伊達美和子の名言

伊達美和子のプロフィール

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

伊達美和子の名言 一覧

商品と販売チャネルが一致すれば、お客様は集まる。


物事に100%正解というのはなく、経営者はどこかでリスクを取らなければならない。


常に何か新しいことにトライする、かつ社会にとって必要なものを、責任を持って、リスクを取ってやっていくことの繰り返しが我々一族なのかなと思っています。それは継続していきたい。


日本全国で大規模な開発を一気に進めて大丈夫かとよく言われますが、不動産は資金を調達できて初めて成功する事業です。ギリギリまでリスクを取り、成長することが重要と考えています。


「ホテルビジネスは、客室の販売チャネルをきちんと押さえておかなければ成功しない」。これは、前社長だった父(森章)のやり方から学んだことです。


旅行には必ず目的があります。地球儀の中から、世界の観光都市の中から選ばれるためには、際立ったものがなければなりません。コンテンツを掘り起こし、海外に発信し、受け皿を作るサイクルが重要。


上場は全く考えていません。資金調達がしやすい時代ですから、上場することが意味を持たないと考えています。グループ本体としては、いろいろな仕事をイノベーティブにやるために、未上場の方がやりやすいと思っています。


常に進化させたい。新しい情報を常に入れながらトライしていく。4~5年スパンで、何か新しいことに挑戦できればと思っています。それが私に託されたものではないかと。


ここまで実績を積み上げるのは苦労しました。しかし、今となっては外資系ホテルを数多く誘致したデベロッパーとして、多くのホテルブランドからお話を頂いています。条件が合えば、マリオット以外のブランドとの提携も十分視野に入れています。


当社は、東日本大震災の前に、徹底的な生産性の向上を図っていたことに加え、震災後の悲観的な時代にも、将来的なインバウンド拡大を予測し、先行して外資系ホテルの誘致を積極的に行ってきました。そうした経営が奏功し、現在のホテル活況の恩恵を受けやすいポートフォリオを築くことができ、収益も拡大しています。


中長期的には、日本への観光ニーズは高いと考えます。ただし、世界旅行者を日本に呼び込むためには、日本ブランド、東京ブランドを磨き、絶えずPRが必要だと思っています。


入社後5年ほど事業の全体観を見て、次の5年が「丸ノ内トラストシティ」の開発に関わり、都市計画や、不動産開発事業を徹底的に見ていきました。特に、当時は外資系ホテル誘致に懐疑的な雰囲気があった中、東京中心部に国際級ホテルを誘致することの意義を訴え、都市再生特区の都市計画に認定して頂きました。大勢が無理だと思うようなことでも、「絶対できる」という信念の元に作り上げていった結果です。


伊達美和子の経歴・略歴

伊達美和子、だて・みわこ。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院修了後、長銀総合研究所を経て森ビル開発(のちの森トラスト)に入社。森トラスト・ホテル&リゾーツ社長、森トラスト常務・専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

東英弥

事業というものは経営資源を投入し、その事業を通じて永続的に利益をあげる集団が企業になりますから、小手先では続かない。


樋口宏江

その日(伊勢志摩サミット)を迎えるにあたり、たくさんのスタッフと準備を進めてきました。ホテルのスタッフはもちろん、外部から手伝いに来てくれた人たち、さらには食材の調達をしてくれた人たち。本当に数多くの方に携わっていただきました。この助けがあったからこそ、無事に終えることができたのだと思います。


吉越浩一郎

会社のマネジメントというのは本来、社員が正規の労働時間だけで働くことを前提に行われるのが、世界の常識です。残業を容認する、あるいは評価の対象とするような感覚で日本のビジネスマンが世界に出ていったら、笑いものになるだけです。


池谷裕二

仕事や勉強で期待通りの成果が出ないと、努力を続けることが虚しくなるものです。しかし、そこで諦めてしまうと成長も止まります。思うような成果が上がらない人は、まず勉強法を見直すことから始めてみましょう。


皆木和義

武田家の家臣、高坂昌信が書いたとされる甲陽軍鑑には、信玄による「武士の良し悪し、一夜限りの定め二ヶ条」が収められている。一ヶ条は「真面目な人間は大きな働きをする」。二ヶ条では「不真面目な人間は大きな働きはできない」とする。重要なのは、信玄がこれらを一夜限りの定めとして、評価は一夜で大きく変わると考えていることだ。一度下した評価にとらわれず、毎回成果を重視する姿勢を明確に打ち出している。


君塚良一

良くも悪くも自分の作品が一番の教科書です。だからとにかく、絶対に最後まで書く。とにかく気力を充実させて最後まで書く。書いたうえで読む、そうすれば自分のダメな所がハッキリしてきます。


山田満(経営者)

現場の実態を知らずして、ものづくりはできない。現場第一主義は必須条件。


出口治明

すべての人間は、自分の能力を3割から5割増しに見る脳みそを持っている。だから「評価をされていない」と不満を持つのは当たり前といえば当たり前のこと。


中井政嗣

私は目標や志を積み重ねることで、少しずつ前に進んできたというのが実のところだ。


荒木直也

手帳の後半部分についているフリーメモ欄には、皮膚情報(自分で見て聞いて感じたこと)を書きます。どこそこの売り場は活気がないとか、他社の店舗を見て気づいた集客の工夫などが多いですね。フリー欄に書くのは、まだ決定していない、柔らかい情報だからです。構想を練ったり概念図を書いてみたりするのは自由なページの方がいいのです。


森猛(経営者)

介護業界の世間的な3Kのイメージについては昔とあまり変わりませんが、新卒で入社した職員から、実際は全く違ったという感想を聞くこともあります。今後は、業界を挙げて新たなイメージを作っていきたい。


西成活裕

渋滞学を生み出すまでには時間がかかったし、たいへんな苦労もしました。でも、その非効率な積み重ねがあったからこそ、レールに乗って先に進んでいた人たちを、追い抜くことができたのだと思っています。自分は「長期的にみて仕事が速い人」になりたいのか、「短期的にみて仕事が速い人」になりたいのか、一度じっくり考えてみることも必要ではないでしょうか。


澤口俊之

歳とともに記憶力が衰えてきたと嘆く人は多いですが、もしそれが「人の名前が覚えられなくなった」という程度のことであれば、気にしないほうがいいです。単純な事柄に関する記憶力は、20歳を過ぎると次第に衰えていきます。覚えたいことは、繰り返しによって定着させるしかありません。一方で、複雑なものごとを「理解して覚える」という記憶力は、加齢で衰えません。むしろ鍛えれば伸びます。


渡辺崋山

志、強ければ画も醜く、浅ければ画も俗なり。


外井浩志

これまで多かった女性に対するセクハラの訴訟では、被害者の発言のほうが信用度は高いと判断されてきました。少しでも疑いをもたれるような言動はするべきではありません。


ページの先頭へ