名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

休山昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

休山昭のプロフィール

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

休山昭の名言 一覧

大切なのは、自分の気持ちに灯(ひ)がともっていること。つまりやりたいことが見えていて、エンジンをかける理由があることなんですね。青臭くていい。まずそれを探しましょう。


アクタスは年代や性別にターゲットは置かず、スタイルを切り口としているので、アクタスの共感者、すなわち顧客は減ることはないと考えています。


マーケットがシュリンク(縮小)していくなかで、量販型のビジネスはシェアの獲得が大命題ですから、必然的につぶし合いになります。しかし、我々はライフスタイルを切り口に付加価値型のビジネスを展開することで共存共栄を目指したい。


最初の就職はよく考えず、得意ではない工業部品の製造メーカーに入れてもらいました。懸命にやろうとするのですが、同僚のように昼夜を分かたず製品に夢中になることができない(笑)。僕にとって集中できることは何かと突き詰めたら、それは大好きなインテリアだった。


あくまでもベースとなるのはインテリアですが、共感していただいたお客様に対して、食材やボディケア、アパレル、音楽など生活に必要なものを揃えてこれを横軸に展開する。スタイルがブレなければ何を売ってもいいというのが僕たちの考え。最終的にはモノ以外もやろうと思っています。


年に2回実施している「アクタスワークス」という社内外に向けた展示会は特に重要で、ここでは直営店メンバーとICAのパートナーショップ(フランチャイズ加盟店)の方々が共に何を目指していくのか、戦略とブランドの方向性を共有しています。


世界の都市と比べても特殊な場所である東京にフォーカスした、「LONG LIFE TOKYO」というリノベーションプロジェクトを昨年スタートしました。日本は今、6千万戸以上ある住宅ストックの循環が命題であるとともに、その中古住宅のリノベーション市場の成長が期待されています。リノベーションとは、単に復元することではなく、ライフスタイルに合わせて、間取りや内装を刷新し、「理想の住まい」によみがえらせることです。


わが国の人口や世帯数はピークからはどんどん減少しています。家具業界もこれまでのやり方に固執しているだけでは淘汰され、規模の大きな企業しか生き残れません。顧客に寄り添い、顧客の期待に応えることを事業の軸に置いていれば、同じ売り場に雑貨や家具や衣類など、多彩な商品が並んでいるライフスタイルストアに変化していくことは自然なことなのです。


当社の顧客のようなインテリアコンシャスな層は、大型家具店やチェーン店の安価で画一的な商品を求めているわけではなく、コンセプトがしっかりと際立っている店舗で買いたいと考えていまず。ですので、店舗の立地や顧客に合わせた店舗設計から店づくり全体をサポートしています。また1商圏につき1店舗としか契約しませんので、アクタスの商品はそこでしか購入できないため、小さなお店でも値引きをせずに丁寧に売ることができます。本当に家具への愛情を持って顧客に説明し、最高のサービスを提供してくれるパートナーが増えたことでこのビジネスは成功しました。


以前は取引依頼があったすべての家具店に商品を卸していましたが、それではお互いに幸せではないことが分かりました。大きな家具店や百貨店とのビジネスをすべて白紙にし、「意思のあるオーナー」が経営する店舗だけに絞りました。「共利共生」というコンセプトを持ったICA(インテリア・コラボレーション・アクタス)という仕組みをつくり、卸先との関係性をしっかり構築しながら長くお付き合いしていくスタンスを継続し、今では最も利益率が高い部門に成長しています。


今まで培ってきた審美眼で、生活をよりスタイリッシュに「編集」していくということが重要だと考えています。精神的に成熟した人々にとって、エシカル(環境保全や社会貢献)な生き方は当然のこととして、彼らは大きな家に住んだり、物をやたらと所有して無為に消費を繰り返したりすることが本当の豊かさではないということを知っています。この考え方は当社の創業時からの理念とも共鳴しており、これからも「丁寧な暮らし」の中にある本当の豊かさを追求していくつもりです。


当社の創業メンバーはわずか7人でした。輸入家具がほとんどなかった1967年頃から、北欧を中心にヨーロッパ各国を巡り、高級家具の買い付けを行いました。創業メンバーが初めてヨーロッパで目にした家具たちは、たとえ傷がついても美しさが変わらず、その傷や汚れも自分自身が使い込んだという証しとなり、時の経過が一層その価値を高めてくれそうな家具でした。日本の小さな会社に対して100社を超えるトップクラスのモダン家具メーカーが製品を提供してくれたのは、「この素晴らしい家具たちを日本に広めたい」という情熱があったからです。


休山昭の経歴・略歴

休山昭、きゅうやま・あきら。日本の経営者。家具・インテリアの「アクタス」社長。兵庫県出身。ユニタイトを経てアクタスに入社。六甲店店長、西日本営業本部長、取締役店舗事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

池田千恵

ときには寝坊をしてもいいんです。起きられなかったといって、罪悪感を持つのが一番よくありません。早起きは目的ではなく、あくまで手段です。私自身、飲み会などで夜が遅くなった翌日は、7時起きに変更したりしています。4時起きにこだわって、その日の仕事に支障をきたしてしまったら本末転倒ですから。また、その日の状況や体調によって睡眠時間を調整しながら柔軟に対応することは、早起きを長続きさせるコツでもあります。


横田雅俊

もはや従来の営業手法は完全に行き詰まりを見せているが、成熟市場において、売り上げを伸ばす方法はないのだろうか。大切なのは「案件」ではなく「顧客」を見るという発想だろう。成長市場では、目の前の果実(案件)を刈り取っても森はなくならなかった。しかし市場が成熟したいま、目先の果実を刈り取るだけでは荒れ地が広がり、いずれ収穫がなくなっていく。それを避けるためには、自ら土地を耕し、種を蒔いて果実を毎年実らせてくれる木(ロイヤルカスタマー)を育てていくしかない。


平本清

会議・稟議書・管理職などの廃止のきっかけは、現組織に至る前社時代に、あまりにムダが多かったから。前組織はノルマ、効率……と完璧な成果主義。そのせいで人間関係もギスギス。働きづらくて大変でした。だから独立した際に全部逆にした。ノルマ、会議、管理職……すべてやめたんです。ハンコだけ押す役員はいらないんです(笑)。


吉永賢一

ビジネスマンとしての自分のステージをあげるための読書をするには、先の流れを読むことが必要です。目の前の業務に直結する本を読む人はたくさんいますし、それはそれで重要なのですが、それだけでは次のステージへは進めません。次のステージで必要になるであろう知識を予測し、早めに身につけておくことで、新しい仕事のオファーや昇進・昇格などのチャンスが訪れたとき、そのチャンスを掴みやすくなります。


宇治原史規

勉強で重要なのは、毎日継続すること。1日でも空けてしまうと、記憶が抜けてしまい、余分に勉強し直す必要が出てきます。だから、1分でもいいから、毎日やったほうが良いですね。


柳井正

リーダーシップとハングリーさが欠けている事は経営者やリーダーとして致命的です。与えられるのを待っているような人は駄目です。


矢野薫(NEC)

若い人には無限の可能性がある。


遠山正道

新人育成というのは上司と部下との関係だけに頼っていいほど単純なものではありません。特に組織が未成熟なベンチャー企業においては、意欲を持った社員が閉塞感を感じないように、様々なキャリアの道筋を示すことが重要です。


大塚雅斗

この業界には上場している企業も数社ありますが、これらの企業はすべてもともと保育園を運営していたわけではありません。ビジネスチャンスを感じて保育事業に参入したわけですが、そこか我々とは大きく異なります。我々は保育事業が母体であるため、保育の質に関しては絶対的な自信があります。また、その質を維持できないのであれば、無理に出店するなということも日頃から社員に言っています。確かに一見すると地味に見えるかもしれませんが、保育重視の体制を着実に作ることで、実際、これらの上場企業から当社へ運営を切り替える事例も増えてきています。


佐々木隆之

企業が大きく官僚的になるほど、社員は失敗を恐れ、手堅い道を選ぶようになる。もちろんそれとて悪いわけではない。しかし世を覆すほどのイノベーションは期待できない。であれば、いまこそマネジメント層は、失敗を恐れず、一見無謀と見えるような目標でも、とにかく挑戦を促す環境をつくらねばなるまい。


松下幸之助

自分の体験を語りますと、考えてみれば、私は50人ぐらいのときはもう常に皆と相談しておったですな。「きみ、どう思うか」というような調子ですな。「私はこう思いまっせ」「ああ、そうか」というようなものです。そう言うて、自分は最後の決定をするわけです。それでいいわけですね。だから、「おやっさん何をやっておるんかいな」と言うて、知らんようなことはないですな。常にものを言うて仕事してますから、私のやっていることはみな知っておるんです。ですから自然に、一致団結というとえらい硬い言葉ですけども、そういう姿で仕事をしていたですな。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

仕事の進め方としては、バグはとても恥ずかしいことなので、大きなプログラムを組むときほど、テストを細かく刻みながら、コツコツやることにしています。そうすれば、「今日やったところまでは動く」となるので、大失敗ですべてやり直し、とはなりませんから。