名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

但木敬一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

但木敬一のプロフィール

但木敬一、ただき・けいいち。日本の弁護士。検事総長。埼玉県出身。東京大学法学部卒業後、東京地検特捜部に任官。法務大臣官房長、法務事務次官、東京高等検察庁検事長、検事総長などを歴任。退官後、弁護士や企業の社外取締役を務めた。

但木敬一の名言 一覧

ロイヤリティーが個人や組織ではなく、自分の仕事に対して向けば、不正はそうそう起こらない。


情実人事を避けるためにも、社外取締役の役割は重要。


これだけ雇用形態が多様化して複雑になると、すべての従業員が会社にロイヤリティーを持つとは言い難い。そうするといくら守秘義務契約があっても、情報が外に出るリスクは増えます。そうした変化を踏まえれば、透明性が重要になります。いち早く不適切情報をキャッチし、透明性を持って大胆かつ、すぐに対応すること、それができる人が、優れた経営者です。


法律で規制しても、ガバナンスコードをつくっても、それを破ろうとする人が居る限りダメです。そこで必要なのは、破ろうとする人を出さないこと、破ろうとする人が出てきたときに、それを即座に発見するにはどういう仕組みが必要か、即座に対応するには何が必要か考えること。


国内企業の株式保有率を見ても30%は外国のファンドが持っています。そうなると、日本企業はグローバルな視点で行動しなければならないのは当たり前です。ただ、ここで工夫しなければならない。大昔、日本は中国から律令制度を取り入れました。しかし、同じく古代中国の代表的な制度である科挙制度、宦官制度は取り入れませんでした。それは日本の風土に合わないからです。ガバナンスには取り組まなければなりませんが、一方で日本的な特性をなくさずにどうやって生き残っていくかが大事なんです。


但木敬一の経歴・略歴

但木敬一、ただき・けいいち。日本の弁護士。検事総長。埼玉県出身。東京大学法学部卒業後、東京地検特捜部に任官。法務大臣官房長、法務事務次官、東京高等検察庁検事長、検事総長などを歴任。退官後、弁護士や企業の社外取締役を務めた。

他の記事も読んでみる

玉塚元一

仕事をする上で目標を持つことは、何年働いていても大事だと思っています。自分は何をやりたいのか、自分の強みは何なのか、どんな分野で組織に貢献し、何を成し遂げたいのか。私は経営に興味があったので、将来は会社を経営できるような人間になりたいと漠然と考えていました。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


酒井誠(経営者)

私は触媒になりたいと思っているのです。それも既存企業同士ではなく、今後、自動車では自動運転やAIの活用が主流となり、これまで自動車と関わりのなかったIT企業が、技術革新の一翼を担うわけです。当社が触媒になって、例えば、アメリカのベンチャー企業が日本に売り込みたいときに、当社がコンサルティングを請け負ったり、メールの仕組みを使って自動車メーカーへのプロモーションの提案をしていきたいと思っています。


津谷正明

確かに、今はグローバル化の中で情報やカネが瞬時に動くため、振れ幅が大きいのは事実です。ですが一方で、環境は絶えず変わるものという意識も持っています。


松田丈志

結局、自分のことばかり考える選手は視野が狭い。周りのことを考えることで視野が広がり、自身も成長していく。何よりも、周りを見渡して配慮できるような人間性を持った選手は魅力的ですよね。


近藤淳也

相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。


中込純

電話番なんていらない。これが私の信条です。人口が減少に転じる中で、コールセンターは取引先企業と消費者をつなぐ電話番だけでは勝ち残れません。保険・証券、通信販売、製造業……。様々な業種を対象に、電話で注文を受けて商品を提供するところまで手掛けたり、時には消費者から届くご意見を分析したりと、取引先企業の右腕になってこそ本領発揮です。


石黒征三

いま、中国などで様々なコピー商品が出回っています。ここでの差異化ポイントは品質です。日本メーカーは今後も品質で勝負していくべきだと思います。


プラユキ・ナラテボー

仏教的な観点では、多くの財産を有し、なんでも恣(ほしいまま)にできる人を「自由な人」とはみなさない。煩悩や欲望などの心の奴隷になっている人は、どんなに財に富んでいても「不自由な人」である。


寺畠正道

数字とロジックの使い方が身に付いたおかげで、グローバルに多くの人々と信頼関係が築けた。自分が相手に対して、不信を抱いたり、不満に思っていたりすると、相手も同様の対応をしてきます。だからこそ、相手を説得するには数字とロジックをもとに信頼関係を築くことが大事なのです。


佐俣奈緒子

今思えば創業当初すごく幸運でした。デザイナーやハードウエアの担当者も初対面の日からなぜか手伝ってくれることになりました。理由を聞いたら、「無謀だと思ったけど、それを真正面からやるのは面白そうと思ったから」と。それから、手弁当でみんなが手伝ってくれて、一緒に会社をやるようになったんです。


井上高志

社内にはクレームやトラブル情報といった悪い話は「速攻でもってこい」と伝えてあります。その際、最も重要なのはファクト、事実です。とくにクレームを受けたという場合には、何が事実なのかをきちんと冷静に報告することを求めます。その件について部下がどう考えるか、つまり主観については、事実の報告を受けたあとに話し合っています。