名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

住友政友の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住友政友のプロフィール

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

住友政友の名言 一覧

人がどのようなことを言おうとも、短気を起こして言葉を荒げてはならない。落ち着いて重々しく話すこと。


商いは言うまでもなく、あらゆることに心を込めて取り組むこと。


何にしても、世間の相場より安いものを持ってこられた場合、その素性がわからないようなものは、絶対に買ってはならない。そのようなものは盗品だと心得よ。


編み笠ひとつでも預かってはならない。


住友政友の経歴・略歴

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

他の記事も読んでみる

岡島悦子

退路を断ち、リストラ遂行などの厳しい局面を責任ある立場で経験し、他人の気持ちがわかるリーダーへと成長する人を私は何人も見てきました。修羅場を乗り越えることで一皮むけるのです。


稲垣精二

最も効果的な方法は、数多くの意見に耳を傾けること。部下はもちろん、先輩や後輩、社外の若いディーラーたちとも積極的にコンタクトをとりました。信頼できるネットワークで「意見のダイバーシティ」に触れ、真摯な気持ちで受け止める。債権ディーラーとして勝ち越すことができたのも、そのおかげだと思います。現在でも「意見のダイバーシティ」は強く意識していることの一つです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

機能はすべての商品が持っているものです。それを少し変えたり、加えたりするだけで売れるようになるんです。


福良伴昭

今の経営環境をチャンスととらえ、ワクワクしています。新たな製品やサービスを軌道に乗せるのは簡単なことではありませんが、継続して伸ばしていけるような事業を育てたい。


上西京一郎

キャスト(従業員)の誰もが満点のサービスができているわけではありません。その質を高めるため、社員が覆面調査員になってパーク内を見回ります。いいサービスが目に入れば吸収し、改善すべきことはキャストたちに伝え、自らも戒めとするのです。


田口智隆

名投資家はプロとして、一瞬の判断の狂いが莫大な損失につながりかねない大リスクを背負って、常に緊張の伴う決断を強いられています。だからこそ、銘柄選択や売買タイミング認リスク対策において、一般の投資家とはひと味もふた味も違う哲学を持っているのです。


内田和成

私が最近、「いい会社」だと思うのは、こんなイメージです。例えば、社員の一人ひとりがほかの会社に転職すると、今の給料の2倍ぐらいもらえる実力があるとします。ただ、社員からすると給料の問題ではなくて、今の会社にいた方が面白かったり、大きな仕事ができたり、自分が成長できる点にメリットを感じて、その会社に在籍し続ける。こういう関係が社員と企業の問で生まれると、企業は本当に強くなるんじゃないかと思っています。


西山俊太郎

自動車ディーラーは売りっぱなしでは済まされない仕事です。5年、10年とアフターサービスが続きます。ですから、お客様や従業員のため、是が非でも会社を守らなければならないと考えました。


上西京一郎

30年前に東京ディズニーランドがオープンした時は、正直、30年後の姿は想像できなかったのですが、毎年毎年しっかりやりながら5周年を迎え、その頃あたりから次の10周年を思い描いていくようになった。時間軸を先に見ながら、次の周年などへの期待を持ちながらやってきた。


古川裕倫

社会や組織のモラルに外れた行為は、簡単には許されない。信頼というのは積み木と一緒で、積み重ねるのに時間はかかるけれど、崩れる時は一瞬です。ウソをついたり、隠し事をしたりといったルール違反は、時には致命傷にもなる。逆の言い方をすれば、ルールに反しない仕事上の失敗であれば、いくらでも挽回することは可能。


中野信子

世の中には「すぐにはやらなくていいこと」も確実にあります。すぐに取りかかれない人というのは、無駄なことを選り分ける能力が高いともいえるのです。だからすべてのことを無理にすぐやろうとはしない、というのも手。やるべきことと、やらなくていいことのメリハリをつければいいのです。


ビビる大木

解散を決めたけど、さてひとりでどうしょうって悩んだんです。テレビでもラジオでも、僕がボケたら、相方にツッコまれる形でしたからね。これからは、誰かがツッコんでくれるのか不安で……。だから、事前のシミュレーションを徹底的にやって、テレビ番組等の収録に臨むようにしました。ボケたらツッコミも自分で入れようとか、最後までボケ続けて終わらせようと、自分で終わらせる形を考えていったんです。例えば、アイドルとのロケなら、相手のツッコミを期待するわけにはいきませんからね。ピンなんだから、自分のことは自分でやんなきゃなって。