名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木則夫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木則夫(経営者)のプロフィール

佐々木則夫、ささき・のりお。日本の経営者。東芝社長。東京出身。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。主に原子力発電事業に従事し、原子力事業を東芝の主力事業に押し上げた人物。原子力事業部長、執行役常務、執行役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか東芝電力システム社長、内閣府原子力委員会研究開発専門部会委員などを務めた。

佐々木則夫(経営者)の名言 一覧

事業のスピードということでいえば、買収も効果的です。昨年五月、スマートメーターで世界36%のシェアを持つランディス・ギアの株式を取得しました。ランディス・ギアは世界30カ国以上で事業展開をしていますが、それをゼロから始めたら30年はかかるはずです。買収とは、その時間を買うことによって事業を大きくすることにほかなりません。


思考を深める作業も大切です。何かを思いついたときに一度立ち止まってしっかり考える。ここで消化しておかないと次に進んでも無駄です。


私は昨年からメモを取ることをやめました。きっかけは、メモを取っても二度と見ないことに気づいたからですが、メモを取らなくなると、聞き逃すまいという緊張感が出てきて、以前に増して集中できるようになりました。理解すれば、情報というものは忘れないものです。資料は、ざっと目を通したものは捨ててしまうため、ファイルも残りません。


打ち合わせや会議は1日20件前後です。1件にかかる時間は長くても30分で、5分で終わる場合も少なくありません。どうして即断即決ができるのかというと、自分の中に公式のようなものができているからでしょう。マネジメントというのは工学に通じるものがあり、答えがだいたい決まっています。あとは「X+Y=Z」というように組み合わせてスキームをつくり、そのスキームにおさまるのか、おさまらないのか、おさまらない場合はどのファクターが違うのか、と考えていくのです。


朝は7時半に出社しています。そこから9時ころまでが、指示出しの時間になります。人に仕事を頼むときは、朝にまとめて行います。そうすれば、パラレルに動いてもらえ、時間も時間も短縮できます。


私の一週間は、日曜日の夜9時から始まります。ジャズを聴きながら、予定表を見て一週間の時間の使い方をイメージし、資料を読んで、プランを練ったりもします。この時間は考え事をする大切な時間です。


私は1年間に1000通以上のメールを書くほどのメール魔です。メールで日常の注意点から具体的な仕事の内容にも言及すると、自分の思ったことに対する情報も集まり、自分の思いも直接伝わります。メールは単なる情報伝達以上の活用が可能なのです。


携帯電話で社内のメールはすべて見られるようになっています。電話は感情を伝えるのに効果的な手段ですが、ファクト(事実)を誤解なく伝えるという点ではメールに軍配が上がります。また、メールなら指示内容や回答がすべて残ります。それらを並べると、相手が何を考えているのかという方向性が見えてきて、さらに「ここに置き忘れてきたリスクがあるのではないか」とか、「本当はいいチャンスがあるのではないか」と考えを深めていけるのです。


出張にはパソコンは持っていきません。セキュリティ上の問題もありますが、携帯電話ひとつで用が足りてしまうからです。副社長のころまでは自分で資料を作成することも多かったのですが、トップは決断して指示を出すことが仕事の中心ですから携帯電話で十分です。


佐々木則夫(経営者)の経歴・略歴

佐々木則夫、ささき・のりお。日本の経営者。東芝社長。東京出身。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。主に原子力発電事業に従事し、原子力事業を東芝の主力事業に押し上げた人物。原子力事業部長、執行役常務、執行役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか東芝電力システム社長、内閣府原子力委員会研究開発専門部会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

豊﨑賢一(豊崎賢一)

「回転すし総合管理システム」を導入し、すしの供給・管理を行っております。曜日や時間帯ごとのお客さまの状況と販売数量のデータを蓄積するシステムになっており、お客さまが召し上がった内容、破棄された商品の内容がすべてデータ化されます。その過去のデータに基づき、最適な種類と数量で、すしの供給を行っておりますので、廃棄ロスを抑えることができております。このシステムの導入により廃棄率は十数年前に導入する前の9%から5%まで下がっております。また、このシステムを活用することで、常にお客さまのニーズに合った商品をご提供している状態となっていますので、お客さまが席に着かれてすぐにお好みの物を食べることができます。これにより食事にかかる時間を短縮できるため、平均滞在時間にして35~40分という高い回転率を維持しております。


佐伯弘文

ある経営学者は、格段の業績を上げた経営者に共通する特徴のひとつは非主流派の出身者であると指摘しています。冷や飯を食わされてきた非主流派は、冷静かつ第三者的な視点で、自社の良い点と悪い点を見極め、改善すべき問題点を熟知し、躊躇せず前任者を否定し、改革・改善を進められたからだと思います。


劉海涛

ベンチャーの良さはスピード感です。


明石康

私が所長を務める群馬県立女子大の外国語教育研究所が中心になって、県内の小学校で英語の先生の力を上げる試みもしています。小学校の英語教育は賛成ですが、英語をきちんと面白く教えられる先生がいなかったら、かえって英語嫌いを増やしてしまいます。


石原進

社員の中には、「整理整頓や清掃で何が変わるのか」と懐疑的な人も少なくなかったでしょう。しかしやっているうちに、「最近、駅がきれいじゃないの」といった反応がお客様から返ってくる。そうなると、最初は乗り気じゃなかった社員たちも本腰を入れて取り組むようになります。こうした地道な取り組みの積み重ねが当社への信頼を高めてきたのだと確信しています。


村口和孝

ベンチャーキャピタルは金融業ではなく、社会の事業フロンティアの開発支援業である。投資事業組合がファンドの形態をとっていることから、金融業だと思ってベンチャーキャピタルを指向する人が多いが、この仕事の金融的な作業時間は恐ろしく少ない。時間全体の5%もないのではないか。


香山リカ(精神科医)

多くの真面目なビジネスマンたちにとって、自分を責めることや落ち込むことほど能力を低下させるものはありません。「また失敗してしまった」と落ち込むことで萎縮してしまい、心と体がこわばって、結局また失敗してしまう。こういう失敗・頓挫のスパイラルにはまってしまうことだけは、なんとしても避けたいところです。


山久瀬洋二

文化や習慣の違いを理解しないと、円滑なコミュニケーションや良好な人間関係は築けない。


池田千恵

「伝える」ことはゴールでなく、プロセスに過ぎない。いくら自分が「伝えた」と思っていても、相手が納得して動いてくれないと物事は進まない。「伝えた」という事実は「伝わった」という保証にならない。


細川馨

ビジネスには、分野ごとのオーソリティ、プロフェッショナルが多く存在します。彼らを新たな「パワーパートナー」に迎えることで、お客様が求める課題を解決していくことが可能となる。


重吉勉

コツコツが、勝つコツ。


瀧本哲史

営業目標に対して普通の営業マンは「どうやって達成しよう」と考えます。ところがトップセールスの人々は「目標の二倍、三倍の売上を達成するにはどうすればいいか」と発想します。それだけ高い目標には、他の人の真似や、これまでと同じやり方を続けるだけでは絶対に到達できません。何かしらの根本的な革新が必要になります。そこで彼らは自分の商品のマーケットについて徹底的に研究し、他の誰もやっていないやり方を発明する。だからダントツの数字が出せるのです。