ばれてはアイデアを求められました。実質、経営企画部付きのお抱え軍師みたいになって、お歴々にも謁見できる身になりました。
【覚書き|第一證券システム部時代を振り返っての発言】


澤田貴司

仕事のノウハウやハウツーは、実践でしか得られない。だが、倫理観や人間の哲学を学ぶうえで、経営者に関する本や偉人の伝記は有益だ。松下幸之助さんの本は大好きだし、本田宗一郎さん、柳井正さん、デール・カーネギーさんなどに関する数多くの本に接してきた。


篠原ともえ

私は学ぶこととつくることが大好きなんです。別名「何でもやりたい怪獣」。シノラーの頃も大学に通って服飾やデザインを学んでいましたし、星の書籍を読んだり、イラスト、作詞、写真、楽器……。いまは仏像にはまっていて、個人的に古典彩色を学んでいます。


大塚寿

20代の頃に意識的に取り組んでほしいのは、実務、勉強、実務、勉強、実務……というサンドイッチ構造の重層的な学びです。著作で新しいノウハウをインプットし、実地に生かし、その後その実地体験を著作で確認しつつ、また新しいノウハウを吸収する。その循環を続けることがビジネスパーソンとしての器をより大きなものにしてくれるはずです。


塩﨑均(塩崎均)

学生はある意味で顧客でもありますから、満足度を高めるための取り組みにはこれからも力を入れます。