名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

佐々木俊尚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木俊尚のプロフィール

佐々木俊尚、ささき・としなお。日本のITジャーナリスト、評論家、作家。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部中退後、毎日新聞社に入社。毎日新聞本社社会部記者、月刊アスキー編集者などを経て独立。「TABI LABO」編集長を務めた。

佐々木俊尚の名言 一覧

これまでの時代の転換期で、日本が上昇できた真の理由は「危機によって世代交代が図られた」から。変革を拒めば、日本は沈没する。


あらゆる時間をそれぞれ大切にしたいから無駄を省きたい。


ツイッターでつぶやくなどユニークな視点からキュレーションした情報を流していれば、近い業界で興味が集まる。リツイートが集まる。さらに「彼は何が得意で、どんな知見を持っているか」といったスキルをその繋がりで伝聞、共有できる。


僕が毎朝ツイートしている内容は大抵100以上のリツイートと意見を頂ける。重要なのはここ。リツイートに今度は他の方の意見が付加される。アウトプットがさらに大きな情報のインプットに繋がる。


同僚や家族といった近くて強い繋がりだけでは、同じ情報が回るだけで新鮮な情報が入ってこない。ネット上の友人やパーティーで知り合った知人など、たまにしか会わないコミュニティが不可欠。「弱い紐帯(ちゅうたい)」を増やすことで、いままでの自分にはない世界が広がる。


ひとつの会社でしか通用しないようなスキルを持つ古いジェネラリストは最も必要とされない人材になっていくのは当然。求められる人材はスペシャリスト。営業でも経理でも販売でもその道のプロになれば、いまの会社から飛び出しても力を発揮できる。


ソーシャルメディアの盛り上がりで、玉石混交の情報が大量に流れこむようになった。それはマスメディアも例外じゃない。だから何を見聞きし、何を信じればいいかわからず、情報の海で立ちすくむ人が増えているわけです。そこで必然的に高まっているのが「キュレーション」の力。人は誰しも専門分野があります。自動車の営業マンなら当然自動車に詳しいし、会計士なら数字に強い。僕ならITに関する取材を続けて何冊かの本も書いているからIT分野で「何がホットか」「誤報ではないか」を図る視点を持っているわけです。むき出しの情報に専門家のフィルタリングが通れば価値が高まり、自ずと興味をもってくれるフォロワーが現れますよね。


佐々木俊尚の経歴・略歴

佐々木俊尚、ささき・としなお。日本のITジャーナリスト、評論家、作家。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部中退後、毎日新聞社に入社。毎日新聞本社社会部記者、月刊アスキー編集者などを経て独立。「TABI LABO」編集長を務めた。

他の記事も読んでみる

孫正義

アメリカのように若くして成功した人を気持ちよく褒め称えるような風土が欲しいですね。そうでないとチャレンジしようという若者が続かないので、わが国の永続的発展に寄与しません。


泉谷直木

打ち合わせを早く終わらせて、残りの時間で「今年これができたら来年はあれができる。そうすると再来年はこうなる」と先々の構想まで話をしておけば、それを知っている人と知らない人とでは仕事のやり方も変わってくるだろう。


土屋敏男

実はそれまでに、何度も失敗しているんです。他局で人気だった『ねるとん』や『たけし城』をマネしては1%、2%台の惨敗の結果に。何が悪いのか、どう変えればいいかわからなかったんです。あるとき「何でもいいからやれ」と言われまして。だったら、思い切ったことをやろうと思ってつくったのが『電波少年』だったんです。


金丸恭文

これまで常識ではなかった経営手法を持ち込んで、新しい産業をつくるという気概が大事。


豊田章男(モリゾウ)

社長の「シャ」を、謝罪の「シャ」から感謝の「シャ」に変えたい。


兼元謙任

目標を決めろといっても、一生の目標を決めろといっているのではありません。いま自分のやりたいこと、実現したいことを、とりあえず「仮決め」すればいいのです。仮決めですから、途中で軌道修正をしてもいいし、変更しても構いません。


江崎利一

グリコを始めたのは40歳を過ぎてからである。したがって、少年時代も青年時代も田舎で過ごし、学問は全くの独学である。もともと菓子のことなどはズブの素人であったが、実地に臨んで現実と取り組み、努力し、工夫しながら一歩一歩を歩んできた。


植松富司

私は昔からコンサルタントを信用していません。彼らの言うとおりにしたら、大変な損失を被っていたことがいくつもあるからです。


守屋淳

現代社会でどういう戦略が必要なのかを考えるためには、現代がどういう社会かという現状認識が欠かせない。


相原輝夫(経営者)

我々は既存のものを作るのではなく、2~3年先の世の中で当たり前になっているものを作ることが使命。だから、社員には脳に汗かくことが大事なんだと繰り返し言っています。


本田宗一郎

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。


古森重隆

困難を乗り越えるたびに社員はより一層良い表情になり、会社の質も高まる。