名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佃和夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佃和夫のプロフィール

佃和夫、つくだ・かずお。日本の経営者。三菱重工業会長。山口県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院舶用機械工学専門課程修了後、三菱重工業に入社。高砂製作所タービン技術部長、高砂製作所副所長、名古屋機器製作所長、取締役、産業機器事業部長、近畿コカ・コーラボトリング取締役、三菱重工業常務取締役海外戦略本部長などを経て三菱重工業社長に就任。そのほか、日経連副会長、成蹊学園理事業などを務めた経営者。

佃和夫の名言 一覧

私は矜持という言葉を大切にしています。人も企業も自信と責任を失ってはいけません。矜持を持って接し、双方の立場を理解してこそ信頼感が生まれます。


国や文化によって濃淡はあるでしょうが、信頼感の裏付けのない数字だけでビジネスはできません。


納期を守る、約束した品質で仕上げることは日本人が持つ優れた資質です。いま、日本企業はグローバル展開を迫られていますが、恐れることはありません。世界でも矜持を持って行動すれば、信頼感が生まれます。


ビジネスをする上で、価格やスペックなどの数字は重要です。当社もコスト競争力や品質向上のために、努力を続けています。しかし、ビジネスは人と人との関わりあいです。納期を守る、約束した品質で仕上げるという責任が、無機質な数字を支えています。


初の商業契約衛星を搭載したH2Aロケットの打ち上げに成功しました。ロケットは優秀な人材と多額のコストが必要です。失敗するリスクもあり、アナリストからは「やめろ」と言われ続けています。しかし、ロケットは国にとって重要なインフラです。諦めずにやり続けることは、企業としての理念であり、矜持でしょう。


佃和夫の経歴・略歴

佃和夫、つくだ・かずお。日本の経営者。三菱重工業会長。山口県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院舶用機械工学専門課程修了後、三菱重工業に入社。高砂製作所タービン技術部長、高砂製作所副所長、名古屋機器製作所長、取締役、産業機器事業部長、近畿コカ・コーラボトリング取締役、三菱重工業常務取締役海外戦略本部長などを経て三菱重工業社長に就任。そのほか、日経連副会長、成蹊学園理事業などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

大塚寿

年末までの2カ月間でまずやるべきなのは、自分の成長をリストアップすること。そして、「今年中にやろうとして、まだできていないこと」に、とにかく手をつけること。


山本護

社長に就任したとき、「笑顔日本一のホテル」というスローガンを掲げた。笑顔でいれば、自然とお客様との会話が弾み、たとえば「こんなレストランにいきたい」「今日は娘の誕生日」といったお客様の情報・ニーズを聞き出すことができる。それをもとに万全の対応をする。「笑顔のおもてなし」によって、格式重視の一流シティホテルとの差別化を図っていく。


横田南嶺

人の存在は、たとえるなら大海に浮かぶ泡のように、はかなくあやういもの。しかし、泡は海と一体であり、果ては大気になります。自然はすべてつながり、一体となって切り離せないものです。そのつながりの一部に自分が存在しています。頭で考えて自分を守ろうとするから、心に不安と動揺が生まれます。全体の中の一部として、与えられた役割を精一杯務めることが大切でしょう。


樋口泰行

日々のTODOリストに落とし込めない、長期的な戦略や懸念、社内外に示す方向性などを、休みの日に真っ白な紙に書き出して整理しています。日々の仕事に追われていると、マクロレベルの視点が持ちにくくなるのです。一歩引いて見直すと、今取り組んでいるプロジェクト全体の価値や優先順位が整理できます。


リンダ・グラットン

グローバル企業のリーダーが間違った意志決定をする原因のひとつは、24時間対応と出張の連続によるストレスです。グローバル化によって意志決定が複雑になる中で、疲れたときに意志決定をしないために、十分な睡眠の確保や長時間働くことを防止するなどリーダー自身がストレスレベルをチェックすることが求められます。


澤田秀雄

確実に結果を出すために必要なものは、やる気の継続です。大半の人は、最初は意欲満々で臨んでも、途中で壁にぶつかると途端にモチベーションが下がってしまう。いかにやる気を高く持ち続けるかが最大のポイントです。


ルディー和子

類人猿の時代から、人間は自由を欲してはいますが、不安があるときは仲間と一緒にいたい。高度成長時代には、そんな仲間をつくらなくても家族単位で団結できましたが、いまは一人暮らしの人が多い。Twitterやソーシャルネットワークサービスで仲間をつくるのは、ネットを通して仲間をつくりやすくなったこともありますが、やはり不安の表れでしょう。


俣野成敏

社内ベンチャーを立ち上げたとき、起業家ですから、社内にオフィスを間借りするための家賃交渉もしなければいけない。今まで一方的に決められていた給与も、自分で自分を査定し交渉する。こうした、「分析」「決断」の繰り返しが、ただのサラリーマンだった僕を鍛えてくれました。親会社の決裁を待たずに独断で「ここぞ」という出店の話を決めてきた時は、さすがに大目玉を食らいましたがね(笑)。こうして普通のサラリーマンではできない経験を重ねる度に、目の前の視野が開けていきました。判断を会社に任せ、言われた仕事をこなす以上に成長していることを実感したのです。


近藤宣之

顧客との深いつながりを目指しながらも甘さがない姿勢が、海外の取引先にも評価されているのです。


石原一裕

秋から冬にかけては、各店のクルーの中でも精鋭を集めて研修旅行をします。2012年は高尾山で山登りをしました。毎晩遅くまで、彼らは自主的に「どうすれば店舗やサービスがもっと良くなるか」を話し合っています。朝まで続くことも珍しくありません。各店舗の代表という誇りがあるのでしょう。研修旅行で得た刺激や学びは、彼らを通じて各店のクルーに伝わっていきます。これらのイベントが、クルーのやる気の向上につながっています。


平林岳

夢を持っているなら、何とか方法を見つけてチャレンジしてほしい。投げ捨ててしまったら終わってしまう夢も、本当に無理だったのかどうかは、とにかくやってみなければ分からない。


藤野英人

公開市場というのは誰もがアクセスできることが重要です。市場においては投資家に貴賤はなく、よい投資家や悪い投資家というのはあってはならない。