名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊達美和子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊達美和子のプロフィール

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

伊達美和子の名言 一覧

商品と販売チャネルが一致すれば、お客様は集まる。


物事に100%正解というのはなく、経営者はどこかでリスクを取らなければならない。


常に何か新しいことにトライする、かつ社会にとって必要なものを、責任を持って、リスクを取ってやっていくことの繰り返しが我々一族なのかなと思っています。それは継続していきたい。


日本全国で大規模な開発を一気に進めて大丈夫かとよく言われますが、不動産は資金を調達できて初めて成功する事業です。ギリギリまでリスクを取り、成長することが重要と考えています。


「ホテルビジネスは、客室の販売チャネルをきちんと押さえておかなければ成功しない」。これは、前社長だった父(森章)のやり方から学んだことです。


旅行には必ず目的があります。地球儀の中から、世界の観光都市の中から選ばれるためには、際立ったものがなければなりません。コンテンツを掘り起こし、海外に発信し、受け皿を作るサイクルが重要。


上場は全く考えていません。資金調達がしやすい時代ですから、上場することが意味を持たないと考えています。グループ本体としては、いろいろな仕事をイノベーティブにやるために、未上場の方がやりやすいと思っています。


常に進化させたい。新しい情報を常に入れながらトライしていく。4~5年スパンで、何か新しいことに挑戦できればと思っています。それが私に託されたものではないかと。


ここまで実績を積み上げるのは苦労しました。しかし、今となっては外資系ホテルを数多く誘致したデベロッパーとして、多くのホテルブランドからお話を頂いています。条件が合えば、マリオット以外のブランドとの提携も十分視野に入れています。


当社は、東日本大震災の前に、徹底的な生産性の向上を図っていたことに加え、震災後の悲観的な時代にも、将来的なインバウンド拡大を予測し、先行して外資系ホテルの誘致を積極的に行ってきました。そうした経営が奏功し、現在のホテル活況の恩恵を受けやすいポートフォリオを築くことができ、収益も拡大しています。


中長期的には、日本への観光ニーズは高いと考えます。ただし、世界旅行者を日本に呼び込むためには、日本ブランド、東京ブランドを磨き、絶えずPRが必要だと思っています。


入社後5年ほど事業の全体観を見て、次の5年が「丸ノ内トラストシティ」の開発に関わり、都市計画や、不動産開発事業を徹底的に見ていきました。特に、当時は外資系ホテル誘致に懐疑的な雰囲気があった中、東京中心部に国際級ホテルを誘致することの意義を訴え、都市再生特区の都市計画に認定して頂きました。大勢が無理だと思うようなことでも、「絶対できる」という信念の元に作り上げていった結果です。


伊達美和子の経歴・略歴

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

リーダーの育成はトップの使命であり、私の最優先課題は人づくりだと考えています。


成田和幸

日本は国家としてどうあるべきか。私は「自分たちの国は自分たちで守れ」と言いたい。戦争をしないために自衛力のある国にすべきだ。そのためには、自衛隊を軍隊にする議論も必要だろう。自分の国を愛せず、誰を愛せるだろうか。


寺尾玄

お金自体は無力なものだと私は考えています。お金のままでは何の利益も生み出しません。お金を増やすことが出来るのは芸術的な活動だけ。芸術的というのは、数値では表せないもののことです。


高岡正次

最近は情報化社会となり情報があふれている。その中で知識を学ぶことは容易になったが、それだけでは何も生み出さない。知識を知恵にしなければならない。知識を知恵にするには「情熱」が必要だ。


小林栄三

若い人には速く成長することを求めてきました。速く成長することは部下本人にとっても良いことだし、会社への貢献にもつながる。果ては、人間社会の発展にもプラスになります。


松本晃(経営者)

自分の主張を、できるだけシンプルでインパクトのあるメッセージに落とし込むことが大切。カルビーにも素晴らしい言葉があります。「やめられない、とまらない」。極めて単純な言葉ですが、かっぱえびせんだけでなく、カルビーのすべての製品の魅力をこのひと言で言い表わせます。考えた人はすごいと思いますね。


ロバート・ルービン

実現不可能なことを保証するような言い回しは、してはならない。


平野洋一郎

会社を設立してまもなくすぐに倒産寸前の状態に陥ってしまいました。墜落寸前で踏みとどまれたのは、一緒にやってきた北原がいたからです。彼が開発担当で、商品が出来てくるのが見えていたので、出来るまででいい、だから何とかつなごう、それが私の役目だと頑張ることができました。


竹内敏晴

相手にこえが届くとはどういうことか。こえで相手にふれるのだ。「こえで肩を叩くつもりで話せ!」と私はよく言う。


仲代達矢

戦後、芸能の世界では強い個性が輝いた時代がありましたね。三味線弾きから勝新太郎が現れ、歌舞伎界から萬屋錦之介が来た。自分も含めてみんな譲らないんですよ。「こうやる」と決めたら、三國連太郎なんかは監督の言うことすら聞いちゃいない。監督もわがままでしたしね。溝口健二なんていう人は衣装合わせに半年かけて、黒澤明はワンカットの撮影に10日もかける。こうやって作り込んだ作品だから、上映するとお客さんが並んだんでしょう。


久住昌之

(日本酒の)あの辛口とか甘口とかいうのはウソだね。全然アテにならない。若い人なんかは「飲みやす~い」なんて言うけど、じゃあ酒はそもそも飲みにくいものなのかと(笑)。言わんとすることは分かるけど、辛口とか甘口とかだけで決めたり、「飲みやすい」という言葉によって、味わうことを放棄している気がします。甘口、辛口のプラスマイナスの表記を見ずに、何もない状態で味わったらみんな違うと思いますよ。味って自分の好みが分かってくると面白いじゃないですか。


井上聡(経営者)

ヒップホップには「ラップバトル」というものがあり、お互い即興で相手のことを罵り合っていく。相手の言葉に瞬時に反応しなくてはなりませんから、準備なんてできません。まさに瞬間、瞬間の勝負。こうした瞬間の勝負というのは、うまくいかないととても苦しいけれど、うまくいくと最高に楽しい。仕事も本当はそうだと思うのです。