名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊達政宗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊達政宗のプロフィール

伊達政宗、だて・まさむね。戦国時代の武将。陸奥仙台藩初代藩主。「東北王」「奥州の龍」「独眼竜」などと称えられた。東北地方のかなりの部分を掌握するも、豊臣秀吉に服属した。他国に力を見せるため、きらびやかな軍装を部下たちに与えた。それがのちに「伊達者」と呼ばれるようになる。関ヶ原の合戦では東軍に組し勝利。江戸時代に入っては仙台城を築き仙台藩の発展に尽力した。

伊達政宗の名言 一覧

気ながく心穏やかにして、よろずに倹約を用い金を備うべし。倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。この世に客に来たと思えば何の苦もなし。朝夕の食事は、うまからずとも褒めて食うべし。元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。


おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。【覚書き|伊達家家臣である鮎貝家の中に内通者がおり、敵の最上義光と組んで謀反を起こしたときの発言。正宗はすぐに反逆者を討とうとしたが、老臣たちが慎重な行動を求めた。正宗は上記の発言をした後、反逆者を即座に討ち取った】


仁に過ぎれば弱くなる。義に過ぎれば固くなる。礼に過ぎればへつらいとなる。知に過ぎれば嘘をつく。信に過ぎれば損をする。
【覚書き|仁愛に厚くなりすぎれば人を想うあまり強く出れない。正義に偏ると頭が固くなってしまう。礼儀を尽くしすぎるとへつらいになる。知識に偏りすぎると嘘をつくことになる。信義に厚くなりすぎると裏切られて損をする】


時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。


小事から大事は起きるもの。油断してはいけない。


戦いに臨む馬上で若き日々は過ぎ、平和な世になった時には、白髪が目立つ歳になってしまった。しかし、年老いた体で生きながらえているのは、天命によるものである。この平和な日々を楽しもうではないか。


重大なことは人に相談せず、自分でじっくり考えて結論を出すといい。


客人を接待するというなら、心のこもった料理を出すことが第一だと心得よ。


伊達政宗の経歴・略歴

伊達政宗、だて・まさむね。戦国時代の武将。陸奥仙台藩初代藩主。「東北王」「奥州の龍」「独眼竜」などと称えられた。東北地方のかなりの部分を掌握するも、豊臣秀吉に服属した。他国に力を見せるため、きらびやかな軍装を部下たちに与えた。それがのちに「伊達者」と呼ばれるようになる。関ヶ原の合戦では東軍に組し勝利。江戸時代に入っては仙台城を築き仙台藩の発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

高橋勝浩(コンサルタント)

最近のB2B営業は情報戦です。質、確度、鮮度の高い、非公開の情報を仕入れ、社内の関連部署にフィードバックし、先方にとって魅力的な提案に結びつけることが成果につながる。


ロバート・キヨサキ

私たちが投資している対象の本質は「ビジネス」だ。株式投資をしている人は、企業という形態のビジネスに投資している。不動産を買おうが債券を買おうが、あなたがしていることはすべて「ビジネスへの投資」だ。だからこそ、投資家として成功したいなら、まず「ビジネスとは何か」を理解しなければならない。


三木谷浩史

努力をしなくても楽天市場に参加しさえすれば儲かるなどという夢物語を語るつもりはない。現実の商店街だろうと、インターネットの仮想空間だろうと、努力と工夫を重ねなければ成功はありえない。いやもしかしたら、インターネット上のほうが、より大きな努力を必要とするかもしれない。インターネットショッピングがこれからもっと盛んになっていけば、差別化する努力をしない店舗は膨大な数の中に埋もれてしまうだろう。


中野克彦(経営者)

社内でよく使う「百尺竿頭、一歩を進めよ」は、若いころ運動部の先輩に言われてズシンと心に響いた言葉です。努力を重ねたうえで、さらにもう一歩踏んばらなければ上には行けないという意味ですが、私自身の体験とともに、繰り返しこの言葉を使うことで、当社の士気は大いに高まりました。


山田雅裕

「初めてのミス」と「同じミス(の繰り返し)」では全く違う。何度ミスをしても構いませんが、「同じミス」は繰り返してはいけません。「同じミス」を繰り返すと、周りは「またかよ」「成長していないな」などと不満を持ち、職場の雰囲気が悪くなる。


柴田久

経済環境、金融機関を取り巻く環境が大きく変わっている中、ただ規模を大きくするだけでは問題は解決しません。地域のお客様に新しいサービス、付加価値を提供できるかが、これからの銀行の差別化の大きなポイントになってくると。お客様のニーズをしっかり吸い上げて、事業の将来性を見る目を銀行自身もさらに磨いていかなければならない。


山口真由

英単語や文法の暗記はストーリーとは縁が薄いように思われますが、「面白いストーリーを伴う文章」を読むことで楽しく覚えられます。小説や興味のあるテーマのニュース、海外スターのゴシップ記事なども面白い教材になります。英語「を」覚えようとするのではなく、英語「で」覚える感覚で楽しむのが良い方法です。


ポール・シーリィ

組織イノベーションを研究する中で、わかってきた事実があります。それは、最も成功しているマネージャーは、自分の組織のあらゆる部門に、いつでもアクセスできるというコミュニケーション力を持っている、ということです。何か問題が起こったら、デスクで「どうしよう」と悩むのではなく、すぐに外に出ていろいろな人とコミュニケーションを取り、すばやく答えにたどり着くのです。


秋元久雄

こうと思ったら、実践するのは昔から。中学生の時は切手ビジネスをやっていました。切手収集がブームの時代でね。自分の学校だけじゃ顧客数が限られるから他校にも売り子を配置して売買した。当時の大卒初任給よりも稼いでたよ。


柳井正

クローズドになったら進化が止まってしまうし、それで成功した会社は存在しない。


藤田紘一郎

日本人はマスクや殺菌剤などで菌を排除する傾向にありますが、実は非常にもったいないこと。菌は私たちにとってむしろ、良い働きをしてくれることが多いのです。空気中や土壌、そして人の身体についている雑菌と呼ばれる菌は、むしろ積極的に身体に取り込むべきです。


スタニスラス・ド=ケルシズ

工房にはゴールドハンドと称する高度な技術を持った職人たちがいます。新米技術者はベテラン技術者の隣に座らせるように配慮し、技術を継承していくのです。