名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伏島巖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伏島巖のプロフィール

伏島巖、ふせじま・いわお。日本の経営者。「フロイント産業」社長。取締役、常務取締役、フロイント化成社長、フロイント・ターボ会長などを経てフロイント産業社長を務めた。

伏島巖の名言 一覧

安住することなく、世界へ飛躍していきたい。そのためにも、常に新しいテクノロジーを提供し続ける企業でありたい。


当社の強みは「チェンジ&チャレンジ」の精神です。現状に満足せず常に挑戦者のつもりで努力してまいります。


売上比率は機械が約6割、残り約4割が化成品です。とはいえ、会社を経営安定させているのは化成品だと言えます。機械は1度納入が決まると、数千万円から十数億円の売り上げになりますが、次の年も同じ売り上げがあるとは限りません。しかし、化成品は一度採用されると、安定した売り上げが見込めます。


創業当時からずっと機械だけではなく、化成品も開発、製造、販売をしてきました。世界中に医薬品の製造装置を扱っている会社はたくさんあります。同じように、化成品を扱う会社も多い。しかし、両方を扱っているのは当社だけで、両者を手掛けていることが当社の特徴なのです。


伏島巖の経歴・略歴

伏島巖、ふせじま・いわお。日本の経営者。「フロイント産業」社長。取締役、常務取締役、フロイント化成社長、フロイント・ターボ会長などを経てフロイント産業社長を務めた。

他の記事も読んでみる

平山郁夫

いまのスポーツ選手は体格がいいのに昔ほど強くないのは、野放しにせずはじめから手とり足とり理屈で形を覚えさせるからでしょう。理屈には限界があって、その能力でしか力が出せないんです。絵でもそうです。知識で描くと個性的な主張がなくなります。


鑄方貞了(鋳方貞了)

より幸福になるには、仕事でまわりから認められるにつれて「謙虚」に生きることです。「他の分野の仕事は知らない。ましてや世の中のことはほとんど知らない」「自分には短所(欠点)があり、不完全な人間である」ということを十分に認識する必要があります。そうすれば、まわりは「あの人は○○の分野ですごいのに、誰に対しても親切だし、腰も低くて素晴らしいですね。あの人のお手伝いをしてあげたい」となるはずです。その結果、まわりの支援を今まで以上に受けることができるようになるでしょう。


北島義俊

戦後、印刷業界では労働運動が激化し、当社も経営を揺るがすほどの状況になりましたが、労使協調を図り、出版物以外の分野に進出しました。この先達の苦労を教訓にして、私は全員一緒に伸びて行こうということを心掛けてきたつもりです。


本多均

創業時から今も心がけているのは、会社を楽しくすること。社員の幸せを最優先して、社員の能力と意欲を高める手助けをする。これが会社に好循環を生む秘訣だと思っています。


高畑正幸

「文具王」の異名から、ひとつのことをとことん極めるまで勉強している印象があるようですけど、実は飽きっぽくて、何をやっても三日坊主。文具の知識も浅く広く、単品の知識はマニアには敵いません。でも、その広さが仕事ではかえって強みになりました。私が関わった商品は、異分野のものや手法を持ち込んで生まれたものも多くあります。広い知識が役立つことは多々あります。


柄澤康喜

マーケットインの発想、つまりお客様がどう考えているかということが重要です。金融機関というものは、マーケットよりもプロダクトアウトの発想に陥りがちです。「自分たちの目から見ていい商品をつくれば売れる」と考えがちです。でもこれでは、会社を正しい方向に導けないと思います。


観世清和

古くから、「かわいい子には旅をさせよ」と言いますが、私もそう思います。国内でも海外でもいいから、若い人には自分の知らないところに足を運んで、沢山の経験を積んで欲しいと思います。目的は、観光でも買い物でも何でもよいのです。その時に現地の人とできるだけ話をして、自分が無知であることを知る。そして、日本に帰ってきたら勉強しようと思う。それだけでも非常に意味があると思いますね。


小池淳義

昔は電子手帳に凝っていましたし、今もスマートフォンは最新機種を使っています。電子機器の良さはよく知っていますが、書くこと自体が脳を刺激しますし、頭の中にあることを文字の形や色で自由に表現できるノートは、発想を広げられます。考えを深めるツールとしては、ノートは最高の道具ではないでしょうか。


大島武(学者)

苦手と思う人のことを観察しないこと。観察すればするほど、嫌だと思うことが増えてきます。相手を見ずに、「プロジェクトを成功させる」など、同じ目標に向かって、やることをすればいい。


厳浩(経営者)

自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。


塚越寛

自分一代で何かを成し遂げようとする思いが「野心」であり、一代ではとてもできない大事業を次代につないでいく、祈りのようなものが「志」である。


似鳥昭雄

順境のときは、あまり人は育たない。努力しなくても数字がいいというのは、人を育てるということでは適していない。逆に景気が悪いときが一番、役員、社員の教育のためになる。