名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐々木則夫(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐々木則夫(経営者)のプロフィール

佐々木則夫、ささき・のりお。日本の経営者。東芝社長。東京出身。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。主に原子力発電事業に従事し、原子力事業を東芝の主力事業に押し上げた人物。原子力事業部長、執行役常務、執行役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか東芝電力システム社長、内閣府原子力委員会研究開発専門部会委員などを務めた。

佐々木則夫(経営者)の名言 一覧

事業のスピードということでいえば、買収も効果的です。昨年五月、スマートメーターで世界36%のシェアを持つランディス・ギアの株式を取得しました。ランディス・ギアは世界30カ国以上で事業展開をしていますが、それをゼロから始めたら30年はかかるはずです。買収とは、その時間を買うことによって事業を大きくすることにほかなりません。


思考を深める作業も大切です。何かを思いついたときに一度立ち止まってしっかり考える。ここで消化しておかないと次に進んでも無駄です。


私は昨年からメモを取ることをやめました。きっかけは、メモを取っても二度と見ないことに気づいたからですが、メモを取らなくなると、聞き逃すまいという緊張感が出てきて、以前に増して集中できるようになりました。理解すれば、情報というものは忘れないものです。資料は、ざっと目を通したものは捨ててしまうため、ファイルも残りません。


打ち合わせや会議は1日20件前後です。1件にかかる時間は長くても30分で、5分で終わる場合も少なくありません。どうして即断即決ができるのかというと、自分の中に公式のようなものができているからでしょう。マネジメントというのは工学に通じるものがあり、答えがだいたい決まっています。あとは「X+Y=Z」というように組み合わせてスキームをつくり、そのスキームにおさまるのか、おさまらないのか、おさまらない場合はどのファクターが違うのか、と考えていくのです。


朝は7時半に出社しています。そこから9時ころまでが、指示出しの時間になります。人に仕事を頼むときは、朝にまとめて行います。そうすれば、パラレルに動いてもらえ、時間も時間も短縮できます。


私の一週間は、日曜日の夜9時から始まります。ジャズを聴きながら、予定表を見て一週間の時間の使い方をイメージし、資料を読んで、プランを練ったりもします。この時間は考え事をする大切な時間です。


私は1年間に1000通以上のメールを書くほどのメール魔です。メールで日常の注意点から具体的な仕事の内容にも言及すると、自分の思ったことに対する情報も集まり、自分の思いも直接伝わります。メールは単なる情報伝達以上の活用が可能なのです。


携帯電話で社内のメールはすべて見られるようになっています。電話は感情を伝えるのに効果的な手段ですが、ファクト(事実)を誤解なく伝えるという点ではメールに軍配が上がります。また、メールなら指示内容や回答がすべて残ります。それらを並べると、相手が何を考えているのかという方向性が見えてきて、さらに「ここに置き忘れてきたリスクがあるのではないか」とか、「本当はいいチャンスがあるのではないか」と考えを深めていけるのです。


出張にはパソコンは持っていきません。セキュリティ上の問題もありますが、携帯電話ひとつで用が足りてしまうからです。副社長のころまでは自分で資料を作成することも多かったのですが、トップは決断して指示を出すことが仕事の中心ですから携帯電話で十分です。


佐々木則夫(経営者)の経歴・略歴

佐々木則夫、ささき・のりお。日本の経営者。東芝社長。東京出身。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。主に原子力発電事業に従事し、原子力事業を東芝の主力事業に押し上げた人物。原子力事業部長、執行役常務、執行役専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか東芝電力システム社長、内閣府原子力委員会研究開発専門部会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

ビンセント・ショーティノ

日本は前例やお墨付きを重視しますので、まったく新しいビジネスモデルをなかなか受け入れてくれません。まず最初に海外にパートナーや顧客を作り、そのあとで日本に持ち込むというオプションも検討すべきでしょう。


堀紘一(コンサルタント)

他のスキルとは違い、こうした人間力の習得は、とかく時間がかかる。しかし、だからこそ、人間力は天賦の才ではなく、人間修行の積み重ねから培われるものだと私は考える。初めての部下をもった諸君は、ビジネスパーソンとしての器を広げるためにも、ひとつ腹を据えて、人間力の向上に取り組んでいただきたい。


石原良純

時間を守ることは、毎日気をつけています。1回遅刻をしたらすぐに信用を失うことになるでしょうから。


上西京一郎

入園者をしっかり満足させなければ、新規のお客様もリピーターも増えない。


羽根拓也

一般的にパフォーマンスを上げるためには、知識やスキルの向上を考える人が多い。だが、そもそも前提条件として、健康であり、心が安定していなければ高いパフォーマンスを出せるはずがない。


遊川和彦

役者に対する愛をもう少し感じた方がいいなと前々から思っていたんです。他の監督さんを見ていると、愛というより遠慮なんですね。怒らせちゃいけないとか、失礼がないようにというのがとても強い。でも例えば、何でそんなに眉間にシワが出ちゃうのみたいなことをやっぱり本人に伝えないといけない。あなたを格好よく撮るためですよ、美しく撮るためですよというのをきちんと役者に分かってもらいながら。


田中マルクス闘莉王

どうしてゴールを決められるのか? それは、自分がディフェンダーだからです。攻撃の選手は外しても次に決めると考える。でも、ディフェンダーは89分良いプレーをしても、一度のミスが命取りです。一瞬も気を抜けない。自分はその気持ちのまま、フォワードをやっています。


藤森義明

トップに就任して最初に社員の前で話したのは、社員一人一人がリーダーシップを持つことの大切さでした。変革を起こすためには、個人個人が改革に対して意欲的になる必要があります。そのためには、すべての社員がリーダーシップを持つことが不可欠だ、と。


後藤卓也(花王)

意識してほしいのは、マニュアル的なノウハウや理論だけを真似して満足するなということです。マニュアルは仕事をするための最低必要条件です。それを学んで「やるべきことはやりました」といっているうちは、最低限のレベルまでしか成長できないでしょう。たとえばマーケティングでいえば、教科書通りに市場調査をしたり、ブランディングの理論を知っているというレベルで満足していたら、おそらくそれ以上の価値を生み出すことはできない。


藤田晋

多くの本を読んで満足している人を見かけますが、これだと思う本を見つけて、繰り返し読むことこそが重要です。何度も繰り返し読み、最終的には自分の言葉で語れるぐらいにならないと役には立ちません。数をむやみにこなすのは時間のムダだと思います。多読はあくまで良書に出会うためのプロセスと考え、自分なりの問題意識を持ちながら、これだと思う一冊を探しましょう。