名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊達政宗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊達政宗のプロフィール

伊達政宗、だて・まさむね。戦国時代の武将。陸奥仙台藩初代藩主。「東北王」「奥州の龍」「独眼竜」などと称えられた。東北地方のかなりの部分を掌握するも、豊臣秀吉に服属した。他国に力を見せるため、きらびやかな軍装を部下たちに与えた。それがのちに「伊達者」と呼ばれるようになる。関ヶ原の合戦では東軍に組し勝利。江戸時代に入っては仙台城を築き仙台藩の発展に尽力した。

伊達政宗の名言 一覧

気ながく心穏やかにして、よろずに倹約を用い金を備うべし。倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事は、うまからずとも褒めて食うべし。元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。


おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。【覚書き|伊達家家臣である鮎貝家の中に内通者がおり、敵の最上義光と組んで謀反を起こしたときの発言。正宗はすぐに反逆者を討とうとしたが、老臣たちが慎重な行動を求めた。正宗は上記の発言をした後、反逆者を即座に討ち取った】


仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎればへつらいとなる。知に過ぎれば嘘をつく。信に過ぎれば損をする。
【覚書き|仁愛に厚くなりすぎれば人を想うあまり強く出れない。正義に偏ると頭が固くなってしまう。礼儀を尽くしすぎるとへつらいになる。知識に偏りすぎると嘘をつくことになる。信義に厚くなりすぎると裏切られて損をする】


時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。


小事から大事は起きるもの。油断してはいけない。


戦いに臨む馬上で若き日々は過ぎ、平和な世になった時には、白髪が目立つ歳になってしまった。しかし、年老いた体で生きながらえているのは、天命によるものである。この平和な日々を楽しもうではないか。


重大なことは人に相談せず、自分でじっくり考えて結論を出すといい。


客人を接待するというなら、心のこもった料理を出すことが第一だと心得よ。


伊達政宗の経歴・略歴

伊達政宗、だて・まさむね。戦国時代の武将。陸奥仙台藩初代藩主。「東北王」「奥州の龍」「独眼竜」などと称えられた。東北地方のかなりの部分を掌握するも、豊臣秀吉に服属した。他国に力を見せるため、きらびやかな軍装を部下たちに与えた。それがのちに「伊達者」と呼ばれるようになる。関ヶ原の合戦では東軍に組し勝利。江戸時代に入っては仙台城を築き仙台藩の発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

根本二郎

混迷の時代には、基本に戻る構想力が必要。


杉良太郎

「善行は轍迹(てっせき)なし」、足跡を残さないようにひっそりやるのがいいんです。
【覚書き|「善行は轍迹なし」は老子の言葉。轍迹は馬車などの「わだち」のこと】


福地茂雄

30代中ごろ、名古屋支店で課長に就き、初めて管理職になったとき、尊敬していた名古屋支店長とのやり取りを今でも鮮明に覚えています。喫茶店で支店長から課長としての抱負を聞かれ、「自分ができることは、部下にも徹底して求めます。自分ができないことを部下に求めるのは卑怯だと思うのでできません」と答えました。すると支店長は「それでは管理職としては落第だよ。君のコピーばかりになってしまう」と私を叱りました。自分ができないことを部下に求めてもよいというのが課長の意見でした。


河野真矢子

私はスタッフに、昨日のお客様と今日のお客様は違う、日々成長していると伝えています。お客様が成長しているのであれば、私たちもそれを先取りして成長し続けないといけません。


松尾正彦

事業の拡大はあまり拙速にしないように心がけています。拡大のタイミングを待つことが大切です。


岡田裕介(東映)

会社の利益全体で映画の占める割合が少ないほど自由に作品を作れるので、そのための環境を整えるためにも映画以外の事業で稼ぐことが重要。


ゲーテ

世の中のことは何でも我慢できるが、打ち続く幸福な日々だけは我慢できない。


菊川剛

日本人同士の会議なら、あえて苦手な英語でやる必要はないと考えています。もっと的確に伝わる日本語でやればいいと思います。


小川仁志

学生時代の勉強との大きな違いは、大人には勉強する明確な目標や問題意識があること。教養としての勉強も資格試験の勉強も、勉強する目的は仕事での実践です。何かを覚えて「知っている」ことよりも、学んだことを実際の問題解決にどう生かすかを「考える」ほうが結果的により早く習得できる――これが大人の勉強です。


田原総一朗

G7などの国際会議で、日本の大臣は発言が非常に少ないですね。でも、僕もそれは英語かできないせいじゃないと思う。欧米では発言しない人が馬鹿にされるけど、日本では「正解を言わないとダメ」と教えられるから、正解がないことがあたりまえの国際会議で発言ができなくなってしまう。日本人は、どうも正解にこだわりすぎるところがある。


細谷英二

企業は持続してこそ初めて価値があります。経営改革に終わりはなく、経営者にとって絶えざる革新を続けることが使命でしょう。


星野佳路

グローバル化はますます進み、ビジネスの変化も加速している。今後、今の常識では考えられないような場所で働くことが求められるかもしれない。そんな時代を生き抜くためにも、先入観を持たずに、様々な場所でチャレンジする姿勢は必須だと思います。そのチャレンジによって、自分の予想を超える成長を遂げられるのではないでしょうか。