伴蒿蹊の名言

伴蒿蹊のプロフィール

伴蒿蹊、ばん・こうけい。江戸時代後期の歌人、文筆家、商人。近江八幡出身。8歳で豪商・伴庄右衛門資之の養子となり、18歳で家督を継ぐ。36歳で隠居し著述に専念。著書に『主従心得草』『閑田詠草』『閑田耕筆』『閑田次筆』『近世畸人伝』など。

伴蒿蹊の名言 一覧

他人へ対しては無理をせよ、勘定さえよければよし、自分は正直に主人へ奉公をせよということは道理ならず。一筋なるものなり。主人のためにとて他人へ非道をする人は、また我が身の為にとて主人へ非道をすべし。よくよく心得て申しつけらるくし。


伴蒿蹊の経歴・略歴

伴蒿蹊、ばん・こうけい。江戸時代後期の歌人、文筆家、商人。近江八幡出身。8歳で豪商・伴庄右衛門資之の養子となり、18歳で家督を継ぐ。36歳で隠居し著述に専念。著書に『主従心得草』『閑田詠草』『閑田耕筆』『閑田次筆』『近世畸人伝』など。

他の記事も読んでみる

小口善左衛門

私自身の価値は「役職」にあるのではなく、生涯をかけて何をするかという「職業」にあると考えているからです。多くの人は、「自分は部長だ」「課長だ」などと、役職を自分の役割だと捉えるので、それが失われると自分自身の価値がゼロになったと感じてしまうのでしょう。でも、定年もあり、役職はいずれ失われるものです。一方、今は定年後も働くことが求められる時代です。生涯を通じて極めるべきはやはり、「職業」ではないでしょうか。そして、私の場合はそれがコンサルティングだったということです。


三枝利行

日本の人口が減ることはもちろんマイナス要因ですが、我々の業界にとっては人口のボリュームもさることながら、「人が動く」ことがより重要なのです。人が動き続ける限り、ビジネスチャンスはある。利便性の高い地域に人口が集中するということは、言いかえれば利便性の低い地域から高い地域へ「人が動く」ことに他なりませんから、そこには大きなビジネスチャンスがあるわけです。「人が動く」ことと同時に、「住まい方」の変化も、我々にとっては大きなビジネスチャンスを生むものです。


ヨシタケシンスケ

僕は絵本をつくるとき、大人、子供の両方に重要度の高いものを選ぶのが好きなんです。物の考え方や発想法は大人子供に関係なく、大事なことだと思うので。日常のなかで何か面白いことを探していこうとすると、その発想は、じゃあ、何がつまんないんだろうというところに行き着くはず。だから子供が「つまんない」と口にするのは真っ当なことなんですよね。要は「世界が僕を楽しませてくれない」ということに対するクレームなのだから。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

君は楽天(トラベル)をうらやましく思うかもしれないけれど、大衆を扱うビジネスは最後は資本力対資本力の戦いになる。効率がいいようで実際は大変だよ。
【覚書き|「一休」創業者の森正文氏に贈った言葉】


やましたひでこ

「必要か、不要か」「適しているか、適していないか」「快か、不快か」。この3つの基準をクリアしたモノだけが、今のあなたに必要なモノ。「要・適・快」に基づいて選択と決断を重ねることは、思考、感覚、感性を磨くことにもつながります。


林野宏

中途採用で銀行やメーカーなどの一流企業から千差万別の人が集まってきて、それぞれがカード開拓で頑張るわけです。だから面白い会社ができたんですね。それが成功の要因です。


森永剛太

森永製菓が長く成長し続けられたのは、正義が基盤にあるからです。従業員に対する正義、顧客に対する正義、パートナーに対する正義です。


山村幸広

ある社員が新しいコンテンツの企画を提示してきたとします。でも、それが新しい会社の方向性とズレていると感じたら、「たとえこれで多くのユーザーが集まったとしても、私は評価しないよ。新しいエキサイトにはそぐわない」と、何度でもやり直しを命じました。全部の社員が見ている前で、幹部社員と私が事業内容を巡って、問答を繰り返したこともありました。
【覚書き|エキサイトを規模拡大から利益重視に、顧客層も広く浅くから絞り込み戦略に大幅に方向転換したときを振り返っての発言】


斎藤広達

仕事をマネする対象は、できる上司や先輩だけではありません。クライアントの担当者や、協力企業の社員など、どこにでも手本は存在します。しかし、外部の人を四六時中観察するのは、なかなか難しいものです。そこでお勧めなのが、1日1個でよいから、出会った人の長所をノートに書き込むこと。そうすれば、周囲から学ぶ姿勢を、常に意識するようにもなるし、何よりそのノート自体が、仕事のノウハウが詰まった、あなた自身の財産となるはずです。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

模倣対策はビジネスモデルから特許でバチっと押さえます。過去にたくさん苦い汁を吸っていますからね。特許で守らなければ、どんなに良い物ができても、すぐマネされて、あっという間に追いつかれます。


村岡恵理

心の磁石とは、誰かの言葉だったり、格言だったり、姿だったり、時に1冊の本だったりします。宗教、歴史、芸術作品かもしれないし、スポーツや趣味、また、自然という人もいるでしょう。自分を原点に立ち返らせ、方向を示してくれるもの。力を与えてくれるもの。それを持っているのと持っていないのとでは、きっと人間的な豊かさも強さも大きく違ってくるでしょう。


曽山哲人

社員にとっては、自分たちの声に基づいて会社が実際に何かを「変えて」くれるかどうかは別にして、まずは会社が社員個人の意思を「受け止めて」くれることが、モチベーションを維持するうえで大切です。


平井伯昌

人の真似をするのではなく、真似されるような人間になれ。


吉田典史

大きな成果を出して自分の存在を誇示し、信頼を得る方法もあるだろう。だが、上司は常に自分の身を守りたいという防衛本能を持っている。場合によっては、上司を脅かす成果を出した後に意図的に潰される可能性もある。これを避けるためにも、上司との些細なやり取りの中で信頼を少しずつ高めていく方法を選択するといいだろう。


谷内正太郎

世界と共存し、ゼロサムではなくプラスサムの世界をつくるべく、交渉の中で努力することが大事。自国の国益、産業のことだけを考える姿勢になっては交渉はまとまらない。


ページの先頭へ