伴淳三郎の名言

伴淳三郎のプロフィール

伴淳三郎、ばん・じゅんざぶろう。昭和初期の喜劇役者、俳優。「アジャパー」などの流行語を生みだした。三枚目役のみならず、シリアスな役でも活躍した映画俳優。

伴淳三郎の名言 一覧

若いうちにうんと貧乏を味わいなさい。そして苦しみなさい。悩みなさい。


伴淳三郎の経歴・略歴

伴淳三郎、ばん・じゅんざぶろう。昭和初期の喜劇役者、俳優。「アジャパー」などの流行語を生みだした。三枚目役のみならず、シリアスな役でも活躍した映画俳優。

他の記事も読んでみる

越智直正

振り返れば、丁稚時代に「人間の予測は絶対に当たらない」と確信したことが、今の商売の基盤になっています。


津坂純

母は言葉でモノを言うのではなく、行動で私たちを教育する人で、「感じること」「愛すること」「励むこと」「物事を考えること」それから「夢を見ること」。これら人として大切な5つの教えに関して、言葉で説明するというよりも自分の行動を通して背中で教える人でした。


三枝利行

最も印象に残る仕事の一つが住宅事業本部の部長だった2000年代前半のこと。東京都内の高級マンションのモデルルームで、ドアを開閉する時の音に納得がいかず、モデルルームを取り壊したことがあります。他の社員、販売会社と様々な方にご迷惑をかけましたが、自分が納得いかない仕事には妥協したくありませんでした。


山海嘉之

私たちは一体、どういう未来をつくるべきなのかというところからスタートしている。私たちは社会課題解決型経済を目指す。社会課題を解決していくこと自体を重要視するような産業づくりや経済のあり方を追求していく。


吉永泰之

自分の会社の立ち位置をもう一度冷静に見つめ直すことから始めました。そうすると、当社は規模の力で生き抜いていく会社ではないので、選択と集中、差別化、あるいは付加価値で強みを発揮していく以外に道はないと考えました。


舘神龍彦

手帳には仕事の開始時間だけでなく、終了時間も明記すること。「13時~ 企画書の作成」ではなく、「13時~15時 企画書の作成」などと、締め切り時間まで記入しないと、ダラダラと作業を続けがち。外出の際はアポの時間だけではなく、移動時間も書き込みましょう。こうして一つひとつの行動にかかる時間を「見える化」することで、自分の持ち時間が目に見えるようになるのです。


阿部観

得られたチャンスを最大限に活かすためには必死にならないといけない。


森田直行(経営者)

JAL再建というと、アメーバ経営やフィロソフィばかりが取りざたされる印象があるが、それらを導入する前に大掃除を実行し、まずは利益を生み出す体質をつくったということを覚えておいていただきたい。


加藤廣

40代で自分に投資すれば、50代でお金が自然に貯まっていく。若いときにケチったり、お金をムダなことに使っているから、50代でお金に苦労する。


中山和義

経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。


西成活裕

一日の終わりに翌日の準備をするのも重要ですが、もっと重要なのは「前日の仕事のやめ方」です。仕事をキリのいいところで終わらせるのではなく、あえて「もう少しで仕上がる」というところで切り上げる。これなら、やるべきことがわかっているから、翌朝に仕事を再開する際もすんなり仕事を始められますし、流れに乗って、その後の仕事もスムーズに進みます。「小さな仕事を始めると、自然と加速がついて、大きな仕事も動かせるようになる」という物理における「慣性の効果」を、仕事でも期待できるわけです。


内永ゆか子

仕事の知識や流れなど、教えてもらった内容を鵜呑みにせず、徹底して考えるということが重要です。一生懸命に考え抜き、自分の腹に落ちればそれでよし。腹落ちしなかったら「私はこう思いますが、どうですか?」と提案してみるのです。これはどの部署でも応用できます。


鏑木正

入社以来、産業用エネルギー、家庭用ガスなど営業畑を一貫して歩いてきた私に、IT本部長に就くよう辞令が下りました。IT本部での仕事が始まって、何よりも驚いたことは、職場内でのコミュニケーションのとり方でした。直接会話を交わすより、もっぱら電子メールを使っている人が多く、「打ち合わせで直帰します。あとはよろしく」と上司にメールを送って、さっさと外出してしまう。これでは十分な意思疎通ができずにトラブルになることも多かったため、仕事のやり取りをメールですることを禁止しました。


蓑宮武夫

高い志がないと、目線がどうしても「その日暮らし」になってしまう。だから、些細なことでイライラしたり、腹が立ったりしてしまう。


小野田寛郎(小野田少尉)

済んだことは済んだことで、愚痴を言っても始まらない。愚痴を言えば前に進む力が減るだけでしょ。だから、愚痴を言うのは大嫌いなんです。愚痴や泣きごとを言う人も大嫌い。


ページの先頭へ