佐々木久美子(経営者)の名言

佐々木久美子(経営者)のプロフィール

佐々木久美子、ささき・くみこ。日本の経営者。「グルーヴノーツ」会長。福岡県出身。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなどを経て、アイキューブドシステムズに入社。同社で常務取締役を務めたのち、クリップエンターテイメントを設立。その後、グルーヴノーツ会長を務めた。

佐々木久美子(経営者)の名言 一覧

エンジニアに選んでもらえるような会社にしたい。逆に東京では出来ないことも地方なら実現可能なこともある。


本気で福岡という街を良くしたいと考えている会社があってもいい。それは、人々の生活を良くするサービスを作るということと根っこでは同じこと。


企業と地域は密接につながっている。会社はコミュニティーだと考えているので、子供が集まる場であってもよい。


佐々木久美子(経営者)の経歴・略歴

佐々木久美子、ささき・くみこ。日本の経営者。「グルーヴノーツ」会長。福岡県出身。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなどを経て、アイキューブドシステムズに入社。同社で常務取締役を務めたのち、クリップエンターテイメントを設立。その後、グルーヴノーツ会長を務めた。

他の記事も読んでみる

橋本雅博

経営方針というと、社会の変化や、トップの交代などによって比較的頻繁に新しいものが打ち出されるイメージがあります。しかし、「変えない」「変えてはいけない」経営方針というものもあるのです。


佐々木常夫

日頃から、仕事の合間に「お手伝いできることはないですか」と上司の御用聞きになるのです。こうして、密にコミュニケーションを取っておけば、急な残業を振られることはありません。


二子石謙輔

カードローンは多少やっていますが、提携先の金融機関が主力商品と位置付けるようなもの、例えば住宅ローンは絶対にやりません。我々にとっての顧客である金融機関との信頼関係を大事にしています。顧客と競争するわけにはいきません。


本田健

人間関係の運には3つある。年上の人に引っ張ってもらう運、同年代から支えられる運、そして年下、部下や後輩から持ち上げられる運。3つの運の力は、どれも成功するために欠かすことはできない。


小池百合子

振り返れば一番の財産は人ですね。キャスター時代、経営者を400人くらいインタビューしました。40年以上、アラブの人たちとつき合ってきました。その蓄積がいまの私をつくり、いかなる問題にもたじろがない土台となっています。


原田泳幸

部下をやる気にさせる上司というのは、部下に対して「やるぞ!」と言えること。私自身サラリーマンになりたての技術者時代にそれを強く実感しました。リーダーが大きな目標を掲げるのは会社の中でこれだけのチャンスがあるんだと、社員に教えるためなんです。


ミカエル・パルムクイスト

日本の消費者から多くを学び、イケアは進化しました。福岡新宮店では日本人中心で店舗運営ができる体制になりました。今後はリーダーとなる人材を数多く育成するのが目標です。


福澤武

日本は人口が減っていき、不動産業が衰退するかのような意見がありますが、まったく違いますね。やることはいくらでもある。人間は宙に浮いて活動できないでしょう。働く、住む、勉強する、憩う、行楽する。人間が活動するところは全部不動産です。特に街づくりは文化の継承という点で非常に大切な役割を担っていきます。今の日本は、野山を切り開いて、新たに開発する必要はありません。問題は、すでにある街をどう再生するかです。


養老孟司

本は知識を得るために読むものだと考える人が多いと思います。そうではなく、考えるために読む。


原口兼正

創業者のDNAを全部引き継いでいきます。どこかひとつということではなく全部です。飯田(亮)はあれでもバランスをとっているのです。飯田の一部、野獣のような部分だけを継承している先輩もいましたが、それではバランスが悪い。全部を継承していくことが大切だと考えています。


藤井孝一

朝型生活のメリットは自分のやりたいことができる時間が増えること。


久保田豊

細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


落合陽一

たとえば、ヒンズー教徒とイスラム教徒とキリスト教徒と日本人と中国人が同じテーブルでホームアプライアンスについて喋っている。全員家のスタイルも、子供の育て方も全く違うのに、ホームアプライアンスにあるべき機能について話すとなると、機能の要件定義について話すしかない。本質として切り出せる問題にフォーカスするので、それ以外の共有できないコンテクストについて議論するのは無駄であるという考え方です。そして、一度フォーカスしたら、その後でダイバーシティに対応できるように、コンフリクトするところを外していく。そういう考え方は製品作りのみならず、あらゆる部分に使えます。


角野卓造

ひとり居酒屋、ひとり旅を楽しむようになったのは、地方公演が多かったのもきっかけです。地方に出かけると、舞台に限らず移動から食事までそれこそ寝食を共にします。昔はビジネスホテルなんてありませんから、6畳に3人寝ることも当たり前で、いやが上にも一人になりたくなるんです。若い頃は、ひとりの時間を楽しむためにジャズ喫茶に出かけていました。


高田明(ジャパネットたかた)

商品に対しての知識だけでなく、色んな物に関心を持ってアンテナを張っていないと、生放送でエンターテインメント性のある語りはできなくなる。


ページの先頭へ