名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木俊尚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木俊尚のプロフィール

佐々木俊尚、ささき・としなお。日本のITジャーナリスト、評論家、作家。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部中退後、毎日新聞社に入社。毎日新聞本社社会部記者、月刊アスキー編集者などを経て独立。「TABI LABO」編集長を務めた。

佐々木俊尚の名言 一覧

これまでの時代の転換期で、日本が上昇できた真の理由は「危機によって世代交代が図られた」から。変革を拒めば、日本は沈没する。


あらゆる時間をそれぞれ大切にしたいから無駄を省きたい。


ツイッターでつぶやくなどユニークな視点からキュレーションした情報を流していれば、近い業界で興味が集まる。リツイートが集まる。さらに「彼は何が得意で、どんな知見を持っているか」といったスキルをその繋がりで伝聞、共有できる。


僕が毎朝ツイートしている内容は大抵100以上のリツイートと意見を頂ける。重要なのはここ。リツイートに今度は他の方の意見が付加される。アウトプットがさらに大きな情報のインプットに繋がる。


同僚や家族といった近くて強い繋がりだけでは、同じ情報が回るだけで新鮮な情報が入ってこない。ネット上の友人やパーティーで知り合った知人など、たまにしか会わないコミュニティが不可欠。「弱い紐帯(ちゅうたい)」を増やすことで、いままでの自分にはない世界が広がる。


ひとつの会社でしか通用しないようなスキルを持つ古いジェネラリストは最も必要とされない人材になっていくのは当然。求められる人材はスペシャリスト。営業でも経理でも販売でもその道のプロになれば、いまの会社から飛び出しても力を発揮できる。


ソーシャルメディアの盛り上がりで、玉石混交の情報が大量に流れこむようになった。それはマスメディアも例外じゃない。だから何を見聞きし、何を信じればいいかわからず、情報の海で立ちすくむ人が増えているわけです。そこで必然的に高まっているのが「キュレーション」の力。人は誰しも専門分野があります。自動車の営業マンなら当然自動車に詳しいし、会計士なら数字に強い。僕ならITに関する取材を続けて何冊かの本も書いているからIT分野で「何がホットか」「誤報ではないか」を図る視点を持っているわけです。むき出しの情報に専門家のフィルタリングが通れば価値が高まり、自ずと興味をもってくれるフォロワーが現れますよね。


佐々木俊尚の経歴・略歴

佐々木俊尚、ささき・としなお。日本のITジャーナリスト、評論家、作家。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部中退後、毎日新聞社に入社。毎日新聞本社社会部記者、月刊アスキー編集者などを経て独立。「TABI LABO」編集長を務めた。

他の記事も読んでみる

出雲充

ミドリムシの最高に面白いところは、ミドリムシは分かっていないことだらけで、やればやるほど、いろんなことが分かってくること。


田中和彦

就職情報誌の編集長を務めたのち、統括編集長になり、キャリアの「上がり」を意識したのが30代後半のときです。しかし、実際には40歳で念願の映画業界に転職でき、その後42歳で一時失職したりもしましたが、いまは20代のときに経験した人事関連の仕事を再び手掛けています。


仲暁子

落ち込んだ時も、睡眠に頼ります。今でも「寝込む」ことはよくあります。落ち込むようなことがあったらカラ元気で頑張ったり、ふさぐ気持ちにふたをしたりせず、そのまま寝てしまう。ひたすら眠り続けていると、だんだん飽きてきます。「何かやりたい」という気持ちが沸き上がってきたら完全復活です。


出口治明

人間にとって一番大切なものは何でしょう。少なくとも仕事ではないことは確かです。人間にとって大切なことは、良き人生のパートナーを見つけて、次の世代のために自分の人生を全うしていくことでしょう。人間の基盤はプライベートにあります。当たり前ですが、毎日の生活の中で忘れがちなことです。


太田健自

朝の8時には会社に来ていますが、頭を活性化させるために家から会社までは音楽を聞いています。私の場合はバッハやビバルディなどバロック系やモーツァルトがアルファー波を出やすくするのか効果があります。


宇田川憲一

事務所内はエアコンが利いていて快適ですが、一歩外に出るとセ氏50度を超える灼熱の現場です。困ったのが、イラン人技術者のプライドの高さ。プラントの中枢である蒸留塔の建設現場を見に行こうと誘うと、「私の仕事はマネジメント」と見向きもしない。現場で汗と油にまみれるのは部下の仕事と思っていたのでしょう。意地になって誘い続けると、次第に足を運んでくれるようになりましたが。
【覚え書き|イランに長期出張し、技術者育成をしたときを振り返って】


古田英明

20代後半といえば、仕事のやり方をひととおり覚え、ビジネスマンとしての自信が形成される時期でしょう。しかし実際のところは、仕事のやり方を表層的に学んだだけです。人間の成長にたとえると、ようやくオムツが取れた状態にすぎません。


夏野剛

日本の「特異性」を「先進性」と置き換えて、製品でも社会システムでも先進的なことをどんどん実験し、できた暁には海外に持っていくという方向に転換すべき。


宮本慎也

トライしてみようとする素直な子は必ず伸びる。


林野宏

努力したから運がよくなった。


柳井正

今は、世界中の人と競争していかなければならない時代です。ただそれは同時に、「世界中の人にチャンスがある」ということでもあります。今は、ネットなどを通じて、世界中とつながることもできます。その中で日本の若い人に、もっと活躍してほしいと思っています。


佐藤義雄

昔は講習を受けさせてすぐに現場に出し、現場で仕事を覚えさせるというやり方をとっていましたが、離職する人が多かった。これでは既契約者を守ることはできないし、きっちりしたアフターサービスもできません。そこで、四半期採用に切り替え、みっちり三か月間教育したうえで現場に出すように変えたのです。現場の管理職からは、営業職員を三か月も現場に出さないのでは戦力ダウンだという反対意見が多かったのですが、あえてそこに踏み込みました。本格的に手ごたえが出てくるのはこれからだと思いますが、少なくとも定着率は飛躍的に向上しています。