名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伏島巖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伏島巖のプロフィール

伏島巖、ふせじま・いわお。日本の経営者。「フロイント産業」社長。取締役、常務取締役、フロイント化成社長、フロイント・ターボ会長などを経てフロイント産業社長を務めた。

伏島巖の名言 一覧

安住することなく、世界へ飛躍していきたい。そのためにも、常に新しいテクノロジーを提供し続ける企業でありたい。


当社の強みは「チェンジ&チャレンジ」の精神です。現状に満足せず常に挑戦者のつもりで努力してまいります。


売上比率は機械が約6割、残り約4割が化成品です。とはいえ、会社を経営安定させているのは化成品だと言えます。機械は1度納入が決まると、数千万円から十数億円の売り上げになりますが、次の年も同じ売り上げがあるとは限りません。しかし、化成品は一度採用されると、安定した売り上げが見込めます。


創業当時からずっと機械だけではなく、化成品も開発、製造、販売をしてきました。世界中に医薬品の製造装置を扱っている会社はたくさんあります。同じように、化成品を扱う会社も多い。しかし、両方を扱っているのは当社だけで、両者を手掛けていることが当社の特徴なのです。


伏島巖の経歴・略歴

伏島巖、ふせじま・いわお。日本の経営者。「フロイント産業」社長。取締役、常務取締役、フロイント化成社長、フロイント・ターボ会長などを経てフロイント産業社長を務めた。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

直球勝負で生きていると、たしかに壁にぶつかることもあります。しかし、変化球ばかりでうまく綱渡りできるほど、世の中は単純ではありません。ときにはイチかバチか大きな賭けに出て、直球で勝負しなければならないこともあるのです


養老孟司

他人は互いにわかり合えないものです。わかり合えないからこそ、言葉があるのです。


川上量生

うちのエンジニアチームが崩壊したことがありました。マネジメントをきちんとやっていなかったから、人がどんどん辞めてしまったんです。それでニコ動のサービスをつくっていた現場の人たちから、「メンテナンスだけで手一杯。向こう2年は新サービスをつくれない」と悲鳴が上がった。2年間も新サービスを出せなければ、ニコ動は終わってしまう。何か延命させる方法はないかと試しにイベント(ニコニコ超会議)をやってみたら、これがうまくいった。


大久保恒夫

同じことを言っても、怒る人もいれば、喜ぶ人もいたりする。ほかの人の前でほめられると、うれしいと思う人もいれば、恥ずかしいと嫌がる人もいる。また、いつでもほめればよいと言うものでもない。ふだんは物静かな上司や先輩からほめられると、すごくうれしいと感じることだってあるでしょう。いろいろなやり方があっていい。大切なことは、気持ちが相手に伝わり、相手の行動をよくすることです。


服部禮次郎(礼次郎)

企業の顔は内部からの絶えざる自己革新の中から生まれてくるものでしょう。【覚書き|自社のブランド構築について語った時の言葉】


津賀一宏

私たちは決して自動運転車をつくりたいわけでも、電気自動車をつくりたいわけでもありません。お客様が喜ぶ車は何かが一番のポイントになるのです。


綾辻行人

年をとっても基本的には、伸び伸びしてない小説は書きたくない。ずっと子供のような素直さはキープしていきたい。


吉永泰之

私はリーダーに必要な資質は、ひとつしかないと思っています。それは社員の心に火を点けるということです。これはアメリカの心理学者か誰かがいった言葉らしいのですが、私はつねに社員の心に火を点けられるリーダーでありたいと思っています。


岩田松雄

「資料を作って」と上司から指示されたときに、「資料を作る」という作業にだけ意識が向いて、「何のためにこの資料を作るのか」ということを意識していないと、良い仕事をすることができません。「午後のブレインストーミングの資料」という目的がわかれば、詳細なものを丁寧に仕上げるのではなく、簡潔に素早く作ることが必要だと判断できます。あるいは、「来週の役員会で5億円の投資を決定するため」だとわかれば、精度が高く見やすい資料を用意すべきだとわかります。


弘兼憲史

時代は変わった。ビジネスのやり方もよりドライになった。しかし何でもかんでも変わったわけじゃない。変わらないものもある。変えてはいけないものもある。変えてはいけないのは部下に対する思いやり。植物学者の牧野富太郎博士の言葉に「雑草という名の草はない」というのがある。同じように考えれば部下という名の人間はいない。あなたの下で働く人々はそれぞれが個性を持ってたくましく伸びようとしている。


土岐大介

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


西野裕

情報量に比例してやる気は高まり、不安はやわらげられます。残った人員でいまの苦境を乗り越えられたなら、一年後にはこういう状況にたどり着くという未来を示す。残って頑張ろうと思えるような情報を伝えることがモチベーション維持につながります。