名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐々木則夫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木則夫(経営者)のプロフィール

佐々木則夫、ささき・のりお。日本の経営者。東芝社長。東京出身。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。主に原子力発電事業に従事し、原子力事業を東芝の主力事業に押し上げた人物。原子力事業部長、執行役常務、執行役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか東芝電力システム社長、内閣府原子力委員会研究開発専門部会委員などを務めた。

佐々木則夫(経営者)の名言 一覧

事業のスピードということでいえば、買収も効果的です。昨年五月、スマートメーターで世界36%のシェアを持つランディス・ギアの株式を取得しました。ランディス・ギアは世界30カ国以上で事業展開をしていますが、それをゼロから始めたら30年はかかるはずです。買収とは、その時間を買うことによって事業を大きくすることにほかなりません。


思考を深める作業も大切です。何かを思いついたときに一度立ち止まってしっかり考える。ここで消化しておかないと次に進んでも無駄です。


私は昨年からメモを取ることをやめました。きっかけは、メモを取っても二度と見ないことに気づいたからですが、メモを取らなくなると、聞き逃すまいという緊張感が出てきて、以前に増して集中できるようになりました。理解すれば、情報というものは忘れないものです。資料は、ざっと目を通したものは捨ててしまうため、ファイルも残りません。


打ち合わせや会議は1日20件前後です。1件にかかる時間は長くても30分で、5分で終わる場合も少なくありません。どうして即断即決ができるのかというと、自分の中に公式のようなものができているからでしょう。マネジメントというのは工学に通じるものがあり、答えがだいたい決まっています。あとは「X+Y=Z」というように組み合わせてスキームをつくり、そのスキームにおさまるのか、おさまらないのか、おさまらない場合はどのファクターが違うのか、と考えていくのです。


朝は7時半に出社しています。そこから9時ころまでが、指示出しの時間になります。人に仕事を頼むときは、朝にまとめて行います。そうすれば、パラレルに動いてもらえ、時間も時間も短縮できます。


私の一週間は、日曜日の夜9時から始まります。ジャズを聴きながら、予定表を見て一週間の時間の使い方をイメージし、資料を読んで、プランを練ったりもします。この時間は考え事をする大切な時間です。


私は1年間に1000通以上のメールを書くほどのメール魔です。メールで日常の注意点から具体的な仕事の内容にも言及すると、自分の思ったことに対する情報も集まり、自分の思いも直接伝わります。メールは単なる情報伝達以上の活用が可能なのです。


携帯電話で社内のメールはすべて見られるようになっています。電話は感情を伝えるのに効果的な手段ですが、ファクト(事実)を誤解なく伝えるという点ではメールに軍配が上がります。また、メールなら指示内容や回答がすべて残ります。それらを並べると、相手が何を考えているのかという方向性が見えてきて、さらに「ここに置き忘れてきたリスクがあるのではないか」とか、「本当はいいチャンスがあるのではないか」と考えを深めていけるのです。


出張にはパソコンは持っていきません。セキュリティ上の問題もありますが、携帯電話ひとつで用が足りてしまうからです。副社長のころまでは自分で資料を作成することも多かったのですが、トップは決断して指示を出すことが仕事の中心ですから携帯電話で十分です。


佐々木則夫(経営者)の経歴・略歴

佐々木則夫、ささき・のりお。日本の経営者。東芝社長。東京出身。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。主に原子力発電事業に従事し、原子力事業を東芝の主力事業に押し上げた人物。原子力事業部長、執行役常務、執行役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか東芝電力システム社長、内閣府原子力委員会研究開発専門部会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

バイロン・ウィーン

よく検証してみれば私たちは何度も同じような間違いを繰り返していることがわかる。


金子和斗志

一組のカップルが永遠の愛を誓い、新たな人生の歩みを始めるウェディング。ご親族、ご友人の心からの祝福によって送り出される感動の瞬間です。私たちの事業は、そのお客さまの感動のためにあります。


石渡美奈

気づけるというのは一種の才能。問題意識や向上心を強く持っている人ほど多くの気づきを得て、自己成長のきっかけにする。


押味至一

当社の物づくりの原点にあるのは技術力。この技術力をいかに一人一人が早く習得・成長できるかが重要。そのためにも教育制度を現代のスピードに合わせたものに再構築する必要がある。


大西洋

私としては新規事業をどんどんやっていきたいのに、残念ながら丸ごと任せられる社員がいない。ウェブを作ろうと思っても誰も作れないので外部からプロを採用しましたし、スーパーも利益が出ないので中身をチェックしてみたら、やはりプロがいないことが問題だとわかって外部から採用しました。


馬越嘉彦

やりたいのは観た人が「あ、こういうこと、ついしちゃうかも」とか、そういう風に思うような芝居ですよね。理屈には合っていないかもしれないですが、そういう芝居を描くのが面白くて、それは、作品の本質とは大きくからんでいくものではないかもしれないんですが。


光本勇介

ToDoリストを作るときって、綿密に仕事を詰め込むことを目指しがちですが、僕は空き時間が生まれるよう圧縮することを目的にしています。自由というキーワードがポイントなんです。


袴田武史

日本の市場だけでビジネスを展開するための仕組みは作ってほしくありません。たとえ国内で成功して資金が入っても、長期的に考えれば日本の市場は小さすぎます。最終的には世界という大きな市場を狙わなければ、生き残れなくなってしまう。


知識賢治

用意した言葉ではとても足りないと思わされる場面もたびたび経験しています。一番印象に残っているのは、社長に就任して初めて、社員たちの前で話をしたときのこと。壇上に立ち、社員たちの顔をみた瞬間、用意していた原稿の内容はすべて吹っ飛びました。「自分たちはこれからどうなるのか」とすがるように私をみる目や、「こんな若い社長で大丈夫なのか」と疑う目をみたとき、用意した言葉では全然足りないという想いが湧き上がってきました。そして、「この会社は絶対に潰さない。私は死んだ気になって一生懸命やります。だからみなさん、私についてきてください!」という言葉が出たのです。すると、誰からともなく拍手が湧き起こり、会場全体に広がっていった。その様子は、いまでも忘れられません。「じつは会社を辞めようかと考えていましたが、あの言葉を聞いて、もう一度頑張ろうと思いました」と私に打ち明けてくれた社員もいました。


武原はん

稽古して稽古して稽古して。これでもかというほどけいこしておかないと安心して舞台に立てません。一つのことに執念を持ち続ければ必ず大きな力になり、執念を失えば何もかもはかなくついえてしまいます。


青木仁志

いいものを作れば成功できるという自分本位な考え方では、信頼は獲得できない。


安西祐一郎

時代は刻々と変化していますが、私は人間の知恵で仕事も自分で創り出していかなければならないと思います。特に日本人の若い人たちに是非ともその担い手として出て来て欲しいと思うのです。