名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

住原則也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

住原則也のプロフィール

住原則也、すみはら・のりや。日本の文化人類学者。専門分野は文化人類学、経営人類学。ニューヨーク大学大学院人類学科博士課程修了。国立民族学博物館共同研究員、PHP研究所共同研究員、公益法人松下社会科学振興財団理事、天理大学国際学部教授などを務めた。著書に『経営理念』ほか。

住原則也の名言 一覧

創業(者)の理念もいわばひとつの拘束であり、人の自由・勝手を阻害する側面もありうる。しかし、その理念の土俵の上にこそ、無限の表現の自由が広がっている。


「企業が何のために生まれ出たのか」を示す創業の理念とは、単に創業のいわれが歴史的に説明されているというだけのものではなく、現在に生きる人々にとって何らかの心情的・精神的な意味あいを持つことが多い。だとすると、これも会社にとってのひとつの財であり、形のないものということで、「精神財」とでも呼べるものだと私は思う。この財がどのように活かされているか、あるいは無駄にされているのかが会社によってまちまちであることは、言うまでもない。


一般的に長い歴史を持つ優良企業の多くが、会社創業の理念・精神あるいは創業者の精神を大切にし、折にふれて、創業の精神に立ち返ろうとする現象が見られる。とりわけグローバル化をはじめとしたビジネス環境の変化が著しい昨今、いっそう各自の原点をふり返る必要性を感じていると考えてもよい。


住原則也の経歴・略歴

住原則也、すみはら・のりや。日本の文化人類学者。専門分野は文化人類学、経営人類学。ニューヨーク大学大学院人類学科博士課程修了。国立民族学博物館共同研究員、PHP研究所共同研究員、公益法人松下社会科学振興財団理事、天理大学国際学部教授などを務めた。著書に『経営理念』ほか。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

我々が狙うべきチャンスは変化の中にこそある。変化のあるところには、必ず新たなニーズが発生する。


アルバート・アインシュタイン

過去、現在、未来の区別は、どんなに言い張っても、単なる幻想である。


鍵山秀三郎

最近、私が憂えていることがあります。それは日本全体の、というより世界全体の潮流なのですが、自分の責任に帰すべきことを他人の責任に転嫁する例をたくさん見かけることです。個人のレベルに限らず、国同士でも「自国は悪くない、他の国が悪い」と言ったりしているぐらいです。誠に悪しき潮流です。その悪しき潮流を変える元になりたいという願いから、私はいまの活動に取り組んでいるといっても過言ではありません。こういう道義的な問題の解決を政治家に求めたり、行政に求めたりしても何も変わりません。


安岡正篤

この世の中は複雑なる矛盾から成り立っているということができます。我々があまり矛盾に対する包容力がないというと、すっかり感傷的になってしまって、無限の創造であるところの宇宙に生活ができない。大いに創造的生活を求めんとすれば、矛盾に感ぜられることを包含して、これをおもむろに燮理(しょうり:やわらげおさめる)して行かなければならぬ。


鈴木貴子(経営者)

私が企画書で重視していることは、まずターゲットが誰か。次に、日常生活で使うシーンの具体的な描写。そして、これまで世の中になかった価値の提供という3点になります。


平田好宏

ウチは、唯一無二の独自の加工技術を持っていますから、ライバルがいないんです。似て非なるものは出ていますが、そういうものとは根本的に技術のカテゴリーが違う。だからマネのしようがないんです。技術が他に類を見ないワケですから競争は起こりえない。従ってウチの商品に関しては安さが付加価値にならない。価格がそのまま商品の価値なんです。


田中良和(GREE)

ユーザーの声に耳を傾ける姿勢として、必ずしもそのままサービスに反映させていくことだけを意味しません。むしろ、現在の生の情報である「声」を、その業界・分野の過去の歴史と照らし合わせていく作業が大事なのです。


喜多村円

100年の時間軸で経営を見ると、堅実にじっくりと事業規模を伸ばした会社の方が結局は強い。目立たない会社かもしれませんが、お客さんに「TOTOの商品を買ってよかった」と思っていただくことが最終目的。


高橋克徳

普段から声かけもしてないのに、いきなりミスをして叱りつけたら、自分が嫌われていると短絡的に思われてしまいます。日常の関わり方が大切です。


村中剛志

たとえばライバル会社が次にどのような戦略を立てるかは、過去の戦略や会社が置かれている状況をみれば一目瞭然。過去を知ることは先を読むことになる。


吉野真由美

コミュニケーションの目的はただ一つ。人を動かすことです。駆け引きの達人は、言葉の使い方ひとつで自分の主張を通し、嫌な仕事を断り、お客様やスタッフを動かし、成果を出しています。無理強いせず、好感度を保ちつつ、自分の要求をすんなりと通す。一見矛盾しているように見える複数の課題も、実は言葉の選び方次第で、誰にでも現実可能になるのです。


辻野晃一郎

インターネットの世界では比較的低コストで新しいサービスを作っていけますが、思いついたらすぐに始めないと、他の誰かが始めてしまいます。「やるリスク」より「やらないリスク」の方が大きいのです。