名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

住友政友の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住友政友のプロフィール

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

住友政友の名言 一覧

人がどのようなことを言おうとも、短気を起こして言葉を荒げてはならない。落ち着いて重々しく話すこと。


商いは言うまでもなく、あらゆることに心を込めて取り組むこと。


何にしても、世間の相場より安いものを持ってこられた場合、その素性がわからないようなものは、絶対に買ってはならない。そのようなものは盗品だと心得よ。


編み笠ひとつでも預かってはならない。


住友政友の経歴・略歴

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

他の記事も読んでみる

大前研一

グローバルリーダーといっても、スタイルは決して同じではない。だが、共通点もある。それはものごとの本質を見抜き、答えを自分で考え出せるというところだ。


吉野聡(産業医)

前向きに考えるためには、平常心を養う効果が期待できる「朝のルーティン(日課)」がオススメ。結果を出している人は、何らかのルーティンを持つ人が多い。


速水優

リスクを減らすためには、好奇心を増やせばいい。


ホルスト・シュルツ

大きなホテルオペレーティングカンパニーは、3か月に一度出される市況によってビジネスの方向性を左右され、エクセレンスを追及するという目的をつい忘れてしまいがちです。そうなると、コスト重視になり、お客さまのニーズに応えるとか、仲間を大切にするといった環境ではなくなってしまいます。そして、このことがいま世界中で起こっていることなのです。ほとんどの国では、コストを下げることが利益をもたらすと考えています。


田島弓子

大きな目標を細分化し、次にその小さな目標を達成するために、いまの自分に足りないものは何か。そして、それをどうやって補うのかを考えます。ここで大事なのは、紙に書き出すことです。文字にして視覚化すると、問題点が明確になるからです。頭の中であれこれ考えているだけでは、いつまでも漠然とした不安のままで、精神的にもよくありません。


鈴木喬(経営者)

失敗の数が運を呼ぶ。


小泉純一郎

人は他に頼らず、何事も独力で行うことによって自分の尊厳を保つべきなのです。そして、そうした一人一人が独立した生計を立てることによって、一国というものも独立するのです。つまり、一身独立して一国が独立する、ということです。そのためには、まず努力・向上心によって自らの身を立てていかなくてはなりません。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

仕掛けの積み重ねでメディアにも取り上げられ、2010年には会員数が1000人を超えた。これを強みに、大手企業に飛び込み営業をしました。唐揚げに対する熱い思いを熱く語りながら。1000人もの会員がいる怪しげな団体。しかも、テーマは唐揚げ。そのギャップに、多くの企業が興味を持ち、イベントの協賛が取れました。


加藤俊徳

脳細胞は胎児期から赤ちゃんの時期が最も多く、その後、年齢を重ねるにつれて減少していくことから、「歳をとるにつれて脳は衰えていく一方だ」と一般的には考えられていますが、これも誤解です。確かに脳細胞は歳とともに減少しますが、成人後も、脳内には未熟な細胞が豊富にあります。アミノ酸などの身体にとっての栄養成分が供給され続ける限り、脳の未熟な細胞は死ぬまで成長し続けるのです。


藤井フミヤ

アートしかやってきていない人はアートのことしか考えていないし、小説の人は小説、空間プロデュースの人は空間プロデュース、ファッションの人はファッションに集中している。結果的に、そういうその道のプロフェッショナルには敵わない。「じゃあ、自分が勝てるのは何だ」というと、それはやっぱりステージ上で歌っている藤井フミヤという姿だったので、改めて音楽をぶっとい柱にしていかなきゃと。そんなことをここ数年考えるようになったんです。


田坂広志

地味な作業に取り組む姿勢こそが、やりたい仕事を呼び込むためのカギです。私の経験では、地味な仕事を「面白い」「やりがいがある」と思って取り組んでいると、逆にやりたい仕事がごく自然に集まってきます。


永守重信

不景気だからとか好景気だからとか、短期的なことを考えていたら会社はいつか潰れる。人の採用についても、不景気の時でもきちんと人を採用していくことが大事。