名言DB

9412 人 / 110637 名言

住原則也の名言

twitter Facebook はてブ

住原則也のプロフィール

住原則也、すみはら・のりや。日本の文化人類学者。専門分野は文化人類学、経営人類学。ニューヨーク大学大学院人類学科博士課程修了。国立民族学博物館共同研究員、PHP研究所共同研究員、公益法人松下社会科学振興財団理事、天理大学国際学部教授などを務めた。著書に『経営理念』ほか。

住原則也の名言 一覧

創業(者)の理念もいわばひとつの拘束であり、人の自由・勝手を阻害する側面もありうる。しかし、その理念の土俵の上にこそ、無限の表現の自由が広がっている。


「企業が何のために生まれ出たのか」を示す創業の理念とは、単に創業のいわれが歴史的に説明されているというだけのものではなく、現在に生きる人々にとって何らかの心情的・精神的な意味あいを持つことが多い。だとすると、これも会社にとってのひとつの財であり、形のないものということで、「精神財」とでも呼べるものだと私は思う。この財がどのように活かされているか、あるいは無駄にされているのかが会社によってまちまちであることは、言うまでもない。


一般的に長い歴史を持つ優良企業の多くが、会社創業の理念・精神あるいは創業者の精神を大切にし、折にふれて、創業の精神に立ち返ろうとする現象が見られる。とりわけグローバル化をはじめとしたビジネス環境の変化が著しい昨今、いっそう各自の原点をふり返る必要性を感じていると考えてもよい。


住原則也の経歴・略歴

住原則也、すみはら・のりや。日本の文化人類学者。専門分野は文化人類学、経営人類学。ニューヨーク大学大学院人類学科博士課程修了。国立民族学博物館共同研究員、PHP研究所共同研究員、公益法人松下社会科学振興財団理事、天理大学国際学部教授などを務めた。著書に『経営理念』ほか。

他の記事も読んでみる

山田隆持

我々がお客様満足度を上げる努力をしているのは、クチコミ情報の威力を知っているからなのです。TVCMでは、当然のことですが、各社ともにいいことしか言いません。しかしクチコミは違います。ドコモがいいサービスを提供すれば、お友達などに「やっぱりドコモっていいよ」と言っていただける。これこそ、我々にとって最強の武器だと考えているのです。


キャメル・ヤマモト

情報収集のときには、情報ソースの信頼度により慎重になってください。まず、その情報が事実(ファクト)であるか、意見であるかを見極めることです。事実かどうかを確かめるには、実際に現場に行ってみたり、その人に会ってみることも必要でしょう。また意見ならば、それがどの程度独創的なのか自分で評価しなければいけません。


青木擴憲

縁側で玉音放送を聞いていた時、父がもらした「どうしよう……」という言葉に、母は「そのときは、そのとき」と答えていました。


枡野俊明

大切なのは、深くゆっくりと呼吸すること。へそから指4本ぶん下にある「丹田(たんでん)」を意識しながら、深く息を吸い、ゆっくりと吐いていく。これを繰り返すことで、感情が腹に留まり、頭までせり上がるのを防ぐことができます。呼吸をしながら「大丈夫、大丈夫、大丈夫」などと3回唱えると、より心を落ち着かせることができます。


野村克也

一芸に秀でた人間が、気づけば他の芸も身につけ、さらに一流のプロとして磨きをかける。そんなことも少なくない。ひとつを極めた人間にとっては、別の道でも「何をどうやれば結果が残せるか」が見えやすくなる。そして、一芸で得た「自分はデキる!」という自信が、別の道でも自分を磨く時の余裕となる。つまり一芸があれば、他の道も開くんだよ。


篠崎正芳

「報告」は義務なので、時間をあらかじめスケジュールに組み込んで報告させるようにします。日常的な声掛けとは違うので、上司は自分勝手な都合で報告を求めてはいけません。報告日やフォーマットなどのルールを決めて伝えれば、外国人はきちんと従います。


西浦三郎

我々は大手ではありません。自己資本も多くないため、大手と同じことをやっていたら必ず負けてしまいます。ですから常によそのやらないことをやろうと考えています。だからといって奇をてらったことをやるのではなく、当たり前のことを当たり前にやっていく。これを徹底しています。


児玉光雄

最もよくないのは妥協だ。妥協した時点で停滞が始まる。


古市憲寿

ネットは仕事獲得の可能性を広げますが、それは誰もが可能性を手にすることを意味します。つまり競争も激化するんです。


宮坂学

ヤフーは新しいテーマを掲げるべき時期に来ている。新しい挑戦をするときは新しいリーダーシップで行うのが適切だと考えた。

【覚え書き|代表権のない会長になった理由について】


鈴木純(経営者)

今後は山口県のポリエステル繊維工場も閉めないといけない。ここも構造改革の荒波にもまれながら、きっちりと利益を出していた良い事業所です。でも先がないだろうと言うしかない。その利益を伸ばせるのかと。だから既存事業も成長が見込めないなら早く売って、新規事業を成長させるための資金にしたい。そうやっていつも(責任者を)脅かしています。


イチロー(鈴木一朗)

いまでもブレない自分というのが完全にできあがっているわけではありません。ただ、その時々に感じたものを削除するという行為を繰り返してきただけなんです。


北尾吉孝

私は才(能力や才能)よりも徳(良識や見識)を重視します。企業が徳を高めるには、全役職員が徳を高めること、つまり高い倫理的価値観を持つことが必要だと思います。一見、組織は「才人」が引っ張ったほうがよいように思いますが、才能だけで良識・見識のない者がトップに立つと、組織は崩壊します。


山崎妙子(山﨑妙子)

父(山﨑富治)はかねてから、会社の経営理念を社員に理解してもらうために、毎年目標を作り、月ごとに新しい標語を掲げていました。その標語も、いつも短くわかりやすいものをと工夫したそうです。「頭を使ってカネを使うな」という第1号のビラは、群馬銀行の当時の常務に「これは良い、使わせてください」と持って行かれたといいます。他にも色々な標語を考えて試行錯誤を重ねながら、「ほうれんそう経営」にたどりついたのです。


小池百合子

必ず一歩前へ出る。崖から飛び降りたことで、私にも手痛い失敗の経験がありますが、そうした経験は現在の糧になっています。