名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

住本雄一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住本雄一郎のプロフィール

住本雄一郎、すみもと・ゆういちろう。日本の経営者。「ソニー銀行」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業。ソニー、ソニー・プルコ生命保険(のちのソニー生命保険)経営企画部統括部長、ソニーフィナンシャルホールディングス専務、ソニー損害保険取締役などを経てソニー銀行社長。

住本雄一郎の名言 一覧

1つや2つ失敗したからといって自分の生活が破綻するわけではないのが、会社員のいいところです。社員には柔軟な発想で、新しい時代の銀行づくりに臨んでほしい。トライ・アンド・エラーに寛容な会社を作るのも私の責務と考えています。


新卒で入社したソニーで感じたのは、設立趣意書でもその言葉が使われている「自由闊達にして愉快なる」職場の強さでした。個性的な社員がいて、思い思いに企画を提案し、たとえ失敗してもバツが付くようなことはない。むしろ上司はその挑戦を応援するような雰囲気がありました。


私はグループ会社のソニー生命保険で長らく代理店営業を担当してきました。いわゆる「生保レディー」や「ライフプランナー」が販売するものだった生命保険を、独立した代理店などの新しいチャネルでも売るようにする改革を自分の手で進めてきたのです。銀行業界もIT(情報技術)を生かしたスタートアップの参入が相次ぎ、大きく変わる時代を迎えています。私は銀行でも、新しい販売チャネルの構築を進めていきます。


ソニー銀行は実店舗を持たずインターネット上で営業する銀行の先駆けとして、これまで数多くの新しいサービス・商品を世に送り出してきました。ただし時代は変わるもの。いまや「ネットで色々取引できます」だけではどこの銀行も同じです。今後、相当強い危機感のもと、他行との差別化につながるプラスアルファの付加価値を追求していかなくてはなりません。


住本雄一郎の経歴・略歴

住本雄一郎、すみもと・ゆういちろう。日本の経営者。「ソニー銀行」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業。ソニー、ソニー・プルコ生命保険(のちのソニー生命保険)経営企画部統括部長、ソニーフィナンシャルホールディングス専務、ソニー損害保険取締役などを経てソニー銀行社長。

他の記事も読んでみる

山本為三郎(経営者)

大正12年、当時大阪に誕生したばかりのロータリー・クラブへ入会を許された。当時のロータリーはまことに気分のいいものであった。クラブは皆で忌憚のない意見交換もできるし、なんでも安心して話し合える。ロータリーは大阪のために、いろいろな意味でプラスになってきたと私は考えている。とにかく私はこのクラブの人々によって、人生観も広くなり、人間勉強も大いにさせてもらったので、誰よりもまず自分に役だったなと深く感謝している次第である。


近藤宣之

日本レーザーは、就業規則に70歳までの再雇用を定め、いずれは80歳まで延長したいと考えています。60歳超の社員比率は2割。社員が育児や介護、病気などで満足に働けなくても、短時間労働や在宅勤務に切り替えて雇用を守ります。雇用を守られている安心感があるからこそ、社員は成長し続けることができるのです。


アラン・シアラー

懸命に働くこと。それが俺の全てだ。そう育てられた。


矢野博丈

私は、会社というものは、いつかは駄目になるものと考えています。だからしばらく前までは、入社式で新入社員に「大創産業はあと5年でつぶれます」とスピーチしていました。もちろん、意図的に倒産させるつもりはありませんが、本気でそう思っていました。


諏訪暁彦

社内の関心を高めるためにも、失敗するリスクはあってもインパクトの大きい課題を選び、その中から成功例をつくることがポイントです。


野口悠紀雄

ダブルブッキングは最悪です。私もかなり昔になりますが、2回ほどダブルブッキングをした思い出すのも恐ろしい経験があります。そんなことにならないように、デジタルとアナログの併用では、「正本(原本)」をどちらにするかしっかり決めておきましょう。グループウエアが主体なら、それを正本にして、予定の確認は必ずグループウエアですることです。ちなみに私の正本はグーグルカレンダーです。


大嶋章禎

グローバルで仕事をするときは、組織内の人間同士のコミュニケーションをとることが非常に難しい。欧米の人も、日本人も、文化的なバックグラウンドはみな違います。一体化しないと、会社として動けません。


深澤真紀

私は編集者として就職してから、「これは必要だろうな」と思った「写真」「レイアウト」「校正」の講座に自腹で通いましたが、とても役立ちました。仕事のための習い事は、漠然としたものより、具体的に役立つ技術の方がよいのです。


織田信長

お前たち(佐久間信盛)親子が5年在城の間に、善にも悪にもなんらの働きがないということを、世間で不思議がっているが、自分などもそれに気がついて、なんともいいようのない嫌な気持ちがしている。大坂の石山に頑張っている本願寺門徒を大敵と思って、ことさらに戦いも仕かけず、そうかといって、また、講和しようともせず、ただ、石山と向い合っているお前たちの居城天王寺の砦を堅固に構えて、幾年も日をすごしたならば、相手は武人ならぬ長袖のことであるから、ゆくゆくは信長の威光をもって退去するであろうからと、そう思って手加減をしているのであろうか。しかし、武者の道は、また別段なものであるから、このようなときに、勝負の道理をよく考え、一合戦やったならば、ひとつは信長のために、またひとつにはお前たち親子のために、下々の兵卒どももかえって苦労をまぬがれ、まことに思うようになることであろうに、思い切った分別もつかずにいたことは、未練の振る舞いに相違ない。


和田秀樹

小さな目標達成を重ねていくと、「自分はできるのだ」という気持ちが出てきて、これがさらにモチベーションを高めてくれます。


内藤誼人

頼まれごとができたら「逃げよう」「断わろう」とするのではなく、まずは引き受けましょう。しかし、ダダで引き受けるのではなく、こちらもそれに見合った何らかの要望を出すのです。「お願いされている以上、自分にも要求する権利がある」という認識を持ちましょう。慣れないうちはまず、小さな要望から練習をしましょう。


吉田松陰

今人、大眼目(だいがんもく)なし、好んで些事末節を論ず。この弊(へい)読書人もっともはなはだし。
【覚書き|大眼目=ものごとを大局的に見ること】