名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊達美和子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊達美和子のプロフィール

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

伊達美和子の名言 一覧

商品と販売チャネルが一致すれば、お客様は集まる。


物事に100%正解というのはなく、経営者はどこかでリスクを取らなければならない。


常に何か新しいことにトライする、かつ社会にとって必要なものを、責任を持って、リスクを取ってやっていくことの繰り返しが我々一族なのかなと思っています。それは継続していきたい。


日本全国で大規模な開発を一気に進めて大丈夫かとよく言われますが、不動産は資金を調達できて初めて成功する事業です。ギリギリまでリスクを取り、成長することが重要と考えています。


「ホテルビジネスは、客室の販売チャネルをきちんと押さえておかなければ成功しない」。これは、前社長だった父(森章)のやり方から学んだことです。


旅行には必ず目的があります。地球儀の中から、世界の観光都市の中から選ばれるためには、際立ったものがなければなりません。コンテンツを掘り起こし、海外に発信し、受け皿を作るサイクルが重要。


上場は全く考えていません。資金調達がしやすい時代ですから、上場することが意味を持たないと考えています。グループ本体としては、いろいろな仕事をイノベーティブにやるために、未上場の方がやりやすいと思っています。


常に進化させたい。新しい情報を常に入れながらトライしていく。4~5年スパンで、何か新しいことに挑戦できればと思っています。それが私に託されたものではないかと。


ここまで実績を積み上げるのは苦労しました。しかし、今となっては外資系ホテルを数多く誘致したデベロッパーとして、多くのホテルブランドからお話を頂いています。条件が合えば、マリオット以外のブランドとの提携も十分視野に入れています。


当社は、東日本大震災の前に、徹底的な生産性の向上を図っていたことに加え、震災後の悲観的な時代にも、将来的なインバウンド拡大を予測し、先行して外資系ホテルの誘致を積極的に行ってきました。そうした経営が奏功し、現在のホテル活況の恩恵を受けやすいポートフォリオを築くことができ、収益も拡大しています。


中長期的には、日本への観光ニーズは高いと考えます。ただし、世界旅行者を日本に呼び込むためには、日本ブランド、東京ブランドを磨き、絶えずPRが必要だと思っています。


入社後5年ほど事業の全体観を見て、次の5年が「丸ノ内トラストシティ」の開発に関わり、都市計画や、不動産開発事業を徹底的に見ていきました。特に、当時は外資系ホテル誘致に懐疑的な雰囲気があった中、東京中心部に国際級ホテルを誘致することの意義を訴え、都市再生特区の都市計画に認定して頂きました。大勢が無理だと思うようなことでも、「絶対できる」という信念の元に作り上げていった結果です。


伊達美和子の経歴・略歴

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

北条氏綱

人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。


西村晃(経済評論家)

私は移動中にケータイだけで1万字の原稿を書いたこともあります。人間って不思議ですね。執筆の時間をたっぷりとって、机に向かい「さあ、書くぞ」なんてやってたら、かえって能率が上がらないのです。とくに私は飽きっぽい性格ですから、逆に細切れ時間の方がいいのです。


安岡正篤

凡と非凡のわかれるところは能力のいかんではない。精神であり感激の問題だ。


豊田泰光

私が仕えた指揮官では、やはり三原(脩)さんはすごい人でした。三原マジックと称された戦術はもちろん、人心掌握術も一流だったんです。私が一番感心したのは、二軍から上がってきた選手をすぐに公式戦で使う点です。私と一緒にプレーした選手に三宅(孝夫)というのがいるんですが、ある年、土壇場のチャンスで凡退して二軍行きを志願したんです。そしたら、次に戻ってきたとき、三原さんはこの男をまったく同じ場面で、いきなり代打に起用した。結果はダメでしたけど、本人は納得し、ベンチの我々はそれ以上に感動しました。


楠本修二郎

僕は社員のみんなと一緒に企画を考えるのも大好きですが、一方で組織を運営するうえで不可欠な課題にも向き合わなければなりません。財務や経理、人事などあらゆる課題があり、通常はミーティングを行い、解決策を探っていきます。でも、走っているとそれらの課題にも、思いがけない方向から答えを見いだせることがある。例えば人事なら「あのスタッフに、この仕事を任せたら面白いことになりそうだ」といった具合に。


久米豊(経営者)

ボートは少しでもリードすれば、今度は相手の背中をみながらこぐわけで、落ち着いてできるんです。それが逆に抜かれてしまうと、相手がどこまでリードしたのか分からない。そうしますと焦燥感がでて、ますますオールが浮いてアゴが上がって悪循環に陥る。ですから、負けかかった時こそ手元を見つめて、しっかりこがないといけない。


張富士夫

設計して、つくってみて、現場からのカイゼンが出てきて、少しずつ良くしていくわけですから、現場をなくしてはいけないということが、私どもの創業以来の伝統です。


出口治明

若い人は「終業ベルが鳴れば帰りたいけれど、『もう帰るのか』と言うから帰りにくい」と言います。それに対して僕は、「1人で帰ろうとするから、つかまるんだ」と言うんです。みんなで帰ればいいのです。新入社員なら、みんなで相談して集団で帰ればいい。そうしなければ、世の中は変わっていきません。


鍜治真起

「自分は何が好きか」などと、あまり真剣に考えすぎても、委縮して身動きが取れなくなってしまいます。ですから、「自分がやりたいのはこれだ!」などと頑なになりすぎず、「なんとなくこちらだと、やる気が出るな」といった感性にも目を向ける。そうして自分の尺度にあった仕事を求めていけば、いいのではないでしょうか。


土合朋宏

組織で仕事をする以上、自分のミッションは果たさなければならない。


大塚陸毅

ほとんどの人は何かにチャレンジした結果を見てほしい、評価してほしいと思っています。そこにどう火をつけるか、それが経営の最も大切な仕事ではないでしょうか?


猪瀬直樹

プロジェクトの実行中は、「自分なら何でもできる」と考えるべき。最初から自分にはムリなこともあると割り切ると、テンションが下がって実行力が鈍ったり、本当は自分が努力すべきことをしない原因になります。結果的にそれが失敗を招き、挫折感をますます深めるハメになる。まずは「自分は必ずできる」と信じて全力を注ぐ。検証は、その後でも間に合います。