伏島巖の名言

伏島巖のプロフィール

伏島巖、ふせじま・いわお。日本の経営者。「フロイント産業」社長。取締役、常務取締役、フロイント化成社長、フロイント・ターボ会長などを経てフロイント産業社長を務めた。

伏島巖の名言 一覧

安住することなく、世界へ飛躍していきたい。そのためにも、常に新しいテクノロジーを提供し続ける企業でありたい。


当社の強みは「チェンジ&チャレンジ」の精神です。現状に満足せず常に挑戦者のつもりで努力してまいります。


売上比率は機械が約6割、残り約4割が化成品です。とはいえ、会社を経営安定させているのは化成品だと言えます。機械は1度納入が決まると、数千万円から十数億円の売り上げになりますが、次の年も同じ売り上げがあるとは限りません。しかし、化成品は一度採用されると、安定した売り上げが見込めます。


創業当時からずっと機械だけではなく、化成品も開発、製造、販売をしてきました。世界中に医薬品の製造装置を扱っている会社はたくさんあります。同じように、化成品を扱う会社も多い。しかし、両方を扱っているのは当社だけで、両者を手掛けていることが当社の特徴なのです。


伏島巖の経歴・略歴

伏島巖、ふせじま・いわお。日本の経営者。「フロイント産業」社長。取締役、常務取締役、フロイント化成社長、フロイント・ターボ会長などを経てフロイント産業社長を務めた。

他の記事も読んでみる

酒匂隆雄

確信と自信は違う。確信は独りよがり自信は虚しいもの。


小倉昌男

リーダーとしての責任を果たすためには、多少の遠回りは覚悟の上で、自分の頭で考えられる部下を育てなければいけない。あいつらに任せるより自分でやったほうが早いと短気を起こすと、結局は忙しくなって自分の首を絞めることにもなる。


ショーペンハウエル

我々は他の人たちと同じようになろうとして、自分自身の4分の3を喪失してしまう。


千林紀子

通販事業では顧客を増やすために、消費者個人に向けたトータルソリューションを提案できる体制をつくる必要があるでしょう。たとえば、当社の主力商品であるサプリメント「アレルケア」を購入している顧客は免疫力などに関心が高い傾向があります。このような個人の健康上の関心に合った商品を薦める考えで、グループが持つ幅広い商品ラインアップを生かせます。


宮原博昭(経営者)

社長に就任してからは、使命感から、モチベーションが下がることはまったくありません。しかし、若い頃はモチベーションが下がることもありました。当時は、まだ力の弱い部署で安月給だし、発言権はゼロ。あるときは、事業を伸ばしたら、参考書の担当者から「参考書が売れなくなる。邪魔するな」と言われる始末でした。辞表もこれまでに3回書きました。それでも、一緒に頑張ってくれる教室の先生方やスタッフの努力に報いたくて、「いつか見返してやる」という思いで続けてきました。


後藤亘

目標の数字はあってしかるべきなんですが、経営の目標として売り上げを伸ばすというのは、結果論でありたいんですよ。良い番組をつくって社会に貢献せねばなりませんから制作費が必要になってきます。ということは、売り上げも伸ばさなければならないわけです。それが、目指す姿。


小暮真久

僕の得意分野はプレゼンや交渉、戦略策定など。一方、会計や法務に関しては、代表として最低限必要な知識は持っていますが、正直言って苦手です。ここはプロ中のプロの方にやってもらっています。


泉谷しげる

人間、年齢を重ねるだけで丸くなることはほぼ不可能。年をくえばくうほど、自分の扱いを気にするし、「俺はこんだけやってきた。生きた分だけ尊敬しろ、若いおまえら何様だ」と思う分、怒りっぽくなるのは当たり前の話。


青木俊介

ただ作るのが好きというだけではなく、見せられる状態にまで完成度を高め、実際に見せているかどうか。そこまで出来ている方は、自然と「どうすれば人に喜んでもらえるか」まで考えているはずですから、展示会などでもお客様とコミュニケーションを取るのが容易でしょう。


染谷光男

他社の商品との違いを知ってもらうには、やはり試食形式で直接食べていただくのが一番早い。このやり方は欧米もアジアでも同じです。


佐藤尚忠

私は、経営者のメインの仕事は目標づくりだと思っています。目標は「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」の3つの兼ね合いだと思います。そして、みんながやりたいことを取り入れた目標をつくらないと、仕事は面白くなりません。


内藤加奈子

商品説明は、お客様がどんな方でも同じ話ができます。だから特別感ゼロなんです。それに、売り場を訪れたお客様にいきなり、「それはカシミア100%です」などと声をかけても、お客様は警戒してしまうでしょう。お店にくるお客様は、心のどこかで「売り込まれる恐怖」を感じているもの。だから、商品とは関係ない話をあえてしますね。


魚谷雅彦

いくら短期的に結果を出すことを求められても、「俺が、俺が」で一人の力でやろうとしても、組織は絶対に動いてはくれないものなのです。


村上憲郎

まず期限を見極め、そこから逆算して、成果につながる仕事に集中しましょう。


田中仁(経営者)

悩み抜いていたからこそ、人の話を真摯に受け入れる準備ができていたのでしょう。大事なのは、本当に謙虚になって、アドバイスを受け入れる準備ができているかどうか。


ページの先頭へ