名言DB

9412 人 / 110637 名言

似鳥鶏の名言

twitter Facebook はてブ

似鳥鶏のプロフィール

似鳥鶏、にたどり・けい。日本の小説家。千葉県出身。千葉大学教育学部卒業。『理由(わけ)あって冬に出る』で小説家デビュー。『戦力外捜査官』がテレビドラマ化された。

似鳥鶏の名言 一覧

洗脳、抑圧に対抗するには、本を読んで教養をつけることが重要。相手が何をしようとしているのか、どんな方向に導こうとしているのかは、自分から積極的に考える姿勢がないとわかりません。


声が大きい攻撃的な人ときちんと論証する人が争うと、前者が勝ってしまう。そして、多数が支持した意見は正しいとされるのが、民主主義の恐ろしいところ。独裁者だって、最初は人気者の顔をしてやってきます。バイアスがかかった意見ではないか、我々もしっかりと見極める必要がある。


本は、どの作品を読み、どう受け取るのか、すべて読み手次第。映画やテレビのように音楽演出やカメラワークで伝えてきてはくれないので、自分から積極的に考える姿勢が身につくメディアだと思います。そこに魅力を感じますし、本を読むことで安易な考えに流されない、確かな教養も身につくのではないでしょうか。


似鳥鶏の経歴・略歴

似鳥鶏、にたどり・けい。日本の小説家。千葉県出身。千葉大学教育学部卒業。『理由(わけ)あって冬に出る』で小説家デビュー。『戦力外捜査官』がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

岸博幸

機械や外国人労働者にはマネできないスキルとは何か、よく考えてみましょう。すぐにはマネできないスキルがあれば、そのスキルを売りに職場を変えてみる。ポジションは与えられるのではなく、自分で取りにいく。これからはそんな力が必要です。


徳重徹

市場が黎明期のときにスピード感を持ってやることが重要。


岩瀬大輔

競争が始まったのは、僕らにとってもいいことです。ネット生保のシェアは、まだ1%もありません。いろいろな会社が新しく参入することで、残り99%の人が検討してくれる期待のほうが大きい。


熊谷正寿

GMOはナンバーワンの集合体としての日本を代表する総合インターネットグループにならなければいけない。様々な業態に手を伸ばす会社は全てが中途半端になりがちですが、我々はナンバーワンの集合体になる。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

20代、30代のうちは、周りをどんどん巻き込みながら、でっかい夢を追いかけたらいいんだよ。夢なき者に成功なし。名声や財産なんて、成功すれば自然に手に入るものだ。


澤口俊之

部下への指示は役割分担を明確にし、ひとつの仕事は一人にまかせること。誰かと組むとどうしても相手に頼り、力を発揮しなくなるという脳の特性があります。


瀬戸雄三

現場から遠くなると、とかく人は評論家になりがちです。たとえば、政府の構造改革についてあれこれ議論はするが、自分の会社はちっとも改革が進まない。こんな経営者が増えているのではないでしょうか。いまの日本が中国や韓国に比べ元気がないのも、ビジネスの現場に評論家が多くなったことが一因のような気がします。


岸見一郎

部下にバカにされないためには有能な上司になるしかない。本当に実力のある上司なら、部下も尊敬するでしょう。上司に求められる仕事、つまり部下を適切に指導し、引き上げることに徹すればいい。


上田準二

いくつもトライし、失敗したものを捨てるのはいいが、大切なのは、自分の道を捨てないことだ。


クリス・アンダーソン

私の場合、自分がやり始めて夢中になったことが何か大きなムーブメントの一部ということが多い。メイカーズ革命にかかわったのも、5人の子どもたちのために理科の実験材料を探していたのがきっかけだ。レゴのロボティクス教材を使ってラジコン飛行機を自動操縦する実験を考えついたのだが、その瞬間、スマートフォンには飛行機を飛ばすのに十分なセンサーやプロセッサーが搭載されていることに気がついた。スマートフォンのおかげで洗練されたセンサーやGPSなどがいつの間にか手に入るようになり、こうした技術でいろいろなことができると思いついたんだ。そこで、ネットにコミュニティをつくり、プログラミングや組み立てをするようになった。私には工学やデザインの学位はないが、簡単にものづくりを始められた。自動操縦装置に必要なモーターもアリババドットコムで部材を探して、それを現地の企業に組み立ててもらった。このモーターを受け取ったとき、製造設備を持たない自分がメイカーになれると実感した。子どものための実験材料はいまや大きな工場を2つ抱える事業に成長した。


森下一喜

何をするにしても、100%の力を出し切ることは心がけています。そうしないと、失敗したとしても、「全力を出していないし」と言い訳を始める。これでは、教訓は得られません。また「運が悪かった」と考えるのもいけない。常に全力を出して失敗し、その結果を素直に受け止める人ほど、成長できると考えています。


内田篤人

成長って、その環境に慣れることだと思う。だからレベルの高いところへ行った方がいい。


小宮山宏

日本には、まだどの国も解決したことのない課題が山積しています。資源のない国土におけるエネルギーの不足、都市化による環境汚染やヒートアイランド現象、高齢化と少子化など、世界に先駆けて問題に直面した日本は「課題先進国」を脱して「課題解決先進国」になることこそが活路だと私はよく話しています。


福原義春

企業の背骨とも言える価値観の体系を、どう遺伝子として組織に残していくか。経営者は自らと対話し、価値基準を見定め、それを語り部として次世代に伝えなければなりません。それが後々企業の見えざる資産となっていくのだと思います。


塙宣之

ネタには自信がある一方で、最近は「テレビで本当に活躍するにはテレビ芸をちゃんと身に付けなくちゃいけない」とも思っています。漫才で勝負する上では地味な見た目も利点ですけど、バラエティ番組では「リアクションが薄い」と言われていますから。オンエアで見ると埋もれている。リアクション芸にしても他の芸人さんの動きについていけず、見ちゃうだけになっちゃうんですよね。独特のスピード感やどうしたら面白くなるかの動きの力学は、勉強になります。同じ畑に立ったらまったく勝てないですよ。