名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

住友政友の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住友政友のプロフィール

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

住友政友の名言 一覧

人がどのようなことを言おうとも、短気を起こして言葉を荒げてはならない。落ち着いて重々しく話すこと。


商いは言うまでもなく、あらゆることに心を込めて取り組むこと。


何にしても、世間の相場より安いものを持ってこられた場合、その素性がわからないようなものは、絶対に買ってはならない。そのようなものは盗品だと心得よ。


編み笠ひとつでも預かってはならない。


住友政友の経歴・略歴

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

他の記事も読んでみる

永野毅

グッドカンパニーをつくることはエンドレスジャーニー。限りなき努力の継続が必要。自分達のことを「いい会社だ」と思ってしまったら、そこで進歩が止まってしまう。


橘フクシマ咲江

従来の“適材適所”は、イチから人材を育て、合う場所に配置する手法です。しかし、これだけでは日々変化するグローバルなビジネスのスピードに追いつけません。ミッションに最適な人物を世界中から連れてくる“適所適材”が必要なのです。


石井一久

「負けたらどうしよう」といったマイナスなことは決して考えなかったし、「考えないようにしよう」と思ったこともない。「どうすれば勝てるか」といった勝ち方しか考えていなかった。


福嶋康博

私は事業計画を入念に練ることはしません。事業は重要なポイントが当たるかどうかだと思いますし、結局は始めてみなければわかりません。


粟田貴也

経営の話でいえば、イメージトレーニングで数字を頭にインプットするんです。「前年比何パーセント」といった複雑な数字ではなく、何年後に年商いくら、という単純な数字をつねにイメージしておく。それを自分に言い聞かせる。それだけでは何も生まれませんが、心をポジティブに転じさせるには十分です。


柵山正樹

失敗しないことが大事なのではなく、はじめは失敗してでも最終的に成功することが大事だ。


星野佳路

会社にはビジョンがなければならないし、そのビジョンを実現するための組織やチームには目標がなければなりません。しかし、それに連動する目標を個人に設定するという発想は私にはありません。個人に目標なんていらないと思っています。一人一人がノルマを背負わされている状態は精神的にもきついだろうし、そんなもので追い込んでも、たいして働かないのは目に見えているからです。


ケリー・マクゴニガル

最近の研究によると、思いやり/共感型リーダーシップは、より強く、よりモチベーションの高い集団を作り、さらにリーダー自身の「燃え尽き症候群」を防げることが明らかになっています。


日野晃博

レベルファイブの社名の由来は通信簿の5点です。一番クオリティが高いという意味です。理想のゲームを作りたい。


八木沼純子

リンクの上から去るときは、いつかくると思っています。でもそれは、いまではないかも……。まだやらなければならないことが、たくさんありますから。日本にフィギュアスケートを根づかせたいのです。荒川(静香)さんや(浅田)真央ちゃんのおかげで人気が急上昇したとはいえ、まだまだこれからだと思っています。リンクは次から次へと閉鎖されており、環境的には厳しい状態が続いていますし、バンクーバー五輪以降を担える選手の育成も、急務になっています。


池谷保彦

当社グループの協和医科器械や栗原医療器械店では営業担当者が病院に出向き、患者さんに直接ストーマ(人工肛門)用装具を紹介するほか、店舗でも販売しています。ストーマの形は1人1人違います。当社は複数メーカーの製品を扱っていますので、患者さんに最適な製品を紹介できます。患者さんと長くお付き合いする中で、病院の先生にうかがうのは少し躊躇をしてしまうようなご相談も受けることがあります。相談は当社の担当者がお受けしますが、内容によっては病院にフィードバックするなど、患者さんのQOL(人生の質)向上に役立てるよう努めております。オストメイト(人工肛門・人工膀胱を持つ人)の方と家族のようなお付き合いをしている担当者も数多くいます。


中村雅行(経営者)

経営者はそもそも、「新たな変革を起こしたい」という意欲を常に持っているもの。