名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐々木一雄の名言

twitter Facebook はてブ

佐々木一雄のプロフィール

佐々木一雄、ささき・かずお。日本の経営者。日本ペイント社長。

佐々木一雄の名言 一覧

年功序列のエスカレーターの電源は切ってある。汗を流し知恵を出して階段を駆けのぼれ!


佐々木一雄の経歴・略歴

佐々木一雄、ささき・かずお。日本の経営者。日本ペイント社長。

他の記事も読んでみる

能町光香

部下の提案に対して却下するときは必ずフォローしましょう。「いまは無理だけど、状況が変わったら、また同じ提案をしてかまわないからね」と付け加えるから、相手にも決して否定された印象が残りません。


松尾利彦(経営者)

私は、昔からチロルチョコを子どもの菓子にとどまらせず、大人が低価格で楽しめる商品にしたいと考えていました。だからこそ、味にしてもパッケージデザインにしても原価の許せる限り、品質を高め、大人の鑑賞に堪えられるデザインを追求しているのです。


ビル・ゲイツ

株式を公開する準備をしていたとき、普通では考えられないほど大量の株の所有権を従業員に与えることにした。これは、彼らの仕事がいかに重要であるかを知ってもらうためだった。


鈴木みゆき(経営者)

ジェットスター・ジャパンでは、ゼロから組織をつくってきました。集まったのは様々な経歴、国籍のスタッフです。多様性があるほど、経験者が予期しないような示唆に富んだ提案が生まれます。多様性あるスタッフから出たアイデアが、様々な場所で生きています。


潮田、滋彦

私はこれまで、数えきれないほど多くの研修に参加してきましたが、研修スタートのあいさつや案内の姿勢で研修の雰囲気がセットされてしまうことにほとんどの人が気づいていません。それはたった1分の事務連絡でも、5分の人材開発課長のあいさつでも、30分の役員基調講話でも同じです。その企業の人材開発に対する本気度が、ハッキリと受講者に「空気」として伝わってしまうのです。


本郷陽二

仕事を100%完璧に仕上げようと思うと歩留まり率が悪化して、効率、成果でマイナス面が出るもの。余裕をもって80点主義でよしとすれば、むしろ仕事がはかどり、目標にも早く到達する。つまりショートカットになる。


松田丈志

僕より速い選手はたくさんいた。でも、諦めずに続けたことでチャンスが巡ってきた。


千本倖生

日本には世界に誇る技術もあれば、優れた人材もいます。あとは戦略と志です。高い目標を掲げ、それを実行することによって、世界に評価される経営を目指すべき。


辻野晃一郎

日本の製造業がかつて誇った、極めて精度の高い商品をじっくり世に送り出すというやり方は、目まぐるしく状況が変わる現在にはそぐわない。


塚越友子(水希)

上手く出世していこうと思ったら、結果は出すんだけど、上司を脅かしてはいけない。俺が俺がと1人の成果としてあげていけば、上司からへし折られることもよくある。上手いことやっている人は、上司にお土産を渡しています。自分の成果を出すんだけど、それが上司のおかげでもあるというようなやり方をする。そして上司がその上の上司に評価されるように持っていくわけです。


富永香里

アホはみんなから好かれます。あれも知ってる、これも知ってる、という人は一緒にいると疲れてくる。それより、「へえ、私、初めて聞きました」と言って、いい気分にさせてくれる人のほうがまた会いたくなります。


南部靖之

私はベンチャーで会社を興した創業者です。会社に就職して昇進を重ねて社長になった経営者ではありません。私は創業者と経営者では、大きく異なる点があると思っています。経営者はひと言でわかりやすく言うなら「儲ける人」です。会社の売上を上げて、利益を上げる。事業を拡大して既存事業の競争力を高めて会社を大きくし、相対価値を高めていく人です。一方、創業者はゼロから新しい事業を生み出します。理念にもとづいた絶対価値で物事を判断します。これまで世の中になかった新しい仕組みをつくり、イノベーションを起こしていくのが創業者です。だからある意味では「お金を使う人」かも知れません。創業者と経営者にはそれぞれ異なる役割があり、二人の力がうまく組み合わさることで、企業は大きな力を発揮できると思います。


阿部由希奈

私が目指しているのは、特定の国やスタイルにとらわれない自由な発想のカレーです。カレーを専業にしてしまうと、カレーで「全部稼がなくちゃ」となって、発想が狭まる気がするんです。甘いと言われるかもしれませんが、そこはちょっと自信がないんですよね。だから、ある程度生活に余裕がある状態で自由にカレーを作るというスタイルを、当面は続けようと思っています。


中山哲也

今年のキーワードは「発展途上」。先細り業界の成熟企業ではなく、先太り業界の発展途上企業であることを自覚し、「一日一革」改善改良を積み重ねていく。


川淵三郎

説得できなきゃ意味がない。自分の意見に心から賛同してくれて、何とか成功させようとサポートする人を見つけないと、大きな改革はできない。