名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

住原則也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住原則也のプロフィール

住原則也、すみはら・のりや。日本の文化人類学者。専門分野は文化人類学、経営人類学。ニューヨーク大学大学院人類学科博士課程修了。国立民族学博物館共同研究員、PHP研究所共同研究員、公益法人松下社会科学振興財団理事、天理大学国際学部教授などを務めた。著書に『経営理念』ほか。

住原則也の名言 一覧

創業(者)の理念もいわばひとつの拘束であり、人の自由・勝手を阻害する側面もありうる。しかし、その理念の土俵の上にこそ、無限の表現の自由が広がっている。


「企業が何のために生まれ出たのか」を示す創業の理念とは、単に創業のいわれが歴史的に説明されているというだけのものではなく、現在に生きる人々にとって何らかの心情的・精神的な意味あいを持つことが多い。だとすると、これも会社にとってのひとつの財であり、形のないものということで、「精神財」とでも呼べるものだと私は思う。この財がどのように活かされているか、あるいは無駄にされているのかが会社によってまちまちであることは、言うまでもない。


一般的に長い歴史を持つ優良企業の多くが、会社創業の理念・精神あるいは創業者の精神を大切にし、折にふれて、創業の精神に立ち返ろうとする現象が見られる。とりわけグローバル化をはじめとしたビジネス環境の変化が著しい昨今、いっそう各自の原点をふり返る必要性を感じていると考えてもよい。


住原則也の経歴・略歴

住原則也、すみはら・のりや。日本の文化人類学者。専門分野は文化人類学、経営人類学。ニューヨーク大学大学院人類学科博士課程修了。国立民族学博物館共同研究員、PHP研究所共同研究員、公益法人松下社会科学振興財団理事、天理大学国際学部教授などを務めた。著書に『経営理念』ほか。

他の記事も読んでみる

石川康晴

ユーザーを理解できない人たちと組んだら、ユーザーに理解できないものが届いてしまう。


松本晃(経営者)

企業経営者が求めることは非常に明瞭。それは成果。スポーツチームならその団体は勝つことが目的だし、企業ならその組織は成果を出すことが目的です。私も株主から結果を出すことを求められているし、私もそれを社員に要求しているわけです。


桜井正光

トップが何事かを決断する場合、情熱と信念を持って自分の考えを説かなければ人はついてこない。


松﨑暁(松崎暁)

商品開発自体は、現地専用商品も含めてすべて東京本社でやります。デザインやモノ作りの考え方は変えず、全部東京でコントロールします。店舗のデザインやレイアウトもすべて東京で管理して確認しているのです。


泉谷直木

いま見えている現象をきちんと掴み、対応していく。その積み重ねが、結果的に、見えない時代を見えるようにしていく。


佐藤等

時間の使い方に関して、記憶は全く当てにならない。リアルタイムで細かく書き留めて、初めて現実が見える。私が初めて記録をとったとき、メールを書くのに業務時間の1割を費やしていると知り、ショックを受けた。


岩田彰一郎

当社の物流センターで火災が起きたのだから、当社が関係者に大きなご迷惑をかけたことは疑いようがない。法的にどのような結論が出るかはまず関係なく、我々が現在どのようなことを行うべきかを第一に考えました。


石橋康哉

米国の有名な医学者いわく、「読書は仕事に直結するものは2割でいい。8割は関係ない本を読むことが有効である」と言ったそうです。一見、関係のない内容に、思いがけない気付きがあり、仕事にも生きてきます。


石田衣良

若い社員が毎日終電間際まで働いて疲れ切っていますよね。上司が残っているから部下が帰りにくいといった、職場の和を重んずる雰囲気もいまだに残っている。でも、もう会社が一生を保障してくれる時代でもないし、必ず給料が上がる時代でもない。そろそろ会社のためにとか、自分の出世のためではなく、自分の時間を充実させるための仕事の効率化というものを、真剣に考える時期に来ていると思います。


上川隆也

昨年、『その男』の舞台でケガ(捻挫)をしました。それまではケガはもちろん、のどを潰すことも、病気にかかることもなくやってきただけに。芝居の足かせになるネガティブなものを味わうことなくやってこられたことが、どれだけありがたかったことかを実感しました、痛いほどに。これまでのように、ただがむしゃらにやっていると、「勤続疲労を起こす」とわかったので、初めてマッサージに通うようになったんです。それまで疲労感に対しては無自覚だったので、そういうことに頼ったことがなかったんですけど、そろそろ「身体のメンテナンスも必要なのかな」と。まあ、ケガ以降、自分の身体も含め、舞台への向き合い方まで変えざるを得なかったというか、芝居をやらせてもらえるありがたさを刻み、舞台に対する思いが一層深く、強くなった1年でした。そうした思いが、今度の『ヘンリー六世』にどんな形で作用していくのか。自分のことながら、もの凄く楽しみなんですよ。


松本晃(経営者)

企業は稼がなくてはいけない。今の日本の一番の問題は、企業が稼げていないことにあります。税率が高いのはけしからんとは思いますが、税金を払っていないのは、企業家としては罪だと思います。


諸井虔

経営トップは同業他社の動きが気になるものですから、ある企業に改革の成果が表れはじめた、などという記事が新聞に出れば、追随するに違いありません。これは、横並びを改革するための最後の横並びであると、私は思っているんです。