名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊達政宗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊達政宗のプロフィール

伊達政宗、だて・まさむね。戦国時代の武将。陸奥仙台藩初代藩主。「東北王」「奥州の龍」「独眼竜」などと称えられた。東北地方のかなりの部分を掌握するも、豊臣秀吉に服属した。他国に力を見せるため、きらびやかな軍装を部下たちに与えた。それがのちに「伊達者」と呼ばれるようになる。関ヶ原の合戦では東軍に組し勝利。江戸時代に入っては仙台城を築き仙台藩の発展に尽力した。

伊達政宗の名言 一覧

気ながく心穏やかにして、よろずに倹約を用い金を備うべし。倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事は、うまからずとも褒めて食うべし。元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。


おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。【覚書き|伊達家家臣である鮎貝家の中に内通者がおり、敵の最上義光と組んで謀反を起こしたときの発言。正宗はすぐに反逆者を討とうとしたが、老臣たちが慎重な行動を求めた。正宗は上記の発言をした後、反逆者を即座に討ち取った】


仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎればへつらいとなる。知に過ぎれば嘘をつく。信に過ぎれば損をする。
【覚書き|仁愛に厚くなりすぎれば人を想うあまり強く出れない。正義に偏ると頭が固くなってしまう。礼儀を尽くしすぎるとへつらいになる。知識に偏りすぎると嘘をつくことになる。信義に厚くなりすぎると裏切られて損をする】


時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。


小事から大事は起きるもの。油断してはいけない。


戦いに臨む馬上で若き日々は過ぎ、平和な世になった時には、白髪が目立つ歳になってしまった。しかし、年老いた体で生きながらえているのは、天命によるものである。この平和な日々を楽しもうではないか。


重大なことは人に相談せず、自分でじっくり考えて結論を出すといい。


客人を接待するというなら、心のこもった料理を出すことが第一だと心得よ。


伊達政宗の経歴・略歴

伊達政宗、だて・まさむね。戦国時代の武将。陸奥仙台藩初代藩主。「東北王」「奥州の龍」「独眼竜」などと称えられた。東北地方のかなりの部分を掌握するも、豊臣秀吉に服属した。他国に力を見せるため、きらびやかな軍装を部下たちに与えた。それがのちに「伊達者」と呼ばれるようになる。関ヶ原の合戦では東軍に組し勝利。江戸時代に入っては仙台城を築き仙台藩の発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

細谷英二

リーダーの器量次第で、営業店が上手くいくかどうかが左右されます。ですから、どれだけリーダーの質が上がるかは極めて重要です。そこで、ひとつの試みとして、去年の秋から支店長・部長クラスを対象に「人間力研修」を始めました。そこで必ず私が話すのは、「背中を見せろ」ということです。リーダーたる者、常に部下に恥ずかしくない言動をしろということです。そういうリーダーを増やせないと、経営トップのメッセージは伝わっていかないし、会社を変えることはできません。


加島禎二(加島禎二)

全否定すると周りがひいてしまうので、うまく部分否定をしながら意見を言えるようになると、目立つ存在として周囲が認めてくれるようになります。


大川隆法

イノベーションには非常に難しい面があります。これまで自分たちにとって大事であったものや、成功の要因であったもの、うまくいっていたものを、自ら捨てていくことがあるため、自分の内部に敵と味方が住んでいるようなかたちになるのです。


大橋洋治

JALに勝つには何をすべきか、大きな視点に立ってみんなで考えなきゃいかん。


須藤憲司

トラブルが深刻であればあるほど、当事者は「自分を正当化したい」と考える。そのため、情報を断片的にしか伝えてこないことも多いので注意してください。聞き取り時に「大体」「たぶん」「~くらい」などの言葉が混じる場合は、確認が不十分だったり、主観が混じっていることを疑いましょう。こういう場合は1人を追及しても、時間がかかるだけで有益な情報が得られないことが多い。複数の関係者に話を聞いて情報の確度を上げてください。


土光敏夫

自分の火種には、自分で火をつけて燃え上がらせよう。


川野幸夫

日本人も舌が肥えてきて、単に安いというだけでは満足してもらえません。主婦の皆さんはじつは買い物が苦手で、「今晩のおかずは何にしようか」と日々献立に苦心しています。美味しさの提案も大切です。


伊藤喜之

相手が何気なく言った言葉でも必ず実践することで、相手の中に「借り意識」が生まれます。ぜひあなたも、自分より立場が上で何か得るものがありそうな人を見つけたら、「悪かったな貯金」を始めてみてはいかがでしょう。本を勧められたら、医学書だろうがエロ本だろうがすぐ読む。誘われたら、デートも合コンもキャンセルして必ず行く。たとえその誘いが自分にとって無駄なことでも「貯金」ができるし、実際役に立てば儲けもの。どう転んでも将来への根回しにつながりますよ。


橋谷能理子

私の場合、実況中継で臨場感を伝え、場面に即した言い回しをするのにボキャブラリーを増やすことは必須でした。若い頃は先輩キャスターの番組を見て、「この言い回しもらった!」と、言葉を見つけ出しては真似て自分のものにしていました。


三浦展

「アクロス」の編集をしていたときは自分の能力と資質が100%生かされて働いているという意味で天職だと思っていました。ただ、天職って、自分の能力をフル稼働しちゃうから疲れるんです。8年やったらへとへとでした。だから三菱総研に行ったときは、天職じゃなくていいからもっと楽に働こうと思ったんですが(笑)。いまはまた、天職に戻りましたので、疲れても、嫌になってもやり遂げろと天が命じているんだなと諦めました。


石川泰彦

日本では、人を減らすことはネガティブに捉えられがちです。しかし、同じ仕事をより少ない人数で行うことは、生産性を高めることにほかなりません。


田村潤

人間は「4つ以上指示されると、1つもできなくなる」。「3つまでならできる」のではなく、やる気が失せて1つもできなくなる。