名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

住本雄一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住本雄一郎のプロフィール

住本雄一郎、すみもと・ゆういちろう。日本の経営者。「ソニー銀行」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業。ソニー、ソニー・プルコ生命保険(のちのソニー生命保険)経営企画部統括部長、ソニーフィナンシャルホールディングス専務、ソニー損害保険取締役などを経てソニー銀行社長。

住本雄一郎の名言 一覧

1つや2つ失敗したからといって自分の生活が破綻するわけではないのが、会社員のいいところです。社員には柔軟な発想で、新しい時代の銀行づくりに臨んでほしい。トライ・アンド・エラーに寛容な会社を作るのも私の責務と考えています。


新卒で入社したソニーで感じたのは、設立趣意書でもその言葉が使われている「自由闊達にして愉快なる」職場の強さでした。個性的な社員がいて、思い思いに企画を提案し、たとえ失敗してもバツが付くようなことはない。むしろ上司はその挑戦を応援するような雰囲気がありました。


私はグループ会社のソニー生命保険で長らく代理店営業を担当してきました。いわゆる「生保レディー」や「ライフプランナー」が販売するものだった生命保険を、独立した代理店などの新しいチャネルでも売るようにする改革を自分の手で進めてきたのです。銀行業界もIT(情報技術)を生かしたスタートアップの参入が相次ぎ、大きく変わる時代を迎えています。私は銀行でも、新しい販売チャネルの構築を進めていきます。


ソニー銀行は実店舗を持たずインターネット上で営業する銀行の先駆けとして、これまで数多くの新しいサービス・商品を世に送り出してきました。ただし時代は変わるもの。いまや「ネットで色々取引できます」だけではどこの銀行も同じです。今後、相当強い危機感のもと、他行との差別化につながるプラスアルファの付加価値を追求していかなくてはなりません。


住本雄一郎の経歴・略歴

住本雄一郎、すみもと・ゆういちろう。日本の経営者。「ソニー銀行」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業。ソニー、ソニー・プルコ生命保険(のちのソニー生命保険)経営企画部統括部長、ソニーフィナンシャルホールディングス専務、ソニー損害保険取締役などを経てソニー銀行社長。

他の記事も読んでみる

小泉進次郎

今までの政策の延長線上に未来はない。


鳥越淳司

好きなものを徹底してこだわって作れば、お客様はそこに共感してくれる。


河田真誠

判断ミスを防ぐためには、自分の先入観を交えず、相手のことをより深く知ろうとする姿勢が大切。


中原淳

注意したいのは、淡々と客観的なスタンスを崩すことなく、事実を元に話すこと。あいまいなことを言ったり、高圧的になったりすると、部下は反発します。たとえば、いつも締切りに遅れる部下がいたとしましょう。その場合、「君、いつも締切りに遅れてないか?」と抽象的に言うのではなく、「この仕事の提出が締切りより3日遅れましたね。その前にお願いしたこの仕事も締切りを2日過ぎていました」というように事実を述べます。そのうえで、「なぜ締切りに遅れてしまうんでしょうね?」と理由を聞くのです。


坂本龍一

スタジオにいると、クイーンのギタリストがひとりでギター抱えてやってきたり、エレベーターで隣になったおじさんがボブ・デュランだったり(笑)。もしあのまま日本にいたら、偉い人になっちゃって、自分が一番嫌いなタイプの人間になっちゃってたかもしれません。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

肝に銘じておかなければならない現実があります。それは、イノベーションの先駆者になれたからといって競争に勝てるわけではないということです。イノベーションは良き社会を築くうえで不可欠なのですが、データを直視すれば、先駆者が市場の覇者になる確率は非常に低いのです。


神田昌典

いま、営業マンやマーケッターの存在理由が問われていると思います。私はこれらの業種が、不要になるとは考えていません。しかし求められる役割や能力は、今後確実に変化するはずです。


児玉和

私が大切にしている経営理念の一つに「会社は反物(たんもの)のように紡ぐ」というものがあります。反物には経糸(たていと)と緯糸(よこいと)がありますが、経糸が途中で切れても、織り込む緯糸が途中でなくなっても、反物を織り続けることはできません。私が考える会社にとっての経糸は「創業者精神」、緯糸は「時代に合った新規事業への参入」です。


ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)

他のチャンスを諦めました。例えば、スマートフォン向けのビジネスはもっと追求できた。ゲーム機とタブレットを開発するチャンスもあった。でも、それらからは一歩引きました。多くのチャンスを失いましたが、その犠牲によってAIにフォーカスできた。AIがもたらす恩恵はすさまじい。一生に一度のチャンスですよ。絶対にフォーカスしなければならないと思いました。


尾賀真城

M&Aは否定しませんが、単に規模が大きくなるというだけでなく、それでビールがおいしくなるのか、お客様にとって素晴らしいことが起きるかという観点が必要。


ジェイ・エイブラハム

価値を提供すればするほど、結局、数字としての結果もより良いものとなっていく。


西本甲介

プロの経営者としての価値を高めるには、未経験の分野に挑戦しなければ。