名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐々木久美子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木久美子(経営者)のプロフィール

佐々木久美子、ささき・くみこ。日本の経営者。「グルーヴノーツ」会長。福岡県出身。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなどを経て、アイキューブドシステムズに入社。同社で常務取締役を務めたのち、クリップエンターテイメントを設立。その後、グルーヴノーツ会長を務めた。

佐々木久美子(経営者)の名言 一覧

エンジニアに選んでもらえるような会社にしたい。逆に東京では出来ないことも地方なら実現可能なこともある。


本気で福岡という街を良くしたいと考えている会社があってもいい。それは、人々の生活を良くするサービスを作るということと根っこでは同じこと。


企業と地域は密接につながっている。会社はコミュニティーだと考えているので、子供が集まる場であってもよい。


佐々木久美子(経営者)の経歴・略歴

佐々木久美子、ささき・くみこ。日本の経営者。「グルーヴノーツ」会長。福岡県出身。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなどを経て、アイキューブドシステムズに入社。同社で常務取締役を務めたのち、クリップエンターテイメントを設立。その後、グルーヴノーツ会長を務めた。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

北米と南米を統括している会社のCEO(最高経営責任者)は13年目ですが、北米滞在歴は約30年。今度、米国のCOO(最高執行責任者)を欧州の社長CEOに任命しましたが、彼は北米に33年いました。中国でアジアを統括する社長CEOは駐在員生活38年で、うち26年がアジアです。一般的な日本企業の駐在の人は大体3年ぐらいで代わるでしょう。ですが、今挙げた彼らは現地の役員、社員ときちっとした信頼関係を築き、現地の社会でも人脈を築いています。現地の会社として立派に経営していますので、代える必要がない。


岩田松雄

上司が望んでいることがわかったら、心の中でどう思おうと表面上はそれに応えてあげればいい。魂まで売る必要はなく、「はいはい、こういう人なんだから、こうしてあげれば喜ぶんだ」という、まさにゲームの感覚です。そのためには、幽体離脱して自分と上司の関係を俯瞰で見てみる。すると、気に入らない上司が相手でもとても気が楽になります。この意識を持てないと、自分が潰れてしまうでしょうね。


小暮真久

自分の人生で最も大きな部分を占めているのは何かといったら、それは仕事にほかなりません。僕は自分のエネルギーの8割は仕事に割いていると思っています。その8割の時間を満足いく働き方で充実させた方が、確実に幸せになれる。僕はそう考えています。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その17】10社の調査を行えば見通しが明るくなっている企業は1社はあるものである。50社を調査すれば5社はそのような企業であろう。株式市場にはいつでもウォール街が見過ごしている企業群がある。


真角暁子

企画書や報告書のタイトルやサブタイトルを書くのに、コピーライティングのようなスキルが必要な訳ではありません。それよりも大事なのは、日頃から世の中の動向に注意を払い、どんな情報にニュース性があるかを判断する力を養うこと。自社の業界だけでなく、社会・経済全般を広く観察し、手持ちの情報と照らし合わせていくスキルが求められるのです。


小寺圭

何かしらの事態にぶつかったときは、面と向かってやり合うだけが望ましい方法ではありません。状況によっては、かわしてもいいし、すり抜けてもいい。あるいは、相手を包み込んでしまってもいい。とにかく、何らかの対応を取れることが重要です。


三國清三

自分の心に嘘をつかないこと。本当に自分に非があると思えた時は、相手が誰であろうがいいわけせずに素直に謝る。そんな正直さも、リーダーにとって大切。


孫正義

鮭は数千個の卵を産むが、帰ってくるのは2匹。


澤田道隆

企業が長期的に存在するためには、環境や人にとって有益な存在である必要があります。ESG(環境・社会・企業統治)への対応は長期的な利益につながる、つまりコストではなく投資なんです。そういう発想までもっていきたい。それは、モノづくりを通して人々の生活や社会に貢献するという花王の理念に通じます。花王らしさを出そうと呼びかけていきます。


藤田晋

会社の中で埋もれていることを、会社や上司のせいにしている人は、そこから這い出せない。居酒屋で会社批判や上司の悪口を言っている人がそう。悪口を言うのは爽快だし、批判するのも偉くなった気になって気持ちがいい。ですが、そんなことをしても現状は何も変わりません。居酒屋でくだを巻いている人は、ダサイ会社員の典型。


ケリー・マクゴニガル

受容の姿勢を持つことによって、自分の中にある素晴らしい力や洞察力にアクセスすることができる。


筒井義信

社長就任後、現場に出向くことはもちろん、社内の諸会議にも多数参加してコミュニケーションを増やす努力をしてきましたが、量・質ともにまだ足りないと思っています。そこは引き続き私の課題です。