佐々木則夫(サッカー)の名言

佐々木則夫(サッカー)のプロフィール

佐々木則夫、ささき・のりお。日本のサッカー選手、指導者。山形県出身。明治大学文学部文学科英米文学専攻卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関東サッカー部(のちの大宮アルディージャ)で活躍。現役引退後、大宮アルディージャ監督、日本女子代表コーチ・監督などを務めた。

佐々木則夫(サッカー)の名言 一覧

ベースになることを教えたら、あとはしっかりと自分たちで話し合って、対応を考えさせるということをやらないとダメ。


いくら良い攻めをしていても、一発でやられる場合もある。


実際に勝負を決めるのはサブの選手であることが多いんです。だから、勝負を決めるのは君たち、大事なときに使うぞ、ということを伝えます。


よく女房に「あなた本当に注文するとき考えすぎ」と言われるんです(笑)。どっちにしようかなと、よく迷います。だから、僕にはある程度しっかりした準備が重要なんです。


どこを目指すかについては、しっかり伝えておかないといけません。一方で、我々が、ああしろ、こうしろとやると、つまらないサッカーになることも分かっています。過程の中でいろんな問題が出てきたときに、ある程度時間をかけて自分たちで考えてほしいし、コーチたちにもそういう姿勢で指導してもらっています。


以前、試合中に川澄(奈穂美)から右サイドハーフのポジションを丸山(桂里奈)と代わったほうがいいんじゃないかと提案があって、そのとおりにしたことがあります。そうやって選手たちが僕に伝えてくれることが重要だと思うんです。


佐々木則夫(サッカー)の経歴・略歴

佐々木則夫、ささき・のりお。日本のサッカー選手、指導者。山形県出身。明治大学文学部文学科英米文学専攻卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関東サッカー部(のちの大宮アルディージャ)で活躍。現役引退後、大宮アルディージャ監督、日本女子代表コーチ・監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

隈研吾

大事なのは、自分を捨てて相手の立場に立てているかどうか。いかにして自分を出すか、自分、自分とだけ考えていては、ちっぽけな自分も一生実現できないよ、と言っている。


柳沢慎吾

切り替えが早いというか、相談するにも、オレ、芸能界に誰も知り合いがいなかったじゃないですか。コネもなければ、ツテもない。だから、どっかで「いつもひとり、徒党を組まない、オレはオンリー1でいく」っていう思いがありましたよ。


ウィリアム・ウェルドン

患者(顧客)のニーズを的確に把握し、当社の製品が役に立つことを追求する。そして、患者のニーズに応えられる製品を生み出すための研究開発力を磨く。さらに自社開発が間に合わなければ、積極的に他社から製品のライセンス提供を受けたり、必要な製品を持っている会社を買収したりする。このように顧客である患者が必要とする製品を提供することが当社のすべての基本になっているのです。


中村天風

一切の人生の果実は、その人の蒔いた種子のとおりに実現してくる。


山崎将志

口頭だけで議論すると、言葉の解釈が参加者によってズレてくることがあります。たとえば、営業支援システムの「効果」といった場合、ある人は「コスト削減」を思い浮かべるかもしれませんし、別の人は「報告・連絡の徹底」と解釈するかもしれません。しかし、ホワイトボードにその言葉の意味を書き加えれば、そうした議論のズレを防ぐことができます。


植田統

人間、時間がないと思えば決断を先延ばししなくなる。即断即決しなければ仕事が回らない状況を作ることが大切。


三宅秀道

同じ価値観、物差しを使って具体的にいろいろな生産現場を見ると、ここはムダを省けるとか、ここはもっと安くできるなど、「改善点が発見」できる。それが、トヨタ自動車の工場では年間100万件もの「改善点の発見」になる。


玄田有史

自分とは異なる世界に住む人が発してくれる情報はノイズが少ないため、刺激にもなり客観的に自分を知る手がかりにもなる。


橋本和恵

話が長いお客様を煙たがる営業マンは多いですが、こういうお客様の話こそじっくり耳を傾けるべき。気持ちよく話すことで満足感と、こちらへの親近感をもってもらえば、その後の商談も運びやすくなるはずです。


土井英司

本を読むときは、古典から新しいものまで、さらに自分が興味のないジャンルの本まで、幅広く読むことです。興味のない本を読むことはしんどいですが、マーケティングを学びたいなど、具体的な目標があれば、楽ししく読むことができます。今までとは違う世界を知ることで、ものの見え方が変わって、新しい情報に気づくことができますよ。


シェイクスピア

人生とは、ただの歩いている影、下手な役者。つまり、舞台の上を持ち時間だけばたばた慌てて歩き回り、それっきり名を聞かなくなる、そんな奴なのだ。


渡邉英彦

いまは、美味しいというだけで売れる時代ではありません。まちおこしの相談で各地に行くと、「来てみて食べればわかるはず」ってみんな言うけれど、それじゃ駄目なんですよ。だって、「行ってみて食べなきゃわからない」わけですから。まず、「行って食べてみよう」と思ってもらうような話題を提供することが必要なんです。初めにうまいものありきではありません。うまい話ありきです。


松井忠三

ご存知のように成熟化が進んでいますから、ものすごく心地いいとか、つけたら気持ちいいとか、肌ざわりがいいとか、同じシャツでもデザインを含めて素晴らしくお値打ち感があるねという時代になっちゃったでしょう?これは、心が満足しないとダメな時代になったんです。その心の満足を具体的な商品で表すとするとどうするか。これが今の時代のキーワードです。


横山光昭

ボーナスの使い道は、家計の健全度を測るバロメーターといえます。ボーナスを貯金に回せる割合が多いほど健全で、ほとんどがローンの支払いなどに消えてしまうのなら問題ありです。ボーナスが入ったときに、ちょっと贅沢するのは大いに結構です。しかし、ボーナスとしてはいった金額の8割以上は貯蓄に回したいもの。ローン返済にボーナス払いを組み込む場合でも、5割以上は貯蓄に回したいものです。


山崎悦次

表現力も大事だ。口から出る表現力、表現の仕方のこと、人間同士なので言葉が出ないときもある。出なくても身振り手振りがある。


ページの先頭へ