名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊達美和子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊達美和子のプロフィール

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

伊達美和子の名言 一覧

商品と販売チャネルが一致すれば、お客様は集まる。


物事に100%正解というのはなく、経営者はどこかでリスクを取らなければならない。


常に何か新しいことにトライする、かつ社会にとって必要なものを、責任を持って、リスクを取ってやっていくことの繰り返しが我々一族なのかなと思っています。それは継続していきたい。


日本全国で大規模な開発を一気に進めて大丈夫かとよく言われますが、不動産は資金を調達できて初めて成功する事業です。ギリギリまでリスクを取り、成長することが重要と考えています。


「ホテルビジネスは、客室の販売チャネルをきちんと押さえておかなければ成功しない」。これは、前社長だった父(森章)のやり方から学んだことです。


旅行には必ず目的があります。地球儀の中から、世界の観光都市の中から選ばれるためには、際立ったものがなければなりません。コンテンツを掘り起こし、海外に発信し、受け皿を作るサイクルが重要。


上場は全く考えていません。資金調達がしやすい時代ですから、上場することが意味を持たないと考えています。グループ本体としては、いろいろな仕事をイノベーティブにやるために、未上場の方がやりやすいと思っています。


常に進化させたい。新しい情報を常に入れながらトライしていく。4~5年スパンで、何か新しいことに挑戦できればと思っています。それが私に託されたものではないかと。


ここまで実績を積み上げるのは苦労しました。しかし、今となっては外資系ホテルを数多く誘致したデベロッパーとして、多くのホテルブランドからお話を頂いています。条件が合えば、マリオット以外のブランドとの提携も十分視野に入れています。


当社は、東日本大震災の前に、徹底的な生産性の向上を図っていたことに加え、震災後の悲観的な時代にも、将来的なインバウンド拡大を予測し、先行して外資系ホテルの誘致を積極的に行ってきました。そうした経営が奏功し、現在のホテル活況の恩恵を受けやすいポートフォリオを築くことができ、収益も拡大しています。


中長期的には、日本への観光ニーズは高いと考えます。ただし、世界旅行者を日本に呼び込むためには、日本ブランド、東京ブランドを磨き、絶えずPRが必要だと思っています。


入社後5年ほど事業の全体観を見て、次の5年が「丸ノ内トラストシティ」の開発に関わり、都市計画や、不動産開発事業を徹底的に見ていきました。特に、当時は外資系ホテル誘致に懐疑的な雰囲気があった中、東京中心部に国際級ホテルを誘致することの意義を訴え、都市再生特区の都市計画に認定して頂きました。大勢が無理だと思うようなことでも、「絶対できる」という信念の元に作り上げていった結果です。


伊達美和子の経歴・略歴

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林文子

売れない営業マンほど視野が狭く、お客様にべたっとはりついて離れないのですが、しつこくダラダラとやるのは逆効果。売れる営業マンは、お客様の買う気がちょっと落ちたなと思ったら、ほかのお客様に声をかけて、間をあけたりするんです。


田中通泰

うちの場合、比較的に開かれた取締役会なので、社外取締役もずけずけと本音を言ってくれます。この間は、「クレーム率を○%に減らそう」という議論をしていたら、「そんなのはダメだ。ゼロにしよう」と言い出した。我々、社内の取締役には成功体験があるので、そこを横からバシッとジャブを打ってもらうことが大切だと思っています。


ジェームス・スキナー

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


ジェリー・ドリザス

私が日本法人社長になったとき、スタッフと一緒に考えたのは「基本に戻って考えなおそう」ということでした。


木川眞

直に会い、必要なときには行動で示す方が現場は動きます。経営者がこの努力を怠れば、どんなに素晴らしい経営改革も、実現するのは難しいでしょう。


桂三枝(6代目桂文枝)

相手の話をうまく引き出すために大事なのは好奇心だと思います。日ごろから好奇心を持っていろいろなものを見たり、聞いたり、経験したりして、自分の引き出しをいっぱい持っておくのです。そういう人は話題が豊富だし、切り口がたくさんあるので会話が途切れることがありません。


古森重隆

現状が変われば、戦略も変わる。過去の成功にあぐらをかかず、絶えず相手の先手を打っていかないと次は負けてしまう。だから常に危機感を持っている企業は強い。


本田健

一代で財をなす人は、ターニングポイントで時流に合う商材を見つけたり、機会をくれる人と出会ったりしています。もちろん運がいいだけではダメ。ベースになる力かあるからこそ、運を活かせるのです。


松岡修造

人が褒めてくれないなら、自分で自分を思いっきり褒めればいいのです。


小川善美

創業期には事業アイデアや営業力など、プレイングマネジャーみたいなところが必要なので、そういう資質のある人は、そのステージの会社に望ましいと言えるでしょう。また、ある程度会社も事業も形ができてきて、社員数も増えてくると、今度はその人間たちを組織としてマネージメントして動かしていくという、また別の資質も必要になってくると思います。


宮崎駿

ジブリでいつも作業が始まる前に、掃除をしてくれるおじいさんとおばあちゃんがいるんですけど、たぶん一番丁寧なあいさつをするのは鈴木(敏夫)さんと僕です。本当によくやってくれるもんねえ。「どうもありがとうございます。おはようございます」って言うと、向こうも「おはようございます」って。ほんとそうなんですよ。だから、その前を、ボソーッとした顔して耳栓なんかして音楽なんか聴いてるやつが通るとね、蹴飛ばしたくなるんですよ。お前たちの国は滅びるぞってね。


吉永泰之

ボタン一つで移動する自動運転車が普及したとき、一番影響を受けるのはコモディティのクルマをつくっている会社です。その点、我々のような趣味性の強いクルマをつくっているほうが、時間的な余裕があると思っています。