名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

休山昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

休山昭のプロフィール

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

休山昭の名言 一覧

大切なのは、自分の気持ちに灯(ひ)がともっていること。つまりやりたいことが見えていて、エンジンをかける理由があることなんですね。青臭くていい。まずそれを探しましょう。


アクタスは年代や性別にターゲットは置かず、スタイルを切り口としているので、アクタスの共感者、すなわち顧客は減ることはないと考えています。


マーケットがシュリンク(縮小)していくなかで、量販型のビジネスはシェアの獲得が大命題ですから、必然的につぶし合いになります。しかし、我々はライフスタイルを切り口に付加価値型のビジネスを展開することで共存共栄を目指したい。


最初の就職はよく考えず、得意ではない工業部品の製造メーカーに入れてもらいました。懸命にやろうとするのですが、同僚のように昼夜を分かたず製品に夢中になることができない(笑)。僕にとって集中できることは何かと突き詰めたら、それは大好きなインテリアだった。


あくまでもベースとなるのはインテリアですが、共感していただいたお客様に対して、食材やボディケア、アパレル、音楽など生活に必要なものを揃えてこれを横軸に展開する。スタイルがブレなければ何を売ってもいいというのが僕たちの考え。最終的にはモノ以外もやろうと思っています。


年に2回実施している「アクタスワークス」という社内外に向けた展示会は特に重要で、ここでは直営店メンバーとICAのパートナーショップ(フランチャイズ加盟店)の方々が共に何を目指していくのか、戦略とブランドの方向性を共有しています。


世界の都市と比べても特殊な場所である東京にフォーカスした、「LONG LIFE TOKYO」というリノベーションプロジェクトを昨年スタートしました。日本は今、6千万戸以上ある住宅ストックの循環が命題であるとともに、その中古住宅のリノベーション市場の成長が期待されています。リノベーションとは、単に復元することではなく、ライフスタイルに合わせて、間取りや内装を刷新し、「理想の住まい」によみがえらせることです。


わが国の人口や世帯数はピークからはどんどん減少しています。家具業界もこれまでのやり方に固執しているだけでは淘汰され、規模の大きな企業しか生き残れません。顧客に寄り添い、顧客の期待に応えることを事業の軸に置いていれば、同じ売り場に雑貨や家具や衣類など、多彩な商品が並んでいるライフスタイルストアに変化していくことは自然なことなのです。


当社の顧客のようなインテリアコンシャスな層は、大型家具店やチェーン店の安価で画一的な商品を求めているわけではなく、コンセプトがしっかりと際立っている店舗で買いたいと考えていまず。ですので、店舗の立地や顧客に合わせた店舗設計から店づくり全体をサポートしています。また1商圏につき1店舗としか契約しませんので、アクタスの商品はそこでしか購入できないため、小さなお店でも値引きをせずに丁寧に売ることができます。本当に家具への愛情を持って顧客に説明し、最高のサービスを提供してくれるパートナーが増えたことでこのビジネスは成功しました。


以前は取引依頼があったすべての家具店に商品を卸していましたが、それではお互いに幸せではないことが分かりました。大きな家具店や百貨店とのビジネスをすべて白紙にし、「意思のあるオーナー」が経営する店舗だけに絞りました。「共利共生」というコンセプトを持ったICA(インテリア・コラボレーション・アクタス)という仕組みをつくり、卸先との関係性をしっかり構築しながら長くお付き合いしていくスタンスを継続し、今では最も利益率が高い部門に成長しています。


今まで培ってきた審美眼で、生活をよりスタイリッシュに「編集」していくということが重要だと考えています。精神的に成熟した人々にとって、エシカル(環境保全や社会貢献)な生き方は当然のこととして、彼らは大きな家に住んだり、物をやたらと所有して無為に消費を繰り返したりすることが本当の豊かさではないということを知っています。この考え方は当社の創業時からの理念とも共鳴しており、これからも「丁寧な暮らし」の中にある本当の豊かさを追求していくつもりです。


当社の創業メンバーはわずか7人でした。輸入家具がほとんどなかった1967年頃から、北欧を中心にヨーロッパ各国を巡り、高級家具の買い付けを行いました。創業メンバーが初めてヨーロッパで目にした家具たちは、たとえ傷がついても美しさが変わらず、その傷や汚れも自分自身が使い込んだという証しとなり、時の経過が一層その価値を高めてくれそうな家具でした。日本の小さな会社に対して100社を超えるトップクラスのモダン家具メーカーが製品を提供してくれたのは、「この素晴らしい家具たちを日本に広めたい」という情熱があったからです。


休山昭の経歴・略歴

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

川村隆

日本の経営者は「捨てる」ことが苦手な人が多い。人材の再配置といった場面では、特にそうした傾向が強いようです。しかしそのまま放置しておくと、会社は潰れてしまう。


船ヶ山哲

法人は日本に置いているので、マレーシアに住んでいるのは税金対策ではありません。あくまで子供の教育のためです。私自身、カナダで子供時代を過ごしたことが、その後大いに役立ちました。同様に子供たちにも、海外で生活をすることで、グローバルな視点を身につけてほしいと考えたのです。上の子はまだ6歳ですが、日本語と英語、中国語、マレー語の4か国語で話していますよ。


鳥羽博道

フランチャイズオーナーの約一カ月間の教育プログラムは「三忘の精神」で参加していただくことにしている。つまり年齢、肩書、性別というものをすべてかなぐり捨ててもらう。年齢、肩書、性別というものをすべてかなぐり捨てなければ、真剣に学ぼうという気持ちは湧き起ってこない。見栄、外聞、体裁、恰好を気にしているようでは人間の体内に教育が入ってこない。


野田憲史

僕は創業メンバーに全幅の信頼を寄せています。だからこそ、困ったときは、なりふり構わず「助けてくれ」と彼らに言います。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文書の結論の場合、原則的に一般論や抽象論はあり得ません。というのも、ビジネスにおいては出発点が必ず具体的状況なはずだからです。「我が社の売上を伸ばすためには何が必要か」という問題設定はあっても、「日本経済を立て直すにはどうすればいいのか」というテーマで文章を求められる機会は、まずないはずです。にもかかわらず抽象論を展開してしまうのは、書き始める前に問題設定ができていないからでしょう。


アルバート・アインシュタイン

たとえ国家が要求したとしても良心に反することは決してしてはならない。


安河内哲也

仕事を「すぐやる」人になるためにもっとも重要なのは、「費用対効果」ならぬ「時間対効果」を考えることです。つまり、短い時間でどれだけ多くのパフォーマンスをあげられるかが重要となります。そして、ひとつのタスクにかける時間を短縮するための最大のキーポイントこそが、集中力です。


岡田民雄

近年、学校の同期生や社会の同世代の人達の中で、体調を崩した、認知症の疑いがある等の話を聞くことが多くなった。75歳からが「後期高齢者」という意味が理解できるような気がする。特に感ずるのは個人差がだんだん大きくなることである。


秋元久雄

元請けのゼネコンや住宅会社は原価を知らないから、下請けに対して「値段を下げろ」と根拠無く要求してくる。下請けは泣く泣く請け負うか手を抜くしかない。けど、うちはすべてが社内だから「ならば素材はこちらで対応しよう」「この作業を同時にして工期を短縮させよう」と創意工夫でもって論理的なコストダウンが出来る。仕事全体を俯瞰で見てすべてを覚えているから、そんな発想も出てくるわけだ。


山田昭男

特殊な品物を買ったら、仁義を感じて定番のものも買ってくれる。トータルで黒字になればいい。


デイヴィッド・レターマン

人間の最も偉大な力とは、その人の一番の弱点を克服したところから生まれてくるものである。


山田ズーニー

感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。