名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

休山昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

休山昭のプロフィール

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

休山昭の名言 一覧

大切なのは、自分の気持ちに灯(ひ)がともっていること。つまりやりたいことが見えていて、エンジンをかける理由があることなんですね。青臭くていい。まずそれを探しましょう。


アクタスは年代や性別にターゲットは置かず、スタイルを切り口としているので、アクタスの共感者、すなわち顧客は減ることはないと考えています。


マーケットがシュリンク(縮小)していくなかで、量販型のビジネスはシェアの獲得が大命題ですから、必然的につぶし合いになります。しかし、我々はライフスタイルを切り口に付加価値型のビジネスを展開することで共存共栄を目指したい。


最初の就職はよく考えず、得意ではない工業部品の製造メーカーに入れてもらいました。懸命にやろうとするのですが、同僚のように昼夜を分かたず製品に夢中になることができない(笑)。僕にとって集中できることは何かと突き詰めたら、それは大好きなインテリアだった。


あくまでもベースとなるのはインテリアですが、共感していただいたお客様に対して、食材やボディケア、アパレル、音楽など生活に必要なものを揃えてこれを横軸に展開する。スタイルがブレなければ何を売ってもいいというのが僕たちの考え。最終的にはモノ以外もやろうと思っています。


年に2回実施している「アクタスワークス」という社内外に向けた展示会は特に重要で、ここでは直営店メンバーとICAのパートナーショップ(フランチャイズ加盟店)の方々が共に何を目指していくのか、戦略とブランドの方向性を共有しています。


世界の都市と比べても特殊な場所である東京にフォーカスした、「LONG LIFE TOKYO」というリノベーションプロジェクトを昨年スタートしました。日本は今、6千万戸以上ある住宅ストックの循環が命題であるとともに、その中古住宅のリノベーション市場の成長が期待されています。リノベーションとは、単に復元することではなく、ライフスタイルに合わせて、間取りや内装を刷新し、「理想の住まい」によみがえらせることです。


わが国の人口や世帯数はピークからはどんどん減少しています。家具業界もこれまでのやり方に固執しているだけでは淘汰され、規模の大きな企業しか生き残れません。顧客に寄り添い、顧客の期待に応えることを事業の軸に置いていれば、同じ売り場に雑貨や家具や衣類など、多彩な商品が並んでいるライフスタイルストアに変化していくことは自然なことなのです。


当社の顧客のようなインテリアコンシャスな層は、大型家具店やチェーン店の安価で画一的な商品を求めているわけではなく、コンセプトがしっかりと際立っている店舗で買いたいと考えていまず。ですので、店舗の立地や顧客に合わせた店舗設計から店づくり全体をサポートしています。また1商圏につき1店舗としか契約しませんので、アクタスの商品はそこでしか購入できないため、小さなお店でも値引きをせずに丁寧に売ることができます。本当に家具への愛情を持って顧客に説明し、最高のサービスを提供してくれるパートナーが増えたことでこのビジネスは成功しました。


以前は取引依頼があったすべての家具店に商品を卸していましたが、それではお互いに幸せではないことが分かりました。大きな家具店や百貨店とのビジネスをすべて白紙にし、「意思のあるオーナー」が経営する店舗だけに絞りました。「共利共生」というコンセプトを持ったICA(インテリア・コラボレーション・アクタス)という仕組みをつくり、卸先との関係性をしっかり構築しながら長くお付き合いしていくスタンスを継続し、今では最も利益率が高い部門に成長しています。


今まで培ってきた審美眼で、生活をよりスタイリッシュに「編集」していくということが重要だと考えています。精神的に成熟した人々にとって、エシカル(環境保全や社会貢献)な生き方は当然のこととして、彼らは大きな家に住んだり、物をやたらと所有して無為に消費を繰り返したりすることが本当の豊かさではないということを知っています。この考え方は当社の創業時からの理念とも共鳴しており、これからも「丁寧な暮らし」の中にある本当の豊かさを追求していくつもりです。


当社の創業メンバーはわずか7人でした。輸入家具がほとんどなかった1967年頃から、北欧を中心にヨーロッパ各国を巡り、高級家具の買い付けを行いました。創業メンバーが初めてヨーロッパで目にした家具たちは、たとえ傷がついても美しさが変わらず、その傷や汚れも自分自身が使い込んだという証しとなり、時の経過が一層その価値を高めてくれそうな家具でした。日本の小さな会社に対して100社を超えるトップクラスのモダン家具メーカーが製品を提供してくれたのは、「この素晴らしい家具たちを日本に広めたい」という情熱があったからです。


休山昭の経歴・略歴

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

会社がどうにもならなくなって、「じゃあ、おまえがやれよ」と私にお鉢が回ってきた。社長になって何をするか。腹は決まっていた。過去の全面否定。就任演説で「聖域なき改革をやる。コンパクトで筋肉質な会社を目指す」と全社員を前に宣言した。


中川政七・13代目(中川淳)

センスがなくてもヒット商品は生み出せる。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

子供が小さいうちは高校、大学のための資金、子供が就職したら自身の老後資金など、貯め時は次の使い時に備える準備期間です。そのことを認識していれば、支出が少ない時期に気を抜いて浪費することなく、貯めることができます。


平岡昭良

伸びる人材は、ちょっと尖っていると言いますか、従来の優秀というのと違って、夢を見ると言いますか、妄想をし、それを実現していくガッツのある人間。


柳井正

僕は全社員にこう言っています外国人と仕事をする時には、たとえ反日感情の強い国であっても、相手の国に敬意を払うこと。そこの国の人々の生活を良くしようという意識を持つこと。その国の会社である以上、主役はそこの国の人々ですから。


松井忠三

オペレーションはどんどん変えていくべきですが、商品のコンセプトは絶対に変えてはいけない。


曽山哲人

人事本部が現場を見なくなって「機能屋」になるようではいけません。会社はあくまで人でつくられているのです。現場の声から本質を見抜き、経営側に伝えていく一方で、経営側のメッセージを分かりやすく翻訳しながら現場に伝えていく、そこに、人事部門にしかできないイノベーションがあると私は思うのです。


新井直之(執事)

普通、社会人は「お世話になっている先」に贈るだけですが、お金持ちは「お世話している先」にも贈り物を届ける。すると、受け取った側には心理学でいう「返報性の法則」が強く働き、一つの贈り物で破格の対応を介してくれるようになる。


小林陽太郎

ああいう議論は実に楽しいものだ。自分の考えを主張して戦わせないと、実のあるディスカッションにはならない。あの場で見せた精神を、ぜひ他の様々なところでも発揮してほしい。

【覚え書き|会長時代、社内研修で社員とディスカッションしたときの言葉】


藤田志穂

仕事で失敗したっていいじゃないですか。失敗したからこそわかることもあるのに、そこで諦めて立ち止まってしまったら、それ以上、経験も積めないし、何も学べない。逆に失敗しても諦めずに続ければ、経験や知識が増えて、結果もついてくるはずです。


ジェームス・バーダマン

発音や会話のスピードが自分のレベルに適切か。英語にすぐに反応できない場合でも、間を取ってくれるか。さらに、間違いをいちいち指摘するのも、生徒のやる気をそぐ原因に。ほどほどの直しで、大切なところだけを的確に説明してくれる講師のほうが上達する。


瀧本哲史

ユニクロや楽天などの企業では「英語公用語化」を進めています。そうした動きに影響を受けたのか、英語学習を始める人も増えているようです。しかし脱コモディティ化のために英語を勉強したり、会計やITなどの資格試験の取得を目指したりすることはあまり意味がありません。これらは不安解消マーケティングのひとつにすぎないのです。