名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伴蒿蹊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伴蒿蹊のプロフィール

伴蒿蹊、ばん・こうけい。江戸時代後期の歌人、文筆家、商人。近江八幡出身。8歳で豪商・伴庄右衛門資之の養子となり、18歳で家督を継ぐ。36歳で隠居し著述に専念。著書に『主従心得草』『閑田詠草』『閑田耕筆』『閑田次筆』『近世畸人伝』など。

伴蒿蹊の名言 一覧

他人へ対しては無理をせよ、勘定さえよければよし、自分は正直に主人へ奉公をせよということは道理ならず。一筋なるものなり。主人のためにとて他人へ非道をする人は、また我が身の為にとて主人へ非道をすべし。よくよく心得て申しつけらるくし。


伴蒿蹊の経歴・略歴

伴蒿蹊、ばん・こうけい。江戸時代後期の歌人、文筆家、商人。近江八幡出身。8歳で豪商・伴庄右衛門資之の養子となり、18歳で家督を継ぐ。36歳で隠居し著述に専念。著書に『主従心得草』『閑田詠草』『閑田耕筆』『閑田次筆』『近世畸人伝』など。

他の記事も読んでみる

梅田望夫

狭くひとつのことに没頭するだけが「好きを突き詰める」ことではないと思います。ユーザーの声も含めて、好きなことと仕事の接点すべてに興味を広げることです。


田原総一朗

いまの日本の状況は危ういと僕は感じています。テレビにしても新聞にしても、どうも自由にモノが言えない雰囲気が漂っている。あなたの職場はどうだろうか? 自由にモノが言えますか? それとも暗黙のうちに触れちゃいけないこととか、タブーみたいなものでがんじがらめではないだろうか? 職場の空気がひとつ出来上がると誰もそれに反対する人がいない、なんてことはないだろうか? 風潮に流されるのではなく、一人ひとりが自由にモノを考え、自分の考えに従って主体的に行動する。誰かから与えられるのではなく、自ら与える側に回る。世の中の閉塞感を作りだすのも打ち破るのも、ひとえにそれにかかっていると僕は考えます。


高橋俊介

いまのように時代の変化のスピードが速く、しかも複雑化した社会では、自分の仕事が最終的にどんな価値に結び付くのかが見えにくく、この仕事には何の意味があるのかと疑心暗鬼になりがちだ。だが、どのような仕事でも楽しんで成果を上げてくる人は、仕事に意味を持たせるのが上手い。


増田直紀

知り合いを増やすか減らすか、あるいは人間関係に使う時間と自己開発に使う時間のバランスをどう取るか、たくさんの人と薄くつながるか、それとも少数の人と濃くつながるか……これらに一般的な正解はありません。自分がどうありたいかによって、取捨選択する必要があります。ただひとついえるのは、あまり偏りすぎるのはよくない、ということでしょう。


野尻佳孝

リーダーに必要なのは有言実行ということです。目標に向かって自分がどこまで行動で示していけるかだと思うんです。お客様に最高のサービスを提供することに始まり、マネジメントの中にあるさまざまなカテゴリーに至るまで、きちんと目標を定め、それに向かって自分が先頭に立って貪欲に挑み結果を出すこと。これがリーダーには一番重要なことじゃないかと思います。このことを僕は自分の体でレクチャーしているつもりです。


出井伸之

二年前から私は、複雑系の経営ということを言っています。グループの企業価値の全体和は、その部分となっている事業ユニットの足し算よりも絶対に大きくなければいけない。この複雑系の経営は、ボーダーレス時代にふさわしいと考え、会社の部門を独立させる社内カンパニー制を強化しました。各事業ユニットであるカンパニーは執行役員に任せ、本社の十人の取締役会がグループ全体の経営の基本方針を決める形にしました。これは事業ユニットを切り離してソニー全体の価値を上げていく持ち株会社的な分散型モデルの第一歩です。


三谷宏治

大きく失敗したくないなら、チームに一人だけ女性を入れて「女性目線を取り入れた」と言えばいい。しかしまったく新しい商品の開発を目指すならば、メンバー全員を女性(や素人)にするぐらいのチャレンジが求められます。


ロデリック・クレイマー

当然のことですが、プレーヤーに必要なスキルと、マネジャーに求められるスキルは別物です。適切なスキルを持っていない人をマネジャーに昇進させるべきであはりません。


青井忠治

すべて自分のことだと思って全力を尽くす。自分のことと思えば、どんなつらいことでも我慢できる。


佐々木隆(経営者)

高度情報化社会は価値の多様化、分散化をもたらします。旅行業であれば、かつて消費者は全員同じ方向を向いていました。団体旅行がその対象です。しかし、インターネットが普及すると、環境がガラリと変わりました。旅行に対して消費者が急速に能動的になり、それぞれの価値観で旅をするようになったのです。価値がモザイク状に分散化したと言ってもいいでしょう。こうした状況に、巨大で統制された組織では対応できません。2万人を超える当社社員が単一の価値基準で動こうとしても、相手が分散化しているわけですから。


小田真弓(加賀屋女将)

旅館は家。客室係は私にとって大事な娘です。親なら、自分の娘につらい仕事はさせたくないと考えるのが心情です。しかも料理の運搬は、重労働で、モノを運ぶだけです。お客様への気働きには何の関係もありません。料理の自動運搬システム導入で、客室係の負荷が軽減できました。


橘フクシマ咲江

メールには片道通行という弱点があります。直接会って話をするときのように、相手の反応を見ながらニュアンスや言葉を修正していくことができません。不適切な表現が入っていても、そのまま伝わってしまい、いつまでも残ります。もし少しでも「失礼だ」と思われたら、そこで関係者の入り口は閉ざされてしまいます。どんな読み手にも失礼にならないよう慎重に言葉を選ぶ必要があります。