名言DB

9419 人 / 110788 名言

住本雄一郎の名言

twitter Facebook はてブ

住本雄一郎のプロフィール

住本雄一郎、すみもと・ゆういちろう。日本の経営者。「ソニー銀行」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業。ソニー、ソニー・プルコ生命保険(のちのソニー生命保険)経営企画部統括部長、ソニーフィナンシャルホールディングス専務、ソニー損害保険取締役などを経てソニー銀行社長。

住本雄一郎の名言 一覧

1つや2つ失敗したからといって自分の生活が破綻するわけではないのが、会社員のいいところです。社員には柔軟な発想で、新しい時代の銀行づくりに臨んでほしい。トライ・アンド・エラーに寛容な会社を作るのも私の責務と考えています。


新卒で入社したソニーで感じたのは、設立趣意書でもその言葉が使われている「自由闊達にして愉快なる」職場の強さでした。個性的な社員がいて、思い思いに企画を提案し、たとえ失敗してもバツが付くようなことはない。むしろ上司はその挑戦を応援するような雰囲気がありました。


私はグループ会社のソニー生命保険で長らく代理店営業を担当してきました。いわゆる「生保レディー」や「ライフプランナー」が販売するものだった生命保険を、独立した代理店などの新しいチャネルでも売るようにする改革を自分の手で進めてきたのです。銀行業界もIT(情報技術)を生かしたスタートアップの参入が相次ぎ、大きく変わる時代を迎えています。私は銀行でも、新しい販売チャネルの構築を進めていきます。


ソニー銀行は実店舗を持たずインターネット上で営業する銀行の先駆けとして、これまで数多くの新しいサービス・商品を世に送り出してきました。ただし時代は変わるもの。いまや「ネットで色々取引できます」だけではどこの銀行も同じです。今後、相当強い危機感のもと、他行との差別化につながるプラスアルファの付加価値を追求していかなくてはなりません。


住本雄一郎の経歴・略歴

住本雄一郎、すみもと・ゆういちろう。日本の経営者。「ソニー銀行」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業。ソニー、ソニー・プルコ生命保険(のちのソニー生命保険)経営企画部統括部長、ソニーフィナンシャルホールディングス専務、ソニー損害保険取締役などを経てソニー銀行社長。

他の記事も読んでみる

寺尾玄

自分で責任が取れないことはやってはいけない。


新田信行

東日本大震災当時、私はコンプライアンス部長を務めており、トラブル処理は私の担当部署で行っていたのです。官庁、お客様、弁護士、マスコミなど、外部の目にさらされ続けてきましたから、外部に対する説明責任を持っていなければなりません。例えば外部の方々から「なぜ貸し渋りをするのか」と言われた時に「格付け、担保はこうなっています」という言葉は通用しません。ですが「預金者保護です」、「中小企業を守るためにやっています」という言葉は言えます。自分で考え、外に対して説明する責任を常に負っていましたから、訓練になったかもしれません。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

10年後にありたい姿としては、現状の4倍、つまり1兆円を想定しています。ただ1兆円自体が目的というわけではありません。規模として、それぐらいないと、消費者と関係をつくっていく上でも、存在感がなくなり、難しいだろうなと思っているのです。


金丸恭文

経営資源は「ヒト・モノ・カネ」だと言われています。しかし、人も物も金も持っていなかったIT業界がこれだけ躍進を遂げられたのは何故なのか。私はすべてのものの栄養素、根っこになければいけないものは夢だと思うんです。誰かの夢を聞きたいという人はたくさんいるけれど、夢を語る側に回れる人は少ない。夢は永遠のエネルギーだと思います。


神尾友信

個人が見聞を広めて人間的な魅力を高めれば、結局は経営にプラスになります。これからの医師には、狭い世界に閉じこもらずに、外の空気を吸ってほしい。


陰山英男

私も自己啓発本を読むことはありますが、それは社会人になっても道徳の本を読んでいるようなものだと思います。それ以上に、私の生きる原理、仕事の原理には面白いということがあります。その面白いことをどう膨らませ、どう役立てるのかが重要です。


青柳俊彦

地域とJR九州は運命共同体。九州が元気になれば、企業も成長できます。そのためにもアイデアをどんどん提案していきます。


鈴木修

コスト意識を経営がはっきり持つためにも、本社を工場から離してはならない。スズキの本社はいまも静岡県浜松市高塚町の工場横にあります。創業以来、本社工場の考えを変えたことはないし、今後も変わらないでしょう。


アラン(哲学者)

幸せだから笑っているのではない。むしろ僕は、笑うから幸せなのだ。


冨安徳久

常識の中で考えていては、世の中が変わった時に付いていけません。私たちが生き残るためには、変化に適応していかなければなりません。