名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐々木一雄の名言

twitter Facebook はてブ

佐々木一雄のプロフィール

佐々木一雄、ささき・かずお。日本の経営者。日本ペイント社長。

佐々木一雄の名言 一覧

年功序列のエスカレーターの電源は切ってある。汗を流し知恵を出して階段を駆けのぼれ!


佐々木一雄の経歴・略歴

佐々木一雄、ささき・かずお。日本の経営者。日本ペイント社長。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

友達をつくれ。世界が広がるから。最初から性悪説で入らずに、まず付き合ってみて、その上で判断すればいい。


夏野剛

僕がドワンゴの取締役としてニコニコ動画の黒字化担当を引き受けた決め手は、「これだけのユーザーの支持があるのだから、黒字化できないわけがない」という直感でした。その直感を現実の戦略に落とし込む際に、数字を積み上げて考えていったのです。逆にいえば、直感を働かせずに数字だけ眺めていては何もわからないし、新しい何かが生まれることもないでしょう。


小笹芳央

日本は島国ということもあり、同調圧力が強い。一人ひとりは「おかしい」と感じていても、「反対する方がもっとおかしい」というムードがいつの間にかできていることも多い。戦時中の日本社会の暴走も、同じような流れでしょう。ですからビジネスパーソンには会社に染まりつつも、「おかしい」と感じる自分を維持しなければならないという、ある種の矛盾した作業が求められるのです。そのためには日頃から、「自分が客だったら、この(自社の)商品を買うだろうか」など、「外の人の視点」を持つことが大切です。


柴山政行

財務を理解するには決算書を読み解くというのが普通の考え方のようだ。しかし、決算書は日々の企業活動にともなって起票していく帳簿の要約でしかない。本当に財務を理解したいのなら、簿記をマスターして帳簿の行間から企業活動の実態を読めるようになりたい。


堺屋太一

官僚は政治家(大臣)の部下ではありません。官僚は官僚機構にのみ忠実なものです。政治が人気と腕力を失った結果、官僚主導が甦ったのです。


高杉良

一番大事なことは、人に対するやさしさ。神ならぬ人間は愚かなもので、どんな状況でも100%自分のことを考えてしまいがち。むしろ、それが人間の思考の根本だと言ってもいい。だからこそ自分以外の人に対してどれだけのやさしさが持てるか。これが非常に大事になってきます。10%でもいいから相手の気持ちに寄り添うことができるかどうか。それを20%、30%と増やしていくことができれば周囲からの評価も劇的に変わっていくはず。


森本貴義

イチロー選手は、試合後、ミットやバットの手入れを専門係に任せず、自分で行う。手入れは、彼にとって試合を振り返り、自分と向き合う時間。同時に、結果が悪くても、手入れが終われば、気持ちを明日へと切り替えている。


安東邦彦

強引な要求を突きつけてきたり、買う気もないのに見積もりだけを要求するお客さんとは、いい関係が築けない。私はあえて「できません」と断ってしまう。売るのは商品ではなく、価値であることを理解してくれる相手がお客さんだから、営業が楽しくなる。これからは売る側が顧客を選ぶ必要があるんです。


木村清

「1日を常に100%の力で過ごす」ことが大切です。様々な事業に携わって分かったのは、どんな仕事にも「もう無理」だと感じる壁が現れること。でも、あの手この手を尽くせば新しい解決策が必ず見つかります。


北尾吉孝

実は健康医療関連事業も、SBIグループの生態系の中で他のサービスと強く結びついているのです。SBIグループの顧客には富裕層のお客様が数多くいらっしゃいます。では、物理的な富を得た人は、次に何を求めるか。それは「健康」です。秦の始皇帝が晩年、不老不死の薬を探し求めたように、これは何千年も変わらない真実です。だからこそ、健康、医療分野とのシナジーが生まれるのです。


井上勝弘

料理番組はたくさんあるから、ランチを取り上げるだけでは面白くない。ならば、様々な人間関係のドラマが繰り広げられている、ランチの裏側に注目しようと考えました。誰を誘い、どの店に行き、そこでどんな会話をするか。その場面をのぞいてみたいと思ったんです。
【覚え書き|人気番組「サラメシ」の企画について】


秋山智史

方向さえ間違っていなければ、懸命に続けていく。それが、先輩たちから学び、受け継いでいくべき我が社の伝統だと思っています。


山内溥

パソコンOSという特定の分野でたまたま成功し、独占的地位を守ることに精を出してきたマイクロソフトが、安易に手を出せるような世界ではない。このことは、マイクロソフトのような質の違う会社には絶対分からない。分かったとしたら、それこそ神様だ。
これまでのマイクロソフトは”ツキ”過ぎだった。人間も企業もツキはいつか必ず落ちるもんでしょ。ゲイツも決して神様ではなかったということが、そう遠くない将来に証明されることになるだろう。


永守重信

「プロフェッショナルであること」が大切。特に35歳くらいまでは、何か1つ、「これだ」と思う専門性を磨き、強みにしていくことに注力した方がいい。


泉谷直木

景気が厳しくなると売れるものを売っていくので、売り場が減る。飲料でいえば、炭酸、お茶、水などのカテゴリーがありますが、各カテゴリーのナンバー1かナンバー2でないと、お店に置いてもらえなくなるわけです。