名言DB

9425 人 / 110833 名言

但木敬一の名言

twitter Facebook はてブ

但木敬一のプロフィール

但木敬一、ただき・けいいち。日本の弁護士。検事総長。埼玉県出身。東京大学法学部卒業後、東京地検特捜部に任官。法務大臣官房長、法務事務次官、東京高等検察庁検事長、検事総長などを歴任。退官後、弁護士や企業の社外取締役を務めた。

但木敬一の名言 一覧

ロイヤリティーが個人や組織ではなく、自分の仕事に対して向けば、不正はそうそう起こらない。


情実人事を避けるためにも、社外取締役の役割は重要。


これだけ雇用形態が多様化して複雑になると、すべての従業員が会社にロイヤリティーを持つとは言い難い。そうするといくら守秘義務契約があっても、情報が外に出るリスクは増えます。そうした変化を踏まえれば、透明性が重要になります。いち早く不適切情報をキャッチし、透明性を持って大胆かつ、すぐに対応すること、それができる人が、優れた経営者です。


法律で規制しても、ガバナンスコードをつくっても、それを破ろうとする人が居る限りダメです。そこで必要なのは、破ろうとする人を出さないこと、破ろうとする人が出てきたときに、それを即座に発見するにはどういう仕組みが必要か、即座に対応するには何が必要か考えること。


国内企業の株式保有率を見ても30%は外国のファンドが持っています。そうなると、日本企業はグローバルな視点で行動しなければならないのは当たり前です。ただ、ここで工夫しなければならない。大昔、日本は中国から律令制度を取り入れました。しかし、同じく古代中国の代表的な制度である科挙制度、宦官制度は取り入れませんでした。それは日本の風土に合わないからです。ガバナンスには取り組まなければなりませんが、一方で日本的な特性をなくさずにどうやって生き残っていくかが大事なんです。


但木敬一の経歴・略歴

但木敬一、ただき・けいいち。日本の弁護士。検事総長。埼玉県出身。東京大学法学部卒業後、東京地検特捜部に任官。法務大臣官房長、法務事務次官、東京高等検察庁検事長、検事総長などを歴任。退官後、弁護士や企業の社外取締役を務めた。

他の記事も読んでみる

窪山哲雄

文面の親しみやすさと、内容の格調高さは決して相反するものではありません。アメリカのベストセラー作家、シドニィ・シェルダンの本は、わかりやすい言葉で書かれていますが、子供だけでなく、大統領も読んでいます。


關昭太郎(関昭太郎)

私は証券会社でも大学でも、改革と革新のために自分の志と情熱、ビジョンを惜しみなく投入してきました。その間、様々な方々との出会いや貴重な体験を通じて、その人たちが持っているイデオロギーで人を判断することはできないという人間学というか、人間哲学を学ぶことができました。このような経験は、わたしの人生に大変大きな勇気と英知を与えてくれました。


ジャスパー・チャン

ミッションや戦略はグローバル企業として同じものを掲げています。ただ、お客様に提供するサービスの内容や品揃えは各国で考えて決めています。お客様にどうすればベストなサービスを提供できるかを、日本の人たちとともに考えています。


高橋俊介

いまは仕事の分業化や専門化があまりに進んだ結果、仕事において限定された能力ばかりを使う状況が起きている。そのため仕事とは別の能力を必要とする趣味を持つことで、まるで違う能力を活性化させて、全人的な能力のバランスを保つことも重要だ。その趣味が意外なところで仕事の役に立つこともある。


朝倉祐介

飛び込むか、飛び込まないか。後悔を残したくない。だから創業者の笠原健治から「社長をやってほしい」といわれたとき、断るという発想はありませんでした。


松尾均

マンネリ化した観光地も「光の当て方」によって、新しい魅力を放つんです。例えば(建設中の)東京スカイツリー。あれを単に「新たな観光名所」という側面からではなく、「いましか見れない」という要素に重点をおきます。建設中の東京港臨海大橋(東京ゲートブリッジ)などと併せて私たちは「東京、ただ今工事中。」と題したツアーを販売しています。また廃車寸前の二階建てバスを改良して天井を切り、二階建てオープンバスを作りました。このバスで皇居前の千鳥ヶ淵近辺を桜の季節に巡るツアーを実施。どちらも大盛況でした。これは「前からあったもの」に知恵を絞り光の当て方を変えただけ、なんです。


カーリー・フィオリーナ

両親にとって成功とは、有名になることでも大金持ちになることでもない。知性と人格がすべてだった。人格の面で両親が大切にしたのは正直、誠実、信頼であった。絶対に嘘をついてはいけない。間違ったことをしてはいけない。自分の信念に常に忠実でなければならない。と教えられた。成功とは外側から測るものではなくて、内側から見るものだったのである。その点では絶対に妥協しない二人だった。


上田準二

従来の感覚で改革ができるでしょうか。知らない方がやれるんじゃないかと思っています。


鳥越恒一

移動中はともすればボーっとしがちなので、「この時間はこの案件について考える」などと、あらかじめ考えるテーマを決めておくようにしています。こうして移動中に構想を練っておけば、後ですぐに取りかかることができます。


青崎済

何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。