名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木一雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木一雄のプロフィール

佐々木一雄、ささき・かずお。日本の経営者。日本ペイント社長。

佐々木一雄の名言 一覧

年功序列のエスカレーターの電源は切ってある。汗を流し知恵を出して階段を駆けのぼれ!


佐々木一雄の経歴・略歴

佐々木一雄、ささき・かずお。日本の経営者。日本ペイント社長。

他の記事も読んでみる

吉留学

我々の好業績は、お客様あってのこと。


古森重隆

部下には「社外のコンサルタントや弁護士の意見なんか信用しすぎるな。一生懸命考えれば、自分たちの方が頭が良いんだ」と言っています。「外部の人材に頼ろう」なんて口にする経営者は、即辞めた方がいい。


トマス・ホッブズ

人間の欲望は無限に膨らむ。


宇佐美典也

キャリア官僚にもエリートなりのコンプレックスがあります。一緒に仕事するのは立派な起業家、専門家ばかり。彼らは一つ一つ積み上げて今の地位を築いています。でも自分はそういうステップを飛ばしている。まるで裏口入学したみたいな後ろめたさがありました。


榎本博明

お勧めしたいのが、「読み替え力」を身につけることです。胸にグサッと刺さる上司の乱暴な言葉を、自分の都合のいいように翻訳しましょう。例えば、「そんなこともできないのか」→「それができるようになったら一人前に近づく」などと解釈することで、受けるダメージを軽減できます。


廣瀬禎彦

部下に仕事を任せる場合、その仕事の目的をブレイクダウンして段取りをするために論理を使います。目的からブレイクダウンすることがポイントです。現状から論理を積み上げていくと、目的に到達するかどうかわからないからです。


大津司郎

本当にアフリカでビジネスがしたいなら、リスクをとって人が行かなくてはなりません。世界のスタンダードもリスクオンの方向です。残念ながら、自衛隊やメディアを含めた日本人は、危険に対する経験値があまりに低い。日本にいればテロや戦争を身近に感じることがないので、当然と言えば当然です。ですが、この先もテロの危険がないかと言えば、そうではない。日本人の危機管理能力が上がり、世界で勝負できるような日がくることを願っています。


吉越浩一郎

発生したミスを放置するのは、ミスの大小にかかわらず怠慢です。判断ミスやケアレスミスは、自分から積極的に仕事に取り組んだ結果、起こることが多いので、仕方がない面もあります。しかし、ミスが発生したことを自覚しながら見過ごすのは、私に言わせれば仕事をしていないことと同じです。これは職業人として、許し難い行為と言える。ミスの放置は手痛い機会損失でもあります。ビジネスパーソンにとって、ミスを何とか取り返そうとする過程そのものが、成長するために重要な教材だからです。ビジネスパーソンはミスをリカバリーすることを通して、ミスが起きた原因や、修復する方法を学びます。そんな経験を積み重ねることで、確かな実力を培っていくものなのです。


津坂純

私個人としてはまだ日本では大きな仕事を成しえていません。やはり、あっと驚くようなことをしないと、影響力はないというのが日本ですから。また一方で、そういうことをすれば叩かれます。でも私はそれを恐れていません。いいチャンスでは動きたい。


アルフレッド・アドラー

「親が悪いから」「パートナーが悪いから」「時代が悪いから」「こういう運命だから」
これらは責任転嫁の典型的な言い訳である。


安達洋

いまは英語ではなく、中国語を勉強しています。英語は勉強するものではなく、情報を得るための手段として使うものという位置づけです。


八木洋介

社員が最高のパフォーマンスを発揮できるように、やる気を引き出し、組織を整えることが本来の人事の役割だ。