名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木典士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木典士のプロフィール

佐々木典士、ささき・ふみお。日本の編集者、ミニマリスト。香川県出身。早稲田大学教育学部卒業。学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部、ワニブックスなどで編集者として活躍。著書に『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』『掃除・片づけ・捨てる 新技術』。

佐々木典士の名言 一覧

モノを減らして、仕事机の上や引き出しの中、自宅の居間や棚をガラガラにする。そこには、心がスッキリして、「気持ちいい」と感じる喜びが待っています。


モノはあるだけで、仕事を邪魔するノイズを出している。「未処理の書類」は最悪で、「まだ終えていない……」と自覚させられる。そうしたネガティブな雑念が邪魔をして、作業に集中できなくする。


捨てるかどうかで迷ったら、箱にいったんしまって、一定期間後に再検討すると、捨てやすくなる。


僕はズボラな性格なので、片づけの仕組みを作ってそれを維持するのは無理です。モノを減らしてしまうことが、整理整頓の最大の近道だと思います。


朝から丁寧に身のまわりを整えるとそれだけで気分爽快で、心が満たされます。そして、今日はどんな一日にしようかと考えながら会社に向かいます。


モノを極限まで手放したことで、僕は行動力がつき、自由な空間と時間、そして心の余裕まで手に入れることができました。モノを減らすことで、生き方をもっと自分らしく高める――それがミニマリストの整理術。


僕の部屋にはモノが極端に少ないのでそもそも「散らかる」という概念がありません。モノがなければ、週末にわざわざ時間を作って掃除したり、片づけたりする手間が必要ないとわかったのです。


欲しいモノを片っ端から手に入れても、それで自信がついたり、幸せになることに直結するわけではない。思いつくままにモノを手に入れることで得られる幸せは、手に入れた瞬間をピークに数日や数週間、ときには数時間で過ぎ去り、次の日からは「まだ足りない」と欠乏感が湧いてくる。


今では、本当に必要とするモノ、好きなモノだけをとことん厳選して選ぶようになりました。すると、そのモノへの愛着や、モノのもたらす幸福感が続くのです。


企画や新しいアイデアを考えるときは、僕はリュック一つで外に出てカフェなどで仕事をします。以前は、仕事の資料がバラバラに管理されていたので「思い立ったらすぐ」とはいきませんでした。しかし、デスクを片づけると同時に、仕事資料のデジタル化、ツールのモバイル化を進め、思い立ったらすぐ外に出られるボーダブルな仕事環境ができたのです。


ミニマルな仕事環境を作ったことで、働き方はシンプルで合理的になりました。同じ時間働いても、その密度は以前よりずっと濃く、なおかつ自分のペースで無理なく働けるようになったのです。


部屋やデスクを埋め尽くしていたたくさんのモノと決別した結果、代わりに手に入れたのは「行動力」でした。モノの雑音がなくなったことで、自分がやりたいことに敏感になり、最小限のモノしか持っていないので、身軽に身ひとつで動けます。自分が行きたいイベントやライブに出かけたり、旅に出たり、会いたい人に会いに行ったり。モノに費やしていたお金やエネルギーが、そのまま経験に活かされるようになったのです。


身のまわりに雑然と置かれたモノ、たとえば、パソコンに貼られた無数の付箋、机に積まれた仕事の資料……。これらは、つねにメッセージを発しています。「資料、整理しないとな」「あの案件どうなったんだつけ」。モノが視界に入ることで、モノに関連した思いが無意識のうちに引き起こされます。僕はモノが発するこれらのメッセージを「沈黙のTODOリスト」と呼んでいます。その数が増えるほど集中力が削がれ、「本来のTODOリスト」に意識が向きにくくなります。だからこそ、デスクの上をゼロにする、それだけで集中力が生まれ、仕事への取り組みが変わったのです。


なぜ、仕事に取りかかるのに時間がかかっていた僕が、出社後すぐにエンジンがかかるようになったか。それは目の前に雑然と置かれたモノが一掃されたことで、自分の内面に意識が注がれ、今、自分がしていること、すべきことに、より意識的になったからです。


さすがに進行中の案件のゲラ刷り(校正用の原稿)は、個人キャビネットで管理しています。でも、それ以外の書類は用が済んだら、すぐに捨てます。「即ゴミ箱行き」が原則です。特に仕事が忙しい時は、受け取った書類を適当に置いてしまいがちで、その後、ドンドン増えていく。そうならないようにするために、都度、処理します。


ミニマリストになる前の私は、仕事机や自宅はモノであふれていて、心がモヤモヤしていました。気分が晴れないから、仕事の進め方にも悪影響が出ていた。朝早く出社しても、ネットサーフィンをしながら、心のエンジンがかかるのを待ち、1時間経つこともざらでしたね。モノを捨てることで「ダラダラ」から「テキパキ」に変わりました。頭がスッキリして集中力が増したから、出社後すぐに、重要な仕事に手を着けられます。


ポイントは一度にすべて捨てようとしないこと。私の場合、「捨てる」ことを始めてからミニマリスト環境になるまでに、仕事机で約半年、自宅で約1年間かかりました。捨てる初心者にとって、「捨てる」と覚悟を決めることが一番大変です。「いつか使うかもしれない……」と考え始めると、捨てようとしていたモノが、自分にとって重要に思えてしまいますから(笑)。モノに執着する心に踏ん切りをつける「時間」と「エネルギー」が結構かかるのは、当たり前のことです。


(机に書類が一枚もない)このキレイな状態を利用して、夜、会社を出る前に、翌朝に手を着ける仕事の書類やメモを、机の上に置いていくようにしています。翌日出社して自分の仕事机を見ると、その書類やメモが目に飛び込んでくる。「これが、自分が今からやる仕事だ」と強く意識できて、すぐに取りかかれます。


本当に大事な書類だけをスマホで撮影したり、スキャンしたりしてデジタル保存します。捨ててしまった書類が、万が一必要になったら、持っている誰かにお願いしてコピーさせてもらうという手もありますよ(笑)。ここまで積極的に捨てられるのは、デジタル化ツールが普及する現代だからこそ。仕事のスケジュールは、スマホのアプリで管理し、TODOリストはオンラインストレージサービスで確認することもあります。


モノが「あることのメリット」に比べて、「モノがないことのメリット」は知られていません。モノがない状態を経験して、「これまで、モノに仕事を邪魔されていた」と初めて分かりました。だから私は、よく使う文具ですら、机の上に常駐させないで、使うたびに引き出しから取り出します。頭はいつもクリアで、アイデアが出やすい。必然的に、効率や時間の意識が高まります。メールや請求書の処理は、その都度やらないで、時間を決めてまとめてやるようにもなりました。結局、「自分をコントロールしている感覚」が気持ちいいんです。「仕事をきちんとできているな」と思えるから、自分を好きになる。すると、仕事に対してやる気が湧いてきます。


佐々木典士の経歴・略歴

佐々木典士、ささき・ふみお。日本の編集者、ミニマリスト。香川県出身。早稲田大学教育学部卒業。学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部、ワニブックスなどで編集者として活躍。著書に『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』『掃除・片づけ・捨てる 新技術』。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

私もあまりゆったりと出来ない性格です。だからこそ、社長を辞めたのは正解かもしれません。75歳や80歳まで第一線で踏ん張っていると、辞めた頃には体も弱って、やりたいことも出来ないでしょうからね。


城島健司

マリナーズから日本に帰ってきて、初めての阪神のキャンプでやったことは全投手の球を受けることでした。若手からベテランの投手まで、実際に自分で投球を体感する必要があったんです。キャッチャーの仕事は、信頼してピッチャーに投げてもらうことですから。まず球を受けないと対話は始まりません。


中島圭一(経営者)

タイで工作機械の生産を始めるため、現地に駐在しました。ゼロから会社を立ち上げ、工場を建てるのが私の仕事です。最初に20代の若いタイ人スタッフを1人雇いましたが、彼はシチズン時計という社名も、工作機械がどんなものかも知りませんでした。不安もありましたが、幸いにも彼は正直で熱心でした。会社のこと、工作機械産業のこと、2人で毎日話し込みました。気がつけば、考えや目標を分かち合えていました。彼はいま、タイの現場をまとめてくれています。現地での4年間で学んだのは、顔を合わせて話すことの重要性でした。


澤上篤人

自分がバリバリと働きたい、成長したいという気概があるなら、一度、めちゃくちゃに勉強して、めちゃくちゃに働いてみろといいたい。世界には信じられないほど勉強して、働いてトップに登りつめていこうとしている連中がいっぱいいます。そこで競争するとものすごい成長ができます。


瀧本哲史

私もタクシー大手・日本交通の経営再建を手伝ったときに、逆風を味わいました。コンサル会社から転職してきたわけのわからないやつが、三代目と一緒に会社をかき回そうとしている。そんな反発があった一方で、再建が軌道に乗ると、今度は掌を返したように人が集まってきました。


小笹芳央

私は悩んだり落ち込んだりすると地球儀を眺めてみます。そうするとすごく遠くから自分のことを見ている感じがします。地球上で10億人が今日明日の食べ物にも困っていることなどを考えると、自分の悩みは地球規模で見たら気にするほどでもないと思えたりします。


野間口有

日本全体が元気をなくし、産業競争力を失っていると考えがちですが、そうではありません。産業界を見渡すと、厳しい経営環境の中でも、多くの分野の企業が世界と比較しても非常に頑張っています。であるならば、強い分野はそれを維持し、今は弱っている分野もまだやりようがある。


高橋和志(造船技師)

もう、船だけを造っているのではダメだとはわかっていた。異業種に参入し、自分たちの提供できる付加価値で勝負をしなければ。でも、あちこちに可能性を探ってみてもお金は出ていくばかりでね。高い授業料を払った。よその分野に授業料を払い続け、話を聞き、そのうち何となく自分たちの分野の強味が分かるようになっていったんです。建築の分野における造船技術の強味は、1から100まで、すべて自分たちで造れるところです。造船の世界では設計と施工が分かれてないからね。建築の世界では細かく分業化されてるでしょ。建築家が設計図を書く、ゼネコンが下請け業者に仕事を回す。すると、ただ「アルミを溶接する」なんてひとつの工程でさえ、専門家を呼ばなければ対応できないわけだ。造船の世界じゃ、そういうのは全部できないとオーダーメイドの船は造れない。どんな素材を切るのも、金属板の溶接も三次元加工も、お手のものなんだ。


わたせせいぞう

営業所長時代、役職者になって心がけたのは、それまでに仕えてきた上司の「いいところを集めた」上司になることでした。たとえば、部下を褒めまくる上司がいたのです。上司の上司が部署に顔を出すと「○○君が今回の難しい仕事をやってくれました」。電話でも「○○君が頑張りましたから」と常に部下を立てる。これはものすごく部下の励みになると思い、はじめて所長になったときにすぐに真似しました。


加賀見俊夫

年間3000万人規模のゲスト(お客様)が来園する中では、賛辞だけではなく、いわゆるクレームに相当するご意見も年1万件ほど頂きます。このうちキャストの対応などに関する意見が約半分です。これを十分と見るか、むしろ少ないと見るかは人それぞれかもしれませんが、この意見の裏に、直接ご意見を申されなくても、同じ思いをされている方が数多くいると私は考えています。


藤原和博

できれば40代の人には、50歳になるまでに自分の本を出すことを目標にしてほしいと思います。自費出版でも構いません。その本が、組織を離れた場合でも、会社の名刺以上の効果をもたらしてくれます。私自身、42歳で出した『処世術』という本がベストセラーになったことが、その後の活動で強い威力を発揮してくれました。思いついてすぐに本を出版できるものではありませんから、メモでもブログでもいいので、日ごろからコツコツと準備しておくといいでしょう。


長谷川閑史

このタケダという会社が230年培ってきた経営の考えである、誠実をモットーとするタケダイズムは、どんなグローバル化しようと大事にします。それを肌の感覚でわかりながら、グローバルにビジネスがマネージできて、人も使える人材を育てないといけません。