佃和夫の名言

佃和夫のプロフィール

佃和夫、つくだ・かずお。日本の経営者。三菱重工業会長。山口県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院舶用機械工学専門課程修了後、三菱重工業に入社。高砂製作所タービン技術部長、高砂製作所副所長、名古屋機器製作所長、取締役、産業機器事業部長、近畿コカ・コーラボトリング取締役、三菱重工業常務取締役海外戦略本部長などを経て三菱重工業社長に就任。そのほか、日経連副会長、成蹊学園理事業などを務めた経営者。

佃和夫の名言 一覧

私は矜持という言葉を大切にしています。人も企業も自信と責任を失ってはいけません。矜持を持って接し、双方の立場を理解してこそ信頼感が生まれます。


国や文化によって濃淡はあるでしょうが、信頼感の裏付けのない数字だけでビジネスはできません。


納期を守る、約束した品質で仕上げることは日本人が持つ優れた資質です。いま、日本企業はグローバル展開を迫られていますが、恐れることはありません。世界でも矜持を持って行動すれば、信頼感が生まれます。


ビジネスをする上で、価格やスペックなどの数字は重要です。当社もコスト競争力や品質向上のために、努力を続けています。しかし、ビジネスは人と人との関わりあいです。納期を守る、約束した品質で仕上げるという責任が、無機質な数字を支えています。


初の商業契約衛星を搭載したH2Aロケットの打ち上げに成功しました。ロケットは優秀な人材と多額のコストが必要です。失敗するリスクもあり、アナリストからは「やめろ」と言われ続けています。しかし、ロケットは国にとって重要なインフラです。諦めずにやり続けることは、企業としての理念であり、矜持でしょう。


佃和夫の経歴・略歴

佃和夫、つくだ・かずお。日本の経営者。三菱重工業会長。山口県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院舶用機械工学専門課程修了後、三菱重工業に入社。高砂製作所タービン技術部長、高砂製作所副所長、名古屋機器製作所長、取締役、産業機器事業部長、近畿コカ・コーラボトリング取締役、三菱重工業常務取締役海外戦略本部長などを経て三菱重工業社長に就任。そのほか、日経連副会長、成蹊学園理事業などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

韓昌祐

社員は、「会長はまた目標5兆円なんて……」と言いますが、バカモン、目標というのは高く設定するもんだと言い聞かせました。目標を低くしてこれでいいやと思ったら、かえってその半分も達成できないものです。
【覚書き|年間売上目標を5兆円にした理由について語った言葉】


坪田一男

人はどんなときに幸せや不幸せを感じるのか。そのことを調査した数多くの大規模調査では、幸せともっとも大きな相関関係があったのは、なんと「睡眠」と「上司」だったそうだ。しかも、「結婚」が幸せにもたらす影響も、毎日顔を合わせる「上司」の比ではないという。


水谷隼(卓球)

ただ汗をかくだけの「頑張ってる感」アピールの練習はムダ。本番のために自分に何が必要かを考えて取り組まないと、時間の浪費になる。


若松義人

トヨタでは「まずやってみる」ことを重視します。思い通りにいかなかった時は「5つのなぜ」方式で原因を究明し、「失敗のリポート」を書くことで視える化するのです。


阿部観

どれだけビジネスモデルがよかろうと、やはり人次第。対応の悪いコンビニに行かなくなるのと同じ。近くに別のがあるのならそっちに行こうとなってしまう。


川野澄人

社長になってから、出店や投資などの重い決断を下して、最終的な責任を負わなければならなくなったので、少なからずストレスは増えています。仕事は際限なくあるのだけれど、のめり込みすぎると体調管理がおろそかになる。体調が悪ければ経営判断の間違いを招きかねません。


谷口健太郎(経営者)

孫(正義)さんからは「いつまで同じことをやっているんだ。どうビジネスモデルを進化させるのか、脳みそが千切れるくらい考えろ」と言われています。


石川康晴

組織や人の不活化は、経営者が最も避けたい問題。早速取り組んだ改善案の1つが、「席替え」でした。事業部別ではなく、機能別に変更し、担当しているブランドの枠を超えて一緒に座ることにしました。「席替え」効果は、想定よりも早く表れました。「成功」と「失敗」の事例がだんだん共有され始めてきて、情報交換が頻繁に起こる。やがて組織内外で風通しが良くなり、人や事業が密に連携してきた。面白いもので、組織が果たす役割が理想像に近づいてくると、会社の雰囲気も変ってくるのです。


川西勝三

どのような協議でも、監督・コーチは、試合で選手が最高のコンディションになるようになるよう知恵を絞り、ときには厳しく、ときには優しく指導し、腐心します。しかし企業内では、「企業は人なり」と言いながらも、上司が部下を真摯に育成しているとはいえない面があります。ここもスポーツに学ぶ点があると考えています。


小山昇

経営というのは、幹部をはじめとした全社員が社長の言ったことをきちんとやることだ。社長は絶対だ。


柳橋仁機

マネジメントとは、あくまでも“人対人”の営みであり、「相手を知る」ことが大前提となる。


二宮尊徳(二宮金次郎)

よく徳に報いる者は、将来の繁栄のことはさておき、今日ただいまの丹精(心を込めて励むこと)を心掛けるから自然と幸福を受けて、富貴がその身を離れない。


岡田斗司夫

ダイエットは食べる量は減るけれど、それは我慢ではなくて、好きなものを選りすぐって食べるということです。だからダイエットは我慢ではなく、贅沢なんです。


島井哲志

死を強く感じ、恐ろしく思うのはどのようなときか。人がもっとも死を意識するのは、身近な人の死を経験したときであると調査の結果からわかっています。人間の最大のストレスは、配偶者や親、子との死別です。親しい人の死に対峙したときに、自分自身の死を考える。存在への言い知れぬ不安に襲われます。その気持ちを「よい方向」に持っていくことが大切です。人生を悲観するのではなく、自分の中にある譲れないもの、「私はこれを大切にする」という、方向性を見出すことが求められます。


蛭子能収

(賭け)麻雀で捕まり、テレビのほうは3か月の謹慎になりました。謹慎が解けたら、レギュラーが3本か4本あったんだけど、すべてすぐに迎え入れてくれましたけどね。ありがたかったです。自分なりに、できることを手を抜かず、ちゃんとやってきたことを見ていてくれたのかなって。


ページの先頭へ