名言DB

9412 人 / 110637 名言

休山昭の名言

twitter Facebook はてブ

休山昭のプロフィール

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

休山昭の名言 一覧

大切なのは、自分の気持ちに灯(ひ)がともっていること。つまりやりたいことが見えていて、エンジンをかける理由があることなんですね。青臭くていい。まずそれを探しましょう。


アクタスは年代や性別にターゲットは置かず、スタイルを切り口としているので、アクタスの共感者、すなわち顧客は減ることはないと考えています。


マーケットがシュリンク(縮小)していくなかで、量販型のビジネスはシェアの獲得が大命題ですから、必然的につぶし合いになります。しかし、我々はライフスタイルを切り口に付加価値型のビジネスを展開することで共存共栄を目指したい。


最初の就職はよく考えず、得意ではない工業部品の製造メーカーに入れてもらいました。懸命にやろうとするのですが、同僚のように昼夜を分かたず製品に夢中になることができない(笑)。僕にとって集中できることは何かと突き詰めたら、それは大好きなインテリアだった。


あくまでもベースとなるのはインテリアですが、共感していただいたお客様に対して、食材やボディケア、アパレル、音楽など生活に必要なものを揃えてこれを横軸に展開する。スタイルがブレなければ何を売ってもいいというのが僕たちの考え。最終的にはモノ以外もやろうと思っています。


年に2回実施している「アクタスワークス」という社内外に向けた展示会は特に重要で、ここでは直営店メンバーとICAのパートナーショップ(フランチャイズ加盟店)の方々が共に何を目指していくのか、戦略とブランドの方向性を共有しています。


世界の都市と比べても特殊な場所である東京にフォーカスした、「LONG LIFE TOKYO」というリノベーションプロジェクトを昨年スタートしました。日本は今、6千万戸以上ある住宅ストックの循環が命題であるとともに、その中古住宅のリノベーション市場の成長が期待されています。リノベーションとは、単に復元することではなく、ライフスタイルに合わせて、間取りや内装を刷新し、「理想の住まい」によみがえらせることです。


わが国の人口や世帯数はピークからはどんどん減少しています。家具業界もこれまでのやり方に固執しているだけでは淘汰され、規模の大きな企業しか生き残れません。顧客に寄り添い、顧客の期待に応えることを事業の軸に置いていれば、同じ売り場に雑貨や家具や衣類など、多彩な商品が並んでいるライフスタイルストアに変化していくことは自然なことなのです。


当社の顧客のようなインテリアコンシャスな層は、大型家具店やチェーン店の安価で画一的な商品を求めているわけではなく、コンセプトがしっかりと際立っている店舗で買いたいと考えていまず。ですので、店舗の立地や顧客に合わせた店舗設計から店づくり全体をサポートしています。また1商圏につき1店舗としか契約しませんので、アクタスの商品はそこでしか購入できないため、小さなお店でも値引きをせずに丁寧に売ることができます。本当に家具への愛情を持って顧客に説明し、最高のサービスを提供してくれるパートナーが増えたことでこのビジネスは成功しました。


以前は取引依頼があったすべての家具店に商品を卸していましたが、それではお互いに幸せではないことが分かりました。大きな家具店や百貨店とのビジネスをすべて白紙にし、「意思のあるオーナー」が経営する店舗だけに絞りました。「共利共生」というコンセプトを持ったICA(インテリア・コラボレーション・アクタス)という仕組みをつくり、卸先との関係性をしっかり構築しながら長くお付き合いしていくスタンスを継続し、今では最も利益率が高い部門に成長しています。


今まで培ってきた審美眼で、生活をよりスタイリッシュに「編集」していくということが重要だと考えています。精神的に成熟した人々にとって、エシカル(環境保全や社会貢献)な生き方は当然のこととして、彼らは大きな家に住んだり、物をやたらと所有して無為に消費を繰り返したりすることが本当の豊かさではないということを知っています。この考え方は当社の創業時からの理念とも共鳴しており、これからも「丁寧な暮らし」の中にある本当の豊かさを追求していくつもりです。


当社の創業メンバーはわずか7人でした。輸入家具がほとんどなかった1967年頃から、北欧を中心にヨーロッパ各国を巡り、高級家具の買い付けを行いました。創業メンバーが初めてヨーロッパで目にした家具たちは、たとえ傷がついても美しさが変わらず、その傷や汚れも自分自身が使い込んだという証しとなり、時の経過が一層その価値を高めてくれそうな家具でした。日本の小さな会社に対して100社を超えるトップクラスのモダン家具メーカーが製品を提供してくれたのは、「この素晴らしい家具たちを日本に広めたい」という情熱があったからです。


休山昭の経歴・略歴

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

柘植康英

目標を持つ会社と持たない会社は決定的に違う。特にリニアは、夢がいよいよ形となる事業でもあり、世の中の大きな期待の高まりを感じる。こうした目標を持つことは、社の内外に対する大きな求心力になる。優秀な人材を集められるうえに、まさに社員一人ひとりの「前向きな気持ち」を支える事業だととらえている。


水城せとな

マンガって、一度描きはじめたら完結するまでに数年はかかるじゃないですか。自分が本当に描きたいと思ってるものを描くだけで精一杯なので、自分から提案することが多いです。


永田豊志

思考の混乱は、現状と目標をきちんと把握していないことから生じることが多い。つまり、現状と目標を明確にして、それからやるべきことを考えれば、頭の中は混乱しない。


パク・ジョアン・スックチャ

「自分がしてほしいことを人にもしてあげよう」と考える人が多いと思いますが、ダイバーシティにおいては、一歩進んで「相手がしてほしいことをしてあげる」のがプラチナルール。それには相手とよく会話し、理解なければ始まりません。


原谷隆史

ストレスのまったくない仕事はありませんし、ストレス自体は必ずしも悪いとは限りません。適度なストレスは、人間の成長に欠かせないからです。ストレスを感じるのは正常な反応であり、それを解消して回復すればいいのです。


岩澤誠一郎

運用の醍醐味は短期でもうけること。直近の上げ相場でどんな人が勝っているかを見るのは重要。


伊達政宗

時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。


山岡勇二

部員全員に対しては、経営トップからの編集のアドバイスや、通勤途中で思いついたアイデアのメモをスキャンし、その都度PDFで送付するようにしています。これが、月に一度の編集会議における共通のネタとなり、時代の流れや雑誌全体の方向性をブレストするのに役立つというわけです。


石川康晴

僕がいつも社員に言い続けているのは、「お客だけ見ていればいい」ということです。お客の目がファッション誌をとらえているならファッション誌だし、お客が共感に惹かれているのなら、共感でなければならない。


森川亮

大切なのは、プランとの誤差を頻繁にチェックすること。誤差が小さい段階で気づけば修正しやすい。1kmズレてから修正するより、1mズレた段階で修正する方が簡単ですよね。


岡崎富夢

私、独立志向がないんです。ある事業アイデアがあるとして、独立起業する場合、ゼロベースで始めることになる。つまり、リスクだらけです。対して、所属する企業で新規事業として手がけるなら、資金と人材は社内にある。これを使わない手はない。


香山リカ(精神科医)

「自分の生き方は正しいと思いたがっている人」が身近にいた場合、どのように対処すべきでしょうか。まずは相手の話に乗ってしまわないことが大切です。たとえば相手が「結婚しないの?」と言ってきた場合、「実は、私は結婚に対して、こう思っているの」と真面目に意見を言うなど、相手の話に乗る必要はありません。真剣に答えていると、もともと相手は自分の価値観を押しつけてくる人ですから、自分も余計なエネルギーを使ってしまいます。ダメージを少しでも少なくすることが大事です。そのためには、スルー力を身につけておきましょう。相手のことを刺激しないように、うまくスルーするための言葉を事前にいくつか用意しておき、それを機械的に繰り出すことも必要です。あたりさわりのない言葉でやり過ごしましょう。


広瀬道明

正直なところ、これまでは営業エリアや事業領域の変化を考えずとも成長できた。東京という需要が伸びる恵まれたエリアでビジネスをしてきたためだ。だからこそ、どうやって既存の事業を維持するかを考えてきた。だが、これからは恵まれた地域だからこそ、厳しい競争にさらされるだろう。


袴田武史

日本の市場だけでビジネスを展開するための仕組みは作ってほしくありません。たとえ国内で成功して資金が入っても、長期的に考えれば日本の市場は小さすぎます。最終的には世界という大きな市場を狙わなければ、生き残れなくなってしまう。


カール・マルクス

自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある。