名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木久美子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木久美子(経営者)のプロフィール

佐々木久美子、ささき・くみこ。日本の経営者。「グルーヴノーツ」会長。福岡県出身。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなどを経て、アイキューブドシステムズに入社。同社で常務取締役を務めたのち、クリップエンターテイメントを設立。その後、グルーヴノーツ会長を務めた。

佐々木久美子(経営者)の名言 一覧

エンジニアに選んでもらえるような会社にしたい。逆に東京では出来ないことも地方なら実現可能なこともある。


本気で福岡という街を良くしたいと考えている会社があってもいい。それは、人々の生活を良くするサービスを作るということと根っこでは同じこと。


企業と地域は密接につながっている。会社はコミュニティーだと考えているので、子供が集まる場であってもよい。


佐々木久美子(経営者)の経歴・略歴

佐々木久美子、ささき・くみこ。日本の経営者。「グルーヴノーツ」会長。福岡県出身。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなどを経て、アイキューブドシステムズに入社。同社で常務取締役を務めたのち、クリップエンターテイメントを設立。その後、グルーヴノーツ会長を務めた。

他の記事も読んでみる

花井正八

トヨタに参謀型の経営者などいなかった。
【覚書き|ここでの参謀型経営者とは、現場に出ず机上の計算で作戦立案をする経営者のことを指している】


大宮英明

事業ごとにタイム・トゥ・マーケット(市場に製品を投入するまでの時間)が短縮されれば、新しい製品開発に時間を投じることが可能になります。


永守重信

残業ゼロについて従業員にアイデアを募集したところ、800通を超える意見が集まった。これまで行った意見募集の中で、最も反響が大きかった。素晴らしいアイデアには表彰をし、実現可能な改革はすぐに実行することも決めた。


山崎敦彦

創業時は醤油や味噌の「ろ布」製造からスタートし、自動車関連フィルタの下請けへと移行したのです。しかし、請負業務の中では、自社の開発力を生かした製品づくりができず、事業を拡大することが見込めないため、建機用フィルタに業務を集約したのです。建機用フィルタは限られたマーケットですが、日本でトップシェアを取れば、グローバルトップも見えてくると考えるようになったのです。そこでシェア拡大を図るため、より一層の品質向上に取り組みました。


田中良和(GREE)

上場した時に感じたことは、縁起が悪い話ですけど、僕には、「死ぬ自由」もないかもしれないと。多くの人に迷惑をかけるので、おいそれと死ぬわけにはいかない。


野地彦旬

ブランドを維持しながら、さらに上を目指す。ニーズの変化を逃さない正統進化こそ、メーカーが追求すべきものだと思います。


松井道夫

結局、自己満足なんです。その意味で、絵画の創作と会社の経営は似ていますね。こうでなくちゃいけない、という正解はない。経営に必要なものは感性です。追求すればきりがない中で、決断を下す根拠となるのは自分の感性ですから。


小笹芳央

ミドル層の育成は、どの組織でも抱えている悩みのひとつです。社内で育てることが困難な場合は、優秀な人材を中途採用することも必要です。そのくらいミドル層は重要なポジションなのです。


桜井博志

新しい酒では中身で勝負したかった。だから箱やラベルはできるだけ素朴でシンプルなものにしました。


河野俊嗣

宮崎県産のキャビアに関しては、何と言ってもG7伊勢志摩サミットや日ロ首脳会談で取り上げていただいたことで非常に注目を集めています。昨年の日本ギフト大賞では「ふるさとギフト最高賞」を受賞することができました。「宮崎キャビア1983」という名前からも分かるように、1983年に日ソ友好の一環で、旧ソ連からチョウザメをいただいて研究を始めました。いくつかの県もチョウザメをもらったのですが、30年以上かけて辛抱強く技術を開発したのは宮崎県だけでした。養殖の環境や技術に加えてキャビアを熟成させる技術も確立できたことで、非常にフレッシュなキャビアができました。今は和食に対応した新たなブランド展開も行っています。


古川武士

悪い習慣をやめたいなら、まずは悪循環の全体像を把握することです。そして、連鎖している悪い習慣のうち、まずはひとつに絞って、それをやめる取り組みをしてください。一度にあれもこれもやめようとしないことが大切。


森本千賀子

日々、手帳に、自分の成長につながったと思われるエピソードをメモすることを習慣にすれば、小さな成長も見逃さずに済む。