伊達公子の名言

伊達公子のプロフィール

伊達公子、だて・きみこ。日本の女子プロテニス選手。京都出身。6歳からテニスを開始。18歳でプロデビュー。アジア人女子選手初のWTA世界ランキングトップ10入り(9位)を果たすなど世界トップレベルで活躍した。華々しい記録を残したのち引退。引退11年後37歳で現役復帰し、全日本選手権シングルス・ダブルスを制覇。ライジング・ショットの名手として名を馳せ、ライジング・サンと呼ばれた。

伊達公子の名言 一覧

年齢を経ていくと人生が下降していくようなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、私は決してそうではないと思います。たくさんの経験があるということは、それだけ選択肢をたくさん持っているということ。大事なのは、それをフルに活用するつもりで、日々前進することを忘れないことだと思います。


本当は、頑張っている実感はそれほどないのです。楽しいことはいくらでも時間を忘れて没頭できるし、自然と力が湧いてきます。いまの私にとって、テニスはそういうものです。でも、それができているのは、自分の力だけでなく、パードナーであるマイクやスタッフたちのサポートあってのことだと日々感謝しています。


以前とは違って、人の意見を聞いて受け入れられるようになりました。強がらずに、人がいいというものを一度は試してみようと行動するようになったのです。よりよい結果により効率的にたどり着こうと思えば、選択肢はできるだけ多い方がいい。いいものは採りいれて、最後は自分で決める。そういう柔軟性は大切だと思います。


私が時間を有効に使いたいと考えるのは、「一分の大切さ」を身をもって知っているからかもしれません。テニスでは一分あれば試合の流れが変わります。負けている試合であっても逆転が可能なのです。ましてや、アスリートとしての私に残された時間は決して多くはないのですから、より一層時間を有意義に使いたいのです。


以前現役だったころと比べれば、体力や回復力が落ちていることは、素直に認めなくてはなりません。だからこそ、無駄を削ぎ落とし、有効な練習法を考える必要があるのです。


私はできる限り時間を効率的に使いたいタイプです。忙しいときは分刻みでスケジュールを組んで、予定を次々とこなします。その代わり、オフの日は自宅でゆっくりと過ごす。そういうメリハリを大事にしています。移動で空港を利用することが多いのですが、「出発の二時間前に着いてゆっくりお茶を飲んで過ごす」なんてことはまずありません。その時間を他のことに使いたい。


年齢を経れば不利と思われるかもしれませんが、テニスでは必ずしもそうではありません。経験があれば、試合運びにしっかりしたプランが立てられますし、途中で柔軟に戦術を変えることもできます。パワーの代わりに頭を使ってショットを決めたり、力で攻めてくる相手がパワーダウンするのを待って攻撃を仕掛けたり……経験は大きな力になるのです。若い選手にはそれが脅威に思えるようで、対戦するとやりづらいと言われます(笑)。


周りからの支え、いままでの自分の得てきた経験などすべてが、いまのテニスプレーヤーとしての自分を形づくっていると感じます。


たったひとつのことでも毎日何かを続けるには、それなりに気持ちを強く持つ必要があります。時間通り、予定通りのルーティンをつくることで、自分の中にリズムが生まれてきます。そうしてやるべきことをコツコツとこなし、決めたことをきちんとやり抜くことが、いずれ実を結ぶのだと思います。


テニスの練習はもちろんのこと、それと同様に意識しているのは、練習を含めた毎日の生活全体を整えるということです。寝ること、食べること、楽しむこと、自分が決めたことをコツコツ持続させることで、自分の体調や変化にもすぐ気づくことができます。


私は怒りをあとに残しません。腹が立つことがあっても、翌日にはケロッと忘れてしまえるんです。


自分の気持ちを平静に保つには、沈黙する時間も必要ですし、一人になれる空間も必要かもしれません。でも私は、感情を抑えるのではなくあえて吐きだすという方法もとります。思い通りにプレーができなくて自分にいらだった場合や、スケジュールの突然の変更、審判のミスジャッジ。腹が立ったらそれを我慢しないで「ハア!」と大きく息を吐きだしたり、必要ならば審判に抗議したりもします。でも、次の瞬間には気持ちを切り替えます。怒りを発散して、後に残さないようにしているのです。それが自己コントロールで最も気を付けていることです。


テニスは何かと予定変更の多いスポーツです。第一試合の開始時間は決まっていますが、そのあとに予定されている試合はいつ始まるかわかりません。何時間も待たされることもありますし、天候不良が原因で中止になったりコートが変更になったり、対戦相手が変わることもあります。ですから、どんな場合でも動揺をできるだけ抑える自己コントロール力が大切になります。


人間というものは成長を求める生き物だと思うのです。試練を乗り越えて自分のレベルを上げたい。そういう気持ちは誰しも心の中に持っているのではないでしょうか。私の場合、その気持ちを思い起こさせてくれたのは、やはりテニスでした。「やっぱり私はテニスが好きだったんだ」と気づくのに11年もかかってしまいました。でもそれは私にとって必要な時間だったと思います。


以前は、自分がこう思ったら人の話に耳を貸さないことがありました。頑なでしたね。テニスをする機会を与えてもらっているというのにそれに感謝できず、当然のことのように思っていたかもしれません。でもいまは、テニスが続けられることを本当にありがたく思っています。時間を大切にするようになったのも、そうした精神面の変化が影響していると思います。


大切なのは身体の声に耳を傾けて必要な処置をすることです。そうすることでトラブルの芽を摘んだり、身体の不調もいい方向に活用できたりするようになると思います。


私は朝、目覚めた瞬間、ベッドから起き上がるだけで自分の身体の調子がわかります。もし調子が悪い日なら、眠りが浅かったのか、それとも疲れがまだ残っているのかと、まず原因を考えます。そしてそれをもとにその日の練習プランを組み立てます。自分の状態に気づいて、それに対する対策を練る姿勢で組み立てていくと、効率的な練習ができるのです。


若いころは体力に任せてただがむしゃらに突っ走る、というところがありました。練習も可能な限り時間をとって、限界までハードなことをするというやり方です。でもいまは、体の声を聞きながら、量より質を重視したトレーニングをするようになりました。


ありがたいことに「20代の現役のときよりいまのほうが、身体能力が高くなっているのでは?」とよくいわれます。たしかに、ある部分ではそうかもしれません。それが可能になったのは、自己管理の結果なのではないかと自分では思っています。以前よりストレッチは入念に行いますし、疲労をとって回復力を高めるためのマッサージも欠かしません。試合のためにできる限り準備をして、無理はするけれど無茶はしないように心がけています。


いま、一番難しいところに来ているのかなと思っています。これまでは、痙攣の克服と、スピードテニスに対する反応を重点的にやってきたのですが、いまは疲労を溜めないで、どれだけ早く回復させて、いい状態で試合に臨めるか、というのが自分の中では課題になっている。


伊達公子の経歴・略歴

伊達公子、だて・きみこ。日本の女子プロテニス選手。京都出身。6歳からテニスを開始。18歳でプロデビュー。アジア人女子選手初のWTA世界ランキングトップ10入り(9位)を果たすなど世界トップレベルで活躍した。華々しい記録を残したのち引退。引退11年後37歳で現役復帰し、全日本選手権シングルス・ダブルスを制覇。ライジング・ショットの名手として名を馳せ、ライジング・サンと呼ばれた。

他の記事も読んでみる

杉本昌弘

網羅的に多数の代謝物を測定する技術「メタボローム解析」は世界的には傍流の研究だった。地道にニッチな実験を続けてきた結果が、今回の成果につながった。


立石一真

永守さん、私も同じ道を歩いてきた。あなたもその道を乗り越えんと向こうの世界に行けない。答えなんて人から聞いたらあかんで。
【覚え書き|日本電産創業者・永守重信への言葉】


舟橋孝之

お客様は、商品やサービスを購入する際、営業マンが思っている以上に苦労をしているものです。たとえば会社の購買担当者のお客様であれば、購入の決裁を得るために上司や関係者を説得してくれたはずです。それだけの手間をかけたのですから、おそらくその担当者は購入に至るやりとりのなかで、営業担当者に対してある種の絆を感じたはずです。それなのに、営業マンの側が急に訪問をやめてしまえば、絆を一方的に断ち切られたような不快感を抱くに違いありません。ですから、そうしたお客様の労苦を思いやり、それに報いるためにまめに顔を出してお礼の気持ちを届けるのが、アフターフォローの基本です。


加藤隆生

誤解を恐れずに言えば、「面白い」よりも「面白そう」の方がずっとエライ。どんなに面白いゲームを作っても動員できなかったら負けです。例えば、ポスターのキャッチひとつとっても、シンプルで分かりやすく一瞬で「面白そう」「参加してみたい」と顧客の動機に結びつけられるかが重要なポイント。


八城政基

日本の企業形態そのものが根本の問題です。新卒後に就職した企業に定年まで勤め続ける人がほとんどのため、人材の流動性が見られません。そのため、新しいものの考え方や発想が出にくい。みんなが同じことを考え、同じことをしなければならない。チャレンジしても、その声は少数ゆえに消されてしまいます。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

弱い心のままで生きる人は、神経が過敏で苛立った馬に乗り、目的地もわからないまま、暴走しているようなものです。
心に強さを持って生きる人は、絶妙な手綱さばきで馬とひとつになり、思いのままに目指す方向へ走っていく姿に似ています。


竹中宣雄

お客様の信頼を得るには、当たり前に聞こえると思いますが、お客様との約束を確実に守ることです。なぜなら、注文住宅というものは、お客様と商談させていただいている間は形がないものだからです。お客様と我々のあいだには図面しかないわけです。たとえタオル掛け一本でも、お約束したものと違ったものを取りつけてしまえば、「こんなはずじゃなかった」ということになって、お客様との信頼関係がそこから崩れてしまう。ですから細部まできっちりと踏み込んだ商談をし、しかもお約束したことを確実に守らなくてはならない。基本的なことですが、これがものすごく大切なことなのです。


吉冨隆安

16頭が出走するレースの場合、各馬の状況をつぶさに確認するため、16回にわたってレース映像を確認することもあります。また、得られたデータを自分なりの方程式に入れて予想をするのですが、レース結果に応じて、方程式を繰り返し繰り返し修正することも欠かせません。そういう面倒な努力を愚直に重ねなければ、勝負には勝てないのです。ビジネスも同様でしょう。


久世由美子

「人間」として誰にも負けない選手に育てるという目標が、私の心のよりどころになっていました。何があってもへこたれない「折れない魂」を宿す思いで指導していました。


守屋淳

戦略とは、どんなに素晴らしい考え方でも使うべき状況、使うべきでない状況がある。もし戦略が状況と合わなければ、逆に失敗の元凶にもなってしまう。


古森重隆

正しい動機に基づき、正しい根拠がある正しい行動。これが結局世の中を動かしている。


武田信繁

常に功労がなくて立身することは難しいものと覚悟しなくてはならぬ。「千里の道も一歩より始まる」という語もある。


国枝慎吾

「車いすだからここまでしかできない」という思い込みを取り払い、「健常者や格下の選手のプレーから盗めるものはないか」と常に考えて取り組むことが、今の自分を超えるために必要な要素。


福田俊夫

私がメールで問い合わせたことに、イエス、ノーの短文でいいから必ず返事をしてくださいと本社にメールのルールを依頼しました。
【覚書き|氏のこの提案が本社で徹底され、海外本社との連携がスムーズになった】


鳥居元忠

自害を忠義と思ってはいけない。命ある限り戦って斬死すべし。


ページの先頭へ